フートー競馬場 そこに競馬があるから 忍者ブログ
日本国内、海外の競馬場の訪問記です。こんなことしてていいのかなあ。でもやめられない。

Trường đua Phú Thọ
フートー競馬場の昼下がり。場内で宝くじを売り歩くおばさんたち。


*フートー競馬場レポートの続編です。
初めからお読みになる方はこちらからどうぞ。







 さて、これまでべトナムはホーチミンのフートー競馬場をご紹介して参りました。なかなか世界に類を見ない競馬場だけに行ってみたいと思われた方も多いのではないかと思うのですが、ここで非常に残念なお知らせです。



 荷桁もフートー競馬場の記事を書き始めてから知ったのですが、なんとフートー競馬場は2011年の春より休止になってしまったとのことなのです...
PR
Trường đua Phú Thọ
夕方に時間が近づくと徐々に雲行きが怪しくなって・・・



*フートー競馬場レポートの続編です。
初めからお読みになる方はこちらからどうぞ。







 さて、そんなこんなで、うろうろとフートー競馬場を歩き回りつつ馬券を買い続けるが、時間も15時をまわったあたりで、徐々に天気が悪くなってくる。そう、ホーチミンは東南アジアの熱帯気候。雨季のこの時期は1日1回、必ずと言っていいほどスコールを伴った雨の時間帯があるのだ...
Trường đua Phú Thọ
フートー競馬場名物、チャリで馬を引く人々。こんなんありなん?


*フートー競馬場レポートの続編です。
初めからお読みになる方はこちらからどうぞ。






 フートー競馬場をうろうろしていると、日本の競馬場と大きく違うなあと思う事がある。それは「馬がいる」ということだ。



 (°Д°)ハァ?競馬場に馬がいるのは当たり前だろうが、と思われる方もいるかもしれないが、フートーの場合はニュアンスがちと違う。以前のレポートで馬房や洗い場などのバックヤードの様子をご紹介したが、それ以外の場所、雑に言ってしまえば、そのへんに「馬がいる」のである...
Trường đua Phú Thọ
フートー競馬場パドック脇の掲示板。とんでもねえの使ってんな。



*フートー競馬場レポートの続編です。
初めからお読みになる方はこちらからどうぞ。







 ここまで長々とフートー競馬場についてレポートしてまいりましたが、もう少しおつきあいいただければと思います。



 さて、今回はフートー競馬場にある「モノ」にスポットを当てて紹介してまいりたいと思います。



 冒頭の写真はフートー競馬場のパドック脇に鎮座している出走表的な掲示板である。おそらく、馬の名前による出走表ではなく、騎手と斤量が表示してあるものだと考えられる。競馬新聞には騎手の名前が書いていないので、みな、ここへ来て、どの馬に何という騎手が乗るのかを確認するのだ。見ての通り、なんでこんなもん使ってんだという感じの代物だが、もちろん現役である...
Trường đua Phú Thọ
フートー競馬場スタンドで涼む。


*フートー競馬場レポートの続編です。
初めからお読みになる方はこちらからどうぞ。






 さて。今回もフートー競馬場レポートのつづきでございます。



 バックヤードを見物して、メシを食ったら、再び馬券を買いつつ場内をうろうろしてみよう。



 正月でいつも以上にやることがないと、こういうパソコン作業は精が出ますな...
Trường đua Phú Thọ
フートー競馬場の食品売店群。



*フートー競馬場レポートの続編です。
初めからお読みになる方はこちらからどうぞ。






 さて、正月休みですので、さくさく記事を上げていきましょう。



 フートー競馬場に到着後、休む間もなく馬券を買い、レースの合間にはバックヤードを巡ってきた荷桁であったが、さすがに昼も過ぎて来たところで腹が減って来た。ここは一つ、メシでも食おうかということで、今回はフートー競馬場グルメといきましょう...
Trường đua Phú Thọ
フートー競馬場の馬房脇の洗い場。子どもたちが楽しそうに馬を洗う。


*フートー競馬場レポートの続編です。
初めからお読みになる方はこちらからどうぞ。





 明けましておめでとうございます。有馬記念は今年は外してしまいました。相変わらず中山はすごい人でしたね。



 さてさて新年最初の当ブログですがしばらく更新が滞ってしまったので、ひとまずさくさくとベトナム競馬を片付けていきたいと思います。



 前回のレポートでは検量室の様子をご紹介しましたので、引き続きフートー競馬場のバックヤードを探検して行きたいと思います...
Trường đua Phú Thọ
フートー競馬場。淡々とレースは進む。


*フートー競馬場レポートの続編です。
初めからお読みになる方はこちらからどうぞ。






 さて、さて、レースの合間にフートー競馬場の場内を歩き回ってみよう。



 日本の競馬場に行くと3場買いを繰り返し、36レースを買い終わったところではぐったりとしているというのがいつものパターンであるが、フートーでは場外発売などは行われておらず、レース間隔もたっぷり30分ほどあったので珍しくじっくりと徘徊をしてみた次第である...
Trường đua Phú Thọ
フートー競馬場直線を駆ける馬たち。こうして見ると、やや小ささが実感できる。


*フートー競馬場レポートの続編です。
初めからお読みになる方はこちらからどうぞ。





 やや間があきましたが、フートー競馬場レポートのつづきといきましょう。いつの間にやら9回を数えておりますね。あんまり長いこと書いてしまっても他が滞ってしまうのでよくないのですが...
Trường đua Phú Thọ
フートー競馬場直線の叩き合い。みんな落っこちんなよ!


*フートー競馬場レポートの続編です。
初めからお読みになる方はこちらからどうぞ。





 さて、フートー競馬場の馬券を買ったら、お次ぎはレースである。



 ちびっこいジョッキーが小さい馬に乗って、一体どんなレースをするのというところを今回は明らかにしていきたいと思います...


そうだ 競馬、行こう。
ブログ内検索




















プロフィール
HN:
荷桁勇矢   
性別:
男性
職業:
若隠居   
趣味:
逃げ   
このブログについて
 このブログは「そこに競馬があるから」といいます。
 競馬場巡りに魅せられてしまった筆者、荷桁勇矢(にげた ゆうや)が、日本の競馬場、海外の競馬場を訪れながらその様子をご紹介して行くブログです。
 紹介している競馬場の情報は訪問当時のものですので、競馬場に行かれる際は最新の情報をご確認のうえ、自己責任で行っていただきますようお願いいたします。
 またこのサイトの写真や文章は基本的に無断で使用されると困るのですが、もしどうしてもという方は荷桁までご連絡ください。そのほかご指摘やご質問がある方も荷桁まで直接ご連絡ください。コメント欄は管理が面倒そうなので当分オープンにはしないつもりです。悪しからず。

連絡先:
nigetayuyaあっとgmail.com
ツイッター:
https://twitter.com/YuyaNigeta
note:
https://note.mu/nigetayuya/
Flickr:
http://www.flickr.com/photos/nigeta/
競馬本紹介ブログ始めました。
荷桁勇矢の競馬本ガイド









忍者ブログ [PR]