荒尾競馬場 その8 〜2011年LJS 荒尾ラウンド〜 そこに競馬があるから 忍者ブログ
日本国内、海外の競馬場の訪問記です。こんなことしてていいのかなあ。でもやめられない。

そこに競馬があるから > 荒尾競馬場 > 荒尾競馬場 その8 〜2011年LJS 荒尾ラウンド〜

荒尾競馬場 Arao Race Course
2012年LJSの出場選手たち


*荒尾競馬場レポートの続編です。
初めからお読みになる方はこちらからどうぞ。



 この日の荒尾は武豊騎手が出て来たあとにもさらに盛り上がるレースが続く。


 全国の女性騎手たちが腕を競うレディースジョッキーズシリーズ(以下LJS)の荒尾ラウンドが行われるのだ。

LJSについては、2009年に高知競馬場で行われた高知ラウンドに訪れたとき以来の観戦となる。

 当時は10人で行われていたが、今回は引退したり、調教師へ転身したりという騎手が続いて、今回は6人での開催になってしまった。


 ちなみにLJSとは「レディースジョッキーズシリーズ」の略で、要するに中央・地方競馬の女性騎手だけを集めて、何度かレースを行い、総合得点で順位を競うというものだと考えていただければ問題ない。


 大体、毎年11月~12月の頭にかけて3つの競馬場を持ち周って、それぞれの競馬場で2レースづつ、計6レースで競われるのが定番となっている。


 2006年から脈々と続いていたのだが、実は女性騎手の人数が減りすぎてしまったので、2011年限りでこのシリーズも一旦終了する事が決まってしまっている。せっかくの楽しいイベントなんだから是非ともまた復活してほしいものだ。


 韓国なんか女性騎手多いから、呼んで来て日韓戦にしても面白いと思うのだが。そんな費用出ないか。


荒尾競馬場 Arao Race Course


 レースに先立って恒例の選手紹介。


 左から、地元荒尾の岩永千明騎手、高知の別府真衣騎手、名古屋の山本茜騎手、岩手の皆川麻由美騎手、北海道の下村瑠衣騎手、中央の増沢由貴子騎手。


 全員に一言づつ、赤見千尋さんがインタビューをしていく。


荒尾競馬場 Arao Race Course


 岩手の皆川騎手は相変わらずおもろい感じ。


 
 北海道の下村騎手ははじめてのLJSということで「先輩に囲まれて怖くないですか?」と聞かれると「怖いです」と即答していた。下村騎手はしゃべり口調も今時の子だなあという感じで、しっかりした受け答えをする山本騎手、控えめな増沢騎手、とにかく明るい皆川騎手、フツーの女の子っぽい別府騎手、どこかしら天然っぽい岩永騎手などと並んでみると、実に女性騎手にもいろいろいるもんだなあと実感する。


 せっかくなので、全員のパドックでの写真を掲載しておこう。


荒尾競馬場 Arao Race Course
下村瑠衣騎手


荒尾競馬場 Arao Race Course
増沢由貴子騎手


荒尾競馬場 Arao Race Course
岩永千明騎手


荒尾競馬場 Arao Race Course
別府真衣騎手


荒尾競馬場 Arao Race Course
山本茜騎手


荒尾競馬場 Arao Race Course
皆川麻由美騎手



 後日談だが、2012年の年明け早々に、岩手の皆川騎手については引退することが発表されてしまって、ついに日本の現役女性騎手は5人になってしまったのである。しかし競馬学校には女性騎手の卵が何人かいるようなので是非とも後に続く後輩が出て来てほしいものだ。


荒尾競馬場 Arao Race Course


荒尾競馬場 Arao Race Course


 さて、肝心のレースのほうはと言うと、1レース目は大激戦の末、JRAの増沢騎手が勝利。そして2レース目は別府騎手が危なげない騎乗で勝利するという結果になった。


 しかし、2011年は荒尾競馬の廃止とLJSの休止が同時に起こってしまうという地方競馬にとっては厳しい年になったんだなあと改めて思う。



 2012年はこの流れが変わるといいなあ、などと思いつつ、実はLJSの2レースで2つとも3連単を取る事ができてにんまりする荷桁なのであった。


 馬券のコツを覚えて来た場なのになくなってしまうなんてあんまりだわ。



 

>>荒尾競馬場レポートその9へ


*この競馬場が好きな方はこちらの競馬場もお好きだと思われます。

 佐賀競馬場 その1 ~鳥栖まで戻って佐賀へ~
 浦和競馬場 その1 〜南浦和からバスでアクセス〜
 名古屋競馬場 その1 ~あくまで土古~
 笠松競馬場 その1 ~名馬・名手の里~
 福山競馬場 その1 ~私的福山競馬史~
 金沢競馬場 その1 ~金沢けいば冬景色~
 姫路競馬場 その1 ~初夏だけのパラダイス~
 水沢競馬場 その1 ~水沢江刺に競馬のためだけに~


*荒尾競馬場に関する記事は以下にもあります。

 荒尾競馬場 その1 ~そしてとうとう九州競馬へ~
 荒尾競馬場 その2 ~まずはパドックへ~
 荒尾競馬場 その3 ~炭鉱はなくなれど~
 荒尾競馬場 その4 ~荒尾競馬グルメ~
 荒尾競馬場 その5 ~新幹線もできたことだし~
 荒尾競馬場 その6 ~いざ有終の荒尾へ~
 荒尾競馬場 その7 ~荒尾に来たぞ武豊~
 荒尾競馬場 その8 ~2011年ljs 荒尾ラウンド~
 荒尾競馬場 その9 ~トークショーやら表彰式やら~
 荒尾競馬場 その10 ~忘れグルメを食べにきました~
 荒尾競馬場 その11 ~特観席からの眺望~
 荒尾競馬場 その12 ~荒尾競馬場 看板ギャラリー前篇~
 荒尾競馬場 その13 ~荒尾競馬場 看板ギャラリー後篇~
 荒尾競馬場 その14 ~荒尾競馬 最後の徘徊~


PR
そうだ 競馬、行こう。
ブログ内検索
















プロフィール
HN:
荷桁勇矢   
性別:
男性
職業:
若隠居   
趣味:
逃げ   
このサイトについて
 このサイトは「そこに競馬があるから」といいます。
 競馬場巡りに魅せられてしまった筆者、荷桁勇矢が、日本の競馬場、海外の競馬場を訪れながらその様子をご紹介して行くサイトです。
 紹介している競馬場の情報は訪問当時のものですので、競馬場に行かれる際は最新の情報をご確認のうえ、自己責任で行っていただきますようお願いいたします。
 またこのサイトの写真や文章は基本的に無断で使用されると困るのですが、もしどうしてもという方は荷桁までご連絡ください。そのほかご指摘やご質問がある方も荷桁まで直接ご連絡ください。コメント欄は管理が面倒そうなので当分オープンにはしないつもりです。悪しからず。

連絡先:
nigetayuyaあっとgmail.com
ツイッター:
https://twitter.com/YuyaNigeta
Flickr:
http://www.flickr.com/photos/nigeta/
競馬本紹介ブログ始めました。
荷桁勇矢の競馬本ガイド


忍者AdMax







忍者ブログ [PR]