ロイヤルターフクラブ競馬場 そこに競馬があるから 忍者ブログ
日本国内、海外の競馬場の訪問記です。こんなことしてていいのかなあ。でもやめられない。

ロイヤルターフクラブ競馬場
ロイヤルターフクラブ競馬場



*ロイヤルターフクラブ競馬場レポートの続編です。
初めからお読みになる方はロイヤルターフクラブ競馬場レポートその1からどうぞ。





 どうも。荷桁です。



 本日もバンコクはロイヤルターフクラブ競馬場レポートでございます。さて。そんなこんなあって、JAIRSさんのお力も借りながら、ようやく競馬場にたどり着けましたので、いよいよ競馬場に踏み込んでまいりたいと思います。



 とりあえず、門のところはオープンになっていて敷地に入る段階で入場料を取られるという感じの競馬場ではなさそうだ。とりあえず、いつもどおり門のあたりからウロウロしまして、徐々に中に入ってまいりたいと思います...
PR
Bangkok
チャオプラヤ川



*ロイヤルターフクラブ競馬場レポートの続編です。
初めからお読みになる方はロイヤルターフクラブ競馬場レポートその1からどうぞ。






 今回もバンコクはロイヤルターフクラブ競馬場のレポートでございます。



 前々回のレポートでロイヤルターフクラブ競馬場に行くことになった経緯を、そして前回のレポートではロイヤルターフクラブ競馬場のあるタイのバンコクについての基本的な情報をお話いたしました。それらの流れを踏まえて、さあそろそろ競馬場のレポートに進もうかというところまでやってまいりましたが、まあそう焦らないでください。実は今回の訪問っていうのはけっこう荷桁にとってはヒヤヒヤもんだったのです。



 まあ、最終的にはどうにかなってしまったのですが、何せこの競馬場、閉鎖になる前からいわゆる公式ウェブサイトっつーものがなくて、閉鎖が決まってその後がどうなるか分からないのに公式の情報がすっごく手に入りづらいという状態だったのです。そんな中で荷桁がどのように情報を集めて、この競馬場にたどり着くことができたのか。



 今回のレポートではそのあたりの話をしてまいりたいと思います...
Bangkok
バンコク



*ロイヤルターフクラブ競馬場レポートの続編です。
初めからお読みになる方はロイヤルターフクラブ競馬場レポートその1からどうぞ。





 さて。そんな訳でロイヤルターフクラブ競馬場レポートでございます。



 前回のレポートでも申し上げましたとおり、2018年の4月にロイヤルターフクラブ競馬場が近く廃止になる、という一報を受けまして、とりあえず大した準備もないままに航空券を取りバンコク行きを決めてしまった荷桁。



 このブログを見ている方は、荷桁はあちこち旅行に行っている人だという印象をお持ちかもしれませんが、実はお恥ずかしいことに、この時点では荷桁はタイ渡航歴ゼロというヘタレでございました。だが、習うより慣れろという感じで、とりあえず競馬をきっかけにバンコク市街をうろうろしまして、幾分偏りはありますが、何となくこの街のことも分かってまいりました。



 バンコクは日本人にポピュラーな街なので、荷桁よりバンコクひいてはタイに詳しい方が山ほどいることは百も承知しつつではありますが、競馬場のレポートをする前にこの街のインフラやカルチャーについて何となく把握していただいた方が、その後の話も分かりやすいだろうということで、今回のレポートではロイヤルターフクラブ競馬場があるバンコクの街についてゆるゆるとご紹介してまいりたいと思います。



 さっさと競馬場に行きなさいという声もあるかもしれませんが、後々競馬場にも絡んでくる部分もありますので、そこは焦らずまいりましょう。ってな訳で、今回はタイという国およびバンコクの街の話でございます...
Bangkok




 2018年4月。森友・加計問題でいよいよどうしよもない事実が明らかになってきて、もはや日本が近代国家として機能していないことが露呈しかかってきた、そんな時期、私、荷桁勇矢はというと、相変わらず人間としてまともに機能することを放棄し、旅打ちに現を抜かしていた。



 皆さん既にご存知だとは思うが、あらためて自己紹介をすると、荷桁は国内・海外の競馬場を中心に、競輪、競艇、オートレース、ドッグレースなどレース系のギャンブル場を巡る旅打ちを趣味にしているちょっとおかしな人間である。



 ちょうどこの頃は国内の未踏破のレース場を中心に旅打ちをしており、なんやかんや日本で行ったことのないレース場が残り10か所ほどになってきた時期であった。さっさと片づけてしまおうと言うとやや語弊があるかもしれないが、モジモジして訪問を先送りにしても何の意味もないため、とりあえずタイミングが合えばえいやと遠征し日本各地のレース場を訪問するということを繰り返していたのだ。2018年の4月も、未踏破のいわき平競輪場+10年ぶりの福島競馬場という旅打ちを敢行し、さあ次はどこを踏破してやろうかと鼻息も荒く次回の旅打ちの計画を立てていたのである。



 そんな折、いつものように公営レース場に関するニュースをチェックしていたところ、一本のニュースが目に留まった。ニュースの発信元は日本から遠く離れた南の国、タイ王国である...
そうだ 競馬、行こう。
ブログ内検索




















プロフィール
HN:
荷桁勇矢   
性別:
男性
職業:
若隠居   
趣味:
逃げ   
このブログについて
 このブログは「そこに競馬があるから」といいます。
 競馬場巡りに魅せられてしまった筆者、荷桁勇矢(にげた ゆうや)が、日本の競馬場、海外の競馬場を訪れながらその様子をご紹介して行くブログです。
 紹介している競馬場の情報は訪問当時のものですので、競馬場に行かれる際は最新の情報をご確認のうえ、自己責任で行っていただきますようお願いいたします。
 またこのサイトの写真や文章は基本的に無断で使用されると困るのですが、もしどうしてもという方は荷桁までご連絡ください。そのほかご指摘やご質問がある方も荷桁まで直接ご連絡ください。コメント欄は管理が面倒そうなので当分オープンにはしないつもりです。悪しからず。

連絡先:
nigetayuyaあっとgmail.com
ツイッター:
https://twitter.com/YuyaNigeta
note:
https://note.mu/nigetayuya/
Flickr:
http://www.flickr.com/photos/nigeta/
競馬本紹介ブログ始めました。
荷桁勇矢の競馬本ガイド









忍者ブログ [PR]