高知競馬場 そこに競馬があるから 忍者ブログ
日本国内、海外の競馬場の訪問記です。こんなことしてていいのかなあ。でもやめられない。

高知競馬場
高知競馬場のモニター前に群がる観客のみなさん。ゴール前の首の上げ下げに夢中になる中年たちのかわいらしさといったらw


*高知競馬場レポートの続編です。
初めからお読みになる方は高知競馬場レポートその1からどうぞ。






 さて、高知競馬場での敗戦から一夜明けた、12月7日。
 レディースジョッキーズシリーズ2009の高知ラウンドの当日だ。

 この日も快晴であったが、前日高知橋付近の居酒屋で、龍馬の海援隊とかいう焼酎を死ぬほど飲んでいたため(それでも3000円くらいで済んだ気がする)完全に2日酔いであったが、それでも競馬場へは向かわなければならない...


PR
高知競馬場 スタンド
高知競馬場スタンド。夏には風通しがいいと感じた構造も、冬にはただひたすら寒いのみ。


*高知競馬場レポートの続編です。
初めからお読みになる方は高知競馬場レポートその1からどうぞ。






 さて、非常に発作的な行動で持って、2009年の年の瀬に高知競馬場にやってきたわけであるが、南国高知とはいえ、けっこう寒い。寒いのだが、馬券は買わないといけないので、手に息を吐きつけつつ、震える手でマークカードを塗りつぶしていく。一体俺は何をやってるんだ...


高知競馬場
久々の高知競馬場、冬の高知は初めてだが、澄んだ空が美しいぞ。


*高知競馬場レポートの続編です。
初めからお読みになる方は高知競馬場レポートその1からどうぞ。







 唐突ながら再度の高知競馬場です。
 
 さて、今から一年近く前になってしまうが、2009年の12月。荷桁は高知に向かう高速バスに乗っていた。夕方に大阪駅を出るバスに乗ればその日のうちに高知に着いてしまう。大阪に移ってから、随分四国も近くなったもんだ...



高知競馬場
高知競馬場のゴール。くじらをかたどっているが、そういえば、鯨カツって高知競馬場で売ってたっけな・・・?


*高知競馬場レポートの続編です。
初めからお読みになる方は高知競馬場レポートその1からどうぞ。







 さて、これまで高知競馬場を見てきたわけだが、あくまでもこれは2008年の夏の話。あれから2年近くがたったわけだ。

 地方競馬ひいては公営ギャンブルの世界にとって、ここ最近の1年や2年という時間はかなりの意味を持っている。旭川競馬場の廃止、花月園競輪場の廃止、地主との訴訟に揺れた笠松競馬、廃止の方向性が既定路線となった福山競馬などなど。まさにこの数年が地方競馬の最後のふんばりどきになっていると言っても過言ではあるまい...



高知競馬場
こちらが高知競馬場スタンド。外見はわりと立派な感じだが、中はコンクリートむき出しで、わりとがらんどうとしていて薄暗い。夏場でもクーラーの存在をあまり感じることができないが、地方競馬っぽい郷愁は充分に味わうことができる。唐突に壁にハルウララが出てくるのがシュール。

*高知競馬場レポートの続編です。
初めからお読みになる方は高知競馬場レポートその1からどうぞ。






 さて、ここまでついつい売店やパドックまわりばかり見てきたものの、やっぱり当てて帰らないとしゃあないので、レースの話題にうつろう...



高知競馬場
高知競馬場パドック裏にある売店の前に置いてあるクマのぬいぐるみ。目線がせつない。ちなみに高知競馬場の焼きそばはぐっちょりソースでB級グルメっぽいおいしさ。対照的に、たこ焼きは何故かふわふわした食感。


*高知競馬場レポートの続編です。
初めからお読みになる方は高知競馬場レポートその1からどうぞ。






 さて、とりあえず、ビールを飲みながら、競馬新聞をめくり、第1レースから予想を始める。
 この瞬間が一番幸せであるなあ。


 高知の競馬新聞は2013年現在で、「中島高級競馬號」「福ちゃん」「競馬研究」の3紙があり、市内中心のコンビニや、もちろん競馬場でも買うことができる...



高知競馬場
高知ということで龍馬。最近大河ドラマで「福山龍馬」という表記をよく見るが、あれが「福山競馬」に見えてしまう僕って競馬中毒?


 さて、今回は四国唯一の競馬場である高知競馬場のレポートだ。もっとも、益田競馬場も福山競馬場もなくなってしまったため、四国だけでなく、中国地方を入れても、唯一の競馬場になってしまったのではあるが。



 荷桁が初めて高知競馬場を訪れたのは2008年の夏のことだった。例によって精力的に競馬場を周りはじめた時期のことである...



そうだ 競馬、行こう。
ブログ内検索


















プロフィール
HN:
荷桁勇矢   
性別:
男性
職業:
若隠居   
趣味:
逃げ   
このブログについて
 このブログは「そこに競馬があるから」といいます。
 競馬場巡りに魅せられてしまった筆者、荷桁勇矢(にげた ゆうや)が、日本の競馬場、海外の競馬場を訪れながらその様子をご紹介して行くブログです。
 紹介している競馬場の情報は訪問当時のものですので、競馬場に行かれる際は最新の情報をご確認のうえ、自己責任で行っていただきますようお願いいたします。
 またこのサイトの写真や文章は基本的に無断で使用されると困るのですが、もしどうしてもという方は荷桁までご連絡ください。そのほかご指摘やご質問がある方も荷桁まで直接ご連絡ください。コメント欄は管理が面倒そうなので当分オープンにはしないつもりです。悪しからず。

連絡先:
nigetayuyaあっとgmail.com
ツイッター:
https://twitter.com/YuyaNigeta
Flickr:
http://www.flickr.com/photos/nigeta/
競馬本紹介ブログ始めました。
荷桁勇矢の競馬本ガイド









忍者ブログ [PR]