盛岡競馬場 そこに競馬があるから 忍者ブログ
日本国内、海外の競馬場の訪問記です。こんなことしてていいのかなあ。でもやめられない。


:盛岡競馬場4角。しかし、一体どんだけ雄大な自然やねん。


*盛岡競馬場レポートの続編です。
初めからお読みになる方はこちらからどうぞ。






 さて、今回も盛岡の話題。

 施設をぐるりと回って、馬券の話をしたら次は、そろそろ昼飯でも食べようかということで、食堂へ。


PR

:中央に比べたら小柄ながらも美しいスタンド。冷暖房完備で快適だ。



*盛岡競馬場レポートの続編です。
初めからお読みになる方はこちらからどうぞ。






 盛岡競馬場には思いのほか若い観客が多い。


 いや、もちろん、競馬オヤジも多いのだが、ほかの地方競馬場のように高齢者ばかりというわけでもなく、中央競馬が取り込めているような30~40代くらいのおじさん層もしっかりと足を運んでいる印象だ。中央競馬のメインレースを場外発売していることもそれに一役買っているかもしれない...






 さて、7月11日に東京駅から盛岡行きの夜行バスに乗った荷桁は当然のことながら次の日の早朝、盛岡駅前に到着した。


 降り立つと空は快晴。うーむ、実に競馬日和である...
思い起こせば昨年の夏。


 2008年の7月12日・13日を見て、荷桁がムラムラきてしまったところからこの物語は始まる。


 ムラムラというのはもちろん競馬にムラムラしてしまったのだ。


 とりあえず端的に述べれば、12日の土曜日に盛岡競馬場にて岩手競馬の開催があって、日曜日には福島競馬場で伝統の競走である七夕賞が行われるということに気がついてしまったわけなんですね...



そうだ 競馬、行こう。
ブログ内検索


















プロフィール
HN:
荷桁勇矢   
性別:
男性
職業:
若隠居   
趣味:
逃げ   
このサイトについて
 このサイトは「そこに競馬があるから」といいます。
 競馬場巡りに魅せられてしまった筆者、荷桁勇矢が、日本の競馬場、海外の競馬場を訪れながらその様子をご紹介して行くサイトです。
 紹介している競馬場の情報は訪問当時のものですので、競馬場に行かれる際は最新の情報をご確認のうえ、自己責任で行っていただきますようお願いいたします。
 またこのサイトの写真や文章は基本的に無断で使用されると困るのですが、もしどうしてもという方は荷桁までご連絡ください。そのほかご指摘やご質問がある方も荷桁まで直接ご連絡ください。コメント欄は管理が面倒そうなので当分オープンにはしないつもりです。悪しからず。

連絡先:
nigetayuyaあっとgmail.com
ツイッター:
https://twitter.com/YuyaNigeta
Flickr:
http://www.flickr.com/photos/nigeta/
競馬本紹介ブログ始めました。
荷桁勇矢の競馬本ガイド









忍者ブログ [PR]