笠松競馬場 その14 ~サブイチ共闘~ そこに競馬があるから 忍者ブログ
日本国内、海外の競馬場の訪問記です。こんなことしてていいのかなあ。でもやめられない。

そこに競馬があるから > 笠松競馬場 > 笠松競馬場 その14 ~サブイチ共闘~

Kasamatsu Racecourse 笠松競馬場
雪が残る笠松競馬場


*笠松競馬場レポートの続編です。
初めからお読みになる方はこちらからどうぞ。




 さて、アンカツの引退式が執り行われる笠松競馬場にやってきたわけだが、特に1レース目から何があるというわけではない。とりあえずは閑散とした中で馬券を楽しむということになる。平日に笠松に来ると、いつも冗談抜きにガラガラだから、よくこれで成り立ってるなと思わざるをえない...





Kasamatsu Racecourse 笠松競馬場


 とりあえず、パドックを眺める人たちもいるにはいるが、そのうち4・5人は場内の予想屋さんなので、純粋なお客は・・・あまり数えないでおこう。



Kasamatsu Racecourse 笠松競馬場



 そうこう言っている間にジョッキー騎乗。


 締切も近づく。パドックから戻ったサブイチから買い目を購入。「どうすか?」と聞いたところ「頭は濱口だね。今日は人気になっとるのこの馬と最終の馬しかおらんで」ということだったので「後藤厩舎のもう一頭の藤原は?」と聞いたところ「そいつも頭あるよ」との返答。


 オッズを見ると、濱ちゃんの頭は売れているが、藤原の頭だとけっこうつける。期待も込めて、頭を藤原と濱ちゃんの2頭で3連単を購入。濱ちゃんだとトリ紙、藤原だと儲かるというパターンだ。


Kasamatsu Racecourse 笠松競馬場


 結果、藤原が1着、濱ちゃんが2着で当たり。3連単は5,480円とそこそこの配当になった。
 
 さっそくサブイチにお礼を言いにいくと「よかったね」と言ってニヤリ。ちなみにこの場合名古屋弁のアクセントなので「ね」ではなく「か」にアクセントがあります。


 つーわけで、今日もサブイチに頼ることにしよう。



Kasamatsu Racecourse 笠松競馬場


Kasamatsu Racecourse 笠松競馬場


 しかし2レース目はサブイチ本命のぐりぐりの一番人気ヒシトパーズを大塚が飛ばしてはずれ。JRA移籍初戦を勝って、ここでも順当勝ちかと思われたが、着外に終わった。

 「まあ、大塚は4レースでも人気乗っとるで、そっちは頭で狙うだわ」

 サブイチは切替も早い。



Kasamatsu Racecourse 笠松競馬場


 3レース目は9頭立て。7番人気の2番が逃げ粘って2着に食い込みハズレ。3連複にしておけば持っていただけに悔しい展開であった。


 フォーメーション派は3着人気薄は拾えたりするんだけど、こういうレースされると一番取りづらいことは取りづらいのよね。



Kasamatsu Racecourse 笠松競馬場


 問題の4レースはサブイチの予想通り、大塚が1番人気できっちり差し切って勝利。組み合わせが人気だったために3連単940円だったが300円持っていたため、まあ一応メシ代は捻出できた。


 寒かったので、とりあえず何か腹に入れようと、丸玉食堂に向かう。


Kasamatsu Racecourse 笠松競馬場


 壁のメニューを見ると、丼もの押しだったので、何となく天丼を頼んでみた。


 メニューの下にある何故か関西弁の楽寿観世音菩薩のありがたい教えを読んでいると天丼が到着。



Kasamatsu Racecourse 笠松競馬場


 想像していた天丼とは違って、卵とじの天丼が出てきた。エビ天がけっこうでかいのに好感が持てる。たしかにこれであれば天ぷらがなくなっても、卵でご飯が食べられるから、いいシステムかもしれない。


 外が寒かっただけに、アツアツの天丼をほおばって、熱いお茶を飲むと、だいぶ体温が回復したような気がしてくる。

 

 さて、5レース以降もサブイチと共闘しながら頑張っていこう。



 


>>笠松競馬場レポートその15へ




*この競馬場が好きな方はこちらの競馬場もお好きだと思われます。

 名古屋競馬場 その1 ~あくまで土古~
 金沢競馬場 その1 ~金沢けいば冬景色~
 福山競馬場 その1 ~私的福山競馬史~
 高知競馬場 その1 ~南国土佐の丘の辺に~
 佐賀競馬場 その1 ~鳥栖まで戻って佐賀へ~
 姫路競馬場 その1 ~初夏だけのパラダイス~
 荒尾競馬場 その1 ~そしてとうとう九州競馬へ~
 水沢競馬場 その1 ~水沢江刺に競馬のためだけに~


*笠松競馬場に関する記事は以下にもあります。

 笠松競馬場 その1 ~名馬・名手の里~
 笠松競馬場 その2 ~ラブミーチャンを見に~
 笠松競馬場 その3 ~土地訴訟問題~
 笠松競馬場 その4 ~笠松だよ!B級グルメ!~
 笠松競馬場 その5 ~ラブミーチャンに注がれる愛~
 笠松競馬場 その6 ~久々に笠松行った~
 笠松競馬場 その7 ~馬専用道①~
 笠松競馬場 その8 ~馬専用道②~
 笠松競馬場 その9 ~久々に場内へ~
 笠松競馬場 その10 ~出遅れカンパイ~
 笠松競馬場 その11 ~笠松競馬グルメ ”麺”編~
 笠松競馬場 その12 ~リーディングにご用心~
 笠松競馬場 その13 ~アンカツが引退するぞ~
 笠松競馬場 その14 ~サブイチ共闘~
 笠松競馬場 その15 ~頭は前から~
 笠松競馬場 その16 ~笠松の現在~
 笠松競馬場 その17 ~日本一”出そう”な競馬場~
 笠松競馬場 その18 ~アンカツキターーー!!~
 笠松競馬場 その19 ~サブイチの断言~
 笠松競馬場 その20 ~アンカツ引退セレモニー~


PR
そうだ 競馬、行こう。
ブログ内検索
















プロフィール
HN:
荷桁勇矢   
性別:
男性
職業:
若隠居   
趣味:
逃げ   
このサイトについて
 このサイトは「そこに競馬があるから」といいます。
 競馬場巡りに魅せられてしまった筆者、荷桁勇矢が、日本の競馬場、海外の競馬場を訪れながらその様子をご紹介して行くサイトです。
 紹介している競馬場の情報は訪問当時のものですので、競馬場に行かれる際は最新の情報をご確認のうえ、自己責任で行っていただきますようお願いいたします。
 またこのサイトの写真や文章は基本的に無断で使用されると困るのですが、もしどうしてもという方は荷桁までご連絡ください。そのほかご指摘やご質問がある方も荷桁まで直接ご連絡ください。コメント欄は管理が面倒そうなので当分オープンにはしないつもりです。悪しからず。

連絡先:
nigetayuyaあっとgmail.com
ツイッター:
https://twitter.com/YuyaNigeta
Flickr:
http://www.flickr.com/photos/nigeta/
競馬本紹介ブログ始めました。
荷桁勇矢の競馬本ガイド


忍者AdMax







忍者ブログ [PR]