ソウル競馬場 その7 〜ダート一本のでっかい競馬場〜 そこに競馬があるから 忍者ブログ
日本国内、海外の競馬場の訪問記です。こんなことしてていいのかなあ。でもやめられない。

そこに競馬があるから > ソウル競馬場 > ソウル競馬場 その7 〜ダート一本のでっかい競馬場〜

Seoul Race Park 서울경마공원 ソウル競馬場
ソウル競馬場のレースをスタンドよりのぞむ。この見晴しでも自由席。


*ソウル競馬場レポートの続編です。
初めからお読みになる方はこちらからどうぞ。



 ソウル競馬場レポートのつづきとまいりましょう。

 前回でソウル競馬場の馬券購入方法についてお話ししましたが、やはり馬券を買えるようになったら、あとは叫んで当てるしかない!ということで早速コースが一望できるスタンドにやってきた荷桁なのであった...

Seoul Race Park 서울경마공원 ソウル競馬場

 
 ソウル競馬場はソウル市南部の小高い丘に囲まれた地域にある。


 スタンドからコースを見て左手はソウルの中心市街地が広がる様子が見降ろせて、向こう正面から右手には借景とも言える山が広がっており、なかなか風光明媚だ。

 なぜかソウル周辺は小高い山が延々とぼこぼこしているので、なんとなく、ああ、ここは大陸だなあという気になる。山が背後にあるという点で言えば雰囲気に関しては小倉、福山、佐賀などに近いかもしれない。


 荒尾競馬場でもそうだが、こうしたスタンドからの風景を楽しむのも競馬場めぐりのオツな楽しみ方と言えよう。


 写真でお分かりのようにダートコースのみ。競馬場が非常に現代的なだけに、ダートコースだけというのが逆に違和感があるが、韓国競馬は3場ともダートコースのみなのだ。




大きな地図で見る


 空から見てみるとこんな感じだ。

 
 ダートコースのみだが、かなり広々としており、なんと直線走路は450mにもなる。下手な中央競馬のダートコースよりもかなり長い。荷桁も当初は日本の地方競馬場くらいの規模を想像していたのだが、いざ行ってみると大井競馬場よりも大きいのでびっくりしたものだ。



 韓国競馬のレースは、韓国産の馬と外国産馬でしっかりとレースが分かれていることが多い。韓国は南の済州島を中心にサラブレッドの生産も行われているのだが、ハイレベルな種牡馬もいないせいか、生産レベルは低く、外国産馬との力差がかなりあるというのが理由らしい。まあ、かつての日本のような状態なわけです。


 日本から韓国にわたって種牡馬をやっている馬もいる。最近で言えばイングランディーレ、エアシェイディなどが行っている。なんとなく、微妙なレベルというのがお分かりいただけるラインナップではないだろうか・・・?


 実際のところレースでは、韓国産馬限定とか外国産馬限定となっていたところで、近走成績やらオッズやらから予想をしてればいいので問題はないのだが、全体に馬のレベルは高いとは言えず、韓国産馬のサラブレッドがアメリカに遠征したものの大差で惨敗したなどのニュースも出ていた。まだまだ馬に関しては発展途上と言える。



Seoul Race Park 서울경마공원 ソウル競馬場


Seoul Race Park 서울경마공원 ソウル競馬場


 ソウル競馬場の競馬新聞はこちら。

 中は全てハングル文字なので読んでいてもほとんどわからないのだが、結局ド派手な表紙のインパクトに負けて購入してしまった。タブロイド判くらいの大きさでかなり大きい。冊子タイプで金沢競馬場の競馬新聞がこんな感じか。値段はわずか1000ウォン。

 本場開催と他場開催を両方とも押さえており、馬柱もかなりデータが細かいので読み方が覚えられたらかなり活用できそうである。


 上のやつなんて「ACE HORSE RACING」って書いてあるから東海エースとか福山エースと資本関係があったりして。あるわけねえか。どこの国でも似たような名前の競馬新聞あるんだな。

 しかし、日本の競馬新聞って表紙に競馬の写真があることは地方以外ではほとんどお目にかからないが、ベトナムやマレーシアの競馬新聞はしっかり写真がついていたりするので、やっぱり世界的に競馬オヤジたちはあの手の威勢のいい馬の絵が描かれた表紙を好む傾向があるのだろうか。




Seoul Race Park 서울경마공원 ソウル競馬場


 ちなみに、競馬場のスタンド内でもけっこう売っているので、みなさんも韓国競馬を訪れた際にはぜひ一冊ご購入下さい。


 さてさてなんだか韓国競馬の予備知識的な記述に終始してしまったので、次回はレースについても書いていきたいと思います。ソウル競馬場の攻略はできたのでしょうか・・・?




>>ソウル競馬場レポートその8へ







*この競馬場が好きな方はこちらの競馬場もお好きだと思われます。

 セランゴール競馬場 その1 ~いざマレーシア競馬~
 フートー競馬場 その1 〜さらにベトナム競馬へ〜
 ムーニーバレー競馬場 その1 ~オーストラリア競馬~
 マルサ競馬場 その1 〜いざ地中海競馬へ〜
 ガルフストリームパーク競馬場 その1 〜アメリカ競馬事始〜
 クランジ競馬場 その1 ~いきなりお詫びのシンガポール競馬~


*ソウル競馬場に関する記事は以下にもあります。

 ソウル競馬場 その1 〜韓国競馬に手を出すぞ〜
 ソウル競馬場 その2 〜地下鉄に乗って競馬場へ〜
 ソウル競馬場 その3 〜どこか日本っぽい競馬場〜
 ソウル競馬場 その4 〜まずはパドックへ〜
 ソウル競馬場 その5 〜韓国女性騎手事情〜
 ソウル競馬場 その6 〜ソウル競馬 馬券購入方法〜
 ソウル競馬場 その7 〜ダート一本のでっかい競馬場〜
 ソウル競馬場 その8 〜ソウル競馬攻略〜
 ソウル競馬場 その9 〜とりあえず徘徊〜
 ソウル競馬場 その10 〜スタンドの裏手には〜
 ソウル競馬場 その11 〜突如の歌謡ショー〜
 ソウル競馬場 その12 〜ソウル競馬場グルメ〜
 ソウル競馬場 その13 〜ソウル競馬場ナイター〜



PR
そうだ 競馬、行こう。
ブログ内検索
















プロフィール
HN:
荷桁勇矢   
性別:
男性
職業:
若隠居   
趣味:
逃げ   
このサイトについて
 このサイトは「そこに競馬があるから」といいます。
 競馬場巡りに魅せられてしまった筆者、荷桁勇矢が、日本の競馬場、海外の競馬場を訪れながらその様子をご紹介して行くサイトです。
 紹介している競馬場の情報は訪問当時のものですので、競馬場に行かれる際は最新の情報をご確認のうえ、自己責任で行っていただきますようお願いいたします。
 またこのサイトの写真や文章は基本的に無断で使用されると困るのですが、もしどうしてもという方は荷桁までご連絡ください。そのほかご指摘やご質問がある方も荷桁まで直接ご連絡ください。コメント欄は管理が面倒そうなので当分オープンにはしないつもりです。悪しからず。

連絡先:
nigetayuyaあっとgmail.com
ツイッター:
https://twitter.com/YuyaNigeta
Flickr:
http://www.flickr.com/photos/nigeta/
競馬本紹介ブログ始めました。
荷桁勇矢の競馬本ガイド


忍者AdMax







忍者ブログ [PR]