新潟競馬場 そこに競馬があるから 忍者ブログ
日本国内、海外の競馬場の訪問記です。こんなことしてていいのかなあ。でもやめられない。

新潟競馬場 パドック
新潟競馬場のパドック。特に驚きの機能やデザインがあるというわけではない。普通のパドックだ。荷桁が行ったときに、まだ小学校低学年くらいの子どもが「ぶっしーがいる」と言いながらシャッターを切っていたのが印象的だった。この年で武士沢ジョッキー好きとは随分渋い子どもだ。


*新潟競馬場レポートの続編です。
初めからお読みになる方は新潟競馬場レポートその1からどうぞ。







 新潟競馬場レポートも3回目を数えることとなりました。



PR
新潟競馬場 ゴール
新潟競馬場のゴール板。おなじみのトキがかたどられている。ちなみに後ろにあるホテルはラブホテル。意外にも東京の恵比寿にもあるホテルチェーンみたいだ。


*新潟競馬場レポートの続編です。
初めからお読みになる方は新潟競馬場レポートその1からどうぞ。







 さて、新潟競馬場の話を続けて行こう。


 場内をうろうろする前にざっと新潟競馬場の歴史に触れておこう。


 もともとの新潟競馬場は新潟市街地にほど近い関屋という地区にあった。現在もある「関屋記念」はこれにちなんでいる。有馬記念のように「関屋さん」という人がいたわけではない。


 現在の土地に移ったのは1965年のこと。しばらく地方競馬の新潟県競馬もこの競馬場で開催していたのだが、2002年には廃止になっている。


新潟競馬場


 どうも。荷桁です。


 タイトルをご覧のとおり、冬の笠松から一転、今度は真夏の新潟競馬場のレポートです。そして、書いている今は秋!ムチャクチャだ!


 速報性がウリのブログというメディアを活用しながら、この季節感・速報性のなさはどうなのだろう・・・と毎回思いつつも、「行ったものの書いていない競馬場」はまだまだ大量に溜まっているので少しづつはけさせていって、いつか、リアルタイムに近いブログにしていけたらいいなあ、と思っているので今後ともお付き合いください...



そうだ 競馬、行こう。
ブログ内検索


















プロフィール
HN:
荷桁勇矢   
性別:
男性
職業:
若隠居   
趣味:
逃げ   
このサイトについて
 このサイトは「そこに競馬があるから」といいます。
 競馬場巡りに魅せられてしまった筆者、荷桁勇矢が、日本の競馬場、海外の競馬場を訪れながらその様子をご紹介して行くサイトです。
 紹介している競馬場の情報は訪問当時のものですので、競馬場に行かれる際は最新の情報をご確認のうえ、自己責任で行っていただきますようお願いいたします。
 またこのサイトの写真や文章は基本的に無断で使用されると困るのですが、もしどうしてもという方は荷桁までご連絡ください。そのほかご指摘やご質問がある方も荷桁まで直接ご連絡ください。コメント欄は管理が面倒そうなので当分オープンにはしないつもりです。悪しからず。

連絡先:
nigetayuyaあっとgmail.com
ツイッター:
https://twitter.com/YuyaNigeta
Flickr:
http://www.flickr.com/photos/nigeta/
競馬本紹介ブログ始めました。
荷桁勇矢の競馬本ガイド









忍者ブログ [PR]