タイパ競馬場 その1 ~ひとまずマカオ競馬へ~ そこに競馬があるから 忍者ブログ
日本国内、海外の競馬場の訪問記です。こんなことしてていいのかなあ。でもやめられない。

そこに競馬があるから > タイパ競馬場 > タイパ競馬場 その1 ~ひとまずマカオ競馬へ~

Macau
聖ポール天主堂跡


*香港・マカオ旅打ちレポートの続編です。
初めからお読みになる方はハッピーバレー競馬場レポートその1からどうぞ。








 さて、香港マカオ競馬旅行レポートの続きなわけですが、いきなり一場所目の香港はハッピーバレー競馬場で惨敗を喫した荷桁とM。


 次に香港で競馬があるのは次の日曜日のシャティン競馬場開催なので、それまではおとなしく観光でもしていようかという選択肢もあったのだが、どうやら金曜日に香港の隣のマカオで競馬をやっているようだ。


 ハッピーバレーの負けをマカオで取り返すというのもなかなかよいではないか。と、言うことで思いつくが早いが高速艇でマカオに向かうことにしたのであった。



 というわけで、今回からはしばらくマカオ競馬のお話をしてまいります...

Macau


 香港からマカオに行くには高速艇が便利だ。



 荷桁は香港島のフェリーターミナルである上環から乗った。24時間便があり、ガンガン本数も出ているので非常に便利である。所要時間もおよそ1時間だ。朝メシを食ってからぶらりと上環まで行ったら10時にはマカオについてしまった。今回の宿は上環に取ったのだが、結果的には正解だったみたいだな。




 今回も念のためマカオに関する話から始めていくことにしよう。



 マカオ(澳門)は中国の特別行政区のひとつである。16世紀からポルトガル人が住み始め、長くポルトガルの植民地とされており、1999年にようやく中国に返されたが、ここも香港と同様に「特別行政区」というくくりで事実上独立国家のような感じになっている。



 香港から行く場合でも、中国本土から行く場合でも、パスポートは必要だし、入出国の手続きが必要となる。




大きな地図で見る



 マカオの地図はこちら。どこからがマカオか分かりづらくていかんが、2本の橋でつながっている上と下の土地がマカオだ。



 見てお分かりのように中国本土とは目と鼻の先である。



 上のほうがマカオ半島、そして橋でつながれている下のタイパ島・コロアネ島と大きく2つに分かれている。タイパ島・コロアネ島はもともと2つの島だったが、今は真ん中が埋め立てられて一つの島になってしまっている。



 そのタイパ島に競馬場がある。だから、マカオの競馬場はタイパ競馬場というわけだ。あまり有名な名前ではないのだが・・・。


Macau



 しかし、タイパ島よりもマカオ半島のほうが人口も多く、観光地やカジノなどはほとんどがマカオ半島に集中している。



 ポルトガル人が支配していたというのが何となくわかる街並みで、教会を中心とした広場と、あとは曲がりくねった路地が広がるという感じである。いかにもポルトガル人が好みそうな街並みだ(荷桁はポルトガル本国にも一週間ほど行ったことがある)



Macau



 観光地はマカオ半島に何か所か残る遺構群(マカオの8つの広場と22の歴史的建造物がマカオ歴史地区という名前で世界文化遺産に登録された)やヨーロッパ風の街並み、そしてカジノだ。さすがに人気の観光地だけあって日本人もたくさんいる。



Macau


Macau



 観光地もいいのだが、マカオは路地裏探検がおもしろい。



 基本的に治安はいいし、昼間は人通りも多いので、一本奥にえいやと飛び込んでみると、素のマカオが見られていいぞ。




Macau



 ただ、若干香港と比べると落ちぶれている感が漂う街である。人口が少ないというのもあるだろうが、シャッター通りみたいながらんとした通りが港のあたりを中心に散見された。夜はカジノなどでにぎわうのかもしれないが、街としては若干くたびれた感もある。



 それでも、国民総生産などは高い水準にあり、税収も多く、年金や福祉は充実しているのだという。小さい国ってこういうのがいいですよねえ。



 とまあ、そんなことを言っているうちに結構なスペースを割いてしまった。



 次回、マカオはタイパ競馬場に向かいたいと思います・・・。




 


>>タイパ競馬場レポートその2へ




*この競馬場が好きな方はこちらの競馬場もお好きだと思われます。

 セランゴール競馬場 その1~いざマレーシア競馬~
 ソウル競馬場 その1 〜韓国競馬に手を出すぞ〜
 ペナン競馬場 その1 ~再びマレーシア競馬へ~
 クランジ競馬場 その1 ~いきなりお詫び~
 フートー競馬場 その1 〜さらにベトナム競馬へ〜

*香港・マカオの競馬場に関する記事は以下にもあります。

 ハッピーバレー競馬場 その1 ~香港マカオへ旅打ち行った~
 ハッピーバレー競馬場 その2 ~路面電車で競馬場へ~
 ハッピーバレー競馬場 その3 ~摩天楼とカクテル光線~
 ハッピーバレー競馬場 その4 ~ハッピーバレー競馬場 スタンド~
 ハッピーバレー競馬場 その5 ~いざ勝負!ハッピーバレー馬券!!~
 ハッピーバレー競馬場 その6 ~ハッピーバレーは取りづらい・・・~

 シャティン競馬場 その1 ~そして香港に戻る~
 シャティン競馬場 その2 ~でっかいぞ!シャティン!~
 シャティン競馬場 その3 ~まずはシャティン競馬場グルメ~
 シャティン競馬場 その4 ~いざシャティン競馬場パドック~
 シャティン競馬場 その5 ~シャティン1レース~
 シャティン競馬場 その6 ~ようやくスマッシュヒット~
 シャティン競馬場 その7 ~熱気とターフビジョン~
 シャティン競馬場 その8 ~港澳盃~

 タイパ競馬場 その1 ~ひとまずマカオ競馬へ~
 タイパ競馬場 その2 ~タイパ競馬場ご到着~
 タイパ競馬場 その3 ~マカオ競馬史とグルメ~
 タイパ競馬場 その4 ~ひとまずパドックへ~
 タイパ競馬場 その5 ~マカオ競馬の騎手たち~
 タイパ競馬場 その6 ~マカオのせんぶんだく~
 タイパ競馬場 その7 ~マカオの空に叫ぶ~




PR
そうだ 競馬、行こう。
ブログ内検索


















プロフィール
HN:
荷桁勇矢   
性別:
男性
職業:
若隠居   
趣味:
逃げ   
このブログについて
 このブログは「そこに競馬があるから」といいます。
 競馬場巡りに魅せられてしまった筆者、荷桁勇矢(にげた ゆうや)が、日本の競馬場、海外の競馬場を訪れながらその様子をご紹介して行くブログです。
 紹介している競馬場の情報は訪問当時のものですので、競馬場に行かれる際は最新の情報をご確認のうえ、自己責任で行っていただきますようお願いいたします。
 またこのサイトの写真や文章は基本的に無断で使用されると困るのですが、もしどうしてもという方は荷桁までご連絡ください。そのほかご指摘やご質問がある方も荷桁まで直接ご連絡ください。コメント欄は管理が面倒そうなので当分オープンにはしないつもりです。悪しからず。

連絡先:
nigetayuyaあっとgmail.com
ツイッター:
https://twitter.com/YuyaNigeta
Flickr:
http://www.flickr.com/photos/nigeta/
競馬本紹介ブログ始めました。
荷桁勇矢の競馬本ガイド









忍者ブログ [PR]