金沢競馬場 そこに競馬があるから 忍者ブログ
日本国内、海外の競馬場の訪問記です。こんなことしてていいのかなあ。でもやめられない。

金沢競馬場の着順掲示板
金沢の掲示板は瓦屋根がついている。まあ、だからどうしたと言われるとあれなのだが・・・。



*金沢競馬場レポートの続編です。
初めからお読みになる方は金沢競馬場レポートその1からどうぞ。







 さて、だらだらと続けておりましたが、今回で金沢競馬レポートもいったん終了である。



 しかし、まあ、この日の金沢は買えども買えども当たらない・・・。思えば、場外発売も含めて金沢の馬券を買うのはこの日が初めてである。この競馬場独特の癖などがどうも分からない・・・。



 地方競馬の中でも東海や高知あたりは困ったときには一番人気から買っておけば何とかなるという雰囲気があるものだが、今日の金沢についてはどうもうまく買った馬券通りに入ってくれない。かといって大荒れというものでもなく、取れそうで取れない絶妙のラインを突いてくるのである。



 こうも当たらないと、天気と同様、荷桁の顔もどんどん曇りがちになる....



PR
金沢競馬場のスタンド内部の様子
ヒーターが天井にいくつも据え付けられた場内。
引き戸の外はパドックなのだが・・・。外は寒いのだ。





*金沢競馬場レポートの続編です。
初めからお読みになる方は金沢競馬場レポートその1からどうぞ。






 金沢競馬場をさらにうろうろする。



 先ほどから場内をうろうろしながら、馬券のほうもしっかり買っているのだが、ちっとも当たる気配がしない。



 北の競馬場はどうも荷桁に辛いようである。うろうろしてる時間があるならしっかり予想に時間をかけたほうがよさそうなものなのだが、現実から目を背けるかのように徘徊を続けたくなるこの気分はなんなのだろうか。



 まあ、なかなか通いつめていないと傾向が読めないのも地方競馬ならではの面白さということにしておこう....


金沢競馬場のパドックを見下ろす
:パドックのすぐ裏が河北潟。金沢競馬場のハイライトだ。


*金沢競馬場レポートの続編です。
初めからお読みになる方は金沢競馬場レポートその1からどうぞ。






 さて、それではさらに金沢競馬場の場内に分け入ってみよう。



 一般的な話をすると、中央の競馬場が小ぎれいな外観なのに対して、基本的に地方競馬場というのは、年季が入った小汚い建物がほとんどだ。これは地方競馬場が経営的な部分もあり、スタンド改修の時期を逃してきたとう事情がある。



 金沢競馬場も1971年に当地に移転してきたのだが、40年以上たった今日、その設備はどこかしら哀愁が漂う感じでだんだんと古びつつあり、それが逆に荷桁のようなマニアにとってはそそる雰囲気を醸し出している。



 おしゃれなバーでビシッとキメるよりも汚い居酒屋でがやがや飲むのを好む感覚に近いかもしれない....



金沢競馬場の様子
雪山を望む冬の金沢。さみい。



 2009年1月2日の夜。


 荷桁は名古屋発、金沢行きのバスに揺られていた。



 夜の10時に金沢に到着。その後予約しておいたビジネスホテルに一泊し、2008年度の開催が終了する間近の金沢競馬場に向かう予定だ。もちろん同行者はいない。孤独な1人旅だ....


そうだ 競馬、行こう。
ブログ内検索


















プロフィール
HN:
荷桁勇矢   
性別:
男性
職業:
若隠居   
趣味:
逃げ   
このサイトについて
 このサイトは「そこに競馬があるから」といいます。
 競馬場巡りに魅せられてしまった筆者、荷桁勇矢が、日本の競馬場、海外の競馬場を訪れながらその様子をご紹介して行くサイトです。
 紹介している競馬場の情報は訪問当時のものですので、競馬場に行かれる際は最新の情報をご確認のうえ、自己責任で行っていただきますようお願いいたします。
 またこのサイトの写真や文章は基本的に無断で使用されると困るのですが、もしどうしてもという方は荷桁までご連絡ください。そのほかご指摘やご質問がある方も荷桁まで直接ご連絡ください。コメント欄は管理が面倒そうなので当分オープンにはしないつもりです。悪しからず。

連絡先:
nigetayuyaあっとgmail.com
ツイッター:
https://twitter.com/YuyaNigeta
Flickr:
http://www.flickr.com/photos/nigeta/
競馬本紹介ブログ始めました。
荷桁勇矢の競馬本ガイド









忍者ブログ [PR]