ハッピーバレー競馬場 その4 ~ハッピーバレー競馬場 スタンド~ そこに競馬があるから 忍者ブログ
日本国内、海外の競馬場の訪問記です。こんなことしてていいのかなあ。でもやめられない。

そこに競馬があるから > ハッピーバレー競馬場 > ハッピーバレー競馬場 その4 ~ハッピーバレー競馬場 スタンド~

Happy Valley Racecourse 快活谷馬場
ハッピーバレー競馬場スタンド


*ハッピーバレー競馬場レポートの続編です。
初めからお読みになる方はハッピーバレー競馬場レポートその1からどうぞ。






 さて、ハッピーバレー競馬場のレポートといこう。

 
 前回はハッピーバレー競馬場の美しさにしばし呆然としたところまで話をさせていただいた。レースが始まるまではやや時間があるので、ひとまずスタンド内をうろついてみることにする。2009年当時の写真なのでディティールが変わっているおそれがあるので、そのあたりはあらかじめご了承ください...

ひとまずハッピーバレー競馬場を上から見てみよう。



大きな地図で見る


 コースは古い競馬場らしく、ややいびつな形をしている。

 左手、直線半ばくらいから1コーナーにかけて観戦スタンドが広がっているのがお分かりいただけるであろうか。


 ふつう、競馬場のスタンドというと上から見たら長方形になっていることがほとんどなのだが、前回ご紹介したとおり、すぐ裏が道路ということもあり、スタンドがコースに合わせて一緒にコーナリングしているのが新鮮である。


 狭い敷地も何だかいい雰囲気に昇華させてしまうのが香港人の粋なところだ。



Happy Valley Racecourse 快活谷馬場


 直線寄りのスタンドはこんな感じ。一般観戦エリアはこのあたりが中心となる。写真で言うところの青い席のあたりが一般席にあたる。それより上の部分は有料席だ。


 こちらはよくある形の競馬場スタンドだ。「公衆席看台/Public Stand」と言って、ざっくり、香港賽馬会の会員でない一般人が利用するスタンドという位置づけになっている。



Happy Valley Racecourse 快活谷馬場


 1コーナーよりはこんな感じ。左手前にあるのはパドック。こちらはゴール板も近く、パドックも見られるため、幾分豪華なスタンドが多く見られる。多くは香港賽馬会の会員用のメンバーズスタンドである。



 荷桁はこの訪問では一般エリアにしか入らなかったので、具体的にスタンドのどのあたりがどんな有料席かというのは正直よく分からない。ただ、公式サイトなどで確認してみると、メンバーズスタンド以外にもいろいろと指定席が利用できるようだ。


 2階のテラス席は20香港ドルなので200円ちょっとで利用可能。ほか、4階~5階の席もボックスやバルコニー席は100香港ドルくらいからある。1000円ちょっとなので、日本の競馬場とそんなに変わらない値段だ。



 今思えば、200円や1000円くらいなら行っておいてもよかったかなあ、という気がしないでもない。まあ、当時は学生だから贅沢しようという発想がなかったのだろうな。次行ったら指定席も検討してみよう。



 ちなみに外国人旅行者は、会員専用入口の端にある窓口でパスポートを提示すると、100香港ドルで会員席に入場できる「遊客入場証章」というものが購入できるらしい。どこに入れるのかはよく分からんが、メンバーズスタンドにも入れてしまうのだろうか。会員窓口で買えるってことはそういうことなんだろうな。




Happy Valley Racecourse 快活谷馬場



 この日の荷桁は一般席からの観戦にしたわけだが、それでもある程度よく見えるので、特に観戦する上ではまったく問題がない。


 ハッピーバレーはパドックもスタンドとコースの間にあるので、ちょっと歩けば見ることもできる。写真右手の奥に見えているのがお分かりいただけるであろうか。



 指定席でないと怖いという方もおられるかもしれないが、ハッピーバレーのお客にはガラが悪いやつもほとんどいないし、パドックで写真を撮っているような観光客も多いので、おのぼりさん的な日本人がちょこんと座っていてもまったく問題がある雰囲気はないからご安心いただきたい。


 

Happy Valley Racecourse 快活谷馬場


 お次はスタンドの内部に入っていこう。

 
 スタンド内には当たり前ながらきちんと穴場がある。穴場は日本とさほど変わらないのでシステムに戸惑うことはないだろう。


Happy Valley Racecourse 快活谷馬場


 基本的には対人型で、マークカードに買い目を記入して係の人に渡すパターンだ。日本語は通じず、英語が使えるくらいの係員が多いので下調べをせずに行くと意外と苦戦する可能性がある。


 日本人向けのパンフレットが必ずあるはずなので、それを入手するといいだろう。それを入手できればマークを塗りつぶすのはそんなに難儀しないはずだ。また、係員の中には日本語が通じる人も何人かいる。窓口係ではなく、ちょっとボス格で穴場の周りをうろうろしている係員がそれなりの確率でコミュニケーション可能だ。


 せっかく香港まで来て競馬をしているわけなので、買い逃がしや買い間違いなどないようにしませう。



 さて、ハッピーバレーのスタンドを見て回りましたがいかがでしたでしょうか。正直、このでっかいスタンドの全部を見ようと思うと、何回行ったらいいのか見当もつかないところですが、ひとまずけっこう快適なスタンドだというところがお分かりいただければ幸いだ。


 次回以降もハッピーバレー競馬場レポートをば・・・。


 


>>ハッピーバレー競馬場レポートその5へ





*この競馬場が好きな方はこちらの競馬場もお好きだと思われます。

 セランゴール競馬場 その1~いざマレーシア競馬~
 ソウル競馬場 その1 〜韓国競馬に手を出すぞ〜
 ペナン競馬場 その1 ~再びマレーシア競馬へ~
 クランジ競馬場 その1 ~いきなりお詫び~
 フートー競馬場 その1 〜さらにベトナム競馬へ〜

*香港・マカオの競馬場に関する記事は以下にもあります。

 ハッピーバレー競馬場 その1 ~香港マカオへ旅打ち行った~
 ハッピーバレー競馬場 その2 ~路面電車で競馬場へ~
 ハッピーバレー競馬場 その3 ~摩天楼とカクテル光線~
 ハッピーバレー競馬場 その4 ~ハッピーバレー競馬場 スタンド~
 ハッピーバレー競馬場 その5 ~いざ勝負!ハッピーバレー馬券!!~
 ハッピーバレー競馬場 その6 ~ハッピーバレーは取りづらい・・・~

 シャティン競馬場 その1 ~そして香港に戻る~
 シャティン競馬場 その2 ~でっかいぞ!シャティン!~
 シャティン競馬場 その3 ~まずはシャティン競馬場グルメ~
 シャティン競馬場 その4 ~いざシャティン競馬場パドック~
 シャティン競馬場 その5 ~シャティン1レース~
 シャティン競馬場 その6 ~ようやくスマッシュヒット~
 シャティン競馬場 その7 ~熱気とターフビジョン~
 シャティン競馬場 その8 ~港澳盃~

 タイパ競馬場 その1 ~ひとまずマカオ競馬へ~
 タイパ競馬場 その2 ~タイパ競馬場ご到着~
 タイパ競馬場 その3 ~マカオ競馬史とグルメ~
 タイパ競馬場 その4 ~ひとまずパドックへ~
 タイパ競馬場 その5 ~マカオ競馬の騎手たち~
 タイパ競馬場 その6 ~マカオのせんぶんだく~
 タイパ競馬場 その7 ~マカオの空に叫ぶ~


PR
そうだ 競馬、行こう。
ブログ内検索


















プロフィール
HN:
荷桁勇矢   
性別:
男性
職業:
若隠居   
趣味:
逃げ   
このブログについて
 このブログは「そこに競馬があるから」といいます。
 競馬場巡りに魅せられてしまった筆者、荷桁勇矢(にげた ゆうや)が、日本の競馬場、海外の競馬場を訪れながらその様子をご紹介して行くブログです。
 紹介している競馬場の情報は訪問当時のものですので、競馬場に行かれる際は最新の情報をご確認のうえ、自己責任で行っていただきますようお願いいたします。
 またこのサイトの写真や文章は基本的に無断で使用されると困るのですが、もしどうしてもという方は荷桁までご連絡ください。そのほかご指摘やご質問がある方も荷桁まで直接ご連絡ください。コメント欄は管理が面倒そうなので当分オープンにはしないつもりです。悪しからず。

連絡先:
nigetayuyaあっとgmail.com
ツイッター:
https://twitter.com/YuyaNigeta
Flickr:
http://www.flickr.com/photos/nigeta/
競馬本紹介ブログ始めました。
荷桁勇矢の競馬本ガイド









忍者ブログ [PR]