タイパ競馬場 その8 ~マカオに散る徒花~ そこに競馬があるから 忍者ブログ
日本国内、海外の競馬場の訪問記です。こんなことしてていいのかなあ。でもやめられない。

そこに競馬があるから > タイパ競馬場 > タイパ競馬場 その8 ~マカオに散る徒花~

氹仔馬場 Taipa Racecourse
タイパ競馬場ゲート。ここもゲートボーイがいるんだな。


*タイパ競馬場レポートの続編です。
初めからお読みになる方はタイパ競馬場レポートその1からどうぞ。







 さて、タイパ競馬場の続きです。


 ハッピーバレーの穴埋めをやせむと、意気揚々とマカオに出かけたにもかかわらず早くも悲惨な状態になりかけた荷桁。同行者のMもさっぱり当たらない様子で、残り4レースとなってしまった。マカオの本場は8レースしかないので、一発逆転のチャンスもどんどん減っていくということになる。


 続くレースはせんぶんだくが3番人気だ。うーむ、また取捨に悩む位置である...

次のレースはオッズが割れているので、非常に狙い馬が絞りづらい。


 ここまでぶんだくに翻弄されているので、彼に捉われず、自由に買ってみることに。人気しているわりにハンデが軽い動機皇という馬を軸に馬連を手広く流すことにした。


 すると動機皇がまさかの出遅れ。結局人気馬の行った行ったで決まってしまってハズレという結果になってしまった。またもせんぶんだくは2着に食い込む。うーむ、意識しないようにはしてるのに、何か買わないと来るなあコイツ。



 というわけで、次のレースではせんぶんだくを本命にしてみる。4番人気くらいをうろうろしている馬だったのでこいつを軸に馬連をそこそこ人気の馬に流す。こんどこそ頼むぞ。


 するとどうだ、せんぶんだくが来るではないか!!


 「よっしゃあ!行け!ぶんだく!!」


 荷桁の声援に応え、ぶんだくはムチを振るう。
 そして1着でせんぶんだくがゴール!さあ離れた2着争いはどうなったか・・・


 「史丹利持ってねえ・・・!!」


 がっくり膝を落とす荷桁。そう、2着にはなんと、切った史丹利が来てしまったのである。これは痛恨の極み。


 馬連はなんと49倍!!これはおいしい!!
 「ああケチケチせずに総流しにしておけばよかった・・・」と思ってももうあとの祭りである。かくして荷桁は本日2回目の史丹利激走の被害にあってしまったのである。もちろん3着馬は持っていただけにこれは痛かった・・・。


氹仔馬場 Taipa Racecourse


 あまりに流れが悪いので、レース整備をするおばちゃんたちを撮ってみたりする。


氹仔馬場 Taipa Racecourse


 なかなか作業スタイルが秀逸だw
 どこの農民やねん。


氹仔馬場 Taipa Racecourse


 そしてとりあえずスタンドを徘徊してみたりする。


氹仔馬場 Taipa Racecourse


 スタンドはやはりどことなくさびれている感はある。


 こうしたちょっとした建築様式が中国的な雰囲気を醸し出している。


 なんでこういうちょっとしたところにお国柄が出るんでしょうね。



氹仔馬場 Taipa Racecourse


氹仔馬場 Taipa Racecourse


氹仔馬場 Taipa Racecourse


 概して空いている空間が多く閑散としているタイパ競馬場だが、レースが進むにつれて徐々にお客も増えてきた。


 それでもまだ日本の地方競馬に毛が生えたようなものである。よく芝のレースで高水準な賞金が維持できてるな。いろんな外国に行くと、ダートで低賞金の日本の地方競馬が破たんしていることのほうがよっぽどおかしいことなんじゃないかと思えてくるから不思議だ。



 さて、そんなことをしている間に次のレースである。残り2Rである。


 次はせんぶんだくが一番人気である。今日ここまでの流れだと1度1番人気を飛ばしているわけだが、その後は実に堅調。もうここはせんぶんだくと心中するしかない!ということでせんぶんだくから馬連を買う。


 するとある意味予想どおり、せんぶんだくが飛ぶ _| ̄|○

 単勝3倍、せんぶんだく騎乗の日之歌は後方から追い込んだが届かず6着という結果に終わった。



 さて、せんぶんだくに翻弄されているうちに最終レースになってしまった。


 まだ的中はイポー場外の複勝だけである。これはヤバイ・・・。


 もうこうなったらせんぶんだくも史丹利も関係ない。自分が来ると思った馬を買うしかない。


 抜けた一番人気は杜西奧(とすおうと命名)騎乗の黃沙大師。こいつは戦績的にも3着は外さないだろう。ただ相手の馬が決まらない。どれもいまいちパンチに欠ける。そんな中で目を惹いたのは5番の珍寶石という馬。戦績的にも悪くないがハンデが絶妙なのか人気がさっぱりない。珍寶石の単勝オッズを見ると、なんとシンガリ人気である。

 うーむ、さすがにシンガリ人気は来ないか・・・?という思いもあったが、ひとまず間近で馬を見てみることに。


氹仔馬場 Taipa Racecourse


 5番の珍寶石はシンガリ人気であったがなかなか気合いがよかった。そしてなんと言っても騎手がヘラヘラしている。史丹利もそうだったが、ヘラヘラしている騎手は買いだ!ということにしておこう!


氹仔馬場 Taipa Racecourse


 かくして荷桁の最終レースの馬券は1番人気4番の黃沙大師と5番の珍寶石のワイド一点勝負ということにあいなったのである。シンガリ人気が絡んでいるので、ワイドでもけっこうな配当になることが予想される。当たれば今日の負けが取り戻せるに違いない。



 さあ、そして最終レースのゲートが開く。

 
 珍寶石はスタート出遅れて最後方となった。


 「終わった・・・」


 がっくり肩を落とす荷桁。一方相方の黃沙大師は中段を追走、こちらも危うい感じだ。あーあ、つまんない最終レースになったもんだ。

 と思っていたら直線、黃沙大師が伸びてくる。


 「おお!」


 さらに後方からはなんと珍寶石が伸びてくるではないか!!

 これはある!大いにあるぞ!!大逆転!!!


 しかしながら前を行く2頭も粘っている!これは4頭の争いだ。


 「ひいい!!なんとかしてくれ~~!!!」


 荷桁が絶叫したところで4頭ならんでゴールイン。4頭すべてがハナ差勝負のきわどい判定になった。感触としては微妙だったが、まだ望みはある。写真判定の結果を待った・・・。



氹仔馬場 Taipa Racecourse



 3着・4着かよ _| ̄|○


 最後、ハナハナハナ差の大接戦までは持ち込んだが、荷桁も馬券は見事に最悪の形で紙屑へと変貌した。ちなみに2着はせんぶんだくであった(泣)



氹仔馬場 Taipa Racecourse


 かくしてマカオの競馬は本場レース全敗という手痛い結果に終わったのである。まあ、賭け金も大したことないのでそんなにひどい損失にはならなかったのだが、最終レースのこともあり、精神的ダメージはけっこうなものになってしまった。



 Mも状況はさほど変わらないようで、2人してとぼとぼとマカオ半島に戻るバスに乗り込んだのであった。



タイパ競馬場 アクセス
・◎本命
バスがいいとは思います。ローカルの路線なのですが、荷桁が乗ったときはわりと混んでました。賽馬会というバス停で降りてください。

・〇対抗
何人か連れだっていくなら、タクシーでもいいと思います。荷桁は乗らなかったのでどんなもんかは分からんのですが、ネットで調べる限り基本はメーター制、一部交渉もありという感じのようです。治安はいいマカオですが、ぼられない保証はないので、多少旅慣れた方がいるといいかもしれませんね。



タイパ競馬場 宿泊
 荷桁はマカオに宿泊していないので特に何かを語ることはできない。ひとまずカジノ併設のホテルをいくつか挙げておきます。

The Venetian Macao Resort Hotel, Cotai, Macau

Pousada Marina Infante Hotel, Cotai, Macau

カサ レアル ホテル マカオ (澳門皇家金堡酒店), Se, マカオ



 もう訪問から随分経っているのでよくないですが、質問などありましたらお気軽にメールでもください。ツイッターでもOKです。


 

>>カニドロームドッグレース場レポートその1へ



*この競馬場が好きな方はこちらの競馬場もお好きだと思われます。

 セランゴール競馬場 その1~いざマレーシア競馬~
 ソウル競馬場 その1 〜韓国競馬に手を出すぞ〜
 ペナン競馬場 その1 ~再びマレーシア競馬へ~
 クランジ競馬場 その1 ~いきなりお詫び~
 フートー競馬場 その1 〜さらにベトナム競馬へ〜

*香港・マカオの競馬場に関する記事は以下にもあります。

 ハッピーバレー競馬場 その1 ~香港マカオへ旅打ち行った~
 ハッピーバレー競馬場 その2 ~路面電車で競馬場へ~
 ハッピーバレー競馬場 その3 ~摩天楼とカクテル光線~
 ハッピーバレー競馬場 その4 ~ハッピーバレー競馬場 スタンド~
 ハッピーバレー競馬場 その5 ~いざ勝負!ハッピーバレー馬券!!~
 ハッピーバレー競馬場 その6 ~ハッピーバレーは取りづらい・・・~

 シャティン競馬場 その1 ~そして香港に戻る~
 シャティン競馬場 その2 ~でっかいぞ!シャティン!~
 シャティン競馬場 その3 ~まずはシャティン競馬場グルメ~
 シャティン競馬場 その4 ~いざシャティン競馬場パドック~
 シャティン競馬場 その5 ~シャティン1レース~
 シャティン競馬場 その6 ~ようやくスマッシュヒット~
 シャティン競馬場 その7 ~熱気とターフビジョン~
 シャティン競馬場 その8 ~港澳盃~

 タイパ競馬場 その1 ~ひとまずマカオ競馬へ~
 タイパ競馬場 その2 ~タイパ競馬場ご到着~
 タイパ競馬場 その3 ~マカオ競馬史とグルメ~
 タイパ競馬場 その4 ~ひとまずパドックへ~
 タイパ競馬場 その5 ~マカオ競馬の騎手たち~
 タイパ競馬場 その6 ~マカオのせんぶんだく~
 タイパ競馬場 その7 ~マカオの空に叫ぶ~


PR
そうだ 競馬、行こう。
ブログ内検索


















プロフィール
HN:
荷桁勇矢   
性別:
男性
職業:
若隠居   
趣味:
逃げ   
このブログについて
 このブログは「そこに競馬があるから」といいます。
 競馬場巡りに魅せられてしまった筆者、荷桁勇矢(にげた ゆうや)が、日本の競馬場、海外の競馬場を訪れながらその様子をご紹介して行くブログです。
 紹介している競馬場の情報は訪問当時のものですので、競馬場に行かれる際は最新の情報をご確認のうえ、自己責任で行っていただきますようお願いいたします。
 またこのサイトの写真や文章は基本的に無断で使用されると困るのですが、もしどうしてもという方は荷桁までご連絡ください。そのほかご指摘やご質問がある方も荷桁まで直接ご連絡ください。コメント欄は管理が面倒そうなので当分オープンにはしないつもりです。悪しからず。

連絡先:
nigetayuyaあっとgmail.com
ツイッター:
https://twitter.com/YuyaNigeta
Flickr:
http://www.flickr.com/photos/nigeta/
競馬本紹介ブログ始めました。
荷桁勇矢の競馬本ガイド









忍者ブログ [PR]