フートー競馬場 その7 〜自分の馬券は自分で守る〜 そこに競馬があるから 忍者ブログ
日本国内、海外の競馬場の訪問記です。こんなことしてていいのかなあ。でもやめられない。

そこに競馬があるから > フートー競馬場 > フートー競馬場 その7 〜自分の馬券は自分で守る〜

Trường đua Phú Thọ
フートー競馬場スタンドの一角。予想オヤジたちの巣窟だ。


*フートー競馬場レポートの続編です。
初めからお読みになる方はこちらからどうぞ。



 さてさてどんどん参りましょう。とうとう7回目まで突入してしまいましたフートー競馬場レポートです。多分まだまだ続きますが悪しからず・・・。

 これまで長々とフートー競馬場の歴史からパドックまでをご紹介してまいりましたが、競馬に来たらやはりレースを見なきゃあかんでしょうということで、これよりはベトナム競馬のレースについて述べてまいります...



さてひととおりパドックまでを見たのでお次は馬券を買わなくてはならない。

 フートー競馬場で欠かせないのがこの予想紙である。


Trường đua Phú Thọ


 フートー競馬場の入口で売られている競馬新聞だ。
 値段は忘れたがそんなに高くなかった気がする。競馬場の入口に入るとおばさんが立ち売りしているのでそこから購入すればよい。こういう国では訳の分からない物売りが多いが、こういう役に立つ物もしっかり売られているのである(?)。


 基本的にはベトナム語表記なので解読することは不可能なのだが、競馬用語は英語訳がついているし、書いてある数字が何を示しているのかも大体分かるのでこれがあれば充分に予想ができる。

 そもそもこの新聞には日本のように事細かな情報が書かれているわけではなく、馬番、馬名、馬齢、性別、毛色、全成績、負担重量、馬主が書かれた馬柱と、近5走くらいの走破タイムが書かれているくらいなのだ。
 こんな少ない情報から予想ができるのかいな!と思ってしまいそうなものだが、案外予想しだすと不便はしないから不思議だ。と、与えられる情報が多ければいいってものでもないのだなという普遍的真理にベトナムで気がついてみたり。


 それはそうと荷桁もさっそく予想をする。


 オッズモニターと馬券販売の穴場の前にはかなりのオヤジたちがたむろしている。クーラーもなく蒸し暑いホーチミンだが、馬券の買い逃しだけはなんとしても避けたい。スリに気をつけつつ、オヤジたちの隙間に立って競馬新聞とオッズを交互に睨みつけながら予想をしていく。

 場内のオッズモニターは単複のオッズと連勝単式、3連勝単式のオッズを繰り返し放映している。なんとなくモニターの字や色使いがマレーシアと似ているが同じシステムなんだろうか。


 ちなみにベトナムの馬券は単勝・馬単・3連単・4連単・6連単のみが発売されており、連単が異様に充実した内容になっている。発売単位は10000ドンきざみだ。
 連複がないということは、何か、ベトナム人は白黒はっきりしてないと嫌なのかなあ。こういうところもお国柄ですな。


 ひとまず最初は馬単で勝負と決めて適当に買う。

 競馬新聞の前回開催成績を見ると、案外荒れているのと、人気が極端にかぶっている組み合わせをさければ、わりと人気の馬同士の組み合わせで決まっても20〜30倍はつけるので効率がいいと判断したのだ。


Trường đua Phú Thọ


 ちなみにこいつがフートー競馬場の馬券。セランゴールに似て、ぺらぺらしている。

 買い方はマレーシアなどと同じく、紙で書いて渡せばOKだった。
 連複と連単の違いを書かなくていいため、ある意味では楽だ。
 

 ちなみにフートー競馬場のお客は中国系だからかそこまでマナーがよくないので締め切り間際の穴場は大変なことになる。とにかくひとつの売り場の穴に5本くらいの腕が伸びて、我先にと馬券を買い求めるのだ。躊躇しているとすぐに抜かれてしまうので、邪魔な手は払いのけるくらいの勢いで購入したほうがよい。さもなくば締め切りよりだいぶ早く買ってしまうかだ。

 荷桁も元々あまり気の強いほうではないのだが、周りの熱気と馬券買いたさで「ちょっと、俺が先だよおっさん」ととりあえず日本語で応戦しつつ穴場に金と買い目をつっこむ。おかげで買い逃す事なく馬券を買う事ができた。競馬は人をたくましくするものですな。
 みなさんも外国で馬券を買うときには周囲に負けずに強い意志と行動でご購入いただければと思います(?)


 さて、話がよく分からない方向性に行ってしまったが、馬券を買ったらレース観戦だ。


 ひとまずはスタンドから観戦することにしてみよう。


Trường đua Phú Thọ


 うーむ非常にアジア的だ。ステキだなあw

 しかしついつい長く書いてしまうなあ。フートー競馬場。
 今回はここまでにして次回は実際のレース観戦といきましょう。





>>フートー競馬場レポートその8へ



*この競馬場が好きな方はこちらの競馬場もお好きだと思われます。

 ペナン競馬場 その1 ~再びマレーシア競馬へ~
 セランゴール競馬場 その1~いざマレーシア競馬~
 クランジ競馬場 その1 ~いきなりお詫び~
 ソウル競馬場 その1 〜韓国競馬に手を出すぞ〜
 マルサ競馬場 その1 〜いざ地中海競馬へ〜
 ニコシア競馬場 その1 〜空路キプロスへ〜
 ガルフストリームパーク競馬場 その1 〜アメリカ競馬事始〜
 多度草競馬 その1 ~草競馬を見に、歩く~


*フートー競馬場に関する記事は以下にもあります。

 フートー競馬場 その1 〜さらにベトナム競馬へ〜
 フートー競馬場 その2 〜ホーチミンという街〜
 フートー競馬場 その3 〜こんな競馬もあるものよ〜
 フートー競馬場 その4 〜ちいさい馬にちいさい騎手〜
 フートー競馬場 その5 〜いざパドックへ〜
 フートー競馬場 その6 〜返し馬なんてやらない〜
 フートー競馬場 その7 〜自分の馬券は自分で守る〜
 フートー競馬場 その8 〜フートーでの神秘体験〜
 フートー競馬場 その9 〜フートー馬券考〜
 フートー競馬場 その10 〜ここが検量室〜
 フートー競馬場 その11 〜バックヤードツアー〜
 フートー競馬場 その12 〜フートー競馬場グルメ〜
 フートー競馬場 その13 〜フートー競馬場スタンド考〜
 フートー競馬場 その14 〜フートー競馬場の「モノ」たち〜
 フートー競馬場 その15 〜馬のいる競馬場〜
 フートー競馬場 その16 〜スコール決行〜
 フートー競馬場 その17 〜追憶のフートー〜


PR
そうだ 競馬、行こう。
ブログ内検索


















プロフィール
HN:
荷桁勇矢   
性別:
男性
職業:
若隠居   
趣味:
逃げ   
このブログについて
 このブログは「そこに競馬があるから」といいます。
 競馬場巡りに魅せられてしまった筆者、荷桁勇矢(にげた ゆうや)が、日本の競馬場、海外の競馬場を訪れながらその様子をご紹介して行くブログです。
 紹介している競馬場の情報は訪問当時のものですので、競馬場に行かれる際は最新の情報をご確認のうえ、自己責任で行っていただきますようお願いいたします。
 またこのサイトの写真や文章は基本的に無断で使用されると困るのですが、もしどうしてもという方は荷桁までご連絡ください。そのほかご指摘やご質問がある方も荷桁まで直接ご連絡ください。コメント欄は管理が面倒そうなので当分オープンにはしないつもりです。悪しからず。

連絡先:
nigetayuyaあっとgmail.com
ツイッター:
https://twitter.com/YuyaNigeta
Flickr:
http://www.flickr.com/photos/nigeta/
競馬本紹介ブログ始めました。
荷桁勇矢の競馬本ガイド









忍者ブログ [PR]