釜山慶南競馬場 その2 ~釜山慶南競馬場 アクセス~ そこに競馬があるから 忍者ブログ
日本国内、海外の競馬場の訪問記です。こんなことしてていいのかなあ。でもやめられない。

そこに競馬があるから > 釜山慶南競馬場 > 釜山慶南競馬場 その2 ~釜山慶南競馬場 アクセス~

釜山競馬場へのアクセスに使用する地下鉄
釜山の地下鉄



*釜山慶南競馬場レポートの続編です。
初めからお読みになる方は釜山慶南競馬場レポートその1からどうぞ。





 さて、前回より釜山慶南競馬場のレポートをスタートさせております。と、言いながら前回はほとんど釜山観光の話ばかりしてしまったのですが、いつまでも観光の話ばかりしていてはブログの趣旨も変わってしまいますので、さっそく競馬場に向かうことにいたしましょう。



 というわけで、今回からはタイトルにありますように釜山競馬場へのアクセスの話をしてまいりたいと思います。経験者にとっては「あるある」かと思いますが、海外の競馬旅打ちというと、だいたい一番エネルギーを使うのが競馬場へのアクセスということも多いかと思います。今回も例によってテキトーかつガチンコで釜山慶南競馬場へ向かっておりますので、ひとつの事例としてご参考にしていただければと思います。ただしこの情報は2017年5月訪問時の情報でございますので、そこだけはご注意いただけますと幸いです...






 さて、っつーわけでさっそく釜山慶南競馬場にアクセスすることにしよう。



 まずはこの競馬場は釜山のどのあたりにあんねんということを知らなくてはならないので、例によってGoogle Map先輩のお力を借りることにしよう。


 
 各々、地図を動かしてご確認いただければお分かりいただけると思うが、見てのとおり釜山慶南競馬場は釜山の中でもかなり郊外に位置している。周囲に鉄道や地下鉄の駅などもなく、正直アクセスが便利とはとてもではないが言いづらい立地である。



 一応、JAIRSのウェブサイトなどで調べてみると、釜山慶南競馬場へのアクセスは以下のように紹介されていることが多い。



 ◆地下鉄1号線下端駅(1番出口)からシャトルバスで約30分
 ◆地下鉄2号線周禮(周礼)駅(8番出口) からシャトルバスで約30分
 ◆地下鉄3号線江西区庁駅(5番出口) からシャトルバスで約30分



 要は地下鉄とシャトルバスを乗り継いで行ってくれということのようだ。現地人にあとから聞くと、タクシーを使っていくのも全然ありだけど、ちょっと遠いから運ちゃんの中には嫌がる人もいるかもね、とのことだった。人数が多い方や空港から直で乗りつける場合はタクシーもありかもしれないが、ポピュラーなのは地下鉄+バスという行き方のようである。



 荷桁たちは、宿を1号線の中央駅の近くに取っていたので、無難に1号線の下端(ハダン)駅の1番出口からシャトルバスというルートを取ってみることにした。この日は1レースが12時40分発走だったので、昼飯を現地で食う余裕を見て、11時ころに下端駅につくような感じで行ってみたのである。



 前回のレポートでも述べた通り、今回は総勢6名での釜山旅行だが、競馬場へ行くのは同行者のUさん(40代男性・自営業)と荷桁の2名である。仕事で海外に行くことが多く比較的旅慣れており、なおかつ競馬好きということもあり、今回が荷桁とは初めての旅打ちだが頼もしいパートナーである。





釜山の地下鉄一日券



 釜山の地下鉄はいちいち切符を買うのに小額紙幣が必要で面倒くさいので、もし市街地をウロウロされるのであれば、写真にある一日券を買ってしまうのも手だ。5000ウォンで一日乗り放題なのでそんなに高いものでもない。



 地下鉄は券売機に日本語モードがある機械が1台は必ず設置されているので、よほど旅慣れていない方以外は何の問題もなく切符は買えることと思う。




釜山慶南競馬場へ地下鉄でアクセスする



 地下鉄の車内はこんな感じだ。まあ、日本とさほど変わらないので特に構える必要もないだろう。



釜山慶南競馬場の最寄り駅のひとつ下端駅の表示



 一応、駅が近づくと、ご覧のとおり車内に駅番号と駅名が漢字と英語でも表示がされるのできちんと見ておけばまず乗り過ごすこともないだろう。




釜山慶南競馬場の最寄り駅のひとつ下端駅



 っつーわけで、無事に下端駅にご到着である。



釜山慶南競馬場の最寄り駅のひとつ下端駅


釜山慶南競馬場の最寄り駅のひとつ下端駅



 案内に沿って、競馬場へのシャトルバスが出ていると言う1番出口を目指す。案内表示もしっかりしているので、何の問題もなく行けることと思う。





下端駅の1番出口



 階段を上がれば、下端駅の1番出口である。ほっほっほ。順調、順調。



下端駅の1番出口



 階段を上がったら、競馬場行のシャトルバス乗り場を探す。まあ、だいたいこういうのは競馬オヤジがたむろしているあたりにいればよいのだ。




下端駅の周辺


下端駅の周辺



 ・・・あれ?全然競馬オヤジがいないぞ。おかしいな。


 
 なぜか全然競馬オヤジが見当たらない。仕方がないので、そのへんにいる人に聞いてみる。



 「キョンマジャン。バス?」



 韓国語ができないのでとりあえず韓国語で競馬場の意を示す「キョンマジャン」を連呼してバスを探す。ところがどっこい、オッサン、おばさん、コンビニの店員兄ちゃん、バスの切符売り場のおばちゃんと10人近くに聞いたが誰もが知らないというそぶりをする。そんなバカな・・・。という感じだが、これが日本でも、例えば姫路の駅前で「姫路競馬場への送迎バス乗り場はどこですか?」と聞いたらほとんどの人が答えられないだろうからある意味仕方がない部分はあるかもしれない。



 ところが、バス乗り場が分からないと競馬場に行くにもいけない。おかしいなあと思いながらもまたウロウロするがそれっぽいものが見つからない。うーむこれは完全にドツボっている感じだ。



 仕方なく地下鉄の駅に降りてみると、駅員の事務所のようなものがあり、そこに入ってみると若い駅員さんがいたので、競馬場行きのシャトルバスはどこかと聞いてみると、少し英語が通じたので片言の英語で少し会話してみた。



 すると、


 ・シャトルバスはここからあるのは知ってるけど、どこが乗り場かとか、タイムテーブルがどうなっているかなどは俺にはよく分からない


 ・でも普通のバスはあるからそれに乗れば行けるよ




 ってなことを言いだしたのである。



 え~あるのに知らないのかよ!という感じだが、先述のとおり、姫路駅の駅員さんも姫路競馬場行の送迎バス乗り場がどこにあるかは分からないことは大いにあるだろうし、若い駅員を責めても仕方ないのが実際のところだろう。



 同行者のUさんとも相談し、もうこれ以上ノーヒントでバス乗り場を探してウロウロしてもきりがないという結論に達したので、駅員さんの言う普通の路線バスで競馬場に行くことにした。




釜山慶南競馬場までのバス路線



 何番のバスに乗ればいいか教えてくれ、と言ったところ、上の写真のようなメモをくれた。一番下のハングルはよく分からんが、行先表示か降りるバス停であろう。



 何やら一度書いたものを消しているのが不安感を増幅させるが、どうやら3番出口に出て、220番か221番のバスに乗れということのようだ。ひとまず礼を言ってメモのとおりバス乗り場に行ってみることにする。




下端駅のバス乗り場


下端駅のバス乗り場


 
 バス乗り場の一番奥にその乗り場は存在していた。ひとまずここで220番か221番のバスが来るのを待つことにしよう。


 

釜山慶南競馬場行の220番のバス



 さて、そんなこんなしていると5分くらいで220番のバスがやってきた。



 もらったメモと同じ文字が行先表示にあるので、これで間違いなさそうである。




釜山慶南競馬場 부산경남경마공원



 釜山市内のバスは基本的に前乗り、後降りの運賃前払い制である。



 釜山のバスは車体の形などで細かく料金が分かれているのと路線が複雑なので観光客は敬遠しがちだが、均一料金で、運転手の横の運賃箱に料金が書いてあるので、実はそんなに難しいものでもない。運賃はうろ覚えだが2000ウォンするかしないかくらいだったのでまあ、日本のバスくらいのイメージである。



 運ちゃんに「キョンマジャン?」と聞くとこくりとうなづいたので、まずは一安心である。




 下端駅からはしばらく大きな川をいくつか越えていき、しばらくすると陸地を走行し、20分ちょっと走ったところで左手にそれっぽいものが見えてきた。すると運ちゃんが「ここだよ」と声をかけてくれたので(ホントにここだよと言ったかは分からんけど)、またも「キョンマジャン?」と聞くとそうだとうなづくので、ひとまずバスを降りる。しかし俺、この日だけでどんだけキョンマジャン言うてんねん。




釜山慶南競馬場近くのバス停



 降ろされたところはだだっ広い郊外道路のバス停。うおお。ホンマに大丈夫なんかな。



釜山慶南競馬場の入口




 しかし、道を挟んで反対側を見ると、何やら「Let's Run Park」と書かれた入場ゲートらしきもの。そしてその脇には馬の像が置かれている。どうやらひとまず競馬場の近くには到着はできたようである・・・。





 帰国後に釜山の路線バスを調べてみたところ、220番、221番のバスは下端駅から金海(김해시)という郊外エリアを同じような路線で結んでいるバス路線なのでどちらに乗っても問題はなかったようである。どちらも本数は日中30~40分おきにはあるとのことだ。下端が始発なので乗り間違いはなさそうである。降りたバス停は「レッツランパーク(렛츠런파크)」というバス停であった。



 また、沙上駅から出ている(厳密には下端駅からも出ているのだがすげえ遠回りになるのでおススメしない)1005番のバスは競馬場スタンドの目の前のバス停「レッツランパークスタンド(렛츠런파크관람대)」を通るので、これもまた乗りこなせれば便利な路線だと言えそうだ。時間は日中50分おきとのこと。



 <参考>
 https://namu.wiki/w/%EA%B9%80%ED%95%B4%20%EB%B2%84%EC%8A%A4%20220
 https://namu.wiki/w/%EB%B6%80%EC%82%B0%20%EB%B2%84%EC%8A%A4%20221
 https://namu.wiki/w/%EB%B6%80%EC%82%B0%20%EB%B2%84%EC%8A%A4%201005





 しかし、それにしても、いったいなぜシャトルバスを下端駅で見つけることができなかったのか・・・?それに関しても、気になったのでいろいろと帰国後に調べてみることにした。




釜山 バス



 すると、韓国馬事会のウェブサイトの奥深くでこんなページを発見したのである!



 どうやら2017年6~8月にかけての釜山慶南競馬場へのシャトルバス案内と時刻案内のようなのだが、何のことはない、よくよく翻訳してみると、バス乗り場は下端駅の「5番出口」だと書いてあるではないか。



 上のほうの青と紫の見出し色の箱を見ると


 탑승위치(乗車位置)

 하단/주례 노선(下端/周礼 路線)
 하단역5번출구(下端駅5番出口) 주례역5번출구(周礼駅8番出口)

 대저/김해 부원 노선(大渚/金海 府院 路線)
 치하철3호선 대저역1번출구(地下鉄3号線大渚駅1番出口)  김해 부원역 1번출구(金海 府院駅1番出口)
 
 と書いてある。



 つまり、なんのこたない、参考にしたJAIRSのウェブサイトに「1番出口」と書いてあったのが間違っていやがったのである!



 出かける前に丁寧に公式情報を洗っていれば、このページにたどり着いて、間違いに気が付くこともできたかもしれないが、まあおそらく行けば分かるであろうという精神のもと、テキトーなリサーチにとどめてしまったのが運の尽きであった。



 皆様におかれましてはきちんとした公式・最新の情報を調べた上で行かれることを強くおススメ申し上げます。もちろん、このブログの情報も参考にし過ぎないよう、よろしくお願いいたします。今後は荷桁もきちんと調べてから行こうと心に誓った次第でごぜーます。


 <参考>
 http://park.kra.co.kr/parkuserbusan/infoTransportInfo.do




 
 しかし今回、荷桁はたまたま、シャトルバスも路線バスも両方ある下端駅を利用したので、シャトルバスが見つからなくても路線バスで行くことができたのである意味では不幸中の幸いであった。



 周礼駅や大渚駅などほかの駅を利用する際は仮にシャトルバス乗り場が見つからなかった場合に路線バスで行くということがスムースにできないので十分に気を付けたほうがよいだろう。そしてよくあるアクセス手段として紹介されていた地下鉄3号線江西区庁駅(5番出口) からシャトルバスで約30分という情報は古くなって使えなくなっている情報と考えたほうがよさそうだ。くれぐれもご注意くだされ。



 そういう意味では最後に諦めてタクシーにするにせよ、ひとまずは下端駅をチョイスしておくのがもっとも保険がかかっていてどうやらよさそうである。荷桁が行ってみての個人的な意見ではあるが、あながち間違ってはいないと思います・・・。




 さて、そんなわけで一波乱あった釜山慶南競馬場へのアクセスでございますが、実際のところはまだ競馬公園の敷地近くまで到着したばかり。次回のレポートでは、バス停から競馬場のスタンドに向かう様子をお伝えしていこうと思います...




 


>>釜山慶南競馬場レポートその3へ






*この競馬場が好きな方はこちらの競馬場もお好きだと思われます。

 ソウル競馬場 その1 〜韓国競馬に手を出すぞ〜
 ハッピーバレー競馬場 その1 ~香港マカオへ旅打ち行った~
 シャティン競馬場 その1 ~そして香港に戻る~
 タイパ競馬場 その1 ~ひとまずマカオ競馬へ~
 セランゴール競馬場 その1~いざマレーシア競馬~
 フートー競馬場 その1 〜さらにベトナム競馬へ〜



PR
そうだ 競馬、行こう。
ブログ内検索


















プロフィール
HN:
荷桁勇矢   
性別:
男性
職業:
若隠居   
趣味:
逃げ   
このブログについて
 このブログは「そこに競馬があるから」といいます。
 競馬場巡りに魅せられてしまった筆者、荷桁勇矢(にげた ゆうや)が、日本の競馬場、海外の競馬場を訪れながらその様子をご紹介して行くブログです。
 紹介している競馬場の情報は訪問当時のものですので、競馬場に行かれる際は最新の情報をご確認のうえ、自己責任で行っていただきますようお願いいたします。
 またこのサイトの写真や文章は基本的に無断で使用されると困るのですが、もしどうしてもという方は荷桁までご連絡ください。そのほかご指摘やご質問がある方も荷桁まで直接ご連絡ください。コメント欄は管理が面倒そうなので当分オープンにはしないつもりです。悪しからず。

連絡先:
nigetayuyaあっとgmail.com
ツイッター:
https://twitter.com/YuyaNigeta
Flickr:
http://www.flickr.com/photos/nigeta/
競馬本紹介ブログ始めました。
荷桁勇矢の競馬本ガイド









忍者ブログ [PR]