姫路競馬場 その6 ~追加レポート後編 姫路競馬場グルメ~ そこに競馬があるから 忍者ブログ
日本国内、海外の競馬場の訪問記です。こんなことしてていいのかなあ。でもやめられない。

そこに競馬があるから > 姫路競馬場 > 姫路競馬場 その6 ~追加レポート後編 姫路競馬場グルメ~

姫路競馬場
前回は気が付かなかった場内の看板。絶滅って日本語おかしくありませんか?


*この記事は前編・後編のうちの後編です。前編はこちらからどうぞ。
また、この記事は姫路競馬場レポートの続編です。
はじめからお読みになる方はこちらからどうぞ。



 さて、馬券に続いてはグルメに話題を移そう。
 相変わらず、食堂棟に入ると、呼び込みがすごいが、今回は2回目。気にせずに一店一店、じっくり見て周る...



姫路の食堂はどこが人気でどこが不人気ということがあまりない。みんな常連で、好きなつまみでビールを飲んでいる。


 店の人も常連をすごく大事にしていて、店の外を常連が通りかかると、わざわざ外まで出て「今日の定食は煮魚ができるから寄って行ってね!」などと声かけに余念が無いのだ。


 さて、いろいろとメニューがあるが、多くは定食や丼物やうどんなどのポピュラーなメニュー、もしくはおでんを中心とした酒の当てが多い。


 しかし、やっぱり名前を聞いただけで何なのかよく分からないという点ではまず食すべきはこれか。


 いろいろなところで紹介されているので恐縮だが3号売店の「かつめし」(800円也)


姫路競馬場 グルメ
かつめし


 ごはんの上にとんかつを乗せて、デミグラスソースをかけた一品。


 聞けば、姫路に程近い加古川周辺では街中の食堂によくあるメニューとのこと。まあ、ボリューム的にはフツーのカツカレーレベルなので800円はちと高めか、と思わないでもないが、いかんせん味はいい。ともかく「他にない」というパンチネタとしての存在感はあるので、一度は食べてみるべき逸品。



 さらに、園田でも人気の「明石屋」(園田についてはそのうちレポートします)が姫路にも存在していて、もう既にこのブログでは毎度おなじみとなってしまった馬券的中祝いの昼からビールはここで頂いた。


 明石を屋号に題しているとおり「たこ」系メニューが豊富。今回は無難に「たこ天」とさらに「穴子天」をいただく。


姫路競馬場 グルメ
右がたこ、左が穴子。お通しはたこときゅうりの酢の物が出てきた。


 衣が天ぷらと言うよりもフリッターのようにさくさくにしているため、何もかけなくても唐揚げ感覚で食べられていい。たこも良かったのだが、穴子が肉厚で秀逸!


 考えてみれば、姫路は穴子で有名な地。たこも穴子もどちらもこの季節が旬ということだから毎年6~7月の姫路開催日に食うのがひょっとしたら一番美味いのかもしれないな。何よりビールと合うのがいい。


 快晴の姫路でビール飲みつつ天ぷらサイコー!



姫路競馬場 



Himeji Racecourse 姫路競馬場



 ちなみにこの日は、オッズパークグランプリの出場馬選定レースがあって、兵庫古馬の最強クラスであるアルドラゴンを見ることができました。狙っていったわけではないのに、前回のエリザベスクイーンに続いてラッキーな出会いでした。


Himeji Racecourse 姫路競馬場


 レースも楽勝。3連単250円は勘弁だったが。


 当時の地方交流競走はアルドラゴン・ベストタイザンなどの近畿勢と、マルヨフェニックス・キングスゾーンなどの東海勢が激しく争っていて面白かったもんだ。


Himeji Racecourse 姫路競馬場


 その後も姫路競馬場を満喫した。


 やっぱり風光明媚でよかとです。



Himeji Racecourse 姫路競馬場


 パドックも変わらぬよさ。


Himeji Racecourse 姫路競馬場


 ゲートの「ひめじ」の文字がステキ。



Himeji Racecourse 姫路競馬場


 まあ、といったところで、今回のレポートは終了します。



 いやあ、それにしても何度行ってもやっぱり気持ちのいい競馬場だ。最近は園田のお荷物的な扱いになっているけども、もっと姫路開催してくださいよ。いや、まじで。


 


>>次の記事へ




*この競馬場が好きな方はこちらの競馬場もお好きだと思われます。

 園田競馬場 その1 ~園田競馬は尼崎~
 福山競馬場 その1 ~私的福山競馬史~
 阪神競馬場 その1 ~阪神競馬場の歴史と私的な思い出~
 京都競馬場 その1 ~淀の競馬の歴史と今~
 金沢競馬場 その1 ~金沢けいば冬景色~
 笠松競馬場 その1 ~名馬・名手の里~


*姫路競馬場に関する記事は以下にもあります。

 姫路競馬場 その1 ~初夏だけのパラダイス~
 姫路競馬場 その2 ~パドックとエリザベスクィーン~
 姫路競馬場 その3 ~いろいろと姫路スタイル~
 姫路競馬場 その4 ~いつか勝利する日~
 姫路競馬場 その5 ~追加レポート前編~
 姫路競馬場 その6 ~追加レポート後編~
 姫路競馬場 その7 ~いまひとたびの姫路へ~
 姫路競馬場 その8 ~姫路競馬場 アクセス~
 姫路競馬場 その9 ~姫路競馬場の現在~
 姫路競馬場 その10 ~姫路競馬場のスタンドに近づく~
 姫路競馬場 その11 ~姫路競馬場のスタンドをぶらり一周する~
 姫路競馬場 その12 ~姫路競馬場 スタンド1階~
 姫路競馬場 その13 ~姫路競馬場 スタンド2階~
 姫路競馬場 その14 ~姫路競馬場 特観席~
 姫路競馬場 その15 ~姫路競馬場 グルメふたたび~



PR
そうだ 競馬、行こう。
ブログ内検索










プロフィール
HN:
荷桁勇矢   
性別:
男性
職業:
若隠居   
趣味:
逃げ   
このサイトについて
 このサイトは「そこに競馬があるから」といいます。
 競馬場巡りに魅せられてしまった筆者、荷桁勇矢が、日本の競馬場、海外の競馬場を訪れながらその様子をご紹介して行くサイトです。
 紹介している競馬場の情報は訪問当時のものですので、競馬場に行かれる際は最新の情報をご確認のうえ、自己責任で行っていただきますようお願いいたします。
 またこのサイトの写真や文章は基本的に無断で使用されると困るのですが、もしどうしてもという方は荷桁までご連絡ください。そのほかご指摘やご質問がある方も荷桁まで直接ご連絡ください。コメント欄は管理が面倒そうなので当分オープンにはしないつもりです。悪しからず。

連絡先:
nigetayuyaあっとgmail.com
ツイッター:
https://twitter.com/YuyaNigeta
Flickr:
http://www.flickr.com/photos/nigeta/
競馬本紹介ブログ始めました。
荷桁勇矢の競馬本ガイド


忍者AdMax







忍者ブログ [PR]