金沢競馬場 その34 ~勝手に金沢競馬騎手名鑑 第1弾~ そこに競馬があるから 忍者ブログ
日本国内、海外の競馬場の訪問記です。こんなことしてていいのかなあ。でもやめられない。

そこに競馬があるから > 金沢競馬場 > 金沢競馬場 その34 ~勝手に金沢競馬騎手名鑑 第1弾~

金沢競馬場の騎手たちが一斉に騎乗
金沢競馬場のパドックで騎手が騎乗



*金沢競馬場レポートの続編です。
初めからお読みになる方は金沢競馬場レポートその1からどうぞ。






 どうも。荷桁です。今回も金沢競馬場レポートを続けてまいりたいと思います。



 さて、このブログを長年読んでいただいている方にとっては「おお。久しぶりにこれが来たな」というネタでございますが、今回からは金沢競馬場に所属する騎手の皆さんをビミョーなテンションでご紹介していく「勝手に金沢競馬騎手名鑑」シリーズでまいりたいと思います。



 この勝手に騎手名鑑シリーズは、過去、佐賀競馬場、名古屋競馬場、大井競馬場などで発作的に行われた企画で、要は、パドックなどで撮影した騎手の皆さんの写真を何かに使えないか?という発想だけで行われているというあまりポリシーのない企画でございます。



 というわけで、これから金沢競馬場の騎手の皆さまを一人ずつご紹介していく訳ですが、そんなに面白いものでもありませんのでテキトーに読み流していただければと思います。それではまいりましょう。勝手に金沢競馬場騎手名鑑、第一弾でございます...


金沢競馬場の騎手整列



 さて。先ほど述べたように、この「勝手に騎手名鑑シリーズ」もそれなりの回数やっているものの、そのたびに、アイウエオ順で紹介したり、リーディング順でご紹介したりとポリシーのない感じでコロコロと紹介手法を変えるという体たらくでございました。今回も特に確固たるものがあるわけでもないのですが、ひとまず2017年のリーディング順で騎手の皆さんをご紹介していければと思いますのでよろしくお願いいたします。基本的にここで言うリーディング順位は所属騎手のみ・勝利数で考えておりますのであしからず。




金沢競馬場の藤田弘治騎手



 それではまいりましょう。まず2017年金沢競馬のリーディングジョッキーである藤田弘治騎手である。



 実は藤田騎手は2016年が初のリーディングジョッキーということで、2017年は二年連続のリーディングジョッキーということになる。どちらかというと乗り鞍が多い騎手なのでリーディングだからと言って他の地区のリーディング騎手のように50パーセント近い連対率があったり全部が全部勝負気配というわけでもないので盲目的に買うのはよしたほうがよいだろう。たくさん乗って、それなりの結果を出しているが故のリーディングというタイプの騎手である。




金沢競馬場の藤田弘治騎手



 とは言え、人気馬を無難に持ってくるだけの騎手という訳ではない。写真は2016年の北國王冠の表彰式だが、この時、藤田騎手は単勝14.2倍の5番人気トニーポケットで、ぐりぐりの1番人気グルームアイランドをねじ伏せて優勝した。おかげで荷桁は痛い目にあったのだが、まあそれだけ藤田騎手の思い切った騎乗がよかったということであろう。



 このように勝負強さを発揮するシーンも増えてきたので、引き続きリーディング騎手として頑張っていただきたいところである。




金沢競馬場の吉原寛人騎手。クロ。



 さて。お次はリーディング2位。吉原寛人騎手だ。



 このブログを読むような方には説明はいらないかもしれないが、金沢競馬所属騎手でナンバーワンの騎手はこの吉原騎手であろう。昨年は金沢で92勝を挙げてリーディング2位という成績だったが、この92勝を挙げるのに要した騎乗数は354。一方先ほどの藤田騎手は669回騎乗して110勝でリーディング。言うまでもないが勝率、連対率などの数字は吉原騎手の方が上だ。金沢競馬における収得賞金も吉原騎手の方がリーディングの藤田騎手よりも上である。




川崎競馬場で騎乗する吉原寛人騎手



 ご存知の方も多いと思うが、吉原騎手は金沢競馬場以外にも各地の競馬場で騎乗をしている(写真は川崎競馬場パドックにて撮影)。主に日曜日と火曜日が開催の金沢に出て、その翌日には南関東へ、金沢でのお手馬が遠征する場合は東海や岩手、佐賀へも積極的に帯同している。金沢競馬がシーズンオフの間は南関東をベースに騎乗をしている。



 そんな流れもあって昨年の吉原騎手は全国では161勝を挙げているほか、中央競馬でも初の重賞勝を含む4勝を挙げているという、地方競馬騎手の中でもトップクラスの実力者と言っていい男なのだ。



 実は先ほどの藤田騎手と吉原騎手、年齢は藤田騎手のほうが少し上だが、デビューは同年という間柄。金沢で地道に頑張ってリーディングになった男、金沢から飛び出して活躍する男、タイプの異なる二人の同期が引っ張る金沢競馬というのもここ数年の見どころと言えるのではなかろうか。




金沢競馬場の中島龍也騎手



 さて、吉原騎手に次ぐ、2017年リーディング3位の騎手はこちらの中島龍也騎手だ。



 1996年生まれ、2014年デビューの若手ながら、リーディング3位に食い込むこともかなりすごいのだが、2018年には南関東で期間限定騎乗をし、3勝を挙げた。金沢競馬期待の若手と言って差し支えないだろう。




船橋競馬場で騎乗する中島龍也騎手



 中島龍也騎手が金沢競馬でデビューしたとき、実は金沢競馬場にとっては10年ぶりの新人であった。もともと千葉出身の中島騎手は船橋の所属を希望していたそうだが、教官の助言やもろもろの縁があって金沢所属になったとのこと。近い年の先輩がいないというのはいろいろ大変だろうが、若手らしさを発揮して結果につなげていったのは流石である。



 写真は期間限定騎乗中に船橋競馬場のパドックで撮影した写真だが、金沢で結果を出して南関東で騎乗するというのは、何かこう傍目から見ていても頑張ってほしいと思わせるものがありますな。



 今後の金沢を引っ張っていく若手の筆頭格として皆さん是非覚えておいてくだされ。




金沢競馬場の青柳正義騎手。クロ。



 さて、お次はリーディング4位の青柳正義騎手だ。



 1985年生まれで、年齢的には中堅に差し掛かっているが、ここ数年は常にリーディング上位に入っている、金沢競馬場の上位騎手の一人である。ケージーキンカメとのコンビで東海ダービー、北國王冠、中日杯などを勝利したことでも知られている。




笑顔の金沢競馬場の青柳正義騎手



 ところで、青柳騎手の勝負服を見ていると、競馬ファンの多くは気が付くと思うが、実は中央競馬の金子真人HDの勝負服と同じなのである。胴黒・黄鋸歯形、袖青、そのまんまである。偶然ではなく当時金子オーナーのクロフネが強かったということで自分で決めたそうだ。




青柳騎手と勝負服が同じ大井競馬場の楢崎功祐騎手



 ちなみに、この勝負服は南関東所属の楢崎功祐騎手とも同じである。ちなみに楢崎騎手はトゥザヴィクトリーの活躍に触発されてこの勝負服にしたそうである。両者がもし交流重賞に騎乗して、さらにそこに金子真人HDの馬も出ていたりしたら、いろいろと印象深いレースになりそうだ。




金沢競馬場の田知弘久騎手。クロ。



 お次のリーディング5位は田知弘久騎手だ。



 2015年は金沢リーディングを獲得している実力者だが、近年は騎乗数を絞っているのか意識せずにそうなっているかは分からないが、上位騎手に比べると乗り鞍が少なく、勝利数はさほど伸びていないが、連対率や勝率は高いので、馬券を買う際には注意が必要である。



 ちなみに見ていただいたら分かる方も多いと思うが、田知騎手の勝負服はサンデーレーシングのそれと同じだ。金子真人HDもいればサンデーレーシングもいるという、日本海側唯一の競馬場だからか知らないが、いろいろと自由な感じだ。




金沢競馬場の田知弘久騎手の昔の勝負服



 ちなみに、田知騎手の昔の勝負服はこんな感じであった。今と全然違うぞ。このあと、現在の勝負服の赤いバッテンが青いものを使用していた時期もあったが、結局サンデーレーシングに落ち着いたという経緯を持っている。



 ちなみに、この勝負服の変更というカルチャーは何故か金沢競馬でちょいちょい見られる事象なので、またそのあたりは個別にご紹介していくことにしよう。




金沢競馬場の堀場裕充騎手。クロ。


 
 さて、お次はリーディング6位の堀場裕充騎手である。



 毎年リーディング10位前後をウロウロしていたことを思うと、やや昨年は成績のよい年と言えるかもしれない。年齢は41歳とまだそんなにいっていないが、金沢競馬所属騎手では一歳年上の米倉知騎手に次いで上から二番目という年齢で、まあ必然的にベテランという位置づけになってしまうのだろう。比較的上位人気に推された馬はしっかりと馬券圏内に持ってくるイメージの安定感のある騎手である。
 
 


船橋競馬場の中野省吾騎手



 ちなみに、この堀場騎手の勝負服は船橋の中野省吾騎手(引退)の勝負服と被っていた。中野騎手のほうが若いので、かぶせてきたと考えるのが自然だが、まあこういうところで被ってしまうというのも金沢競馬場の騎手らしいと言えばらしいのかもしれませんな。




 さて。リーディング1位から6位の騎手までを、淡々とご紹介してまいりました。相変わらずテンションが上がりづらいコーナーではありますが、しばらく地道に続けてまいりますので、引き続き何卒よろしくお願いいたします・・・。



 



>>金沢競馬場レポートその35へ






*この競馬場が好きな方はこちらの競馬場もお好きだと思われます。

 名古屋競馬場 その1 ~あくまで土古~
 笠松競馬場 その1 ~名馬・名手の里~
 高知競馬場 その1 ~南国土佐の丘の辺に~
 福山競馬場 その1 ~私的福山競馬史~
 佐賀競馬場 その1 ~鳥栖まで戻って佐賀へ~
 姫路競馬場 その1 ~初夏だけのパラダイス~
 荒尾競馬場 その1 ~そしてとうとう九州競馬へ~
 水沢競馬場 その1 ~水沢競馬場旅打ち~



*金沢競馬場に関する記事は以下にもあります。

 金沢競馬場 その1 ~金沢けいば冬景色~
 金沢競馬場 その2 ~見てるわしらも寂しいんよ~
 金沢競馬場 その3 ~北の競馬人たち~
 金沢競馬場 その4 ~アイル・ビー・バック~
 金沢競馬場 その5 ~金沢競馬をあらためて~
 金沢競馬場 その6 ~金沢競馬場 アクセス~
 金沢競馬場 その7 ~金沢競馬場 駐車場~
 金沢競馬場 その8 ~金沢競馬場を一周してみる 前編~
 金沢競馬場 その9 ~金沢競馬場を一周してみる 後編~
 金沢競馬場 その10 ~入場門周辺 外向前売発売所 ほか~
 金沢競馬場 その11 ~馬頭観音とハッピーくん~
 金沢競馬場 その12 ~金沢競馬場 パドック~
 金沢競馬場 その13 ~金沢競馬場 スタンド全般と屋外席~
 金沢競馬場 その14 ~スタンド1階 手荷物預かり、Wi-Fi、そして防火水槽~
 金沢競馬場 その15 ~スタンド2階 ベランダと分煙のはざま~
 金沢競馬場 その16 ~スタンド3階 実は快適空間~
 金沢競馬場 その17 ~金沢競馬場 指定席 ( 特別観覧席 )~
 金沢競馬場 その18 ~スタンドで見つけたモノたち~
 金沢競馬場 その19 ~金沢競馬場 予想紙と予想屋~
 金沢競馬場 その20 ~金沢競馬場のコースを眺める~
 金沢競馬場 その21 ~金沢競馬場 枠場とステージ~
 金沢競馬場 その22 ~金沢競馬場 内馬場のポニーと謎のコンクリ~
 金沢競馬場 その23 ~金沢競馬場 内馬場の公園~
 金沢競馬場 その24 ~金沢競馬場 グルメ~
 金沢競馬場 その25 ~金沢競馬場 グルメ 金澤玉寿司で寿司を食らふ~
 金沢競馬場 その26 ~金沢競馬場 グルメ 宇ノ気玉寿司~
 金沢競馬場 その27 ~金沢競馬場 グルメ サンキ たこ勝~
 金沢競馬場 その28 ~金沢競馬場 グルメ らくや 来々軒~
 金沢競馬場 その29 ~金沢競馬場 グルメ 軽食こやま 千鳥~
 金沢競馬場 その30 ~金沢競馬場 グルメ 世界館の世界観~
 金沢競馬場 その31 ~金沢競馬場 グルメ よこやま 麺栄~
 金沢競馬場 その32 ~金沢競馬場 グルメ 不二家大食堂 レストホースピア~
 金沢競馬場 その33 ~金沢競馬場 グルメ 売店たちの没個性~
 金沢競馬場 その34 ~勝手に金沢競馬騎手名鑑 第1弾~
 金沢競馬場 その35 ~勝手に金沢競馬騎手名鑑 第2弾~
 金沢競馬場 その36 ~勝手に金沢競馬騎手名鑑 第3弾~
 金沢競馬場 その37 ~勝手に金沢競馬騎手名鑑 番外編~
 金沢競馬場 その38 ~それでも一度は金沢へ~
 金沢競馬場 その39 ~金沢競馬場から路線バスで帰る~



PR
そうだ 競馬、行こう。
ブログ内検索


















プロフィール
HN:
荷桁勇矢   
性別:
男性
職業:
若隠居   
趣味:
逃げ   
このブログについて
 このブログは「そこに競馬があるから」といいます。
 競馬場巡りに魅せられてしまった筆者、荷桁勇矢(にげた ゆうや)が、日本の競馬場、海外の競馬場を訪れながらその様子をご紹介して行くブログです。
 紹介している競馬場の情報は訪問当時のものですので、競馬場に行かれる際は最新の情報をご確認のうえ、自己責任で行っていただきますようお願いいたします。
 またこのサイトの写真や文章は基本的に無断で使用されると困るのですが、もしどうしてもという方は荷桁までご連絡ください。そのほかご指摘やご質問がある方も荷桁まで直接ご連絡ください。コメント欄は管理が面倒そうなので当分オープンにはしないつもりです。悪しからず。

連絡先:
nigetayuyaあっとgmail.com
ツイッター:
https://twitter.com/YuyaNigeta
note:
https://note.mu/nigetayuya/
Flickr:
http://www.flickr.com/photos/nigeta/
競馬本紹介ブログ始めました。
荷桁勇矢の競馬本ガイド









忍者ブログ [PR]