福島競馬場 その8 ~福島競馬場 駐車場 民間の有料駐車場~ そこに競馬があるから 忍者ブログ
日本国内、海外の競馬場の訪問記です。こんなことしてていいのかなあ。でもやめられない。

そこに競馬があるから > 福島競馬場 > 福島競馬場 その8 ~福島競馬場 駐車場 民間の有料駐車場~

福島競馬場
福島競馬場 東口付近の民間有料駐車場



*福島競馬場レポートの続編です。
初めからお読みになる方は福島競馬場レポートその1からどうぞ。






 どうも。荷桁です。前回のレポートに引き続きまして、福島競馬場の駐車場についてやってまいりたいと思います。



 前回のレポートでは、福島競馬場周辺のJRA直営の駐車場に関してレポートをしてみました。しかし、福島競馬場周辺にはそれ以外にも民間の駐車場がちらほら存在しているため、今回のレポートではそのあたりを詳しく見ていきたいと思っております。



 民間の駐車場というのは、当然のことながら営利を目的としているので、当然すべて有料な訳ですが、使い方によってはJRAの直営駐車場より便利に使える可能性もあり、割高なぼったくり駐車場だと決めつけてかかるのは早計と言えます。むしろ自分にあった穴場を見つけるべく積極的に情報を取りに行ってみることをおすすめします。


 
 ほかの競馬場の駐車場のレポートでも申し上げておりますとおり、民間の駐車場は経営者と会話さえしっかりすれば、早め・遅めの時間まで停めさせてくれたり、予約を受け付けてくれたりと、もろもろ融通を利かせてくれる可能性もあります。また、場所によっては帰りの渋滞に巻き込まれずらかったりと、直営の駐車場にありがちなデメリットを軽減できる可能性もあるわけです。今回のレポートでは荷桁が競馬場周辺をうろついて見つけた民間の駐車場を見つつ、おおよその料金感だったり所感を述べてまいりたいと思いますので、前回のレポートと合わせて比較しながら、好みの駐車場をチョイスしていただければと思います...


福島競馬場前の一方通行の駐車場



 さて、それではまず、民間の駐車場がもっとも多く集まる、福島競馬場前の一方通行の道から見ていくことにしよう。



 福島競馬場のスタンドの前は南から北への一方通行道路になっている。この一方通行にはJRA直営の第1駐車場、そして第2駐車場があるのだが、どちらも競馬場へのアクセスがよく、満車になりやすく、そして駐車場に入るまでの入場待ちで、列ができやすい傾向にある。



 必然的に、満車になったあとのあぶれ組や、わざわざ混雑した直営駐車場に並んで入るくらいであれば、さっさと停めてしまいたい、という人たち向けに土地オーナーさんたちがガンガン呼び込みをかけてくるのがこの界隈である。




福島競馬場前一方通行の駐車場


福島競馬場前一方通行の駐車場


福島競馬場前一方通行の駐車場



 荷桁の訪問時(本場開催時・春の開催)の相場は1日1800円。直営駐車場が1000円ということを考えるとまずまずの値段だ。とは言え、仮に第1駐車場が満車になってしまったとして、中央口に近いこと、出庫時に道に出やすいことなどを加味すれば、ほかの安いところを探すよりここでさっさと停めてしまうというのもアリはアリだ。このあたりは個人の価値観や金銭感覚などにもよるので一概には言えないが、まあ、このへんはそういう界隈だということを踏まえていただければOKということである。



 ちなみにここで表示している価格はあくまで、荷桁訪問時である。これは訪問「時間」という意味も内包されている。つまり、同じ日であっても時間帯や混雑具合、はたまた車種や駐車の条件(車のキーを預ける等)によって価格が変わる可能性があるのでその辺はご留意くだされ。




福島競馬場の第2駐車場付近の民間駐車場



 一方、少し離れた第2駐車場周辺は数は少ないものの、先ほどの中央口付近からは価格がぐっと下がって、直営駐車場と同じ1000円程度の駐車場がちらほら見受けられる。「もっと安いところや近いところがあるかもしれない・・・」と、このあたりをスルーして一方通行を進んでいってしまうと先ほどの高額ゾーンに行ってしまうというオチなので、少しくらい歩くのが問題ないのであれば、どうせ直営と同じ料金なので1000円でこのあたりに停めてしまうというのも賢い選択肢であると言えよう。




福島競馬場の国道4号線沿いの民間駐車場



 続いて、けっこうな数があるのが国道4号線沿いである。



 どちらかというと競馬場のある方ではなく、道の西側のほうが数が多いようであった。写真は、管制センター前交差点付近(東側)にあった、時間単位での民間駐車場。この日は一時間500円という値付けでやっていた。おそらく、少しだけ停めて馬券だけさっと買いたい方向けの駐車場なのだろう。一応こういう時間単位での駐車場もあるということは覚えておいて損はないだろう。これもそのあたりに価値を見出すかどうかである。




福島競馬場の国道4号線沿いの民間駐車場


福島競馬場の国道4号線沿いの民間駐車場


福島競馬場の国道4号線沿いの民間駐車場



 それ以外のところは1500円という値付けが多かった。直営より500円高い値付けだ。これは先ほどと同じく、第1・2駐車場が満車になってしまったあぶれ組を吸収するという部分と、国道4号線に面していて、帰りもスムースに帰れるという部分での価格設定だろう。出し入れに大混雑することもさほどなさそうだし、快適度は高そうだ。




福島競馬場の国道4号線沿いのコインパーキング



 ちなみに国道4号線沿いにはコインパーキングもある。週末は24時間最大1000円となっていたので、本場開催時には、このあたりの相場よりは少し安いと言えるが、逆に場外発売日には割高になってしまうので注意が必要である。




福島競馬場の第3駐車場付近の民間駐車場



 さらに4号線から東に入った第3駐車場付近にもわずかながら民間の駐車場がある。ここは1000円となっており、第3、第4駐車場と同じ設定で、コバンザメ商法的な感じである。第3・4駐車場もそんなに規模が大きい快適な駐車場というわけでもないので、同じ値段であれば、通りすがりにここが空いていればさっさと停めてしまうというのはアリだろう。




福島競馬場の東口付近の民間駐車場



 さて。ガラッと飛んで、今度は福島競馬場の東口付近に行ってみよう。



 あとから詳しくやるが、福島競馬場には中央口、南口、東口の3つの入口がある。JRA直営の駐車場で言うと、中央口に近いのが第1・3・4駐車場、南口に近い駐車場が第2駐車場となるわけだが、実は東口周辺にはJRAの直営駐車場はない。敢えて挙げれば徒歩で10分強かかる無料の第5・6駐車場となるが、まあさすがにそれは近いと言ったら変な感じであろう。



 そんな東口周辺には入口から比較的近いところに民間の駐車場がわりと多く存在している。東口はスタンドと逆側の入口なので、入ってから内馬場をくぐってスタンドまで行かないといけないという手間はあるものの、敷地からの近さという点ではストレスはかなり少ない駐車場と言えよう。訪問時でもさほど混雑もしておらず、個人的には福島競馬場で最も”穴場”だと思う駐車場だ。




福島競馬場の東口付近の民間駐車場


福島競馬場の東口付近の民間駐車場



 訪問時の相場は1000円。直営駐車場と同じ料金ではあるが、東口へのアクセスを思えば、変な価格設定ではないだろう。敷地に入ってからスタンドまでの距離と、10分ちょっと歩けばタダで停められる第5・6駐車場があるという部分をどう捉えるかだが、そのあたりは個人差があると思われるので、各自のご判断に委ねたいと思います。




福島競馬場の福島市児童公園付近の民間駐車場


福島競馬場の福島市児童公園付近の民間駐車場




 さらに、東口と南口の間、福島市児童公園の周辺にも民間の駐車場が存在していた。どちらの入口からもやや遠いわりに、ここも価格は1000円だったので、さほど価格的なメリットはない。帰りやすさや確実に停められる、という部分での判断ということになろうか。




 さて。ダラダラと続けてまいりましたが、福島競馬場の民間の駐車場でございました。



 前回のレポートでご紹介したJRA直営の駐車場と併せて、どのメリットを取るかで、ご検討をいただければこれ幸いでございます。



 なかなか競馬場に再突入しない流れで申し訳ありませんが、まだまだ福島競馬場レポートを続けてまいりますので、何卒よろしくお願いいたします。




 



>>福島競馬場レポートその9へ
 
 
 



*この競馬場が好きな方はこちらの競馬場もお好きだと思われます。

 札幌競馬場 その1 ~北のシティ競馬~
 新潟競馬場 その1 ~夏の新潟は競馬と冷酒で~
 中山競馬場 その1 ~アクセスに難あり~
 帯広競馬場 その1 ~富良野をぬけて帯広へ~
 盛岡競馬場 その1 ~天国に一番近い競馬場~
 金沢競馬場 その1 ~金沢けいば冬景色~
 浦和競馬場 その1 〜南浦和からバスでアクセス〜
 ムーニーバレー競馬場 その1 ~オーストラリア競馬~
 ガルフストリームパーク競馬場 その1 〜アメリカ競馬事始〜
 ニコシア競馬場 その1 〜空路キプロスへ〜


*福島競馬場に関する記事は以下にもあります。

 福島競馬場 その1 ~福島上陸~
 福島競馬場 その2 ~福島競馬場 グルメ~
 福島競馬場 その3 ~指示出し人間たち~



PR
そうだ 競馬、行こう。
ブログ内検索


















プロフィール
HN:
荷桁勇矢   
性別:
男性
職業:
若隠居   
趣味:
逃げ   
このブログについて
 このブログは「そこに競馬があるから」といいます。
 競馬場巡りに魅せられてしまった筆者、荷桁勇矢(にげた ゆうや)が、日本の競馬場、海外の競馬場を訪れながらその様子をご紹介して行くブログです。
 紹介している競馬場の情報は訪問当時のものですので、競馬場に行かれる際は最新の情報をご確認のうえ、自己責任で行っていただきますようお願いいたします。
 またこのサイトの写真や文章は基本的に無断で使用されると困るのですが、もしどうしてもという方は荷桁までご連絡ください。そのほかご指摘やご質問がある方も荷桁まで直接ご連絡ください。コメント欄は管理が面倒そうなので当分オープンにはしないつもりです。悪しからず。

連絡先:
nigetayuyaあっとgmail.com
ツイッター:
https://twitter.com/YuyaNigeta
note:
https://note.mu/nigetayuya/
Flickr:
http://www.flickr.com/photos/nigeta/
競馬本紹介ブログ始めました。
荷桁勇矢の競馬本ガイド









忍者ブログ [PR]