金沢競馬場 その38 ~それでも一度は金沢へ~ そこに競馬があるから 忍者ブログ
日本国内、海外の競馬場の訪問記です。こんなことしてていいのかなあ。でもやめられない。

そこに競馬があるから > 金沢競馬場 > 金沢競馬場 その38 ~それでも一度は金沢へ~

金沢競馬場のレース風景
金沢競馬場のレース風景



*金沢競馬場レポートの続編です。
初めからお読みになる方は金沢競馬場レポートその1からどうぞ。






 さて。金沢競馬場レポートも38本目となりました。



 まあ、自分でこんなこと言うのもなんですが、金沢競馬場だけで、けっこうな量のレポートを書いてしまったなあというのが率直なところです。



 もう充分書きたいことは書いているのですが、今回のレポートでは一旦の中締め代わりに、荷桁が訪問した際に見た金沢競馬場の風景を断片的にお伝えしていこうと思います。特に何がという内容でもないのですが、ご容赦いただけますと幸いです。



 ってなわけで、まいりましょう。2016年~2017年頃の金沢競馬場の一コマです...


金沢競馬場の北國王冠出馬表



 さて、風景とは言いながらも、レースの思い出から話していこう。



 2016年11月13日。この日金沢競馬場に赴いた荷桁は、地元重賞である北國王冠を生で観戦することができた。荷桁は交流重賞を見に地方競馬場に行くのはあまり好きではないのだが、こうした地元重賞を見に行くのはけっこう好きなのである。



 北國王冠は2600メートルの金沢競馬場の名物重賞ということもあり、こういうご当地レースは特に気合が入る。




金沢競馬場の北國王冠のグルームアイランド



 この時の1番人気はグルームアイランド。前走は白山大賞典で惨敗していたものの、オグリキャップ記念を制したとおり長距離が得意ということもあって断然の一番人気に推されていた。鞍上は吉原寛人騎手。まあ、勝ちに来ていることは間違いなかった。




金沢競馬場のジャングルスマイル



 続く2番人気はジャングルスマイル。この時点で10歳の古豪だが、この年は百万石賞を制するなど比較的調子がよく、他の馬との力関係もあり2番人気に推されていた。



 一見で入った場内の食堂での談議ではグルームアイランドはなんやかんや堅い。むしろ2000mくらいの距離のほうがいいジャングルスマイルのほうが足を掬われるんじゃないかというような声が多かった。



 荷桁もそんな気がしたので、頭はグルームアイランドで固定して、3着に2番人気のジャングルスマイルと3番人気のヒロノプリンスをつけて2着に人気薄を組み込んだ3連単で勝負をすることにした。




金沢競馬場の北國王冠のレースの模様



 レースは3番人気のヒロノプリンスが引っ張る展開だが、二周目向こう正面から徐々に苦しくなり先頭は変わってジャングルスマイル、そこに後方にいたグルームアイランドと5番人気のトニーポケットが迫って直線に。



 結局、内でうまく足をためたトニーポケットが直線伸びて完勝。自らジャングルスマイルをつかまえに動いたグルームアイランドは最後に交わされ2着に終わった。




金沢競馬場の北國王冠表彰式



 結局、荷桁の馬券は紙くずになり、金沢競馬の奥深さというか一筋縄ではいかない感じというのを痛感することとなった。



 そして翌2017年の訪問では、これまた重賞中日杯を訪れたのだが、ここでも1番人気はグルームアイランド。これは昨年度の学習を活かすときだということでグルームアイランドの2着・3着につけた馬券をしこたま購入したところ、今度は1番人気で5着と着外に沈み、再び馬券を紙くずにしてしまうという憂き目にあってしまうのである・・・。何が言いたいかというと、金沢の重賞は案外人気がアテになりませんので、皆様もご注意ください、ということである。




金沢競馬場のレース風景


金沢競馬場のレース風景



 さて、そんな馬券の難しい(あくまで私にとって)金沢競馬では馬券以外にも楽しみを見出すことが必要不可欠だ(あくまで私にとって)。



 そんなときには気温が下がった11~12月に金沢に来てみることをお勧めする。このブログでも何度か取り上げているが、勇壮な山々をみるという点においては、金沢競馬場は非常にいい競馬場である。特に雪を冠した季節はよい。この山々を見ていると馬券での負けなんてのは人生においてちっぽけな問題であるなということがよく分かるのである。実際のダメージから目を逸らすには持って来いだ。




金沢競馬場の騎手と厩務員さん



 また、これも既に触れていることだが、金沢競馬場は騎手をはじめ競馬関係者との距離が近い競馬場だ。レース前、レース後、ポイントポイントで騎手や厩舎関係者のリアルな表情を見ることができる。こうした人間ウォッチングというのもまた楽しいものである。




金沢競馬場のスタンド1階


金沢競馬場のスタンド風景


金沢競馬場のスタンド1階


金沢競馬場のスタンド1階



 そしてなんと言っても昭和感の溢れる金沢競馬場のスタンドとそこに集うオールドファンの皆さんの風景が金沢競馬場のたまらない魅力である。



 名古屋競馬場は移転、笠松競馬場は改修など昭和の香りが比較的色濃く残っていた中部エリアの競馬場も徐々にリニューアルの方向に舵を切りつつある。金沢競馬場もいつかはそうなるんだろうが、忘れかけた昭和のカルチャーを感じられる競馬場として、無理のない範囲で我々を楽しませてくれることを祈りたい。





金沢競馬場のスタンド1階モノクロ



 ちなみに、上の景色をモノクロで撮影してみたらこんな感じに。これは、平成29年秋の景色なのだが、もう30年くらいはサバを読めそうな写真になってしまった。まあ、いい意味でそれだけ変わらない日常だということなんだろう。




金沢競馬場のレースを見に向かう人々



 競馬を支えるのは間違いなく馬券を買うファンなんだけど、競馬場の文化をつないでいくのは本場に集うファンに頼るところが大きい。荷桁のように年に1回行くか行かないかの人間が本場で落とすお金など知れているわけで。そういう意味では苦しい時期でも競馬場に足を運んでいた地元のファンの皆さまには本当に感謝である。皆様のおかげで私は金沢競馬”場”を楽しめているようなものなのです。




金沢競馬場のレース風景



 さて。そんなわけで少しおセンチかつよく分からない流れになってしまいましたが、金沢競馬場レポートはいったんここらでひと区切りとしたいと思います。



 今回のレポートのタイトルは「それでも一度は金沢へ」としております。金沢競馬場は心理的な距離は遠いですが、実は東京から新幹線で1本、大阪から特急で1本、名古屋からバスで1本と、案外行こうと思えばすぐ行ける競馬場なのでございます。まだ行ったことがない方は是非食わず嫌いなさらず、金沢競馬場に一度は足を運んでみてくだされ。



 長いレポートにもかかわらず、ここまで読んでいただき、ありがとうございました。



 引き続き、何卒よろしくお願いいたします。




 



>>金沢競馬場レポートその39へ







*この競馬場が好きな方はこちらの競馬場もお好きだと思われます。

 名古屋競馬場 その1 ~あくまで土古~
 笠松競馬場 その1 ~名馬・名手の里~
 高知競馬場 その1 ~南国土佐の丘の辺に~
 福山競馬場 その1 ~私的福山競馬史~
 佐賀競馬場 その1 ~鳥栖まで戻って佐賀へ~
 姫路競馬場 その1 ~初夏だけのパラダイス~
 荒尾競馬場 その1 ~そしてとうとう九州競馬へ~
 水沢競馬場 その1 ~水沢競馬場旅打ち~



*金沢競馬場に関する記事は以下にもあります。

 金沢競馬場 その1 ~金沢けいば冬景色~
 金沢競馬場 その2 ~見てるわしらも寂しいんよ~
 金沢競馬場 その3 ~北の競馬人たち~
 金沢競馬場 その4 ~アイル・ビー・バック~
 金沢競馬場 その5 ~金沢競馬をあらためて~
 金沢競馬場 その6 ~金沢競馬場 アクセス~
 金沢競馬場 その7 ~金沢競馬場 駐車場~
 金沢競馬場 その8 ~金沢競馬場を一周してみる 前編~
 金沢競馬場 その9 ~金沢競馬場を一周してみる 後編~
 金沢競馬場 その10 ~入場門周辺 外向前売発売所 ほか~
 金沢競馬場 その11 ~馬頭観音とハッピーくん~
 金沢競馬場 その12 ~金沢競馬場 パドック~
 金沢競馬場 その13 ~金沢競馬場 スタンド全般と屋外席~
 金沢競馬場 その14 ~スタンド1階 手荷物預かり、Wi-Fi、そして防火水槽~
 金沢競馬場 その15 ~スタンド2階 ベランダと分煙のはざま~
 金沢競馬場 その16 ~スタンド3階 実は快適空間~
 金沢競馬場 その17 ~金沢競馬場 指定席 ( 特別観覧席 )~
 金沢競馬場 その18 ~スタンドで見つけたモノたち~
 金沢競馬場 その19 ~金沢競馬場 予想紙と予想屋~
 金沢競馬場 その20 ~金沢競馬場のコースを眺める~
 金沢競馬場 その21 ~金沢競馬場 枠場とステージ~
 金沢競馬場 その22 ~金沢競馬場 内馬場のポニーと謎のコンクリ~
 金沢競馬場 その23 ~金沢競馬場 内馬場の公園~
 金沢競馬場 その24 ~金沢競馬場 グルメ~
 金沢競馬場 その25 ~金沢競馬場 グルメ 金澤玉寿司で寿司を食らふ~
 金沢競馬場 その26 ~金沢競馬場 グルメ 宇ノ気玉寿司~
 金沢競馬場 その27 ~金沢競馬場 グルメ サンキ たこ勝~
 金沢競馬場 その28 ~金沢競馬場 グルメ らくや 来々軒~
 金沢競馬場 その29 ~金沢競馬場 グルメ 軽食こやま 千鳥~
 金沢競馬場 その30 ~金沢競馬場 グルメ 世界館の世界観~
 金沢競馬場 その31 ~金沢競馬場 グルメ よこやま 麺栄~
 金沢競馬場 その32 ~金沢競馬場 グルメ 不二家大食堂 レストホースピア~
 金沢競馬場 その33 ~金沢競馬場 グルメ 売店たちの没個性~
 金沢競馬場 その34 ~勝手に金沢競馬騎手名鑑 第1弾~
 金沢競馬場 その35 ~勝手に金沢競馬騎手名鑑 第2弾~
 金沢競馬場 その36 ~勝手に金沢競馬騎手名鑑 第3弾~
 金沢競馬場 その37 ~勝手に金沢競馬騎手名鑑 番外編~
 金沢競馬場 その38 ~それでも一度は金沢へ~
 金沢競馬場 その39 ~金沢競馬場から路線バスで帰る~



PR
そうだ 競馬、行こう。
ブログ内検索




















プロフィール
HN:
荷桁勇矢   
性別:
男性
職業:
若隠居   
趣味:
逃げ   
このブログについて
 このブログは「そこに競馬があるから」といいます。
 競馬場巡りに魅せられてしまった筆者、荷桁勇矢(にげた ゆうや)が、日本の競馬場、海外の競馬場を訪れながらその様子をご紹介して行くブログです。
 紹介している競馬場の情報は訪問当時のものですので、競馬場に行かれる際は最新の情報をご確認のうえ、自己責任で行っていただきますようお願いいたします。
 またこのサイトの写真や文章は基本的に無断で使用されると困るのですが、もしどうしてもという方は荷桁までご連絡ください。そのほかご指摘やご質問がある方も荷桁まで直接ご連絡ください。コメント欄は管理が面倒そうなので当分オープンにはしないつもりです。悪しからず。

連絡先:
nigetayuyaあっとgmail.com
ツイッター:
https://twitter.com/YuyaNigeta
note:
https://note.mu/nigetayuya/
Flickr:
http://www.flickr.com/photos/nigeta/
競馬本紹介ブログ始めました。
荷桁勇矢の競馬本ガイド









忍者ブログ [PR]