姫路競馬場 その9 ~姫路競馬場の現在~ そこに競馬があるから 忍者ブログ
日本国内、海外の競馬場の訪問記です。こんなことしてていいのかなあ。でもやめられない。

そこに競馬があるから > 姫路競馬場 > 姫路競馬場 その9 ~姫路競馬場の現在~

姫路競馬場の入場門
姫路競馬場の入場門



*姫路競馬場レポートの続編です。
 初めからお読みになる方は姫路競馬場レポートその1からどうぞ。

 また、この記事は姫路競馬場レポートの2016年8月の訪問記事です。
 この訪問の分だけをお読みになる方は姫路競馬場レポートその8からどうぞ。






 
 今回も姫路競馬場レポートのつづきです。



 前回の姫路競馬場レポートでは姫路競馬場のアクセスについてつらつら書いてまいりましたので、今回からは姫路競馬場の内部に踏み込むのが流れと言えば流れなのですが、場内の様子を見ていく前に、今一度、姫路競馬場が現在置かれている状況というのを整理してみたいと思います。



 2012年の夏を最後に開催をされていない姫路競馬場ですが、なぜ開催をしていないのかという部分を先にスッキリさせてから場内の話に移ったほうが精神的によいのかなと思ったわけでございます。荷桁もひょっとしたらこのまま廃止になっちまうんかなあなどボンヤリとした不安を抱えていた身でございますので、実際に現地に赴いてみるまではけっこうドキドキしていたのも事実なのです・・・。



 というわけで今回はタイトルのとおり、姫路競馬場の現在と題しまして、姫路競馬場で2016年現在、何故競馬が行われていないのか?どうなっているのか?今後どうなるのか?という部分について見ていきたいと思います...


姫路競馬場の休止の理由についての看板




 と、前段でたいそうなことを述べたものの、実際のところ、そのへんの謎というのは実際に現地に行ってみると比較的すぐに判明をした。



 送迎バスで姫路競馬場に到着してすぐに目に飛び込んできた看板がこちらである。



 一応、丸写しをすると以下の通りだ。


 ファンの皆さまへ

 現在、場内の一部で
 (二)船場川水系船場川調節池導水路工事を施工しています。
 この工事は、治水対策として洪水時に船場川の溢れそうな水を、
 競馬場の調節池に引き込むための導水路工事です。
 工事中、何かとご不便をおかけしますが
 安全優先で作業を行ってまいります。
 ご理解とご協力の程よろしくお願い致します。

 工事期間 平成27年10月~平成29年7月
 発注者 兵庫県中播磨県民センター姫路土木事務所
 施工者 前田・美樹・川崎特別共同企業体



 
 ああ、どうやらこれが姫路競馬場が開催していない理由のようだ。
 (二)は二級河川ということだろうか。


 ここで得られたキーワードで検索してみると『船場川水系河川整備計画』という兵庫県が2010年に出した計画書がネット上に出てきた。これを見てみると、どうやら川の水を逃がす調整池として姫路競馬場の敷地を活用するという計画がこのときには既に既定路線になっていたようなのだ。



 参考:https://web.pref.hyogo.lg.jp/wd15/documents/143ksenba.pdf




 周辺情報も集めたうえで、ざっくり申し上げると、平成16年の台風で姫路競馬場近くを流れる船場川が氾濫し、けっこうな被害が出たらしく、そんな背景もあり2010年よりこの整備計画が具体的に動き出し、上流から下流も含めて、船場川を整備するということになったようなのである。ちょうど姫路競馬場が最初に年間通じて開催がなかったのが2011年、そして2012年の夏のに少しだけ開催して以降は開催がないということについては、裏を取ったわけではないので推測だが、2011年度は設計・測量のための休止、2013年度以降は実際の工事のための開催休止となんとなくイメージできる。



 兵庫県競馬組合の立場としたら当然、兵庫県の事業には協力しなければならないし、致し方ない部分であろう。工事期間が平成27年度から平成29年7月とはなっているが、これは下部にある共同企業体が施工している部分の工事についてで、実際はそれより前やこのあとの工事もあるはずなので、実際に供用が開始され、競馬を開催しても問題ない状態になるまでは、もう少し時間がかかるようである。正式な発表ではないが、順調にいって平成30年5月頃になるようだ。あくまでこれは競馬を開催する予定工事が終わる時期の予定なので、5月からガンガン開催があるというものでもないだろうから、目安として考えたほうがよいだろう。


 参考:http://ameblo.jp/takesan110/entry-12117671143.html



 くどくどと述べてきたが、要するに姫路競馬場は治水の工事をやっていて休止をしており、一応の予定では平成30年度には競馬が再開される見込みである、ということである。旅打ち愛好家の皆さまいったんはご安心いただけましたでしょうか?





姫路競馬場内馬場の工事について



 具体的に姫路競馬場をどのように調整池にするのかということも、下の図面を見るとだいたいイメージがついてくる。


 端的に申し上げると、川から地下導水路でもって、姫路競馬場に余分な水を引いて内馬場の部分を掘削して作った調整池に流し込めるようにするということのようである。





Himeji Racecourse 姫路競馬場の内馬場のかつての様子



 これは工事前の姫路競馬場の内馬場の様子が分かる写真だ。



 内馬場はサッカーなどができるグラウンドと、ちょっとした児童遊園として主に使われていたほか、ここには写っていないが2コーナー方面は場外発売時には駐車場としても利用されていた。




姫路競馬場の工事の概要



 競馬場周辺の別の個所にあった看板がすごく分かりやすいので掲示しておこう。




姫路競馬場の工事の概要



 これを見る限り、どうやら内馬場を3階層にするようだ。一番右のところが一番深く、導水路からまず水が流れ込む調整池。次の層を基本的にはサッカーなどができるグランドとしながらも、いざという時には調整池にもなるスペース。もっとも上はこれまでどおり駐車場となるようである。



 要するに、内馬場のグランド・児童遊園のスペースが少し減るものの、駐車場やグランドの機能面自体はほとんど損なわれないようである。近隣の中学・高校では定番になっている姫路競馬場でのマラソン大会にも影響はなさそうだ。





姫路競馬場の工事の様子



 訪問時の工事の様子も一応撮影しておいた。


 4コーナー寄りは工事の詰め所や資材置き場として使われている模様である。




姫路競馬場調整池の掘削の様子



 その脇では調整池の掘削がかなり進んでいる感じだ。ここは完全に池になる部分だろう。



姫路競馬場内馬場の様子



 ターフビジョンの裏あたりも雑草は生えているがおおよそ落ち着いている様子だ。のちにグランドとして整備される感じなのだろう。




姫路競馬場の内馬場の駐車場



 駐車場は以前のとおり、現在も普通に使用が可能な状態だ。これはほどんど変わらない状態でその後に引き継がれていくことだろう。



 とまあ、このような感じで一応工事は進んでいる様子なので、ひとまず我々は平成30年を待つことに徹したほうがよさそうである。




姫路競馬場の工事の概要



 競馬場の外側の工事については主に地下での導水路の工事になるので、これによって何かが大きく変わるということはなさそうだ。競馬場の脇を走る県道砥堀本町線はバスの系統も多く、重要な生活道路なので、ここがガラリと変わるようなことがあればよほどの工事である。 ちなみに、興味のある人用に、一応地図も用意してみた。



 競馬場のやや下に「軍人橋北」という交差点があるが、このあたりから地下の導水路が引かれることになるらしい。さすがは旧陸軍の城北練兵場跡のすぐ近くだけあって、橋の名前もそれっぽいですな。


 
 ・・・ということで余談・雑談も含めまして、現在の姫路競馬場の様子をご紹介してまいりました。繰り返しになりますが、河川の改修工事の一環で、調整池を作る工事をしており、それで開催していないものの、平成30年(2018年)には再開される見込みということでございます。ネットの売り上げ比率が増えている昨今、幸か不幸か”競馬をどこでやっているか”ということは売り上げに大きく影響しませんので姫路開催は普通に復活するだろうと、個人的には想像しております。




 ただ、再開されるにしても、ナイターが開催されている園田競馬の夏場の開催を削ってまで姫路に持ってくるということはまずないだろうとは考えられる。正月開催後の1月後半から2月、兵庫チャンピオンシップがあるGW明けからナイター開始までの1か月弱あたりがもしやるにしても現実的なところだろう。現行の日程をがらっと見直す可能性もゼロではないだろうが・・・。



 まあ、ごちゃごちゃ書きましたが、姫路競馬場の現在はこんな感じです。いつか再開するその時を楽しみに待つことにいたしましょう。




 さて、次回以降は本題に戻って、姫路競馬場内の現在の様子を見ていくことにいたしましょう...




 



>>姫路競馬場レポートその10へ





*この競馬場が好きな方はこちらの競馬場もお好きだと思われます。

 園田競馬場 その1 ~園田競馬は尼崎~
 福山競馬場 その1 ~私的福山競馬史~
 阪神競馬場 その1 ~阪神競馬場の歴史と私的な思い出~
 京都競馬場 その1 ~淀の競馬の歴史と今~
 金沢競馬場 その1 ~金沢けいば冬景色~
 笠松競馬場 その1 ~名馬・名手の里~


*姫路競馬場に関する記事は以下にもあります。

 姫路競馬場 その1 ~初夏だけのパラダイス~
 姫路競馬場 その2 ~パドックとエリザベスクィーン~
 姫路競馬場 その3 ~いろいろと姫路スタイル~
 姫路競馬場 その4 ~いつか勝利する日~
 姫路競馬場 その5 ~追加レポート前編~
 姫路競馬場 その6 ~追加レポート後編~
 姫路競馬場 その7 ~いまひとたびの姫路へ~
 姫路競馬場 その8 ~姫路競馬場 アクセス~
 姫路競馬場 その9 ~姫路競馬場の現在~
 姫路競馬場 その10 ~姫路競馬場のスタンドに近づく~
 姫路競馬場 その11 ~姫路競馬場のスタンドをぶらり一周する~
 姫路競馬場 その12 ~姫路競馬場 スタンド1階~
 姫路競馬場 その13 ~姫路競馬場 スタンド2階~
 姫路競馬場 その14 ~姫路競馬場 特観席~
 姫路競馬場 その15 ~姫路競馬場 グルメふたたび~


PR
そうだ 競馬、行こう。
ブログ内検索


















プロフィール
HN:
荷桁勇矢   
性別:
男性
職業:
若隠居   
趣味:
逃げ   
このブログについて
 このブログは「そこに競馬があるから」といいます。
 競馬場巡りに魅せられてしまった筆者、荷桁勇矢(にげた ゆうや)が、日本の競馬場、海外の競馬場を訪れながらその様子をご紹介して行くブログです。
 紹介している競馬場の情報は訪問当時のものですので、競馬場に行かれる際は最新の情報をご確認のうえ、自己責任で行っていただきますようお願いいたします。
 またこのサイトの写真や文章は基本的に無断で使用されると困るのですが、もしどうしてもという方は荷桁までご連絡ください。そのほかご指摘やご質問がある方も荷桁まで直接ご連絡ください。コメント欄は管理が面倒そうなので当分オープンにはしないつもりです。悪しからず。

連絡先:
nigetayuyaあっとgmail.com
ツイッター:
https://twitter.com/YuyaNigeta
Flickr:
http://www.flickr.com/photos/nigeta/
競馬本紹介ブログ始めました。
荷桁勇矢の競馬本ガイド









忍者ブログ [PR]