川崎競馬場 その1 ~鉄火場シティ川崎~ そこに競馬があるから 忍者ブログ
日本国内、海外の競馬場の訪問記です。こんなことしてていいのかなあ。でもやめられない。

そこに競馬があるから > 川崎競馬場 > 川崎競馬場 その1 ~鉄火場シティ川崎~

川崎競馬場
川崎競馬場直線。内馬場は駐車場と芝生広場、スタンドは・・・鉄火場です。


 どうも荷桁です。最近、更新が頻繁ですね。まあ、若隠居なので当然と言えば当然なのですが。


 さて、高知、姫路と西日本の、しかもマニアックな競馬場が続いてしまったので、今回からは気分を変えて、南関東4競馬のひとつである川崎競馬場を紹介していくことにする...





 川崎競馬場は神奈川県川崎市にある地方競馬場である。


 川崎市を知らない人は少ないと思うが念のため説明しておこう。


 川崎市は神奈川県の県庁所在地の横浜に次ぐ人口を抱える街である。街のカラーは海辺の工業地帯と内陸のベッドタウンに大別されることが多い。


 小田急や東急が走る内陸のベッドタウンのほうは典型的な住宅街で特にこれといった特徴もないが、京急やJRが走る工業地帯のほうはあまりガラがよくないイメージが定着している。そしてそのガラがよくないイメージどおり、競馬場は海側にあるのである。



 お次ぎはざっくりとした川崎競馬場の歴史を紹介しよう。

 
 歴史を遡ると戸塚競馬場の時代まで戻らないといけないのだが、そこまでやっていると時間がかかりそうなので、ひとまず適当なところから話を始めると、株式会社川崎競馬倶楽部という民間会社があり、そこが昭和24年に現在地に川崎競馬場を建設。それを神奈川県が買収する形で、競馬場が整備されて、昭和25年に神奈川県営競馬、川崎市営競馬がはじまることとなった。


 その後、昭和32年に神奈川県は、川崎競馬場を7億円で株式会社川崎競馬倶楽部から社名変更した、株式会社関東レース倶楽部へ売却し、以後開催のたびに競馬場を借上げて使用するという形で、現在に至っている。
 

 ちなみに、株式会社関東レース倶楽部という会社は最終的によみうりランドと名前を変えている。現在、川崎競馬場の管理者がよみうりランドになっているのはそういうわけです。


 現在は神奈川県と川崎市による一部事務組合「神奈川県川崎競馬組合」という組合が運営をしている。


 大井・船橋・浦和と共に南関東競馬サークルに属していて、南関東4競馬場と呼ばれることが多い。


 初めて出てきた言葉なので説明をしておくと、同サークルに所属している4つの競馬場は同一ルールの下、競走の体系化を実現していて、競走馬・騎手の交流をごくごく当たり前に行っている。ウェブページやネット投票も同じシステムを採用していて、もはや同じ主催者が運営を行っていると言っても過言ではない状態になっている。


 その中で、川崎競馬場は東京にある大井競馬に次ぐ売り上げ規模を持っていて、まあ、イメージ的にも2番手につけている競馬場と言うのが妥当な感じだ。


 ただ売り上げ規模で劣る船橋競馬場のほうが、ハイセイコーやアブクマポーロ、アジュディミツオーなどの名馬を出したり、騎手のレベルが高かったりするので少々バツが悪い。川崎にもロジータ・キヨフジなどがいたのだが、どうもワンパンチ足りないな。



 さて、大学を卒業する2009年まで関東に拠点を置いていた荷桁にとって、川崎は度々訪れていた競馬場の1つだ。

 
 東京駅から川崎駅までは東海道線で290円、18分とすぐだ。川崎駅からは無料バスか徒歩で行けばいい。歩いても15分ほどだ。東京都心部からでも場所によっては大井競馬場よりも早くかつ安く行けてしまうくらいだ。


 ちなみに、京急大師線の港町(みなとちょう)が最寄りのため、京急ユーザーであればこちらを使うのも当然のことながら便利である。







 川崎競馬場は何がすごいって、駅や市役所から歩いて10分という街のど真ん中に競馬場があるということだ。


 地図中に市役所の表記がないのでアレだが、駅からの距離や何となく中心地に近いなという感じはお分かりいただけることと思う。



川崎競輪
川崎競輪場



 川崎市の中心市街地はもちろん川崎駅周辺なのだが、そこからの徒歩圏内に競馬場と、なんと川崎競輪場まである。市役所の近くにグランドや体育館がある街というのはよくあるが、川崎だとそれが競馬場・競輪場なのだ。



 しかも、そのすぐ近くにはもちろんオフィス街や繁華街もある。仕事や遊びのついでにもふらっと立ち寄れる、好立地と言えよう。逆に競馬ファンにとってはレース終了後も、立ち寄るところ(深読みしないように)が多くて楽しい。


銀柳街
川崎の繁華街「銀柳街」。ここからも歩いて競馬場まで行ける。


 なお、駅から近道をするとどうしても堀之内と呼ばれる風俗街をつっきることになるので男女グループで行く際などは注意していただきたい。


 ちなみにこのソープ街は関東ではかの有名な吉原に次ぐ規模を誇っているそうで。ウィキペディアで堀之内を調べるとこの街でいかに風俗産業が発展したかが熱く語られていて興味深い内容だw


 それにしても競馬・競輪と風俗街そして飲み屋。分かりやすいくらいに男の欲望を満たしてくれる界隈だぜ。



川崎競馬場 Kawasaki Racecourse


 現在、そんな川崎では春から11月くらいまではナイターでの開催が行われている。


 先ほど言ったように立地がいいので会社帰りの会社員や工員さんなどががっつり取り込めるため、まあ当然の進化と言える。


 お隣の川崎競輪もナイター開催を行っており、開催はあまりかぶらないようになっているし、競馬場も競輪場もどこかしらの場外発売を毎日のようにやっているので、川崎市民は毎日何かしらのレースを楽しむことができるというわけだ。


川崎競馬場 Kawasaki Race course



 まさに街を上げての鉄火場。昔も今も工場地帯として栄えた土地柄か、こうした「遊び」の部分にも寛容だ。こういう雰囲気を持つ土地は関東でも珍しいので荷桁的には訪れるたびに楽しい、好きな街の1つだ。



川崎競馬場 Kawasaki Racecourse


  さて、いろいろ前置きをしてしまいましたが、次回は実際に行った際の写真をまじえつつ、川崎競馬レポートをしていきたいと思います。
 



 

>>川崎競馬場レポートその2へ


*この競馬場が好きな方はこちらの競馬場もお好きだと思われます。

 浦和競馬場 その1 〜南浦和からバスでアクセス〜
 大井競馬場 その1 ~大井町競馬場ではありません~
 盛岡競馬場 その1 ~天国に一番近い競馬場~
 名古屋競馬場 その1 ~あくまで土古~
 笠松競馬場 その1 ~名馬・名手の里~
 金沢競馬場 その1  ~金沢けいば冬景色~
 姫路競馬場 その1 ~初夏だけのパラダイス~
 福山競馬場 その1 ~私的福山競馬史~
 高知競馬場 その1 ~南国土佐の丘の辺に~
 佐賀競馬場 その1 ~鳥栖まで戻って佐賀へ~
 荒尾競馬場 その1 ~そしてとうとう九州競馬へ~
 セランゴール競馬場 その1~いざマレーシア競馬~
 ニコシア競馬場 その1 ~空路キプロスへ~
 ガルフストリームパーク競馬場 その1 〜アメリカ競馬事始〜


*川崎競馬場に関する記事は以下にもあります。

 川崎競馬場 その1 ~鉄火場シティ川崎~
 川崎競馬場 その2 ~実はここに好きなジョッキー~
 川崎競馬場 その3 ~怒涛の川崎競馬グルメ 前編~
 川崎競馬場 その4 ~怒涛の川崎競馬グルメ 後編~


PR
そうだ 競馬、行こう。
ブログ内検索
















プロフィール
HN:
荷桁勇矢   
性別:
男性
職業:
若隠居   
趣味:
逃げ   
このサイトについて
 このサイトは「そこに競馬があるから」といいます。
 競馬場巡りに魅せられてしまった筆者、荷桁勇矢が、日本の競馬場、海外の競馬場を訪れながらその様子をご紹介して行くサイトです。
 紹介している競馬場の情報は訪問当時のものですので、競馬場に行かれる際は最新の情報をご確認のうえ、自己責任で行っていただきますようお願いいたします。
 またこのサイトの写真や文章は基本的に無断で使用されると困るのですが、もしどうしてもという方は荷桁までご連絡ください。そのほかご指摘やご質問がある方も荷桁まで直接ご連絡ください。コメント欄は管理が面倒そうなので当分オープンにはしないつもりです。悪しからず。

連絡先:
nigetayuyaあっとgmail.com
ツイッター:
https://twitter.com/YuyaNigeta
Flickr:
http://www.flickr.com/photos/nigeta/
競馬本紹介ブログ始めました。
荷桁勇矢の競馬本ガイド


忍者AdMax







忍者ブログ [PR]