ニコシア競馬場 その6 〜まがりくねったパドック~ そこに競馬があるから 忍者ブログ
日本国内、海外の競馬場の訪問記です。こんなことしてていいのかなあ。でもやめられない。

そこに競馬があるから > ニコシア競馬場 > ニコシア競馬場 その6 〜まがりくねったパドック~

Nicosia Race Course
ニコシア競馬場パドック


*ニコシア競馬場レポートの続編です。
初めからお読みになる方はこちらからどうぞ。



 さて、ニコシア競馬場にて競馬新聞を購入しようと場内をうろついていた荷桁だったが、どうしても見つからず、そのへんにいたオヤジに新聞の売場をきいたところ「場内では売っていないよ」という衝撃の発言を得た。
確かにどこをさがしても見つからないし、うそを言われているわけではなさそうなので、気を取り直してパドックに向かうことにする...


 ニコシア競馬場のパドックはスタンドのウラにある。西欧はコースの脇にあることが多いが、この競馬場はスタンドのウラだ。


Nicosia Race Course

 さて、ニコシア競馬場のパドックだが、形が独特なことに気がつかれただろうか?

 世界的にパドックなんて空間はきれいな楕円形であることが多いのだが、ニコシア競馬場のパドックはなぜかくにゃっとした形をしているのである。馬も慣れたもので、一応芝生と分けられた周回コースを蛇行しながら進んで行く。


Nicosia Race Course


 やや時間がたったあとに上から見たらこんな感じであった。
 なんだろう、勾玉のような形と言うべきかなんというか、よく分からないが、このパターンははじめてである。

 しかし形を除いては至って立派なパドックである。しっかりコースは舗装されているし、芝生や植木もきちんとしていて、きちんとしているなあと感じられる。難点を言えば、一部分にしか見やすい高さの足場がないので、すごく混んでいる日なんかはパドック見づらいだろうな、といったところだろうか。


Nicosia Race Course


 パドックの見やすいところは、いかにも常連っぽい人々がたむろっている。まあ、総じて荷桁以外の観光客の姿など一人も見えない競馬場であるので、それもそれで当然なのだが。

 こうしてみると結構、いろいろな人種がいるなあ、ということに気がつく。町の中心部を歩いているとやはり白人系と少し中東っぽい肌の色をした人が大半を占めているのだが、競馬場に来ると、アフリカ系・アジア系とおぼしき人もそこそこ存在している。キプロスも周囲から見たらわりあい豊かな国なのでいろいろなところから出稼ぎやら移民やらで来ているのかもしれないな。

Nicosia Race Course


 ちなみに段差になっているところにも弱点があって、なんとところどころでっかい木が生えていて妙に馬が見づらいところがあるのである。なんだってこんなところに枝葉のしっかりした木を植えているのか、理解に苦しむが、まあ見物している人たちが怒りのあまりへし折ろうとしているなどの言動も見受けられなかったので(当たり前だ)、みんなこの理不尽な樹木に対しても寛容な姿勢でもって馬の観察をしているのだろう。

 ちなみに、コカコーラの広告が出ていてびっくり。パドックに広告っていうのも見たことあるようであんまり見たことないかもしれない。日本みたいに応援の垂れ幕ぶら下げるよりかは、こういうことに利用するほうが賢いかもしれないな。JRAも是非ご一考を・・・。


Nicosia Race Course

 一方で抜群にパドックが見やすいところもある。スタンドの2階だ。

 パドックはスタンドからも近いので、みんなバルコニーに集まって見下ろしたりしていていい感じだ。ちなみに、このパドックに近いスタンドの2階は有料の特別観覧席である。まあ、このパドックの見やすさを考えたら納得ではあるが。

 
 ひとまず、ニコシア競馬場のパドックはくにゃっとしているものの、非常に居心地のいいパドックだということが分かった。日本のパドックは結構無機質なものが多いが、こういう緑化をしてみてもいいのではないだろうか。


 次回、もう少しニコシア競馬場のパドックを観察して行くことにしよう・・・。






>>ニコシア競馬場レポートその7へ




*この競馬場が好きな方はこちらの競馬場もお好きだと思われます。

 セランゴール競馬場 その1~いざマレーシア競馬~
 ソウル競馬場 その1 〜韓国競馬に手を出すぞ〜
 ペナン競馬場 その1 ~再びマレーシア競馬へ~
 クランジ競馬場 その1 ~いきなりお詫び~
 マルサ競馬場 その1 〜いざ地中海競馬へ〜
 ムーニーバレー競馬場 その1 ~オーストラリア競馬~


*ニコシア競馬場に関する記事は以下にもあります。

 ニコシア競馬場 その1 〜空路キプロスへ〜
 ニコシア競馬場 その2 ~キプロス島~
 ニコシア競馬場 その3~ニコシア競馬場に到着~
 ニコシア競馬場 その4 ~いざ敷地内へ~
 ニコシア競馬場 その5 〜ニコシアの鉄火場~
 ニコシア競馬場 その6 〜まがりくねったパドック~
 ニコシア競馬場 その7 〜いろいろな人々~
 ニコシア競馬場 その8 〜双眼鏡を使うんだ〜
 ニコシア競馬場 その9 〜キプロス産馬〜
 ニコシア競馬場 その10 〜コースが狭い〜
 ニコシア競馬場 その11 〜ニコシアの馬券術〜
 ニコシア競馬場 その12 〜夕焼けのニコシア競馬場〜
 ニコシア競馬場 その13〜スタンドを徘徊しよう〜
 ニコシア競馬場 その14 〜さらにスタンド徘徊〜
 ニコシア競馬場 その15 〜ニコシア競馬場グルメ〜
 ニコシア競馬場 その16 〜日暮れの競馬場〜
 ニコシア競馬場 その17 〜ニコシア競馬場ナイター〜


PR
そうだ 競馬、行こう。
ブログ内検索


















プロフィール
HN:
荷桁勇矢   
性別:
男性
職業:
若隠居   
趣味:
逃げ   
このブログについて
 このブログは「そこに競馬があるから」といいます。
 競馬場巡りに魅せられてしまった筆者、荷桁勇矢(にげた ゆうや)が、日本の競馬場、海外の競馬場を訪れながらその様子をご紹介して行くブログです。
 紹介している競馬場の情報は訪問当時のものですので、競馬場に行かれる際は最新の情報をご確認のうえ、自己責任で行っていただきますようお願いいたします。
 またこのサイトの写真や文章は基本的に無断で使用されると困るのですが、もしどうしてもという方は荷桁までご連絡ください。そのほかご指摘やご質問がある方も荷桁まで直接ご連絡ください。コメント欄は管理が面倒そうなので当分オープンにはしないつもりです。悪しからず。

連絡先:
nigetayuyaあっとgmail.com
ツイッター:
https://twitter.com/YuyaNigeta
Flickr:
http://www.flickr.com/photos/nigeta/
競馬本紹介ブログ始めました。
荷桁勇矢の競馬本ガイド









忍者ブログ [PR]