金沢競馬場 その36 ~勝手に金沢競馬騎手名鑑 第3弾~ そこに競馬があるから 忍者ブログ
日本国内、海外の競馬場の訪問記です。こんなことしてていいのかなあ。でもやめられない。

そこに競馬があるから > 金沢競馬場 > 金沢競馬場 その36 ~勝手に金沢競馬騎手名鑑 第3弾~

金沢競馬場の騎手騎乗
金沢競馬場のパドックで騎手が騎乗



*金沢競馬場レポートの続編です。
初めからお読みになる方は金沢競馬場レポートその1からどうぞ。






 どうも。荷桁でございます。



 さてさて、前々回のレポートより始まっております「勝手に金沢競馬場騎手名鑑」でありますが、今回で3回目となります。あまり盛り上がらないコーナーではありますが、ここまで来たからにはやりきらなければならないということで、ご理解の程、よろしくお願いいたします。



 繰り返しになりますが、これはパドックなどで撮り貯めた騎手の写真を何かしら活用したいというだけの極めてポリシーのない企画でございますので、大した話はしておりません。まあ、金沢競馬場レポートの添え物的に捉えていただき、テキトーに読み流していただければと思います。



 ってなわけで気だるい雰囲気を出しながらで恐縮ですが、勝手に金沢競馬場騎手名鑑の第3弾始めてまいります...


金沢競馬場のレース風景



 前回前々回のレポートを読んでいただいている方にとってはしつこいとは思いますが、もう一度説明しておくと、このコーナーでは2017年の金沢競馬リーディング(所属騎手のみ・勝利数)の順位に沿って、騎手の皆さんをご紹介してきております。



 ここまでリーディング1位から13位までの騎手をご紹介いたしましたので、今回は14位の騎手から順にご紹介していくと、こういうわけでございます。




金沢競馬場の桑野等騎手



 そんなわけで2017年リーディング14位の桑野等騎手だ。父の桑野進・元調教師も春木競馬→金沢競馬という経歴で騎手だったという親子2代での騎手としても知られている。



 実は桑野騎手は2018年の2月に突如引退してしまったので、元騎手という扱いなのだが、せっかくなのでこちらで取り上げさせていただいた。ほかの競馬場にはちょいちょい50歳を超えた騎手もいるのだが、金沢競馬場においてはこの桑野騎手だけだったので、この引退はちょっと寂しいものがあった。



 引退の際には「昨年いっぱいで引退しました。若い時は馬はかわいかったですが、最近は怖く感じるようになり、引退を決意しました。思い出の馬は笠松の全日本サラブレッドカップを勝ったキタシバスペインです。今の仕事が落ち着いたら、競馬場の観客席から競馬を見てみたいです。ファンの方からのこれまでの暖かい声援に感謝しています。現役の騎手はみんなよく頑張ってますので、これからも、金沢競馬をよろしくお願いします。」とのコメントを発表している。



 2000年代まではリーディング上位の常連だったこともあってか、成績はやや下降した後も騎乗数はあまり落としていなかったというのが印象的である。お疲れ様でした。




金沢競馬場の鈴木太一騎手。クロ。


 
 続いてはリーディング15位の鈴木太一騎手だ。2000年デビューの金沢生え抜き騎手である。



 騎乗数はそれなりに確保しているものの馬質に恵まれず年間勝ち星が一ケタなんてこともままある騎手ではあったが、ここ数年は騎手の総数自体が減っているというのもあるが、重賞を勝つなど成績は上昇傾向である。



 鈴木太一で検索すると、同姓同名の映画監督や既に引退している競輪選手が上位に来てしまうので、せめて引退している競輪の鈴木太一選手よりは上位表示されるよう、今後も頑張ってほしいところである。




金沢競馬場の柴田勇真騎手



 続いてはリーディング16位の柴田勇真騎手だ。



 2015年デビュー。群馬県出身だが金沢競馬所属になったという若手騎手の一人である。2017年は6月に怪我をしてその後は休んでいたためこの順位ではあるが、2018年の開幕からは復帰し、現時点でもリーディング10位以内で戦っているので、本来はそのくらいの実力がある男である。



 ちなみに、写真ではピンクの胴の勝負服を着用しているが、怪我で休んでいる間にいろいろ考えたのか2018年シーズンからは黄色と黒の勝負服を着用している。なんで金沢の騎手はかくもコロコロと勝負服を変えるのだろうか・・・。まあゲン担ぎ的なところがあるので否定はしないが、もっとなんつーか、こう、ねえ・・・。





金沢競馬場の服部大地騎手



 さて、お次はリーディング17位の服部大地騎手だ。



 2000年に上山競馬でデビューするも2003年の上山競馬場の廃止に伴い、騎手免許を返上し引退。その後厩務員などをしていたが、2009年に騎手免許を再取得し、2010年から再び騎手として活動しているという経歴を持っている。



 なかなか騎乗数、馬質とも恵まれている印象はなく、単勝100倍超の馬に乗っていることもままある厳しいポジション。再デビューの2010年こそ二ケタ勝利をしたが、それ以降は勝ち鞍も一ケタ台が続いている。苦労人なので頑張っていただきたいところだ。




金沢競馬場の米倉知騎手の勝負服。クロ。



 さて、お次はリーディング18位の米倉知騎手だ。



 1993年デビューの金沢競馬生え抜きのベテランだ。それなのに、本人の写真がなく、なんでこの写真やねん!というツッコみはあるかもしれないが、これについては本当に申し訳ない。だがないものはしょうがないので勘弁してほしい。



 ひとつ言い訳をすると、米倉騎手は金沢競馬所属騎手の中でもかなりの実力者なのだが、近年は韓国での騎乗が増えており、荷桁が訪問した時もいなかったりしたので写真がないのである・・・。もちろん、その遠征があったから、リーディングがこの位置というのは言うまでもないだろう。



 韓国では第11回KNN杯(韓国GⅢ、ダート1,600m)を勝ったりするなど、重賞戦線でも活躍している。荷桁が釜山競馬場に行ったときには同日にソウルで行われていたコリアン・ダービーにも騎乗していたし、韓国ではかなり機会にも恵まれているのだろう。金沢では乗り鞍を絞っているように見えるが、また金沢でも活躍してくれるようになるのか、また機会を海外や他場に求めていくのかよく分からないが、頑張っていただきたいところだ。






金沢競馬場の塚本弘隆騎手


 さて、お次はリーディング19位の塚本弘隆騎手だ。



 この騎手も2017年途中で船橋から金沢に移籍してきたためこの順位だが、本来の実力はもう少しあると思っていただければよい。



 2014年に船橋でデビューした塚本騎手はなかなか乗り鞍に恵まれず、武者修行で2016年に金沢競馬に来ていた経緯がある。金沢ではそれなりの騎乗機会があったので、その後、彼の中で金沢でやったほうがいいという判断があったのだと思うが、金沢に移籍とあいなった。



 2018年は年度当初からフル回転し、リーディング上位に食い込むべく奮闘している。今後の金沢を盛り上げてくれることに期待だ。





金沢競馬場の畑中信二騎手。クロ。



 さて。最後はリーディング20位の畑中信二騎手だ。



 2001年デビューでの金沢生え抜き騎手で2010年以降は金沢トップ5に入る実力者だが、2017年は韓国ソウル競馬場での騎乗がメインで、金沢ではほとんど騎乗をしておらずこの位置での紹介になっている。



 かつてはナムラダイキチとのコンビで金沢重賞を勝ちまくった過去もある。米倉騎手同様、今後は本拠地を金沢に戻すのか、はたまた折を見て異国に旅立つのかは分からないが、金沢のトップ騎手の一人として頑張っていただきたいですね。





 さて。これで執筆時点で金沢競馬に所属している騎手は全員ひととおりご紹介できたことになります。



 50代の桑野騎手が引退し、全体的に若さが目立ってきた金沢競馬。藤田騎手の牙城を崩すのはやや難しそうな気配があるものの、リーディング5位~15位くらいは毎年大接戦となることが多い金沢のこと、若手の伸びもあり、なんやかんやしばらくは盛り上がるのではないでしょうか。皆さんも金沢競馬を訪問した際には騎手にも注目しながら楽しんでいただければと思います。



 さて、ジョッキーのお話しこれでおしまい!としたいところなのですが、次回もう少しだけ続けさせていただければと思います。申し訳ありません・・・。




 



>>金沢競馬場レポートその37へ







*この競馬場が好きな方はこちらの競馬場もお好きだと思われます。

 名古屋競馬場 その1 ~あくまで土古~
 笠松競馬場 その1 ~名馬・名手の里~
 高知競馬場 その1 ~南国土佐の丘の辺に~
 福山競馬場 その1 ~私的福山競馬史~
 佐賀競馬場 その1 ~鳥栖まで戻って佐賀へ~
 姫路競馬場 その1 ~初夏だけのパラダイス~
 荒尾競馬場 その1 ~そしてとうとう九州競馬へ~
 水沢競馬場 その1 ~水沢競馬場旅打ち~



*金沢競馬場に関する記事は以下にもあります。

 金沢競馬場 その1 ~金沢けいば冬景色~
 金沢競馬場 その2 ~見てるわしらも寂しいんよ~
 金沢競馬場 その3 ~北の競馬人たち~
 金沢競馬場 その4 ~アイル・ビー・バック~
 金沢競馬場 その5 ~金沢競馬をあらためて~
 金沢競馬場 その6 ~金沢競馬場 アクセス~
 金沢競馬場 その7 ~金沢競馬場 駐車場~
 金沢競馬場 その8 ~金沢競馬場を一周してみる 前編~
 金沢競馬場 その9 ~金沢競馬場を一周してみる 後編~
 金沢競馬場 その10 ~入場門周辺 外向前売発売所 ほか~
 金沢競馬場 その11 ~馬頭観音とハッピーくん~
 金沢競馬場 その12 ~金沢競馬場 パドック~
 金沢競馬場 その13 ~金沢競馬場 スタンド全般と屋外席~
 金沢競馬場 その14 ~スタンド1階 手荷物預かり、Wi-Fi、そして防火水槽~
 金沢競馬場 その15 ~スタンド2階 ベランダと分煙のはざま~
 金沢競馬場 その16 ~スタンド3階 実は快適空間~
 金沢競馬場 その17 ~金沢競馬場 指定席 ( 特別観覧席 )~
 金沢競馬場 その18 ~スタンドで見つけたモノたち~
 金沢競馬場 その19 ~金沢競馬場 予想紙と予想屋~
 金沢競馬場 その20 ~金沢競馬場のコースを眺める~
 金沢競馬場 その21 ~金沢競馬場 枠場とステージ~
 金沢競馬場 その22 ~金沢競馬場 内馬場のポニーと謎のコンクリ~
 金沢競馬場 その23 ~金沢競馬場 内馬場の公園~
 金沢競馬場 その24 ~金沢競馬場 グルメ~
 金沢競馬場 その25 ~金沢競馬場 グルメ 金澤玉寿司で寿司を食らふ~
 金沢競馬場 その26 ~金沢競馬場 グルメ 宇ノ気玉寿司~
 金沢競馬場 その27 ~金沢競馬場 グルメ サンキ たこ勝~
 金沢競馬場 その28 ~金沢競馬場 グルメ らくや 来々軒~
 金沢競馬場 その29 ~金沢競馬場 グルメ 軽食こやま 千鳥~
 金沢競馬場 その30 ~金沢競馬場 グルメ 世界館の世界観~
 金沢競馬場 その31 ~金沢競馬場 グルメ よこやま 麺栄~
 金沢競馬場 その32 ~金沢競馬場 グルメ 不二家大食堂 レストホースピア~
 金沢競馬場 その33 ~金沢競馬場 グルメ 売店たちの没個性~
 金沢競馬場 その34 ~勝手に金沢競馬騎手名鑑 第1弾~
 金沢競馬場 その35 ~勝手に金沢競馬騎手名鑑 第2弾~
 金沢競馬場 その36 ~勝手に金沢競馬騎手名鑑 第3弾~
 金沢競馬場 その37 ~勝手に金沢競馬騎手名鑑 番外編~
 金沢競馬場 その38 ~それでも一度は金沢へ~
 金沢競馬場 その39 ~金沢競馬場から路線バスで帰る~



PR
そうだ 競馬、行こう。
ブログ内検索


















プロフィール
HN:
荷桁勇矢   
性別:
男性
職業:
若隠居   
趣味:
逃げ   
このブログについて
 このブログは「そこに競馬があるから」といいます。
 競馬場巡りに魅せられてしまった筆者、荷桁勇矢(にげた ゆうや)が、日本の競馬場、海外の競馬場を訪れながらその様子をご紹介して行くブログです。
 紹介している競馬場の情報は訪問当時のものですので、競馬場に行かれる際は最新の情報をご確認のうえ、自己責任で行っていただきますようお願いいたします。
 またこのサイトの写真や文章は基本的に無断で使用されると困るのですが、もしどうしてもという方は荷桁までご連絡ください。そのほかご指摘やご質問がある方も荷桁まで直接ご連絡ください。コメント欄は管理が面倒そうなので当分オープンにはしないつもりです。悪しからず。

連絡先:
nigetayuyaあっとgmail.com
ツイッター:
https://twitter.com/YuyaNigeta
note:
https://note.mu/nigetayuya/
Flickr:
http://www.flickr.com/photos/nigeta/
競馬本紹介ブログ始めました。
荷桁勇矢の競馬本ガイド









忍者ブログ [PR]