フートー競馬場 そこに競馬があるから 忍者ブログ
日本国内、海外の競馬場の訪問記です。こんなことしてていいのかなあ。でもやめられない。

Trường đua Phú Thọ
フートー競馬場スタンドの一角。予想オヤジたちの巣窟だ。


*フートー競馬場レポートの続編です。
初めからお読みになる方はこちらからどうぞ。



 さてさてどんどん参りましょう。とうとう7回目まで突入してしまいましたフートー競馬場レポートです。多分まだまだ続きますが悪しからず・・・。

 これまで長々とフートー競馬場の歴史からパドックまでをご紹介してまいりましたが、競馬に来たらやはりレースを見なきゃあかんでしょうということで、これよりはベトナム競馬のレースについて述べてまいります...


PR
Trường đua Phú Thọ
フートー競馬場のパドック。スタンドから各馬に熱視線を送るベトナム競馬オヤジたち。


*フートー競馬場レポートの続編です。
初めからお読みになる方はこちらからどうぞ。



 さて、前回はフートー競馬場の2つあるパドックのうち、ジョッキーが騎乗する第一のパドックのお話をしましたが、今回は2つ目のパドックを中心に話をしていきたいと思います...
Trường đua Phú Thọ
フートー競馬場のパドック。非常にアジア的雰囲気。昔の競馬場ってこんな感じだったのかしら。


*フートー競馬場レポートの続編です。
初めからお読みになる方はこちらからどうぞ。


 
 フートー競馬場レポート第5弾といきましょう。だらだらと話をしているうちに、もう5回目になってしまいましたが、まだまだ続けて行きたいと思います。写真をたくさん使えるのもいいですね。

 さて、今回からはいつもの流れに戻して、まずはフートー競馬場のパドックへといきましょう...

Trường đua Phú Thọ
フートー競馬場のちびっこ騎手。カメラを向けたらにっこり微笑んでくれた。


*フートー競馬場レポートの続編です。
初めからお読みになる方はこちらからどうぞ。



 お久しぶりです荷桁です。東京開催となった南部杯はがっつり取れたのですが、菊花賞、天皇賞と冴えない日々が続いております。G1戦線はまだまだつづきますが、なんとかしていきたいものです。


 さて、間があきましたが、フートー競馬場レポートの第4弾です。
 前回のレポートの最後で、この競馬場では競走馬がポニーで騎手が子どもという話をしたかと思うのですが、今回はそのあたりから話を初めて行きましょう...
Trường đua Phú Thọ
フートー競馬場スタンド。


*フートー競馬場レポートの続編です。
初めからお読みになる方はこちらからどうぞ。



 さて、ホーチミンはフートー競馬場にたどり着きました。
 冒頭のお写真はフートー競馬場の堂々たるメインスタンドでございます。おそらく休止前からあるだろう建物なので、下手したらベトナム戦争よりさらに前の建築物かもしれません。日本の競馬場のスタンドに比べて、デザイナボーで素敵。

 ここからはフートー競馬場の様子をどっぷりご紹介して行きたいと思います...
Chợ Lớn
フートー競馬場にほど近いホーチミン市チョロン地区。


*フートー競馬場レポートの続編です。
初めからお読みになる方はこちらからどうぞ。



 さて、ベトナムはホーチミン。フートー競馬場レポートの2回目です。


 ひとまず、2010年の夏、荷桁はホーチミンへと飛んだ。フートー競馬場は週末土日だけの開催である。ひとまず数日はホーチミン市内やメコン川周辺を観光し、その後競馬場へと向かうことにした...


Thành phố Hồ Chí Minh
ホーチミン市中心部。これで海外の競馬場をご紹介するのは5カ国目になりますかね。



 前回までのペナン競馬場レポートにつづき、海外競馬場をご紹介します。もう少し海外を消化してから、国内の競馬場に戻りたいと思いますので、少々ご辛抱ください。


 ちなみに今回より、実験的試みでフリッカーにアップロードした写真を使いながらレポートしていくことにしております。これまでブログの容量に合わせるために画像の質を落としてアップロードしていたのですが、趣味でフリッカーを使っているので、どうせならこちらに保存してある写真をたくさん、美しく掲載したほうがいいのではないかという判断のもとで、切り替えてみる事にしました。


 ちなみにフリッカーには趣味で撮っている競馬以外の写真もあるので、興味があれば覗いてみてください。


 さて、関係ない話を挟みましたが、今回よりご紹介するのは、同じ東南アジアのベトナムにあるフートー競馬場でございます...


そうだ 競馬、行こう。
ブログ内検索
















プロフィール
HN:
荷桁勇矢   
性別:
男性
職業:
若隠居   
趣味:
逃げ   
このサイトについて
 このサイトは「そこに競馬があるから」といいます。
 競馬場巡りに魅せられてしまった筆者、荷桁勇矢が、日本の競馬場、海外の競馬場を訪れながらその様子をご紹介して行くサイトです。
 紹介している競馬場の情報は訪問当時のものですので、競馬場に行かれる際は最新の情報をご確認のうえ、自己責任で行っていただきますようお願いいたします。
 またこのサイトの写真や文章は基本的に無断で使用されると困るのですが、もしどうしてもという方は荷桁までご連絡ください。そのほかご指摘やご質問がある方も荷桁まで直接ご連絡ください。コメント欄は管理が面倒そうなので当分オープンにはしないつもりです。悪しからず。

連絡先:
nigetayuyaあっとgmail.com
ツイッター:
https://twitter.com/YuyaNigeta
Flickr:
http://www.flickr.com/photos/nigeta/
競馬本紹介ブログ始めました。
荷桁勇矢の競馬本ガイド


忍者AdMax







忍者ブログ [PR]