そこに競馬があるから 忍者ブログ
日本国内、海外の競馬場の訪問記です。こんなことしてていいのかなあ。でもやめられない。

Bangkok
チャオプラヤ川



*ロイヤルターフクラブ競馬場レポートの続編です。
初めからお読みになる方はロイヤルターフクラブ競馬場レポートその1からどうぞ。






 今回もバンコクはロイヤルターフクラブ競馬場のレポートでございます。



 前々回のレポートでロイヤルターフクラブ競馬場に行くことになった経緯を、そして前回のレポートではロイヤルターフクラブ競馬場のあるタイのバンコクについての基本的な情報をお話いたしました。それらの流れを踏まえて、さあそろそろ競馬場のレポートに進もうかというところまでやってまいりましたが、まあそう焦らないでください。実は今回の訪問っていうのはけっこう荷桁にとってはヒヤヒヤもんだったのです。



 まあ、最終的にはどうにかなってしまったのですが、何せこの競馬場、閉鎖になる前からいわゆる公式ウェブサイトっつーものがなくて、閉鎖が決まってその後がどうなるか分からないのに公式の情報がすっごく手に入りづらいという状態だったのです。そんな中で荷桁がどのように情報を集めて、この競馬場にたどり着くことができたのか。



 今回のレポートではそのあたりの話をしてまいりたいと思います...
PR
Bangkok
バンコク



*ロイヤルターフクラブ競馬場レポートの続編です。
初めからお読みになる方はロイヤルターフクラブ競馬場レポートその1からどうぞ。





 さて。そんな訳でロイヤルターフクラブ競馬場レポートでございます。



 前回のレポートでも申し上げましたとおり、2018年の4月にロイヤルターフクラブ競馬場が近く廃止になる、という一報を受けまして、とりあえず大した準備もないままに航空券を取りバンコク行きを決めてしまった荷桁。



 このブログを見ている方は、荷桁はあちこち旅行に行っている人だという印象をお持ちかもしれませんが、実はお恥ずかしいことに、この時点では荷桁はタイ渡航歴ゼロというヘタレでございました。だが、習うより慣れろという感じで、とりあえず競馬をきっかけにバンコク市街をうろうろしまして、幾分偏りはありますが、何となくこの街のことも分かってまいりました。



 バンコクは日本人にポピュラーな街なので、荷桁よりバンコクひいてはタイに詳しい方が山ほどいることは百も承知しつつではありますが、競馬場のレポートをする前にこの街のインフラやカルチャーについて何となく把握していただいた方が、その後の話も分かりやすいだろうということで、今回のレポートではロイヤルターフクラブ競馬場があるバンコクの街についてゆるゆるとご紹介してまいりたいと思います。



 さっさと競馬場に行きなさいという声もあるかもしれませんが、後々競馬場にも絡んでくる部分もありますので、そこは焦らずまいりましょう。ってな訳で、今回はタイという国およびバンコクの街の話でございます...
Bangkok




 2018年4月。森友・加計問題でいよいよどうしよもない事実が明らかになってきて、もはや日本が近代国家として機能していないことが露呈しかかってきた、そんな時期、私、荷桁勇矢はというと、相変わらず人間としてまともに機能することを放棄し、旅打ちに現を抜かしていた。



 皆さん既にご存知だとは思うが、あらためて自己紹介をすると、荷桁は国内・海外の競馬場を中心に、競輪、競艇、オートレース、ドッグレースなどレース系のギャンブル場を巡る旅打ちを趣味にしているちょっとおかしな人間である。



 ちょうどこの頃は国内の未踏破のレース場を中心に旅打ちをしており、なんやかんや日本で行ったことのないレース場が残り10か所ほどになってきた時期であった。さっさと片づけてしまおうと言うとやや語弊があるかもしれないが、モジモジして訪問を先送りにしても何の意味もないため、とりあえずタイミングが合えばえいやと遠征し日本各地のレース場を訪問するということを繰り返していたのだ。2018年の4月も、未踏破のいわき平競輪場+10年ぶりの福島競馬場という旅打ちを敢行し、さあ次はどこを踏破してやろうかと鼻息も荒く次回の旅打ちの計画を立てていたのである。



 そんな折、いつものように公営レース場に関するニュースをチェックしていたところ、一本のニュースが目に留まった。ニュースの発信元は日本から遠く離れた南の国、タイ王国である...
中山大障害レース前
中山大障害のレース前



*中山競馬場レポートの続編です。
初めからお読みになる方は中山競馬場レポートその1からどうぞ。






 どうも。荷桁です。中山競馬場レポートがダラダラと続いておりますが、今回で一区切りといたしますので、何卒ご勘弁ください。



 さて。今回はタイトルにありますとおり、中山競馬場の名物レースである、中山大障害の観戦についてです。当ブログではどちらかというと競馬そのものよりもそれが行われる競馬場をしつこくレポートしている傾向にあるのですが、たまにはフツーの競馬ファンの方と同じように競馬を観戦した様子というのもレポートしなくてはなるまいということで頑張ってみました(頑張るようなことでもねえが)。



 端的に申し上げますと、2018年の中山大障害を見に行った際に、初めて内馬場からレースを眺めてみたので、そのときの様子をレポートしますと、こういう訳でございます。こんなことばかり書いていると「御託はいいからさっさと始めろ」という声が聞こえてきそうなので、さっそく始めたいと思います。っつーわけで中山大障害を内馬場から観戦してみたレポートでございます...
中山競馬場の京樽ガーデン
中山競馬場の京樽ガーデン



*中山競馬場レポートの続編です。
初めからお読みになる方は中山競馬場レポートその1からどうぞ。





 さて。中山競馬場レポートがつづきます。今回はタイトルにありますとおり中山競馬場にあるレストラン「京樽ガーデン」をご紹介してまいりたいと思います。



 前回のレポートでご紹介したコックドールと同様、こちらの京樽ガーデンも以前のレポートで外観のみご紹介したことがあったのですが、例によって利用する機会があったため、あらためて詳細をご紹介しようということで、あらためてレポートさせていただく次第です。



 ここもメインスタンドレストラン棟の2階にあるお店となり、ちょうど前回のレポートでご紹介したコックドールのお隣になりますのでよろしくお願いいたします。それではまいりましょう。中山競馬場のレストラン「京樽ガーデン」でございます...
中山競馬場のコックドール
中山競馬場のコックドール




*中山競馬場レポートの続編です。
初めからお読みになる方は中山競馬場レポートその1からどうぞ。





 さて。中山競馬場レポートのつづきでございます。



 今回はタイトルにありますとおり中山競馬場のレストラン、コックドールをレポートしてまいりたいと思います。



 実は以前のレポートでコックドールについては店の外観とショーケースの中身だけレポートしていたのですが、先般の訪問時にようやく店内に入り、実際に食事をする機会があったので、せっかくなので改めてレポートしておこうという訳でございます。



 以前のレポートでも述べたので繰り返しになってしまいますが、コックドールは中山競馬場のメインスタンドのうち、レストラン棟の2階にあるお店となります。立地的には比較的利用のしやすいレストランになりますので、興味を持たれた方は是非行ってみてくだされ...
中山競馬場の福麺
中山競馬場の福麺




*中山競馬場レポートの続編です。
初めからお読みになる方は中山競馬場レポートその1からどうぞ。





 今回も中山競馬場レポートのつづきでございます。



 前回のレポートでは2018年に中山競馬場に新しくできた飲食売店ということで、築地銀だことファーストキッチンをご紹介いたしました。この二つはスタンド地下1階のファーストフードプラザにできたお店と言うことでまとめてご紹介をいたしましたが、実は内馬場にもう一軒、2018年の2月にオープンしたお店がございます。それが今回ご紹介する「福麺」でございます。



 とりあえず競馬場に新しいお店ができたらどんなものかは見ておきたいというもの。というわけで「福麺」の様子も見てまいりましたのでこれよりレポートしてまいります...
中山競馬場の築地銀だこ
中山競馬場に新しくオープンした築地銀だこ




*中山競馬場レポートの続編です。
初めからお読みになる方は中山競馬場レポートその1からどうぞ。





 さて。今回も中山競馬場レポートでございます。今回はタイトルにありますとおり中山競馬場グルメの話をしてまいりたいと思います。



 中山競馬場のグルメについてはこれまで当ブログでも積極的に取り上げてきておりまして、その概要は中山競馬場レポートその31をご参照いただきたいのですが、今回取り上げる築地銀だことファーストキッチンについては2018年にできた新しいお店で、これまでのレポートでは取り上げていないお店となります。とりあえず最新の情報を載せておかねばなるまいということでこの新しい二店をレポートさせていただきますので、お付き合いの程、よろしくお願いいたします...
中山競馬場にオープンしたセブンイレブン
中山競馬場に新しくオープンしたセブンイレブン



*中山競馬場レポートの続編です。
初めからお読みになる方は中山競馬場レポートその1からどうぞ。






 どうも。荷桁です。中山競馬場レポートがついに50本目となりました。多けりゃいいというものでもありませんが、我ながらよくぞ書いたなあという気はします。



 さて、そんな50本目の中山競馬場レポートで何を書くのかということなのですが、今回はタイトルにありますとおり、中山競馬場にできたセブンイレブンのことを書いてまいりたいと思います。実は中山競馬場はリニューアルに伴いテナントの入れ替えも進み、遂に2018年11月にセブンイレブンが競馬場内に出店したのであります。



 競馬場にコンビニというのは韓国だとわりとフツーなのですが、日本では東京競馬場にセブンイレブンがあるくらいで、中山競馬場のセブンイレブンが二例目ということになりますでしょうか(日本でも競輪場や競艇場にはヤマザキショップが入っていたりもするのですがあれはどっちかというとパンやなんかを売る店という雰囲気だしなあ)。



 まあ、ここでダラダラと特に意味のないことを言っていても仕方がないので、とりあえず中山競馬場のセブンイレブンについて見てまいりましょう...
中山競馬場の指定席引換所
中山競馬場の指定席引換所




*中山競馬場レポートの続編です。
初めからお読みになる方は中山競馬場レポートその1からどうぞ。





 さて。前回のレポートからリニューアルした中山競馬場のレポートを再開しておりますのでよろしくお願いいたします。



 前回のレポートではスタンドの内装なんかの話をしておりましたが、今回はタイトルにありますとおり、中山競馬場の指定席のリニューアルについてお話をしてまいりたいと思います。



 中山競馬場の指定席については中山競馬場レポートその24でも詳しくやっておるわけですが、そこから指定席の名称やらなにやら含めて大幅に変わってしまったため、改めてレポートさせていただきます。正直、ネット販売分を増やすのはよいとして、名称の変更についてはリニューアルした感ありきという感じであまり意味のある変更とは思えないのですが、まあ、そのあたりはあまりツッコまないように行きたいと思います。



 っつーわけでまいりましょう。中山競馬場指定席の最新情報(2018年末時点)です...
そうだ 競馬、行こう。
ブログ内検索




















プロフィール
HN:
荷桁勇矢   
性別:
男性
職業:
若隠居   
趣味:
逃げ   
このブログについて
 このブログは「そこに競馬があるから」といいます。
 競馬場巡りに魅せられてしまった筆者、荷桁勇矢(にげた ゆうや)が、日本の競馬場、海外の競馬場を訪れながらその様子をご紹介して行くブログです。
 紹介している競馬場の情報は訪問当時のものですので、競馬場に行かれる際は最新の情報をご確認のうえ、自己責任で行っていただきますようお願いいたします。
 またこのサイトの写真や文章は基本的に無断で使用されると困るのですが、もしどうしてもという方は荷桁までご連絡ください。そのほかご指摘やご質問がある方も荷桁まで直接ご連絡ください。コメント欄は管理が面倒そうなので当分オープンにはしないつもりです。悪しからず。

連絡先:
nigetayuyaあっとgmail.com
ツイッター:
https://twitter.com/YuyaNigeta
note:
https://note.mu/nigetayuya/
Flickr:
http://www.flickr.com/photos/nigeta/
競馬本紹介ブログ始めました。
荷桁勇矢の競馬本ガイド









忍者ブログ [PR]