荒尾競馬場 その9 〜トークショーやら表彰式やら〜 そこに競馬があるから 忍者ブログ
日本国内、海外の競馬場の訪問記です。こんなことしてていいのかなあ。でもやめられない。

そこに競馬があるから > 荒尾競馬場 > 荒尾競馬場 その9 〜トークショーやら表彰式やら〜

荒尾競馬場 Arao Race Course
レースの合間、武豊のトークショーが行われた。


*荒尾競馬場レポートの続編です。
初めからお読みになる方はこちらからどうぞ。



 さて、今回も個人的ラスト荒尾競馬訪問記の続きです。

 LJSのレースの終了後に、交流レースの騎乗を終えた武豊騎手のトークショーが行われた。さすがに武豊だけあってかなりの集客力?カメラを抱えた人々がウイナーズサークルのまわりに押し寄せる。地元のおっさんたちはこの状況に慣れていないのか、スタンドから遠巻きにこの様子を眺めている...

荒尾競馬場 Arao Race Course


 以前、園田競馬場に訪問したときも偶然武豊のトークショーを目撃したのだが、やはりテレビにも慣れているタレント騎手なだけに、かなりぶっちゃけた話をしてくれて面白いイメージがあるのだが、今回はお客の温度なのか廃止という状況からなのか、やや抑えめだった感も。

 ざっくりした内容は荒尾はファンが近くていいね、ということと、廃止はつらいけど競馬を応援してね、ということと、武豊はすごいね、ということだった。園田みたいにきわどい話などなかったのは客層の違いか慣れの問題なのか・・・。


 一緒にトークイベントを盛り上げたのは、元高崎競馬騎手の赤見千尋さんと、武豊のバレット(レース開催時において騎乗時に使用する道具の準備・斤量の調節など、いわゆる補佐として騎手のために雑務をこなす存在)をつとめる元吉本芸人の吉井慎一さんである。

 吉井慎一さんに関しては園田のときもいたので、トークショーをやるとなると元芸人という肩書きからも重宝されているのかもしれない。


荒尾競馬場 Arao Race Course


 せっかくほかにも何人か中央の騎手も来ているのだから、どうせならしゃべってくれたらよかったのに。中舘騎手とか二本柳騎手がフレンドリーにトークショーとかしてくれたら逆に珍しくておもしろいのにな。



荒尾競馬場 Arao Race Course


 さて、トークショーが終わると、お次はLJSの表彰式だ。

 さして何をつっこむわけでもないイベントなので、カット写真を何枚か挟み込んでお茶を濁させていただく。


荒尾競馬場 Arao Race Course

荒尾競馬場 Arao Race Course

荒尾競馬場 Arao Race Course


 こんなもんでよろしいでしょうか。

 さて、LJSが終わると、やや場内も落ち着きを見せ、だんだん普段の荒尾競馬に戻っていったのだった。


 LJSの2戦目は9レースだったので、この日の残りレースはあと2レースということになる。実にあっと言う間だ。残り2レースで荒尾とお別れかと思うと寂しいものだ。


 もう少し、荒尾競馬レポートつづけます。


 

>>荒尾競馬場レポートその10へ




*この競馬場が好きな方はこちらの競馬場もお好きだと思われます。

 佐賀競馬場 その1 ~鳥栖まで戻って佐賀へ~
 浦和競馬場 その1 〜南浦和からバスでアクセス〜
 名古屋競馬場 その1 ~あくまで土古~
 笠松競馬場 その1 ~名馬・名手の里~
 福山競馬場 その1 ~私的福山競馬史~
 金沢競馬場 その1 ~金沢けいば冬景色~
 姫路競馬場 その1 ~初夏だけのパラダイス~
 水沢競馬場 その1 ~水沢江刺に競馬のためだけに~


*荒尾競馬場に関する記事は以下にもあります。

 荒尾競馬場 その1 ~そしてとうとう九州競馬へ~
 荒尾競馬場 その2 ~まずはパドックへ~
 荒尾競馬場 その3 ~炭鉱はなくなれど~
 荒尾競馬場 その4 ~荒尾競馬グルメ~
 荒尾競馬場 その5 ~新幹線もできたことだし~
 荒尾競馬場 その6 ~いざ有終の荒尾へ~
 荒尾競馬場 その7 ~荒尾に来たぞ武豊~
 荒尾競馬場 その8 ~2011年ljs 荒尾ラウンド~
 荒尾競馬場 その9 ~トークショーやら表彰式やら~
 荒尾競馬場 その10 ~忘れグルメを食べにきました~
 荒尾競馬場 その11 ~特観席からの眺望~
 荒尾競馬場 その12 ~荒尾競馬場 看板ギャラリー前篇~
 荒尾競馬場 その13 ~荒尾競馬場 看板ギャラリー後篇~
 荒尾競馬場 その14 ~荒尾競馬 最後の徘徊~





PR
そうだ 競馬、行こう。
ブログ内検索
















プロフィール
HN:
荷桁勇矢   
性別:
男性
職業:
若隠居   
趣味:
逃げ   
このサイトについて
 このサイトは「そこに競馬があるから」といいます。
 競馬場巡りに魅せられてしまった筆者、荷桁勇矢が、日本の競馬場、海外の競馬場を訪れながらその様子をご紹介して行くサイトです。
 紹介している競馬場の情報は訪問当時のものですので、競馬場に行かれる際は最新の情報をご確認のうえ、自己責任で行っていただきますようお願いいたします。
 またこのサイトの写真や文章は基本的に無断で使用されると困るのですが、もしどうしてもという方は荷桁までご連絡ください。そのほかご指摘やご質問がある方も荷桁まで直接ご連絡ください。コメント欄は管理が面倒そうなので当分オープンにはしないつもりです。悪しからず。

連絡先:
nigetayuyaあっとgmail.com
ツイッター:
https://twitter.com/YuyaNigeta
Flickr:
http://www.flickr.com/photos/nigeta/
競馬本紹介ブログ始めました。
荷桁勇矢の競馬本ガイド









忍者ブログ [PR]