荒尾競馬場 その5 ~新幹線もできたことだし~ そこに競馬があるから 忍者ブログ
日本国内、海外の競馬場の訪問記です。こんなことしてていいのかなあ。でもやめられない。

そこに競馬があるから > 荒尾競馬場 > 荒尾競馬場 その5 ~新幹線もできたことだし~

荒尾競馬場 スタンド
荒尾競馬場スタンド、年季の入ったタイプだが、余計に増築した感じがなくていい。


*荒尾競馬場レポートの続編です。
初めからお読みになる方はこちらからどうぞ。



 荒尾競馬場もぐだぐだと続いて、国内には珍しく5回目を数えることとなりました。今回はせっかくなので荒尾競馬場内をぶらぶら歩いてみたいと思います。


 ダートグレードなどもないし、世間的には貧弱な場という印象が強いかと思われるが、昔からあるとはいえ、笠松のように狭苦しくないし、個人的にはちょうどいい規模という気もする。コンパクトにまとまっているので、かゆいところに手が届く、居心地のいい競馬場という印象だ...





荒尾競馬場 Arao Racecourse

荒尾競馬場 Arao Racecourse


荒尾競馬場 Arao Racecourse


 観覧席は小汚いが、妙に居心地がいい空間である。


 どこがどう、居心地がいいのか、理由を聞かれると困るのだが、ひとまずここでボサっと座りながら予想をしていると、何となく満たされてくるのである。


荒尾競馬場 Arao Racecourse


 何となく、毎週ここに来て、誰としゃべるわけではなくとも、同じ景色や興奮を共有していたい気分になる空間である・・・。



荒尾競馬場


荒尾競馬場 Arao Racecourse

荒尾競馬場 Arao Racecourse



 続いて内部の様子を見て行こう。荒尾競馬場のスタンド内部は、1階も2階もわりと天井が低い構造になっている。



 高知競馬金沢競馬などの場内写真をかつて掲載してきたが、結構天井が高かったイメージがあるが、荒尾はそんなことがない。


 その分若干狭く感じるのだが、逆に「室内」という感じが強まるのがいいのか、全体的にゴミなどがあまり落ちていないのが印象的だ。



 もちろん、写真のように明るい床と明るい照明が全て行き届いているわけではなく、券売機が稼働していないゾーンは薄暗く、むき出しコンクリートの床だったりするのだが、「選択と集中」という点ではうまくやっていると思う。空調も行き届きそうだし。


荒尾競馬場 猫


荒尾競馬場 ネコ


 そしてうろうろしているとすぐに気がつくのだが、荒尾競馬場には猫が非常に多い。人にも慣れているのか、カメラを向けても気持ちよさそうにお昼寝している。



 厩舎まわりにネズミ退治のための猫がいっぱいいて、岩永千明ジョッキーはそれにえさをあげるのが楽しいというようなことが古い公式ホームページに書いていたので、きっと競馬場周辺にたくさん住みついているのだろう。



 荷桁はとくに猫に熱いわけでもないのだが、写真を撮っているとすごくかわいらしいので不思議だ。ただ、猫嫌いの方にはどこから出てくるか分からない恐ろしさはあるだろう。まあ、何もしなければ大人しいものなので、気にするものでもないのだが・・・。


荒尾競馬場


 ちなみに荒尾競馬場で秀逸なのはこちらの着順掲示板。


 この曲線美?いかがでしょう?なんとも言えない高度成長期の頃の美学みたいなものがありませんか?この手のデザインはほんとに萌えるわいw



 JRAも何の面白みも無い着順掲示板を作るよりも、こういう個性的な意匠を取り入れてみていただきたいところだ。




 話はがらっとかわるが、荒尾競馬場では地元の農家やら漁師がいろいろとお店を出していていた。


荒尾競馬場 Arao Racecourse

荒尾競馬場


 なにやら不思議な貝やら魚を売っている。


 いろいろ売っているのだが、有明海独特の種類&九州での呼び方なのでなんなのかさっぱり分からない。そのうちのいくつかはこの後泊まった鳥栖の宿で口にすることができたのだが、いや、しかし、ここが九州なんだな、とあらためて認識した。


 さて、いかがでしたでしょうか?荒尾競馬場。
 

 なんとなく淡々としたご紹介でしたが、無個性だったというわけではなく、すごくのんびりした場だったというのが実際のところです。


 次には是非快晴の時に訪れて、光り輝く有明海をバックにレースを見てみたいものです。九州新幹線もできるので、大阪から行くのもより楽になるでしょう。


 明日はすごく快晴みたいだ!とくれば、少し早起きして荒尾競馬場。
 なんとすてきな競馬ライフでしょうか・・・。



 是非また行って、今度はラーメンを食べたいなあ、


荒尾競馬場 アクセス:

・◎本命
確実性を考えれば、荒尾駅から徒歩が無難です。博多から快速の本数もあります。


・○対抗
大牟田駅から無料送迎タクシーなるものが出ています。詳しくは荒尾競馬場公式サイトで調べてください。
http://www.araokeiba.com/access/bybus.html



荒尾競馬場 宿泊:

・◎本命
利便性から行けば大牟田駅周辺がいいと思います。荒尾市内という選択肢はないです。商店街はかなりひなびていますが、そこそこお店もあります。

オームタガーデンホテル
旅館 清風荘<福岡県>
グランドホテル 清風荘


ビジネスホテルの類いは少ないので案外旅館みたいなところが発達しています。有明海の美味いものを是非食べてみてください。



・○対抗
南下すれば玉名温泉があります。いい宿たくさんありますので、旅打ち気分満点。


主なレース:

荒尾ダービー、九州記念などどちらかというと、佐賀で行われるビッグレースのステップとなるレースと、荒尾独自の重賞とに分かれる。肥後の国グランプリ、大阿蘇大賞典などが荒尾のオールスターでおすすめ。



 


>>次の記事へ

>>荒尾競馬場レポートその6へ





*この競馬場が好きな方はこちらの競馬場もお好きだと思われます。

 佐賀競馬場 その1 ~鳥栖まで戻って佐賀へ~
 浦和競馬場 その1 〜南浦和からバスでアクセス〜
 名古屋競馬場 その1 ~あくまで土古~
 笠松競馬場 その1 ~名馬・名手の里~
 福山競馬場 その1 ~私的福山競馬史~
 金沢競馬場 その1 ~金沢けいば冬景色~
 姫路競馬場 その1 ~初夏だけのパラダイス~
 水沢競馬場 その1 ~水沢江刺に競馬のためだけに~


*荒尾競馬場に関する記事は以下にもあります。

 荒尾競馬場 その1 ~そしてとうとう九州競馬へ~
 荒尾競馬場 その2 ~まずはパドックへ~
 荒尾競馬場 その3 ~炭鉱はなくなれど~
 荒尾競馬場 その4 ~荒尾競馬グルメ~
 荒尾競馬場 その5 ~新幹線もできたことだし~
 荒尾競馬場 その6 ~いざ有終の荒尾へ~
 荒尾競馬場 その7 ~荒尾に来たぞ武豊~
 荒尾競馬場 その8 ~2011年ljs 荒尾ラウンド~
 荒尾競馬場 その9 ~トークショーやら表彰式やら~
 荒尾競馬場 その10 ~忘れグルメを食べにきました~
 荒尾競馬場 その11 ~特観席からの眺望~
 荒尾競馬場 その12 ~荒尾競馬場 看板ギャラリー前篇~
 荒尾競馬場 その13 ~荒尾競馬場 看板ギャラリー後篇~
 荒尾競馬場 その14 ~荒尾競馬 最後の徘徊~


PR
そうだ 競馬、行こう。
ブログ内検索
















プロフィール
HN:
荷桁勇矢   
性別:
男性
職業:
若隠居   
趣味:
逃げ   
このサイトについて
 このサイトは「そこに競馬があるから」といいます。
 競馬場巡りに魅せられてしまった筆者、荷桁勇矢が、日本の競馬場、海外の競馬場を訪れながらその様子をご紹介して行くサイトです。
 紹介している競馬場の情報は訪問当時のものですので、競馬場に行かれる際は最新の情報をご確認のうえ、自己責任で行っていただきますようお願いいたします。
 またこのサイトの写真や文章は基本的に無断で使用されると困るのですが、もしどうしてもという方は荷桁までご連絡ください。そのほかご指摘やご質問がある方も荷桁まで直接ご連絡ください。コメント欄は管理が面倒そうなので当分オープンにはしないつもりです。悪しからず。

連絡先:
nigetayuyaあっとgmail.com
ツイッター:
https://twitter.com/YuyaNigeta
Flickr:
http://www.flickr.com/photos/nigeta/
競馬本紹介ブログ始めました。
荷桁勇矢の競馬本ガイド









忍者ブログ [PR]