金沢競馬場 その35 ~勝手に金沢競馬騎手名鑑 第2弾~ そこに競馬があるから 忍者ブログ
日本国内、海外の競馬場の訪問記です。こんなことしてていいのかなあ。でもやめられない。

そこに競馬があるから > 金沢競馬場 > 金沢競馬場 その35 ~勝手に金沢競馬騎手名鑑 第2弾~

金沢競馬場のジョッキー騎乗
金沢競馬場のパドックで騎手が騎乗



*金沢競馬場レポートの続編です。
初めからお読みになる方は金沢競馬場レポートその1からどうぞ。




 どうも。荷桁です。



 さて、前回のレポートより始まっております「勝手に金沢競馬場騎手名鑑」を今回も続けてまいりたいと思います。



 繰り返しになりますが、これはパドックなどで撮り貯めた騎手の写真を何かしら活用したいというだけの極めてポリシーのない企画でございますので、大した話はしておりません。まあ、金沢競馬場レポートの添え物的に捉えていただき、テキトーに読み流していただければと思います。



 それではまいりましょう、勝手に金沢競馬場騎手名鑑の第2弾でございます...


金沢競馬場のパドック周回



 さて、前回のレポートを読んでいただいている方はもうお分かりかと思いますが、ひとまずこのコーナーでは2017年の金沢競馬リーディング(所属騎手のみ・勝利数)の順位に沿って、騎手の皆さんをご紹介してきております。



 前回のレポートではリーディング1位から6位までの騎手をご紹介いたしましたので、今回は7位の騎手から順にご紹介していくのでよろしくどうぞ。




金沢競馬場の栗原大河騎手



 ってなわけで、リーディング7位の栗原大河騎手である。2017年の勝ち星は59勝。



 1998年生まれ、2015年デビューの若手だが、若手が少ない金沢競馬場の環境を逆手にとって、早くから活躍をする、活きのいい若手だ。今は騎乗数に恵まれているため、勝ち星を重ねられているという印象で、勝率、連対率などはやや低めなので買う時には見極めが必要だが、リーディング3位の中島騎手と共に今後の金沢競馬を大いに盛り上げてくれる存在になるだろう。



 ちなみに、ネットで検索すると同姓同名のイケメンタレントさんがいて、その方が上位表示されることが多いのだが、いつかはそのタレントさんを凌駕するほど名前を売っていただきたいところだ。




金沢競馬場の葛山晃平騎手。クロ。



 さて、お次はリーディング8位の葛山晃平騎手。2017年の勝ち星は54勝だ。



 1979年の生まれで、金沢競馬ではややベテランという年齢だが、実は1997年に岩手競馬でデビューし、その後2006年に一度騎手を引退。その後は牧場などで務めていたが再度騎手に挑戦すべく2008年より金沢競馬の厩務員となり、2010年から金沢競馬場で騎手として再デビューしているという経歴を持っている騎手だ。



 よくも悪くも地味な印象だが、ナムラアンカーやトウショウプライドなどでの金沢重賞戦線での活躍もあり、隠れた実力者という雰囲気。ビミョーな人気の馬に乗っていることが多く、馬券的には押さえるかどうしようか一番悩ましいポジションではあるが、人気薄を馬券圏内に持ってくることもままあるため無視できない存在なんだよなあ・・・。





金沢競馬場の池田敦騎手



 どんどんまいりましょう。お次はリーディング9位の池田敦騎手だ。



 この方も先の葛山騎手と同様に金沢競馬場デビューではなく名古屋競馬場のデビュー(1995年)である。その後1996年に金沢競馬に移籍。その後金沢で騎手業を続けるが、2006年に引退し厩務員へ。しかしその後再度騎手を目指して復帰を試み、2014年に騎手として再デビューをしたという経歴を持っている。



 騎乗数がそんなに多くないが、勝率、連対率は高いというタイプの騎手なので出てきたら注意が必要なタイプである。年齢も重ねてきて、いぶし銀的なポジションを築きつつある感じであろうか。




金沢競馬場の沖静男騎手



 お次はリーディング10位の沖静男騎手だ。



 同じような話が続いてなんだが、この沖騎手も、最初は名古屋競馬でデビュー(1995年)。その後中津競馬での騎乗を経て、2000年から金沢競馬場で騎乗している騎手だ。実は先だってご紹介した池田敦騎手とは同県出身、同い年、同年での名古屋競馬デビューということになるのだが、その後の二人の流れを見ると、なんかいろいろあったのかもしれないなあと想像してしまうのう・・・。




金沢競馬場の沖静男騎手の昔の勝負服



 ちなみに、沖騎手も勝負服が途中で変わっているという騎手である。現在の勝負服は2012年からである。



 2015年頃までははっきり言って下位の騎手であったが、2016年からは安定的にリーディング10位前後につけられるようになってきているという、だいぶ、いや、ちょっと珍しいタイプの騎手である。今後ベテラン勢の一角としてどのような騎乗を見せるのか興味深いところだ。




金沢競馬場の吉田晃浩騎手



 続いてはリーディング11位の吉田晃浩騎手である。



 このお方も経歴を書くと長くなるのだが、端折る訳にもいかないので書くと、最初は2000年に上山競馬でデビュー。その後上山競馬の廃止に伴って浦和競馬場に移籍。だが南関東ではなかなか結果が出せず2006年に騎手免許を返上。その後、上山時代に所属の佐藤茂調教師が金沢競馬場に移籍していた縁もあり、厩務員をしながら騎手免許の再取得をめざし、2007年に金沢で再デビューとなったという流れを持っている。


 金沢競馬移籍後は2012、13、14年とリーディングに輝くなど一時代を築いたが、2015年に大きな怪我をして16年に復帰して以降は騎乗数が少なくなっているのでリーディング的には目立たなくなっている。しかし実力は折り紙付きなので馬券的には注意すべき存在である。




金沢競馬場の平瀬城久騎手。クロ。



 続いては、リーディング12位の平瀬城久騎手だ。城久と書いて”くにひさ”と読ませるぞ。



 年によって成績の変動が激しいよく分からないタイプなのだが、かつてはセンジュチカラに騎乗し、日本海ダービー、MRO金賞、サラブレッド大賞典を優勝し、当時の金沢競馬三冠を達成するなど第一線で活躍していた経歴を持つ。マレーシアや韓国など海外での騎乗も行っているという金沢生え抜きながら少し変わったタイプの騎手と言えよう。




名古屋競馬場の戸部尚実騎手




 ちなみに、平瀬騎手は名古屋競馬の戸部尚実騎手と勝負服が被っている。敢えて被せにいくような柄とも思えないし、個人的に戸部騎手とつながりでもあるんだろうか。うーむ。よく分かりませんのう。まあ、勝負服の変更および被りは金沢競馬名物みたいなものなのであまり気にしないのが吉なのかもしれないが・・・。




金沢競馬場の松戸政也騎手



 さて、お次はリーディング13位の松戸政也騎手だ。こちらも金沢生え抜きの騎手である。


 
 リーディング的にはそんなに上位に食い込んでは来ないが、騎乗数はそれなりにあるタイプの騎手。人気馬をきっちり馬券圏内に持ってくる騎手とも、穴騎手ともどちらとも言いづらい成績なので、馬券的には悩ましい存在だが、荷桁の訪問時には3番人気を頭に持ってきてくれて、けっこうな配当をもたらしてくれた恩人である。今後も頑張ってほしい(主観)。




金沢競馬場の松戸政也騎手の昔の勝負服



 ちなみに、この松戸騎手も昔は違う勝負服であった。現在の勝負服は2011年4月からの着用となっている。ちなみに現在の勝負服は中央競馬の市川義美氏の勝負服に激似に見えるが、2011年の3月には同オーナーの所有馬ヴィクトワールピサがドバイワールドカップを勝っているということで、まあそういうことなんだと想像しております。




 とまあ、そんな感じで結局金沢競馬の騎手の皆さんを紹介していくと、勝負服が変わったとか被っているとかそんな話が多めになってしまうのが謎ではあるが、とにかくこんな面々が揃う一癖ある競馬場だということで楽しんでいただければと思います。



 さて、何やら締めのような一文を入れてしまいましたが、次回も金沢競馬場の騎手の皆さんをご紹介してまいりますので引き続きよろしくお願いいたします・・・。




 



>>金沢競馬場レポートその36へ







*この競馬場が好きな方はこちらの競馬場もお好きだと思われます。

 名古屋競馬場 その1 ~あくまで土古~
 笠松競馬場 その1 ~名馬・名手の里~
 高知競馬場 その1 ~南国土佐の丘の辺に~
 福山競馬場 その1 ~私的福山競馬史~
 佐賀競馬場 その1 ~鳥栖まで戻って佐賀へ~
 姫路競馬場 その1 ~初夏だけのパラダイス~
 荒尾競馬場 その1 ~そしてとうとう九州競馬へ~
 水沢競馬場 その1 ~水沢競馬場旅打ち~



*金沢競馬場に関する記事は以下にもあります。

 金沢競馬場 その1 ~金沢けいば冬景色~
 金沢競馬場 その2 ~見てるわしらも寂しいんよ~
 金沢競馬場 その3 ~北の競馬人たち~
 金沢競馬場 その4 ~アイル・ビー・バック~
 金沢競馬場 その5 ~金沢競馬をあらためて~
 金沢競馬場 その6 ~金沢競馬場 アクセス~
 金沢競馬場 その7 ~金沢競馬場 駐車場~
 金沢競馬場 その8 ~金沢競馬場を一周してみる 前編~
 金沢競馬場 その9 ~金沢競馬場を一周してみる 後編~
 金沢競馬場 その10 ~入場門周辺 外向前売発売所 ほか~
 金沢競馬場 その11 ~馬頭観音とハッピーくん~
 金沢競馬場 その12 ~金沢競馬場 パドック~
 金沢競馬場 その13 ~金沢競馬場 スタンド全般と屋外席~
 金沢競馬場 その14 ~スタンド1階 手荷物預かり、Wi-Fi、そして防火水槽~
 金沢競馬場 その15 ~スタンド2階 ベランダと分煙のはざま~
 金沢競馬場 その16 ~スタンド3階 実は快適空間~
 金沢競馬場 その17 ~金沢競馬場 指定席 ( 特別観覧席 )~
 金沢競馬場 その18 ~スタンドで見つけたモノたち~
 金沢競馬場 その19 ~金沢競馬場 予想紙と予想屋~
 金沢競馬場 その20 ~金沢競馬場のコースを眺める~
 金沢競馬場 その21 ~金沢競馬場 枠場とステージ~
 金沢競馬場 その22 ~金沢競馬場 内馬場のポニーと謎のコンクリ~
 金沢競馬場 その23 ~金沢競馬場 内馬場の公園~
 金沢競馬場 その24 ~金沢競馬場 グルメ~
 金沢競馬場 その25 ~金沢競馬場 グルメ 金澤玉寿司で寿司を食らふ~
 金沢競馬場 その26 ~金沢競馬場 グルメ 宇ノ気玉寿司~
 金沢競馬場 その27 ~金沢競馬場 グルメ サンキ たこ勝~
 金沢競馬場 その28 ~金沢競馬場 グルメ らくや 来々軒~
 金沢競馬場 その29 ~金沢競馬場 グルメ 軽食こやま 千鳥~
 金沢競馬場 その30 ~金沢競馬場 グルメ 世界館の世界観~
 金沢競馬場 その31 ~金沢競馬場 グルメ よこやま 麺栄~
 金沢競馬場 その32 ~金沢競馬場 グルメ 不二家大食堂 レストホースピア~
 金沢競馬場 その33 ~金沢競馬場 グルメ 売店たちの没個性~
 金沢競馬場 その34 ~勝手に金沢競馬騎手名鑑 第1弾~
 金沢競馬場 その35 ~勝手に金沢競馬騎手名鑑 第2弾~
 金沢競馬場 その36 ~勝手に金沢競馬騎手名鑑 第3弾~
 金沢競馬場 その37 ~勝手に金沢競馬騎手名鑑 番外編~
 金沢競馬場 その38 ~それでも一度は金沢へ~
 金沢競馬場 その39 ~金沢競馬場から路線バスで帰る~



PR
そうだ 競馬、行こう。
ブログ内検索


















プロフィール
HN:
荷桁勇矢   
性別:
男性
職業:
若隠居   
趣味:
逃げ   
このブログについて
 このブログは「そこに競馬があるから」といいます。
 競馬場巡りに魅せられてしまった筆者、荷桁勇矢(にげた ゆうや)が、日本の競馬場、海外の競馬場を訪れながらその様子をご紹介して行くブログです。
 紹介している競馬場の情報は訪問当時のものですので、競馬場に行かれる際は最新の情報をご確認のうえ、自己責任で行っていただきますようお願いいたします。
 またこのサイトの写真や文章は基本的に無断で使用されると困るのですが、もしどうしてもという方は荷桁までご連絡ください。そのほかご指摘やご質問がある方も荷桁まで直接ご連絡ください。コメント欄は管理が面倒そうなので当分オープンにはしないつもりです。悪しからず。

連絡先:
nigetayuyaあっとgmail.com
ツイッター:
https://twitter.com/YuyaNigeta
note:
https://note.mu/nigetayuya/
Flickr:
http://www.flickr.com/photos/nigeta/
競馬本紹介ブログ始めました。
荷桁勇矢の競馬本ガイド









忍者ブログ [PR]