佐賀競馬場 その18 ~佐賀競馬場 勝手に佐賀競馬 騎手名鑑第1弾~ そこに競馬があるから 忍者ブログ
日本国内、海外の競馬場の訪問記です。こんなことしてていいのかなあ。でもやめられない。

そこに競馬があるから > 佐賀競馬場 > 佐賀競馬場 その18 ~佐賀競馬場 勝手に佐賀競馬 騎手名鑑第1弾~

佐賀競馬場の騎手一礼
佐賀競馬場 騎手一礼



*佐賀競馬場レポートの続編です。
初めからお読みになる方は佐賀競馬場レポートその1からどうぞ。





 
 なんだかんだ18回目を迎えました佐賀競馬場レポートです。



 さて、今回からは佐賀競馬で写真を撮った騎手の皆さんをご紹介していきます。当ブログで細々と続けているコーナー「勝手に騎手名鑑」の佐賀競馬版でございます。



 水沢競馬場でこのコーナーをやったときにも申し上げましたが、ひとまず撮りためた写真がもったいないから載せているだけのポリシーのないコーナーなので、そのクオリティーや情報量はまったく大したものないので、あしからず・・・。



 一応、おことわりなのですが、これよりご紹介する写真は2014年に訪問した際の写真をメインにしてまいりますが、一部騎乗のなかった騎手や、写真のクオリティーが悪かった騎手に関しては2010年に訪問した際の写真も使用しておりますので、そのあたりはご承知おきください。



 それでは勝手に佐賀競馬騎手名鑑、始めてまいりましょう...



 この記事を執筆している2014年12月現在、佐賀競馬場には19人の騎手が所属している。ちょうど2015年の1月にこの記事を書き始めているため、ひとまず今回の名鑑は2014年の年間リーディングの順位でご紹介していくことにいたしましょう。



 地方競馬の騎手リーディングというと、同じレベルのトップ騎手が割拠している場と、ダントツトップの騎手が一人いて、あとは団子状態という場の2つに分かれる傾向が強い。しかし最近は各場のトップ騎手が海外や他場に拠点を移したり、騎手の人数が減ってきていることもあり、一人ダントツの騎手がいる場というのは最近ではめったに見られない。




佐賀競馬場の山口勲騎手



 そんな中、佐賀競馬場は全国でも数少ない、ダントツトップがいる競馬場なのである。そのトップの男こそがこのお方。山口勲騎手である。



 以前も当ブログで紹介したが、毎年佐賀でリーディングを獲得しており、2010年には九州に所属しながら騎乗数の多い南関や兵庫勢いを蹴散らし全国リーディングを獲得しているお方である。2014年も2位に70勝以上の差をつけてぶっちぎりのリーディングだ。1970年生まれのベテランだが騎乗回数も多い。ほぼ毎回レースにいるのだが、佐賀では正直この人を外して馬券を買うこと自体が勇気がいるほど。



 佐賀に行く際には絶対覚えていなくてはならない存在だ。



佐賀競馬場の鮫島克也騎手



 続いてリーディング2位はこちら。鮫島克也騎手。中央での騎乗も多く、佐賀競馬といえばこの人という印象の方も多いのではないだろうか。2001年のWSJSでも優勝している。



 中央の騎手、鮫島良太騎手の父親としても知られる。この方も騎乗数こそ山口騎手に及ばないが、連対率や勝率はかなりの数字なので、人気馬に乗っていたら要注意だ。



 Wikiによると、愛称は「キングシャーク」とのことだが・・・、本人この愛称をどう思っているのだろうか・・・?鮫島騎手にパドックで「いよっ!キングシャーク!」とか言ったらムチでどつかれそうな気がするが・・・。




佐賀競馬場の真島正徳騎手



 さて、リーディング3位はこちらの真島正徳騎手。



 父は佐賀競馬の騎手→調教師の真島元徳。甥は大井の騎手真島大輔という、競馬一族である。堅実な騎乗でしっかり馬券圏内に馬を持ってくる手腕はさすがである。2014年はなかったが、過去は中央でもたびたび騎乗があり中央通算3勝を上げている。




佐賀競馬場の騎乗風景




 この山口勲騎手、鮫島克也騎手、真島正徳騎手が佐賀の三強とも言える騎手である。3人の中では騎乗数が圧倒的に多い山口勲騎手が勝ち星と勝率では抜けているが、連対率や複勝率では三者で大きな差はなく、ガチンコ勝負であればそんなに差はないと考えたほうがよい。



 すでに気が付いている方もいるかと思うが、現時点で、山口勲騎手が44才、鮫島克也は騎手51才、真島正徳騎手は44才と、年齢的にはそれなりに上の面々が牛耳っているのが佐賀競馬の現状である。



 佐賀競馬はわりと堅い配当が多いとされるが、既に当ブログでも述べているとおり、その原因として、このベテラン3人が有力馬に乗っていると空気的に若い騎手がなかなか競りかけたりできないからだという意見も少なからずあるし、荷桁もそう思うことはちょいちょいある。



 それの真偽はさておき、この3人のベテランが有力馬に騎乗しているときの同型馬の動きなどは少し注意しておいたほうがいいだろう。案外、馬柱どおりの展開にならないこともあるかもしれない・・・。




佐賀競馬場の田中純騎手



 さて、そんなベテラン三強にくらいつく若手の筆頭格はリーディング4位の田中純騎手である。



 この田中純騎手、実は元荒尾の騎手で、廃止に伴って一度騎手を引退したものの、続けたい気持ちが勝り、再び騎手になるため試験を受けなおし免許を再取得。福山競馬を経て(ここでも廃止を経験)、現在は佐賀で騎乗しているという、28才にしてとんでもない苦労をしてきている男である。



 血族が多い佐賀競馬にあって、荒尾出身という肩書は大変そうなイメージを持つが、騎乗数は山口勲騎手と共に抜けており、周囲の信頼を集める実直な騎乗の評判は高い。



 しかし、騎乗数が多いこともあって、勝率や連対率はそれほど高くないため、馬券を買う立場としては、毎レース吟味が必要なタイプの騎手である。ガンガン先行するタイプの騎手ではないが、人気薄で頭を取るときは逃げる傾向があるので、要注意である。




佐賀競馬場の石川慎将騎手



 続いて、リーディング5位が石川慎将騎手。



 厩務員を経て、25才で騎手デビューした、こちらも苦労人。石川浩文調教師は実父。リーディングは5位だが、4位の田中騎手よりも勝率などはやや上。2012年8月にはマカオでも騎乗実績があるなど、精力的に活動。



 まだ大舞台での活躍の印象が薄いが、今後は佐賀競馬の中心的存在になっていくことは間違いなさそう。



 ちなみに、若干恥ずかしいタイトルが多い、楽天競馬の騎手ブログをやっており、そのタイトルは「賽馬王に俺はなる!」である。ゆくゆくは香港澳門を拠点にするつもりなのだろうか?


 

 さて、5人紹介した時点でそろそろいったん切りましょう。



 あと14人残っていることもあり、しばらく続けてまいりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます・・・。




 


>>佐賀競馬場レポートその19へ





*この競馬場が好きな方はこちらの競馬場もお好きだと思われます。

 荒尾競馬場 その1 ~そしてとうとう九州競馬へ~
 名古屋競馬場 その1 ~あくまで土古~
 笠松競馬場 その1 ~名馬・名手の里~
 福山競馬場 その1 ~私的福山競馬史~
 金沢競馬場 その1 ~金沢けいば冬景色~
 姫路競馬場 その1 ~初夏だけのパラダイス~
 旭川競馬場 その1 ~北に競馬があるから~
 水沢競馬場 その1 ~水沢江刺に競馬のためだけに~


*佐賀競馬場に関する記事は以下にもあります。

 佐賀競馬場 その1 ~鳥栖まで戻って佐賀へ~
 佐賀競馬場 その2 ~パドックと武士文化~
 佐賀競馬場 その3 ~SAGA HORSE RACE~
 佐賀競馬場 その4 ~佐賀競馬場グルメ~
 佐賀競馬場 その5 ~困ったときの観音様~
 佐賀競馬場 その6 ~4年ぶりの佐賀競馬へ~
 佐賀競馬場 その7 ~佐賀は佐賀だった~
 佐賀競馬場 その8 ~久々のスタンド~
 佐賀競馬場 その9 ~佐賀競馬スタンド2階へ~
 佐賀競馬場 その10 ~佐賀競馬スタンド2階~
 佐賀競馬場 その11 ~佐賀競馬スタンド指定席~
 佐賀競馬場 その12 ~佐賀競馬場でみつけたモノたち~
 佐賀競馬場 その13 ~いざ勝負 佐賀競馬~
 佐賀競馬場 その14 ~なかなかうまくいかん~
 佐賀競馬場 その15 ~ここで一発竹吉先生~
 佐賀競馬場 その16 ~久々の佐賀競馬場グルメ~
 佐賀競馬場 その17 ~佐賀競馬場グルメ 甘味も!~
 佐賀競馬場 その18 ~佐賀競馬場 勝手に佐賀競馬 騎手名鑑第1弾~
 佐賀競馬場 その19 ~佐賀競馬場 勝手に佐賀競馬 騎手名鑑第2弾~
 佐賀競馬場 その20 ~佐賀競馬場 勝手に佐賀競馬騎手名鑑第3弾~
 佐賀競馬場 その21 ~佐賀競馬場 アクセス 神埼駅から佐賀競馬場へ~
 佐賀競馬場 その22 ~佐賀競馬場の駐車場とバス停からの道中~
 佐賀競馬場 その23 ~Wi-Fiが飛ぶスタンド1階~
 佐賀競馬場 その24 ~スタンド2階をもう一度~
 佐賀競馬場 その25 ~指定席で行こう~
 佐賀競馬場 その26 ~佐賀競馬場 ロイヤル席~
 佐賀競馬場 その27 ~佐賀競馬場 グルメ 龍ラーメン 赤浦と丸善 ハローのタコ焼き ~
 佐賀競馬場 その28 ~佐賀競馬場 グルメ 食堂街の亭謝馬~
 佐賀競馬場 その29 ~佐賀競馬場 グルメ ごぼう天うどんと2階の売店たち~
 佐賀競馬場 その30 ~佐賀競馬場 グルメ 3階の食堂 あたり矢・朝日屋・すずらん~
 佐賀競馬場 その31 ~佐賀競馬場 勝手に佐賀競馬騎手名鑑第4弾~
 佐賀競馬場 その32 ~佐賀競馬場 2017年・春~




PR
そうだ 競馬、行こう。
ブログ内検索


















プロフィール
HN:
荷桁勇矢   
性別:
男性
職業:
若隠居   
趣味:
逃げ   
このブログについて
 このブログは「そこに競馬があるから」といいます。
 競馬場巡りに魅せられてしまった筆者、荷桁勇矢(にげた ゆうや)が、日本の競馬場、海外の競馬場を訪れながらその様子をご紹介して行くブログです。
 紹介している競馬場の情報は訪問当時のものですので、競馬場に行かれる際は最新の情報をご確認のうえ、自己責任で行っていただきますようお願いいたします。
 またこのサイトの写真や文章は基本的に無断で使用されると困るのですが、もしどうしてもという方は荷桁までご連絡ください。そのほかご指摘やご質問がある方も荷桁まで直接ご連絡ください。コメント欄は管理が面倒そうなので当分オープンにはしないつもりです。悪しからず。

連絡先:
nigetayuyaあっとgmail.com
ツイッター:
https://twitter.com/YuyaNigeta
Flickr:
http://www.flickr.com/photos/nigeta/
競馬本紹介ブログ始めました。
荷桁勇矢の競馬本ガイド









忍者ブログ [PR]