フートー競馬場 その14 〜フートー競馬場の「モノ」たち〜 そこに競馬があるから 忍者ブログ
日本国内、海外の競馬場の訪問記です。こんなことしてていいのかなあ。でもやめられない。

そこに競馬があるから > フートー競馬場 > フートー競馬場 その14 〜フートー競馬場の「モノ」たち〜

Trường đua Phú Thọ
フートー競馬場パドック脇の掲示板。とんでもねえの使ってんな。


*フートー競馬場レポートの続編です。
初めからお読みになる方はこちらからどうぞ。



 ここまで長々とフートー競馬場についてレポートしてまいりましたが、もう少しおつきあいいただければと思います。

 さて、今回はフートー競馬場にある「モノ」にスポットを当てて紹介して行きたい。

 冒頭の写真はフートー競馬場のパドック脇に鎮座している謎の掲示板。おそらく、馬の名前による出走表ではなく、騎手と斤量が表示してあるものだと考えられる。競馬新聞には騎手の名前が書いていないので、みな、ここへ来て、どの馬に何という騎手が乗るのかを確認するのだ。見ての通り、なんでこんなもん使ってんだという感じの代物だが、もちろん現役である...

 しかし、板のはめ込みかたもかなり適当だが、騎手の表示も「TAM1」とか「TAM2」とかすごく適当だ。おそらくタンという名字が被っているのだろう。国分優 国分恭 みたいなものか。日本でも 武1 武2 武3 とかにしても差し支えなさそうなものである。

 番号を見ていると最盛期は16頭立てでやっていたのだろうか。日本の地方競馬も黒板を使っているアナログな競馬場が多々あるが、こちらもかなりのアナログである。


 っていうか、誰かもう少し見栄えよく修理してやろう的な気概をもったやつはおらんのかねこれ。



Trường đua Phú Thọ


 続いてはフートー競馬場のゴール板。
 銀色でなかなかでかい掲示板だ。ってか鏡の部分でかいなおい。

 そしてゴール板の上にはなんとも社会主義国的な星が・・・。

 あの星って我々にとってはフツーの星のデザインだが、ベトナムでは社会主義の象徴ということになっているようで、国旗にも描かれている。

 社会主義の精神に反する賭博空間にこの星が用いられているというのも若干矛盾しているが、まあサイゴンレーシングクラブ的に国に忠誠心を表しておいたほうがいいのかもしれないな。


Trường đua Phú Thọ

 お次ぎは着順掲示板。
 こちらはうってかわって無味乾燥な一品だ。このタイプの着順掲示板は結構世界中で見つけるので、大手メーカーがあるのだろうか。ちなみにターフビジョンはない。買った馬を目視しつつ叫ぶのみである。


Trường đua Phú Thọ


Trường đua Phú Thọ


 お次ぎは毛色を変えて、フートー競馬場の壁に張ってあった看板。

 前者は競馬場の案内図かと思いきや、競馬場内のサッカーコート、フットサルコートの案内図であった。内馬場だけで12個もコートがあるのに驚き。しかし、なんとなく番号の振り方がランダムな感じで表を見ているだけで歯がゆくなってくるのは何故であろうか・・・。


 後者はなんの説明か分からないのだが、フートー競馬場の案内文なのだろうか。フートー競馬場に関する文献なんつーもんはそんなにないだろうから、この文章が解読できれば何かこの競馬場に関する手がかりがつかめるかと思ったが、よくよく見ると、年代の表示もないので、歴史などではなさそうだ。

 おそらく、ノミ行為は禁止です的な注意事項のようなものか、運営母体に関する説明かと思われる。一番上の一行をグーグル翻訳に打ち込んでみたのだが、まったく翻訳されなかったので、このサイトを訪れたベトナム語が堪能な方に翻訳していただくのを待つしかなさそうだ。


Trường đua Phú Thọ


 いろいろなモノがあるが、スタンドも含めて、新旧がなんとなく入り乱れておかしな感じだ。

 あんまり歩き回っていてもあれなのだが、ついついたくさん歩き回ってしまう競馬場だ。申し訳ないのだが、次回以降も引き続きフートー競馬場レポートを続けます。




>>フートー競馬場レポートその15へ




*この競馬場が好きな方はこちらの競馬場もお好きだと思われます。

 ペナン競馬場 その1 ~再びマレーシア競馬へ~
 セランゴール競馬場 その1~いざマレーシア競馬~
 クランジ競馬場 その1 ~いきなりお詫び~
 ソウル競馬場 その1 〜韓国競馬に手を出すぞ〜
 マルサ競馬場 その1 〜いざ地中海競馬へ〜
 ニコシア競馬場 その1 〜空路キプロスへ〜
 ガルフストリームパーク競馬場 その1 〜アメリカ競馬事始〜
 多度草競馬 その1 ~草競馬を見に、歩く~


*フートー競馬場に関する記事は以下にもあります。

 フートー競馬場 その1 〜さらにベトナム競馬へ〜
 フートー競馬場 その2 〜ホーチミンという街〜
 フートー競馬場 その3 〜こんな競馬もあるものよ〜
 フートー競馬場 その4 〜ちいさい馬にちいさい騎手〜
 フートー競馬場 その5 〜いざパドックへ〜
 フートー競馬場 その6 〜返し馬なんてやらない〜
 フートー競馬場 その7 〜自分の馬券は自分で守る〜
 フートー競馬場 その8 〜フートーでの神秘体験〜
 フートー競馬場 その9 〜フートー馬券考〜
 フートー競馬場 その10 〜ここが検量室〜
 フートー競馬場 その11 〜バックヤードツアー〜
 フートー競馬場 その12 〜フートー競馬場グルメ〜
 フートー競馬場 その13 〜フートー競馬場スタンド考〜
 フートー競馬場 その14 〜フートー競馬場の「モノ」たち〜
 フートー競馬場 その15 〜馬のいる競馬場〜
 フートー競馬場 その16 〜スコール決行〜
 フートー競馬場 その17 〜追憶のフートー〜



PR
そうだ 競馬、行こう。
ブログ内検索
















プロフィール
HN:
荷桁勇矢   
性別:
男性
職業:
若隠居   
趣味:
逃げ   
このサイトについて
 このサイトは「そこに競馬があるから」といいます。
 競馬場巡りに魅せられてしまった筆者、荷桁勇矢が、日本の競馬場、海外の競馬場を訪れながらその様子をご紹介して行くサイトです。
 紹介している競馬場の情報は訪問当時のものですので、競馬場に行かれる際は最新の情報をご確認のうえ、自己責任で行っていただきますようお願いいたします。
 またこのサイトの写真や文章は基本的に無断で使用されると困るのですが、もしどうしてもという方は荷桁までご連絡ください。そのほかご指摘やご質問がある方も荷桁まで直接ご連絡ください。コメント欄は管理が面倒そうなので当分オープンにはしないつもりです。悪しからず。

連絡先:
nigetayuyaあっとgmail.com
ツイッター:
https://twitter.com/YuyaNigeta
Flickr:
http://www.flickr.com/photos/nigeta/
競馬本紹介ブログ始めました。
荷桁勇矢の競馬本ガイド


忍者AdMax







忍者ブログ [PR]