フートー競馬場 その6 〜返し馬なんてやらない〜 そこに競馬があるから 忍者ブログ
日本国内、海外の競馬場の訪問記です。こんなことしてていいのかなあ。でもやめられない。

そこに競馬があるから > フートー競馬場 > フートー競馬場 その6 〜返し馬なんてやらない〜

Trường đua Phú Thọ
フートー競馬場のパドック。スタンドから各馬に熱視線を送るベトナム競馬オヤジたち。


*フートー競馬場レポートの続編です。
初めからお読みになる方はこちらからどうぞ。



 さて、前回はフートー競馬場の2つあるパドックのうち、ジョッキーが騎乗する第一のパドックのお話をしましたが、今回は2つ目のパドックを中心に話をしていきたいと思います...

Trường đua Phú Thọ

 さて、最初のパドックで周回をしたのち、騎手と馬はいったん走路脇の通路に出る。ここを通ってスタンド正面にある2つ目のパドックに向かうのだ。


Trường đua Phú Thọ


 2つ目のパドックへと向かう途中でもベトナム競馬オヤジたちは馬から目を離さない。何やら馬を引いている男たちと会話している者もいる。ベトナム語なので何を言っているのかはさっぱり分からないのだが、馬の調子とか聞いているのかもしれない。そういうのがOKなのかは分からないが、まあそういう細かい事は気にしなくてもよさそうな雰囲気がこの競馬場には漂っている。

 一方騎手は何事か言われても、たまに表情を崩す程度で、返事はしていない。騎手は話してはいけませんということになっているのかもしれない。馬も大変おとなしくしており、等間隔でぞろぞろと静かに移動して行く。


Trường đua Phú Thọ


 さて、こうして移動を終えた馬たちはメインスタンドの前にある第2のパドックへとやってくるのである。こちらのパドックは立派なもので、レンガ敷きの通路にしっかり植え込みまで設けられている。

 1つ目のパドックが馬房と検量室に面しており、スタンドから見えづらかったのに対し、こちらのパドックは特観席の目の前に位置しており、スタンドのどこからでもよく見えるようになっている。まあ、スタンドで普通に馬券を買っている分には、パドックはここで見ておけばいいということになる。



Trường đua Phú Thọ


 当然のことながら、かわいい騎手と馬たちがここをぞろぞろとまわる。

 かわいい見た目ではあるが、しかしここはホーチミンで唯一の鉄火場であるフートーである。当然のことながら彼らには競馬オヤジたちの熱い視線が注がれることとなる。

 しかし、彼らこの馬とか見ててほんとに状態とか分かるんだろうか・・・。


Trường đua Phú Thọ

 ここまで熱い視線が揃うとある意味壮観だ。みんな策にへばりついて新聞を見つつタバコをくゆらせつつ楽しそうに馬を見ている。やはりアジアの競馬オヤジは共通点が多くて楽しいな。


Trường đua Phú Thọ



 さて、そしてここで数回ぐるぐるとまわった彼らはまたおもむろに、走路のほうへ向けてぞろぞろと整列しながら歩いて行く。いよいよ本馬場に入るのだ。


 しかしなんと返し馬がない。


Trường đua Phú Thọ


 おそらく体力を消耗するのを防ぐためだと思うが、フートー競馬場の土着馬のレースにおいては本馬場に入場しても返し馬はいっさい行われないのだ。ご覧のように整列してスタート地点までトボトボ歩いて行くのみなのである。したがって返し馬の気配を見て馬券を買っているという方は予想が不可能ということが言えるのである。

 
 いやはや世界にはいろいろな競馬がありますなあw


 次回からいよいよフートー競馬場のレースをご紹介していきます。




>>フートー競馬場レポートその7へ




*この競馬場が好きな方はこちらの競馬場もお好きだと思われます。

 ペナン競馬場 その1 ~再びマレーシア競馬へ~
 セランゴール競馬場 その1~いざマレーシア競馬~
 クランジ競馬場 その1 ~いきなりお詫び~
 ソウル競馬場 その1 〜韓国競馬に手を出すぞ〜
 マルサ競馬場 その1 〜いざ地中海競馬へ〜
 ニコシア競馬場 その1 〜空路キプロスへ〜
 ガルフストリームパーク競馬場 その1 〜アメリカ競馬事始〜
 多度草競馬 その1 ~草競馬を見に、歩く~


*フートー競馬場に関する記事は以下にもあります。

 フートー競馬場 その1 〜さらにベトナム競馬へ〜
 フートー競馬場 その2 〜ホーチミンという街〜
 フートー競馬場 その3 〜こんな競馬もあるものよ〜
 フートー競馬場 その4 〜ちいさい馬にちいさい騎手〜
 フートー競馬場 その5 〜いざパドックへ〜
 フートー競馬場 その6 〜返し馬なんてやらない〜
 フートー競馬場 その7 〜自分の馬券は自分で守る〜
 フートー競馬場 その8 〜フートーでの神秘体験〜
 フートー競馬場 その9 〜フートー馬券考〜
 フートー競馬場 その10 〜ここが検量室〜
 フートー競馬場 その11 〜バックヤードツアー〜
 フートー競馬場 その12 〜フートー競馬場グルメ〜
 フートー競馬場 その13 〜フートー競馬場スタンド考〜
 フートー競馬場 その14 〜フートー競馬場の「モノ」たち〜
 フートー競馬場 その15 〜馬のいる競馬場〜
 フートー競馬場 その16 〜スコール決行〜
 フートー競馬場 その17 〜追憶のフートー〜




PR
そうだ 競馬、行こう。
ブログ内検索


















プロフィール
HN:
荷桁勇矢   
性別:
男性
職業:
若隠居   
趣味:
逃げ   
このブログについて
 このブログは「そこに競馬があるから」といいます。
 競馬場巡りに魅せられてしまった筆者、荷桁勇矢(にげた ゆうや)が、日本の競馬場、海外の競馬場を訪れながらその様子をご紹介して行くブログです。
 紹介している競馬場の情報は訪問当時のものですので、競馬場に行かれる際は最新の情報をご確認のうえ、自己責任で行っていただきますようお願いいたします。
 またこのサイトの写真や文章は基本的に無断で使用されると困るのですが、もしどうしてもという方は荷桁までご連絡ください。そのほかご指摘やご質問がある方も荷桁まで直接ご連絡ください。コメント欄は管理が面倒そうなので当分オープンにはしないつもりです。悪しからず。

連絡先:
nigetayuyaあっとgmail.com
ツイッター:
https://twitter.com/YuyaNigeta
Flickr:
http://www.flickr.com/photos/nigeta/
競馬本紹介ブログ始めました。
荷桁勇矢の競馬本ガイド









忍者ブログ [PR]