タイパ競馬場 その3 ~マカオ競馬史とグルメ~ そこに競馬があるから 忍者ブログ
日本国内、海外の競馬場の訪問記です。こんなことしてていいのかなあ。でもやめられない。

そこに競馬があるから > タイパ競馬場 > タイパ競馬場 その3 ~マカオ競馬史とグルメ~

氹仔馬場 Taipa Racecourse
タイパ競馬場ターフビジョン。けっこう大きいぞ。


*タイパ競馬場レポートの続編です。
初めからお読みになる方はこちらからどうぞ。



 さて、タイパ競馬場レポートのつづきである。


 前回ようやくタイパ競馬場に到着する流れになりました。前回もおことわりしましたが、この訪問は2009年のことで若干情報が古く、写真もあまり撮っていないので中身も薄いのですが、ご了承いただければと思います...

さて、ここまでマカオを観光して、タイパ競馬場に来てと言うくだりをやっていたが、なんでマカオくんだりに競馬があるのかということに関して何も書いていなかったので、ここらで、ちょっとマカオ競馬の歴史について書かせていただく。


 
 歴史を無理やりさかのぼると、マカオで競馬が行われた記録で一番古いのは1637年とされており、マカオを訪れた貿易商が競馬の開催を記録しているということなのだ。どんな記録かは分からないのだが、まあ、しょうもない競馬だったことが想像される。


 しかし、そんな早くから競馬をやっていたわりに、その後、マカオのギャンブルシーンに競馬が登場することはなかった。ポルトガルが宗主国となって以降も、1847年にまずカジノが合法化。さらにマカオ半島にドッグレース場が1931年に設置される。

 これによって、

 金持ち=カジノ
 庶民 =ドッグレース

 というマカオにおけるバクチの構図が完成し、別に競馬をやる必要性がそこまで発生しなかったのである。


 え?ドッグレースには行ったのかって?ちゃんと行ってまんがな。あとでやりますw


 しかし、そんな流れの中でどういう経緯か知らないが、1980年になってようやく「マカオでも競馬をやろう」という話になったらしく、繋駕速歩競走をやる競馬場としてタイパ競馬場が開設されたのである。


 常連の方はもうご存知だと思うが、繋駕速歩競走が分からない方はムーニーバレー競馬場レポートをご参照いただきたい。マルサ競馬場レポートでも扱っているので、そちらを見ていただいてもOKです。


 そんな形で繋駕速歩競走の競馬がタイパ島で始まったのだが、まあこれがさっぱり人気が出なかったらしく、徐々に経営は傾き、1988年にはとうとう開催中止となってしまった。


 しかし競馬好きというのはいるもので、その後、台湾の企業により買収され、コースを平地競走用に改修のうえ、1989年よりいわゆるフツーの競馬が開始されたのである。マカオ競馬の再出発だ。


 ただ、この時もうまくいかなかったようで、さっぱり人気が出ず、大幅な赤字収支が生じた結果、1年で再び開催停止に陥ってしまった。どんだけ競馬受け入れられないねん!!

 

 これだけ失敗してもうダメかと思われたが、最終的にはスタンレー・ホー(マカオの超ビッグネーム。マカオのカジノをほとんど独占していたすげえ人。)を中心とする財団が再度の買収をして経営の立て直しを図る。そして今からおよそ22年前の1991年に再び競馬が開催され、現在に至っているのである。


 要するにマカオにおいては競馬はかなり新参なバクチで、そう人気があるわけでもないのだ。香港みたいな温度をイメージしているとびっくりなくらい落差があるぞ。


氹仔馬場 Taipa Racecourse


 荷桁が訪問した日も、重賞でなかったせいか、わりと閑散としていた。日本の平日の地方競馬レベルである。こんなんで経営大丈夫なのか?と思えるが、まあ大丈夫なのだそうだ。


 現在は香港との開催重複を避けつつ日程を組んでいるらしい。荷桁が訪問した時は水曜・木曜日の昼間っからのんびりと競馬をやっていたが、現在は金曜日のナイターと土曜の昼間とかなり売り上げを意識した日程になっている。


 香港とは交流競走なども行われているようで、その点では香港の裏開催のような日程になっているのもやむを得ないところなのだろう。


 その香港はもちろん、マレーシアや南アフリカのレースの場外発売も行われており、場外発売所としても頑張っているようだ。日本でも海外のG1くらい売ってくれたらいいのにね。海外の人は日本のG1場外で買えるのにねー。



 ちょっと話題がそれたりもしたが、そんなこんなでマカオの競馬は現在も続いている。ただ前述のようにあまり芳しい話も聞かないので、早めに行っておかないといつの間にかなくなってしまう可能性は大いにあるぞ。ぜひ香港・マカオに旅行される際は旅程に入れてみてください。



 さて、字ばかりになってしまったが、タイパ競馬場のざっくりとした歴史は以上である。本題に戻ろう。



 繰り返しになるが、この日のタイパ1レースは14:15の発走であった。荷桁とMが競馬場に到着したのは13時すぎ。タイパでやや遅めの昼食を取ることにしたのである。


 しかし、閑散としていてどこでメシが食えるのかがさっぱり分からない。


 「ああ、ひょっとしてタイパ競馬場はメシがないのか・・・」


 2人に不安が駆け巡る。
 だがスタンドの3階に上がると、何やらメシの匂いが。


氹仔馬場 Taipa Racecourse


 見ると、テーブルがあり、オヤジたちが談笑したり、メシを食ったりしている。おお、どうやらメシにありつけそうだ。


氹仔馬場 Taipa Racecourse


 そんなわけで、今回のランチはこちらの売店に決定。


 メニューはそんなにないが、オヤジのほとんどが注文しているランチ的なものが美味そうだったので、それにした。どうやって注文したのかよく覚えていないが、指さしたらフツーに盛ってくれて、あとはドリンクを聞かれただけであったと思う。実に簡単。



氹仔馬場 Taipa Racecourse


 こちらがそのランチ。

 肉の煮たやつとごはん、そしてキャベツのつけものとドリンクが付く。



氹仔馬場 Taipa Racecourse


 この肉とメシが異様に美味い。


 八角が効いているので、こういうのを食べなれていない人は苦手かもしれないが、荷桁はだいたいなんでも食える性質なので、非常においしくいただけた。肉の餡とごはんが絡まってなんとも美味いのである。


 大満足の逸品であった。



 さて、腹ごしらえしたらいよいよ競馬だ。


 香港もマカオも、腹ごしらえをしてから競馬ができる時間にレースが設定されているのでうれしいなあ。


 


>>タイパ競馬場レポートその4へ




*この競馬場が好きな方はこちらの競馬場もお好きだと思われます。

 セランゴール競馬場 その1~いざマレーシア競馬~
 ソウル競馬場 その1 〜韓国競馬に手を出すぞ〜
 ペナン競馬場 その1 ~再びマレーシア競馬へ~
 クランジ競馬場 その1 ~いきなりお詫び~
 フートー競馬場 その1 〜さらにベトナム競馬へ〜

*香港・マカオの競馬場に関する記事は以下にもあります。

 ハッピーバレー競馬場 その1 ~香港マカオへ旅打ち行った~
 ハッピーバレー競馬場 その2 ~路面電車で競馬場へ~
 ハッピーバレー競馬場 その3 ~摩天楼とカクテル光線~
 ハッピーバレー競馬場 その4 ~ハッピーバレー競馬場 スタンド~
 ハッピーバレー競馬場 その5 ~いざ勝負!ハッピーバレー馬券!!~
 ハッピーバレー競馬場 その6 ~ハッピーバレーは取りづらい・・・~

 シャティン競馬場 その1 ~そして香港に戻る~
 シャティン競馬場 その2 ~でっかいぞ!シャティン!~
 シャティン競馬場 その3 ~まずはシャティン競馬場グルメ~
 シャティン競馬場 その4 ~いざシャティン競馬場パドック~
 シャティン競馬場 その5 ~シャティン1レース~
 シャティン競馬場 その6 ~ようやくスマッシュヒット~
 シャティン競馬場 その7 ~熱気とターフビジョン~
 シャティン競馬場 その8 ~港澳盃~

 タイパ競馬場 その1 ~ひとまずマカオ競馬へ~
 タイパ競馬場 その2 ~タイパ競馬場ご到着~
 タイパ競馬場 その3 ~マカオ競馬史とグルメ~
 タイパ競馬場 その4 ~ひとまずパドックへ~
 タイパ競馬場 その5 ~マカオ競馬の騎手たち~
 タイパ競馬場 その6 ~マカオのせんぶんだく~
 タイパ競馬場 その7 ~マカオの空に叫ぶ~



*テーマが近い記事はこちらから。

 函館競馬場 その9 ~函館競馬場 グルメ~ 
 福島競馬場 その2 ~福島競馬場 グルメ~
 新潟競馬場 その3 ~直線競馬とタレカツ丼~
 中京競馬場 その12 ~中京競馬場グルメ ペガサス1階~
 京都競馬場 その21 ~京都競馬場 グルメ ファーストフードプラザ すいとん・吉野家・モスバーガーほか~
 阪神競馬場 その15 ~阪神競馬場グルメ 東ウイング1階フードプラザ~
 小倉競馬場 その7 ~小倉競馬場 グルメ~
 盛岡競馬場 その3 ~盛岡競馬場グルメ~
 水沢競馬場 その8 ~水沢競馬場 グルメ~
 川崎競馬場 その3 ~怒涛の川崎競馬グルメ 前編~
 浦和競馬場 その13 〜浦和競馬場グルメ フライ天国〜
 大井競馬場 その16 ~大井競馬場 グルメ その1 第一仲商店~
 名古屋競馬場 その3 ~名古屋競馬場グルメ~
 名古屋競馬場 その11 ~名古屋競馬場グルメ 第2弾 えびすや~
 笠松競馬場 その4 ~笠松だよ!B級グルメ!~
 笠松競馬場 その11 ~笠松競馬グルメ ”麺”編~
 園田競馬場 その17 ~園田競馬場グルメ 明石屋のたこ天・西ホルモン・園田屋ほか~
 姫路競馬場 その6 ~追加レポート後編~
 福山競馬場 その9 ~福山競馬場 グルメ~
 佐賀競馬場 その4 ~佐賀競馬場グルメ~
 佐賀競馬場 その16 ~久々の佐賀競馬場グルメ~
 荒尾競馬場 その4 ~荒尾競馬グルメ~
 荒尾競馬場 その10 ~忘れグルメを食べにきました~
 ソウル競馬場 その12 〜ソウル競馬場グルメ〜
 フートー競馬場 その12 〜フートー競馬場グルメ〜
 マルサ競馬場 その15 〜マルサ競馬場グルメとビール〜
 ニコシア競馬場 その15 〜ニコシア競馬場グルメ〜

PR
そうだ 競馬、行こう。
ブログ内検索
















プロフィール
HN:
荷桁勇矢   
性別:
男性
職業:
若隠居   
趣味:
逃げ   
このサイトについて
 このサイトは「そこに競馬があるから」といいます。
 競馬場巡りに魅せられてしまった筆者、荷桁勇矢が、日本の競馬場、海外の競馬場を訪れながらその様子をご紹介して行くサイトです。
 紹介している競馬場の情報は訪問当時のものですので、競馬場に行かれる際は最新の情報をご確認のうえ、自己責任で行っていただきますようお願いいたします。
 またこのサイトの写真や文章は基本的に無断で使用されると困るのですが、もしどうしてもという方は荷桁までご連絡ください。そのほかご指摘やご質問がある方も荷桁まで直接ご連絡ください。コメント欄は管理が面倒そうなので当分オープンにはしないつもりです。悪しからず。

連絡先:
nigetayuyaあっとgmail.com
ツイッター:
https://twitter.com/YuyaNigeta
Flickr:
http://www.flickr.com/photos/nigeta/
競馬本紹介ブログ始めました。
荷桁勇矢の競馬本ガイド


忍者AdMax







忍者ブログ [PR]