ハッピーバレー競馬場 その3 ~摩天楼とカクテル光線~ そこに競馬があるから 忍者ブログ
日本国内、海外の競馬場の訪問記です。こんなことしてていいのかなあ。でもやめられない。

そこに競馬があるから > ハッピーバレー競馬場 > ハッピーバレー競馬場 その3 ~摩天楼とカクテル光線~

Happy Valley Racecourse 快活谷馬場
跑馬地・Happy Valley停留所周辺


*ハッピーバレー競馬場レポートの続編です。
初めからお読みになる方はハッピーバレー競馬場レポートその1からどうぞ。





 さて、ハッピーバレー競馬場レポートの続きといきましょう。
 2階建路面電車で香港の街並みを堪能しつつ、ハッピーバレー競馬場に到着する。


 停留所を降りて競馬オヤジたちと共に歩けば、すぐそこがハッピーバレー競馬場だ。ちょうど時間帯的にもトワイライトで非常にいい雰囲気である。


 写真をご覧いただければお分かりいただけるかと思うが、スタンドのすぐ後ろが一般道になっており、大変狭い敷地にスタンドが建っている。こんなところも香港らしくていい。入場料は10香港ドル。荷桁の訪問時は1香港ドル=13円弱だったのだが今は10円くらいみたいだ。だいたい100円くらいだと思っていただければ結構である...

Happy Valley Racecourse 快活谷馬場


 中に入るとこれだ。実にテンションが上がる。


 先ほども言ったように、敷地が狭いところに沢山の人が収容できるようなスタンドを作っているので、スタンドの高さと密集具合が実に迫力がある。どれも7階建てくらいであろうか。実に高層スタンドである。


Happy Valley Racecourse 快活谷馬場


Happy Valley Racecourse 快活谷馬場


 そして、周りをぐるりと取り囲むようにして立ち並ぶ摩天楼。なんと美しいのだ。ここが快活「谷」というのがよく分かる。


 荷桁もMも「うわあ、なんつー綺麗な競馬場だ」としばらく口をあんぐり開けていた。もちろん、アジアの競馬場なので地面などはそれなりに汚かったりするし、お客たちの多くも至ってフツーの中華人民競馬親父たちなので、ヨーロッパのように貴族が着飾ってやってきて芝生が綺麗みたいな競馬場の美しさは微塵もない。



Happy Valley Racecourse 快活谷馬場


 しかし都市の魅力が溢れる競馬場という観点ではここはダントツに美しい競馬場だと信じている。今後世界中見渡したところで、こんな摩天楼の林立する谷なんつーロケーションに競馬場が建てられることなんてないだろうから、これ以上の競馬場は現れないであろう。


 大井のナイターや川崎のナイターもそれなりに綺麗だなあ、などと思っていたのだが、これ見たら大井のナイターなんてお通夜みたいなもんである(お通夜は言い過ぎか・・・)。後楽園競輪とかが残っていたらこういう感じだったのかもしれないなあ。神戸とかに競艇場とかできれば景色よさそうだが。まあ、まずないでしょうがね。


 さて、この日のハッピーバレー第1レースは19時15分発走。全8Rである。30分おきの発走なので、だいたい11時前に全レースが終了となる。



Hong Kong 香港


 夜の11時というと結構遅い時間までやってるんだなあ、と思われるかもしれないが、香港はほかのアジアの街がそうであるように、基本的に夜が遅い街である。

 9時~11時くらいであればフツーに写真のような生鮮市場が営業している時間帯だ。


 地下鉄や路面電車もけっこう遅くまであるし、深夜でもタクシーがガンガン客待ちしているので、11時くらいならまだまだ全然余裕なのである。近隣からのクレームも来ないのだろう。ほんと、商売がしやすいというか大らかと言うかなんともうらやましい限りだ・・・。日本が息苦しく感じるなあ。まあ、そんだけ大らかなのに、地下鉄で飲み食いすると罰金だったりするから香港がよく分からないのも一方であるのだが・・・。



Happy Valley Racecourse 快活谷馬場


 ひとまずレースが始まるまで席に座って馬券の検討などしつつ待つ。ハッピーバレーは指定席もいろいろあって、値段も幅があるのだが、無料の席でもそれなりにいい景色を楽しむことができる。



Happy Valley Racecourse 快活谷馬場

 
 座席もわりと数はあるし、椅子もきれいだ。これまで行ってきたアジアの競馬場の中でも有数の清潔感。クランジ競馬場くらいかな。


 走路のすぐ手前にはおしゃれなビアガーデンがあって、ハイネケンなどのビールをいただくことができる。大井やなんかでも最近は走路でビールを売ったりしてるが、もっと大々的にやってもいいだろう。もちろん昼間開催のほかの競馬場でもそうだ。だいたいどこもG1の日以外は大して混まないんだから、もっと走路前のスペースを活用してもいいだろう。


 荷桁も日本の競馬場に行っていつも思うのはレストランやなんかでメシを食ったりビールを飲みながらレースを見ようと思ってもなかなかダイレクトに見られるお店がないということだ。どうしても先に馬券を買ってテレビ画面で見るしかなくなってしまうというのが残念。どうせなら走路脇に机や椅子を出してくれたら、のんびり見られていいのにな。


 相変わらず、海外の競馬場はついつい褒めてしまう傾向にありますな・・・。


 次回以降もハッピーバレー競馬場レポート続けてまいります。


 


>>ハッピーバレー競馬場レポートその4へ





*この競馬場が好きな方はこちらの競馬場もお好きだと思われます。

 セランゴール競馬場 その1~いざマレーシア競馬~
 ソウル競馬場 その1 〜韓国競馬に手を出すぞ〜
 ペナン競馬場 その1 ~再びマレーシア競馬へ~
 クランジ競馬場 その1 ~いきなりお詫び~
 フートー競馬場 その1 〜さらにベトナム競馬へ〜

*香港・マカオの競馬場に関する記事は以下にもあります。

 ハッピーバレー競馬場 その1 ~香港マカオへ旅打ち行った~
 ハッピーバレー競馬場 その2 ~路面電車で競馬場へ~
 ハッピーバレー競馬場 その3 ~摩天楼とカクテル光線~
 ハッピーバレー競馬場 その4 ~ハッピーバレー競馬場 スタンド~
 ハッピーバレー競馬場 その5 ~いざ勝負!ハッピーバレー馬券!!~
 ハッピーバレー競馬場 その6 ~ハッピーバレーは取りづらい・・・~

 シャティン競馬場 その1 ~そして香港に戻る~
 シャティン競馬場 その2 ~でっかいぞ!シャティン!~
 シャティン競馬場 その3 ~まずはシャティン競馬場グルメ~
 シャティン競馬場 その4 ~いざシャティン競馬場パドック~
 シャティン競馬場 その5 ~シャティン1レース~
 シャティン競馬場 その6 ~ようやくスマッシュヒット~
 シャティン競馬場 その7 ~熱気とターフビジョン~
 シャティン競馬場 その8 ~港澳盃~

 タイパ競馬場 その1 ~ひとまずマカオ競馬へ~
 タイパ競馬場 その2 ~タイパ競馬場ご到着~
 タイパ競馬場 その3 ~マカオ競馬史とグルメ~
 タイパ競馬場 その4 ~ひとまずパドックへ~
 タイパ競馬場 その5 ~マカオ競馬の騎手たち~
 タイパ競馬場 その6 ~マカオのせんぶんだく~
 タイパ競馬場 その7 ~マカオの空に叫ぶ~


PR
そうだ 競馬、行こう。
ブログ内検索


















プロフィール
HN:
荷桁勇矢   
性別:
男性
職業:
若隠居   
趣味:
逃げ   
このブログについて
 このブログは「そこに競馬があるから」といいます。
 競馬場巡りに魅せられてしまった筆者、荷桁勇矢(にげた ゆうや)が、日本の競馬場、海外の競馬場を訪れながらその様子をご紹介して行くブログです。
 紹介している競馬場の情報は訪問当時のものですので、競馬場に行かれる際は最新の情報をご確認のうえ、自己責任で行っていただきますようお願いいたします。
 またこのサイトの写真や文章は基本的に無断で使用されると困るのですが、もしどうしてもという方は荷桁までご連絡ください。そのほかご指摘やご質問がある方も荷桁まで直接ご連絡ください。コメント欄は管理が面倒そうなので当分オープンにはしないつもりです。悪しからず。

連絡先:
nigetayuyaあっとgmail.com
ツイッター:
https://twitter.com/YuyaNigeta
Flickr:
http://www.flickr.com/photos/nigeta/
競馬本紹介ブログ始めました。
荷桁勇矢の競馬本ガイド









忍者ブログ [PR]