姫路競馬場 そこに競馬があるから 忍者ブログ
日本国内、海外の競馬場の訪問記です。こんなことしてていいのかなあ。でもやめられない。

姫路競馬場へのアクセス駅である野里駅
姫路競馬場へ徒歩でアクセスできる播但線 野里駅



*姫路競馬場レポートの続編です。
 初めからお読みになる方は姫路競馬場レポートその1からどうぞ。





 どうも。荷桁です。姫路競馬場レポートが続いておりますが、今回もアクセスの話をしてまいりたいと思います。



 前々回のレポートで姫路駅からファンバスでアクセスする方法、前回のレポートでは同じく姫路駅から路線バスでアクセスする方法をそれぞれご紹介いたしましたが、今回は鉄道でのアクセス方法でございます。



 あまり知られていないのですが、姫路競馬場は徒歩でアクセス可能な鉄道駅が近くにあり、これを使ったアクセスというのも当然視野に入ってくるのであります。その駅とは、JR播但線の野里駅。地元の方以外はあまりご存知ないかもしれませんが、ひとまずこの駅が姫路競馬場の最寄り駅であることは疑いようがないので、今回はこの駅からのアクセス方法をご紹介できればと思います。



 それではまいりましょう。野里駅から徒歩でのアクセスの模様です...
PR
姫路競馬場へ行く神姫バス
姫路競馬場へ行く神姫バス



*姫路競馬場レポートの続編です。
 初めからお読みになる方は姫路競馬場レポートその1からどうぞ。






 どうも。荷桁です。今回も姫路競馬場へのアクセスの話をしてまいりましょう。



 前回のレポートでは姫路駅前から姫路競馬場へのアクセス手段でもっともポピュラーな、無料のファンバスの乗り場をご紹介いたしました。今回はファンバスの時間が合わない場合やファンバスの始発時間より早めに姫路競馬場へ着いておきたいときなんかに使える、姫路駅から路線バスで競馬場へアクセスする方法をご紹介しておきたいと思います。



 姫路は比較的路線バスが発達している街で、姫路駅から姫路城までの間は主要な路線も多く、本数もそれなりにあるため、通常のバス料金はかかるものの、使いこなせればけっこう便利なアクセス手段になります。ファンバスだけが選択肢ではないということで頭の片隅に置いておく分にはよいかと思います。



 というわけでまいりましょう。姫路競馬場、路線バスでのアクセスでございます...
姫路競馬場へアクセスする
姫路競馬場へのアクセス拠点、姫路駅


*姫路競馬場レポートの続編です。
 初めからお読みになる方は姫路競馬場レポートその1からどうぞ。




 どうも荷桁です。さて。前回のレポートで申し上げたとおり、今回から2020年1月に復活した姫路競馬場のレポートでございます。



 さて。姫路競馬場に行く前に、まずはアクセスについて見ておくことにいたしましょう。姫路競馬場のアクセスについては以前のレポートでも触れてはいるが、その際は、場外発売時であったため、今回はあらためて、開催時のアクセスを見ていくことにいたします。姫路競馬場へのアクセス手段はいろいろあるのですが、まずは競馬開催時に姫路駅から競馬場までアクセスするのにもっともポピュラーな手段である無料のファンバスをご紹介いたします。



 姫路競馬場のファンバスは無料というメリットがある一方で、乗り場が少し分かりづらいため、今回はそのあたりを中心にお話していければと思います。それではまいりましょう。姫路競馬場のファンバスでございます...
姫路競馬場の開催が復活
2020年。姫路開催が復活した。



*姫路競馬場レポートの続編です。
 初めからお読みになる方は姫路競馬場レポートその1からどうぞ。







 2019年4月。神戸新聞のウェブサイト「神戸新聞NEXT」に一本の記事が配信された。見出しは『休止中の姫路競馬場、7年半ぶりレース再開へ ネット投票の普及追い風に』。そう、数年にわたって噂されていた姫路競馬場の再開がついに新聞報道レベルで報じられたのである。記事によると再開時期は2020年の1月。2012年夏の開催を最後に開催が止まっていた姫路競馬場としては実に7年半ぶりの本場開催が復活することになったのである。



 このブログを熟読している方なら既にご存知かと思いますが、荷桁は2008年に姫路競馬場を最初に訪れて以来、この競馬場を偏愛しており、たびたび姫路競馬場を訪れてはその様子をレポートしてきた経緯がございます。当然のことながら姫路競馬場が復活した2020年の1月にも姫路競馬場を訪問し、その復活の様子をしっかり見届けることができたのであります。



 という訳で、今回からしばらくは2020年1月開催の姫路競馬場の様子をご紹介していければと思うのですが、まずこのレポートではこれまでの私的な姫路競馬場の訪問の様子を振り返りつつ、姫路競馬場のベーシックな情報を今一度整理していければと思いますので、よろしくお付き合いいただけますと幸いです。



 それではまいりましょう。私自身、書く日が来るのを待ち焦がれておりました16本目の姫路競馬場レポートでございます...
姫路競馬場
姫路競馬場の食堂棟



*姫路競馬場レポートの続編です。
 初めからお読みになる方は姫路競馬場レポートその1からどうぞ。

 また、この記事は姫路競馬場レポートの2016年8月の訪問記事です。
 この訪問の分だけをお読みになる方は姫路競馬場レポートその8からどうぞ。







 さて、競馬が開催していない姫路競馬場をブラブラしているうちに、15回目の姫路競馬場レポートとなりました。


 競馬場内もひととおり回ってしまいましたので、ここらであらためて姫路競馬場のグルメの話をすることにいたしましょう。


 姫路競馬場のグルメにつきましては、過去に姫路競馬場レポートその3にて「あたりや」のかき揚げ丼をご紹介し、また姫路競馬場レポートその6でも「明石屋」のかつめし、たこ天・穴子天などをご紹介いたしました。



 今回は園田競馬の場外発売日ということもあり、どの程度のグルメがあるのかはまるで未知数。ひとまず、姫路競馬場でメシを食うならここに行っておかないとということで、実に久々に無料休憩所とは名ばかりの食堂棟に行ってみることにした...
姫路競馬場の特観席内部
姫路競馬場のスタンド2階



*姫路競馬場レポートの続編です。
 初めからお読みになる方は姫路競馬場レポートその1からどうぞ。

 また、この記事は姫路競馬場レポートの2016年8月の訪問記事です。
 この訪問の分だけをお読みになる方は姫路競馬場レポートその8からどうぞ。







 さあ、長くなってまいりましたが、今回も姫路競馬場レポートでございます。



 比較的淡々とではございますが、ここまで、姫路競馬場のスタンド1階、そして2階と姫路競馬場の現在の様子をなめまわすように見て回っている次第でございますが、今回のレポートでは、タイトルにありますとおり、姫路競馬場の特観席を見てまいります。



 実は荷桁は過去の訪問時に姫路競馬場の特観席には入ったことがないため、今回の訪問が初の姫路競馬場特観席ということになります。なにはともあれ、まずは特観席の入口に行くところから話を進めてまいりましょう..
姫路競馬場のスタンド2階
姫路競馬場のスタンド2階



*姫路競馬場レポートの続編です。
 初めからお読みになる方は姫路競馬場レポートその1からどうぞ。

 また、この記事は姫路競馬場レポートの2016年8月の訪問記事です。
 この訪問の分だけをお読みになる方は姫路競馬場レポートその8からどうぞ。







 さて、姫路競馬場レポートのつづきです。



 前回のレポートでは姫路競馬場のスタンド1階の様子を見てまいりましたが、今回は一つ階を上がって2階の様子を見ることにいたしましょう。


 1階のほうは投票設備もほとんどがなくなっており、やや閑散とした雰囲気を醸し出しておりましたが、2階のほうはどうなっているのでしょうか。ひとまずの現状把握ということで、淡々と見ていければと思います...
姫路競馬場スタンドの1階
姫路競馬場のスタンド1階



*姫路競馬場レポートの続編です。
 初めからお読みになる方は姫路競馬場レポートその1からどうぞ。

 また、この記事は姫路競馬場レポートの2016年8月の訪問記事です。
 この訪問の分だけをお読みになる方は姫路競馬場レポートその8からどうぞ。






 今回も姫路競馬場レポートのつづきでございます。


 前回のレポートまでは、主に競馬場の周りをぶらついて細かな部分にいちいち反応してはしみじみするという例によってキモい動きをとっていたわけでございますが、今回からはスタンドの内部に踏み込むことにいたしましょう。


 
 まあ、スタンドの内部に踏み込んだところで、いちいち細かな部分に反応するという行動が改善されるわけでもございませんので、その辺はご承知おきいただいた上で読み進めていただけますと幸いでございます。


 さて、姫路競馬場のスタンドの1階はどのようになってしまっているのでしょうか...
姫路競馬場のスタンド
姫路競馬場のスタンドを見上げる



*姫路競馬場レポートの続編です。
 初めからお読みになる方は姫路競馬場レポートその1からどうぞ。

 また、この記事は姫路競馬場レポートの2016年8月の訪問記事です。
 この訪問の分だけをお読みになる方は姫路競馬場レポートその8からどうぞ。







 どもども荷桁です。



 さて、前回の姫路競馬場レポートでは、入場門から姫路競馬場のスタンドに近づいただけで、荷桁があっと言う間にキュンキュン萌え萌えしてしまい、牛歩の如く進行がゆっくりになってしまい、大変申し訳ございませんでした。



 とまあ、申し訳ございませんでしたとか言ってはみたものの、別に改善する気もサラサラないですし、例によって同じ調子で今回もやっていきたいと思います(我ながらウザすぎる)。



 一応スタンドまでは近づいてみた訳ですが、スタンド内に足を踏み入れる前に、少し周りをブラブラして周辺の様子を観察してみたいと思います。以前のレポートで取り上げた部分も、そうでない部分もありますので、以前との比較として、また新たな発見として、ゆるゆると読み進めていただけますと幸いです...
姫路競馬場の入場門を入ってすぐ
姫路競馬場に踏み込むぞ



*姫路競馬場レポートの続編です。
 初めからお読みになる方は姫路競馬場レポートその1からどうぞ。

 また、この記事は姫路競馬場レポートの2016年8月の訪問記事です。
 この訪問の分だけをお読みになる方は姫路競馬場レポートその8からどうぞ。







 さて、姫路競馬場レポートでございます。



 久々に姫路競馬場を訪問しているわけでございますが、一応、前回のレポートにて、姫路競馬場が2016年現在、なぜ開催が行われていないのか?このまま廃止になってしまうのか?などの疑問についてはおおよそスッキリしていただけたかと思います。



 というわけでようやくではありますが、今回のレポートから、姫路競馬場の内部に久々に踏み込んでまいります。尚、繰り返しになりますがこのたびの姫路競馬場訪問は2016年の夏の園田競馬の場外発売日に訪問したものでございますので、その点ご留意ください。



 以前のレポートでも申し上げましたが、姫路競馬場は私、荷桁勇矢が数ある競馬場の中でも非常に愛でている競馬場でありますので、少々気持ち悪いくらいに姫路競馬場を賛美するかもしれませんが、その辺は惚気だと思って、笑って見逃していただけますと幸いです。



 それでは久々の姫路競馬場に足を踏み入れてまいりましょう...
そうだ 競馬、行こう。
ブログ内検索






















プロフィール
HN:
荷桁勇矢   
性別:
男性
職業:
若隠居   
趣味:
逃げ   
このブログについて
 このブログは「そこに競馬があるから」といいます。
 競馬場巡りに魅せられてしまった筆者、荷桁勇矢(にげた ゆうや)が、日本の競馬場、海外の競馬場を訪れながらその様子をご紹介して行くブログです。
 紹介している競馬場の情報は訪問当時のものですので、競馬場に行かれる際は最新の情報をご確認のうえ、自己責任で行っていただきますようお願いいたします。
 またこのサイトの写真や文章は基本的に無断で使用されると困るのですが、もしどうしてもという方は荷桁までご連絡ください。そのほかご指摘やご質問がある方も荷桁まで直接ご連絡ください。コメント欄は管理が面倒そうなので当分オープンにはしないつもりです。悪しからず。

連絡先:
nigetayuyaあっとgmail.com
ツイッター:
https://twitter.com/YuyaNigeta
note:
https://note.mu/nigetayuya/
Flickr:
http://www.flickr.com/photos/nigeta/
競馬本紹介ブログ始めました。
荷桁勇矢の競馬本ガイド









忍者ブログ [PR]