ハッピーバレー競馬場 その6 ~ハッピーバレーは取りづらい・・・~ そこに競馬があるから 忍者ブログ
日本国内、海外の競馬場の訪問記です。こんなことしてていいのかなあ。でもやめられない。

そこに競馬があるから > ハッピーバレー競馬場 > ハッピーバレー競馬場 その6 ~ハッピーバレーは取りづらい・・・~

Happy Valley Racecourse 快活谷馬場
ハッピーバレースタンド。ぶれてて申し訳ない。


*ハッピーバレー競馬場レポートの続編です。
初めからお読みになる方はハッピーバレー競馬場レポートその1からどうぞ。






 ハッピーバレー競馬場レポートの続きです。


 どうにかこうにか競馬新聞を駆使しながら予想を開始した荷桁とM。香港競馬は初めてなので勝手は分からないが、なに、馬券の種類さえ分かれば当てることは無理でも買って叫ぶことくらいはできるということで、とりあえず購入していくことにした...


 香港の馬券は種類が多いことで知られている。詳しく解説してくれているサイトがほかにもあると思うので簡単にするが、ざっと下記のとおりだ。


獨贏 WIN → 単勝
位置 PLACE → 複勝
連贏 QUINELLA  → 馬連
位置Q QUINELLA PLACE  → ワイド
單T TRIO → 三連複
三重彩 TIERCE → 3連単
四連環 FIRST 4 → 4連複
過關 ALL UP → ころがし馬券 
孖寳 DOUBLE → 2重勝(残念賞あり)
三寳 TREBLE → 3重勝
六環彩 SIX UP → 6重勝(ただし2着も可。すべて1着を当てるとボーナス追加)
孖T DOUBLE TRIO → 2レースの上位3頭を当てる
三T TRIPLE TRIO → 3レースの上位3頭を当てる(残念賞あり)
騎師王 JOCKEY CHALLENGE → 1日で一番強い騎手を予想(ポイントで決まる)


 ざっと、こんな感じだ。すごいもんだ。


 上のほうは説明はいらないだろう。日本でもおなじみの馬券だ。

 
 4連複は読んで字のごとく上位4頭を当てる。1番人気が4着に絡むと配当はガタ落ちだが、派手に飛ぶと配当が跳ね上がるという楽しい馬券だ。


「ころがし馬券」は最初に選択したレースの配当金全額が自動的に次の選択したレースに投資される馬券で、式別は獨贏・位置・連贏・位置Qの4種類。つまり2回買いに行くまでもなく当たっていたら勝手にころがしてくれるという馬券なのだ。メシとか食いながらゆっくり見るときによさそう。

 
 そして重勝の種類が豊富。二重勝は是非日本でもやってほしいところだ。

 六環彩は6レースの1着or2着を当て続けるという馬券。当時はなんつー無茶な馬券だと思っていたが、日本でもWIN5が出てしまったので、そんなに珍しいものでもなくなってしまったな。


 さらに楽しいのが騎師王だ。1着12点・2着6点・3着4点と入着ごとにポイントが与えられ、そのポイントでのその日のジョッキーチャンピオンを当てるというもの。これならば少額で一日中初心者も楽しめるので、JRAもぜひ発売してみるべきだと思う。この馬券があれば朝イチから来るファンも増えるだろうし。


 これだけあったら馬券には迷うところだが、まだ旅打ちの初日ということであまり無理せず、3連複、4連複あたりで様子を見てみることにした。馬券は一点10香港ドルからだが、点数が増えた場合には一点当たりを5ドルなどにしてもOKみたいなルールもある。


 香港の馬券はマークカードもしくはタッチパネルの機械で購入するが、マークカードはかなり機能的なので便利なのだが、慣れていないと結構難儀。使ってはいけないスペースとかが結構ある・・・。式別ごとに違うカードが用意されているので、まず馬券の名前を覚えることと、余裕があれば日本で軽く予習していくといいだろう。「香港競馬 マークカード」とかで検索すればわりと出てくると思います。


 ややこしいのは「BANKER ONLY」というところで、これは軸馬を記入するところだということを知らないと結構面倒なことになる。詳しくは現地でも確認できないことはないが、ある程度日本で把握するにこしたことはないです・・・。



Happy Valley Racecourse 快活谷馬場


 ちなみに、こちらがハッピーバレーの馬券。自分がマークしたカードの裏に馬券が印刷されるというシステム。書き損じのマークカードを持っていると、紛れ込んでしまうおそれもあるので注意だ。同行者のMは間違って捨ててしまいそうになっていたぞ。


 

Happy Valley Racecourse 快活谷馬場


 さて、ヒーコラ言いながらなんとか馬券を購入した荷桁とM。いよいよレース開始だ。


 やはり、香港競馬オヤジはよく叫ぶ。夜にビール煽りながら馬に向けて声援するのは何と楽しいことであろうか!!うおおお!!イタツ!!


 しかし、荷桁の叫びもむなしく、この日のハッピーバレーのレースは本命党・穴党どちらにもやりづらいレースが続いた。

 
 1番人気は飛ぶがそんなに大穴にもならず、結局2~5番人気くらいで決まるという浦和競馬みたいなレース結果が続く。荷桁期待のダグラス・ホワイト騎手も1~4Rまでは人気で飛ぶというがっくりな展開であった。この日に限って言えば2~3番人気から相手を絞って馬連あたりで勝負するのが王道のようだ。


 わりと差しが届くようで、だいたい穴を開けるのは後方からの切れる馬であった。逃げ馬はよほど人気でない限りは頭では来ないようである。


Happy Valley Racecourse 快活谷馬場


 肝心の馬券はと言うとホワイトは来ないわ、たまに来てもヒモを間違えるわでメロメロ。


 結局ガチガチの4連複を1つ取っただけの回収率約20%と惨敗を喫することに。


 全レース終了後、すごすごと帰る荷桁とM。帰りのコンビニで青島ビールを買って、部屋でむなしく反省会となったのであった。


 しかし、それを差し引いても、美しく活気のある競馬場であった。ぜひまた行きたいこれマジで。みなさんもぜひ、香港に行かれる際はハッピーバレー開催のある水曜日も日程に入れてください。




Happy Valley Racecourse 快活谷馬場


 余談だが、その翌日。荷桁とMは再びハッピーバレー競馬場を訪れた。


Happy Valley Racecourse 快活谷馬場


 実はハッピーバレー競馬場には香港賽馬博物館なる施設もあるのである。


 入場料もいらず、気軽に入ることができる。中には香港競馬の歴史や、香港競馬の収益で実現した公共事業などの歴史が展示されている。古い馬券などもあり、なかなか楽しめる。香港競馬関係の書物なども販売しているので興味のある方は是非。荷桁も2冊ほど購入しました。


Happy Valley Racecourse 快活谷馬場

Happy Valley Racecourse 快活谷馬場

Happy Valley Racecourse 快活谷馬場


 博物館はスタンドの3階にあるので、窓からは走路を見ることもできる。


 中はスポーツ施設になっているようで、ジョギングをしている人も多かった。なんか有効活用されていて、いろいろと日本競馬は負けているかもなあ、と思ってしまう。


 しかし日本競馬が負けていたとしても日本男児が香港競馬に負けるわけにはいかない。残る沙田、そしてマカオでの勝利を誓って、博物館を後にしたのであった・・・。




ハッピーバレー競馬場 アクセス
・◎本命
とりあえず、トラムで行くのが一番わかりやすいです。筲箕湾方面からも堅尼地城訪問からも系統があります。跑馬地(Happy Valley)と書いたトラムに乗ればOK。分かりやすい。降りる場所に関しても、特に構える必要はありません。終点まで行って人の流れにのっておけば問題なしです。

・〇対抗
香港はブラブラ歩くのも楽しい町なので、地下鉄の駅から徒歩でもOK。地下鉄の最寄りは銅鑼灣。早足だと20分ほどですが、30分くらいみて寄り道しながら行くのがいいと思います。



ハッピーバレー競馬場 宿泊
 ハッピーバレー自体は上記のとおり香港のどこからでもアクセスしやすいので、特に立地にこだわることなく、ご自分の香港滞在に最適な宿をとるのが吉だと思います。
 荷桁は香港島の アイランド パシフィックホテル (港島太平洋酒店)に宿を取りました。地下鉄の駅まではやや距離がありましたが、トラムがあるので特に不便さはありませんでした。部屋はコンパクトでしたが、すごくきれいなホテルで次回も安く取れたらここがいいなあと思うくらい。

 レポート内でシャコを食いに行った長洲島への船着場も近いです。
 
 ホテルの価格比較サイトなんかでいい宿探してみてください。


ホテルズコンバインド

 香港は朝メシを外で食べるのが楽しい街でもあるので、素泊まりで充分です。


 もう訪問から随分経っているのでよくないですが、質問などありましたらお気軽にメールでもください。ツイッターでもOKです。



 


>>タイパ競馬場レポートその1へ





*この競馬場が好きな方はこちらの競馬場もお好きだと思われます。

 セランゴール競馬場 その1~いざマレーシア競馬~
 ソウル競馬場 その1 〜韓国競馬に手を出すぞ〜
 ペナン競馬場 その1 ~再びマレーシア競馬へ~
 クランジ競馬場 その1 ~いきなりお詫び~
 フートー競馬場 その1 〜さらにベトナム競馬へ〜

*香港・マカオの競馬場に関する記事は以下にもあります。

 ハッピーバレー競馬場 その1 ~香港マカオへ旅打ち行った~
 ハッピーバレー競馬場 その2 ~路面電車で競馬場へ~
 ハッピーバレー競馬場 その3 ~摩天楼とカクテル光線~
 ハッピーバレー競馬場 その4 ~ハッピーバレー競馬場 スタンド~
 ハッピーバレー競馬場 その5 ~いざ勝負!ハッピーバレー馬券!!~
 ハッピーバレー競馬場 その6 ~ハッピーバレーは取りづらい・・・~

 シャティン競馬場 その1 ~そして香港に戻る~
 シャティン競馬場 その2 ~でっかいぞ!シャティン!~
 シャティン競馬場 その3 ~まずはシャティン競馬場グルメ~
 シャティン競馬場 その4 ~いざシャティン競馬場パドック~
 シャティン競馬場 その5 ~シャティン1レース~
 シャティン競馬場 その6 ~ようやくスマッシュヒット~
 シャティン競馬場 その7 ~熱気とターフビジョン~
 シャティン競馬場 その8 ~港澳盃~

 タイパ競馬場 その1 ~ひとまずマカオ競馬へ~
 タイパ競馬場 その2 ~タイパ競馬場ご到着~
 タイパ競馬場 その3 ~マカオ競馬史とグルメ~
 タイパ競馬場 その4 ~ひとまずパドックへ~
 タイパ競馬場 その5 ~マカオ競馬の騎手たち~
 タイパ競馬場 その6 ~マカオのせんぶんだく~
 タイパ競馬場 その7 ~マカオの空に叫ぶ~


PR
そうだ 競馬、行こう。
ブログ内検索


















プロフィール
HN:
荷桁勇矢   
性別:
男性
職業:
若隠居   
趣味:
逃げ   
このブログについて
 このブログは「そこに競馬があるから」といいます。
 競馬場巡りに魅せられてしまった筆者、荷桁勇矢(にげた ゆうや)が、日本の競馬場、海外の競馬場を訪れながらその様子をご紹介して行くブログです。
 紹介している競馬場の情報は訪問当時のものですので、競馬場に行かれる際は最新の情報をご確認のうえ、自己責任で行っていただきますようお願いいたします。
 またこのサイトの写真や文章は基本的に無断で使用されると困るのですが、もしどうしてもという方は荷桁までご連絡ください。そのほかご指摘やご質問がある方も荷桁まで直接ご連絡ください。コメント欄は管理が面倒そうなので当分オープンにはしないつもりです。悪しからず。

連絡先:
nigetayuyaあっとgmail.com
ツイッター:
https://twitter.com/YuyaNigeta
Flickr:
http://www.flickr.com/photos/nigeta/
競馬本紹介ブログ始めました。
荷桁勇矢の競馬本ガイド









忍者ブログ [PR]