釜山慶南競馬場 その13 ~釜山慶南競馬場 グルメ~ そこに競馬があるから 忍者ブログ
日本国内、海外の競馬場の訪問記です。こんなことしてていいのかなあ。でもやめられない。

そこに競馬があるから > 釜山慶南競馬場 > 釜山慶南競馬場 その13 ~釜山慶南競馬場 グルメ~

釜山慶南競馬場のフードコート
釜山慶南競馬場のフードコート


*釜山慶南競馬場レポートの続編です。
初めからお読みになる方は釜山慶南競馬場レポートその1からどうぞ。






 どうもどうも荷桁です。



 さて、お待たせしましたというべきか何というべきか、今回は釜山慶南競馬場のグルメを見ていきたいと思います。やっぱりメシの話はテンションが上がりますなあ。



 韓国と言うと、いろいろ美味しいものがあるイメージですが、釜山慶南競馬場も一通りの食事処があり、ばっちり食事を楽しむことができますので、お立ち寄りの際は、是非ひるむことなく食堂を利用してみてくだされ。



 それでは早速まいりましょう、釜山慶南競馬場のグルメガイドでございます...


釜山慶南競馬場のフードコート入口



 まず釜山慶南競馬場においてもっともポピュラーな食堂はスタンド3階にある、こちらの”MY del PLACE”であろう。いろんなメニューが揃っているフードコートと思っていただければOKだ。



 ご覧のとおり、お昼時には行列ができるが、席数も多く回転も速いので時間に余裕があれば、あまりひるまずに並んでしまえばOKである。




釜山慶南競馬場のフードコートのメニュー



 ありがたいことに入口の前には英語翻訳つきのメニューもあるので、だいたいの方はご理解をいただけると思う。一応、以下それぞれざっくり訳してみたのでご参考までに。



 左はスープコーナー。ラインナップはテジクッパ6000ウォン、牛肉クッパ6000ウォン、カルビスープ9000ウォン、ライス1000ウォンといった感じ。



 左から2番目はトンカツコーナー。ラインナップはトンカツ6000ウォン、カツカレー6500ウォン、カレーライス5500ウォン。



 右から2番目はご飯&チゲコーナー。ラインナップは海鮮味噌チゲ6000ウォン、豚肉キムチチゲ6000ウォン、魚チゲ6000ウォン、プルコギセット7500ウォン、しじみスープ6000ウォン(季節メニュー)。



 そして一番右はビビンパとメシ・麺系コーナー。ラインナップはビビンパ6000ウォン、冷麺4000ウォン、季節メニュー4000ウォン(季節でないのか隠されていた)、トックラーメン3500ウォン(3時以降のみ)、ラーメンとキンパのセット(3時以降のみ)という感じだ。



 こうして見ると、日本の競馬場とさほど変わらないか、幾分リーズナブルという感じのラインナップである。



 日本の韓国料理店でもよくあるような、いわゆる王道的な韓国料理が並んでいるので、皆さん好きなものをチョイスすればOKである。




釜山慶南競馬場の注文レジ



 フードコートに入ってすぐ右にレジがあるので、そこで食券を購入するというシステムだ。食券売りのおばさんの背後にもメニューがでかでかとあるので、何かあれば指を差せば何とか通じるであろう。



 荷桁とUさんは最初はラーメンとキンパのセットを食べようと思ったが3時以降限定のメニューだったため、とりあえず無難にビビンパを食べることにした。




釜山慶南競馬場のレシート



 お金を払うとこのようなレシートが手渡される。



 これがいわゆる食券の代わりになるのだ。




釜山慶南競馬場の受け取り口



 頼んだ品はそれぞれのコーナーごとに受け取り口があるのでそこで受け取ればOKである。ビビンパは一番右の受け取り口だ。




釜山慶南競馬場受け取り口



 自分の注文の品が出来上がると、レシートに書いてあるのと同じ番号が表示される(さっきの荷桁のレシートの場合560番)ので、その受け取り口に行けばOKといういたって簡単な仕組みである。ものの1、2分で荷桁らのビビンパ2人前もできあがった。さすがにシステマティックな分、提供が早いぜ。




釜山慶南競馬場のフードコート



 自分の料理を手にしたら、とりあえず空いている席を探して座ればOKだ。この辺も日本のフードコートとさほど変わらないので、別に戸惑うことはないだろう。




釜山慶南競馬場のフードコート



 このフードコートは意外と奥行きがあるので、奥までウロウロしていればどこかしら席は見つかることと思う。荷桁とUさんは窓際の席をゲットすることができた。




釜山慶南競馬場のフードコート



 窓際の席は一応観客席に面しているので、お客が総立ちになったりしない限りはレース観戦もできるようになっている。もし空いていて窓際の席が確保できるような時間であれば、馬券だけ仕込んでおいて優雅にメシを食いながら観戦なんてこともできるだろう。




釜山慶南競馬場のフードコートのたくあんとキムチ



 韓国らしく、キムチとたくあんは取り放題なので、好きなだけ小皿に盛って自席までもっていってくれたまへ。




釜山慶南競馬場のビビンパ



 さて、今回荷桁がいただいたビビンパはこちら。ご飯を右側の大きいお皿にぶち込んでおりゃおりゃと混ぜていただくのが正しいスタイルだ。


 
 野菜メインのシンプルなビビンパであったがきわめて正統的な味付けで美味であった。ついてくるテールスープもすこぶる旨い。肉や魚がないと嫌だという方には物足りないかもしれないが、あっさりと済ませたい方には持って来いの一品である。




釜山慶南競馬場のカツカレー



 ちなみに、行儀が悪いことをしてしまったが、近くに座っていたオッサンが食べていた、カツカレーがこちら。ご飯の量はフツーだが、けっこうトンカツがでかくてボリュームがある。韓国の方が競馬場でカツカレーを食べているイメージがあまりなかったので意外だったが、もし日本的なゲン担ぎがしたい方は、こちらでカツカレーを食べて「馬券に勝つ!」と気合を入れてみてはいかがでしょうか。さすがにやんねえか。



 ひとまずこのフードコートはバラエティーが豊富なので、いわゆる韓国メシを食べておこうと思ったらひとまずここに来ればOKである。




釜山慶南競馬場の中華料理店



 さてお次は中華料理店だ。



 荷桁がこのお店の前を通った時は時間が遅くて既に閉まっており、実食することはできなかったのだが、釜山慶南競馬場にも中華料理店があるようである。



 中華料理と言っても、いわゆる本格中華料理ではなく「韓国風にアレンジされた中華料理を提供する店」だと思っていただいた方がよい(まあ日本の中華料理店もそうだわな)。ものすごくあけすけな言い方をしてしまうと、チャジャンミョン(ジャージャー麺)とかチャンポンを出すような店である。



 予備知識のない方が混乱しているかもしれないのでもう少し解説するが、食文化の話をすると中華料理が韓国に輸入されて独自の発展を遂げる中で、さっき言ったようなチャジャンミョンやチャンポンといった料理がいわゆる韓国における大衆中華としてポピュラーになっていったのである。



 実は大阪にも韓国人が韓国人のためにやっている「韓国風にアレンジされた中華料理を提供する店」というのがあるので興味がある方は行ってみるとよりイメージがつくだろう。だいたいどこもチャジャンミョンやちゃんぽんを提供しているぞ。荷桁も何度も行っているが、なかなかおいしいですぞ。


 【ご参考】
 https://tabelog.com/osaka/A2701/A270306/27035761/



 話が脇道にそれてしまったが、要するにスタンダードな中華屋ではなく韓国風中華料理なので誤解のないように!ということをご理解いただければOKである。




釜山慶南競馬場の中華料理店メニュー



 ここも大変ありがたいことに英語つきのメニューが入口脇に掲出してあったので、翻訳を載せておこう。



 チャジャンミョン       4000ウォン
 チャジャンミョン大盛り   5000ウォン
 海鮮チャジャンミョン    7000ウォン
 チャンポン          5000ウォン
 チャンポン大盛り      6000ウォン
 炒飯             6000ウォン
 炒飯大盛り         6500ウォン
 


 まずはこんな感じ。チャジャンミョンというのは中国のジャージャー麺にルーツを持ち、日本でもジャージャー麺と訳されることが多いのだが、韓国風にアレンジされていて、似てはいるが味などはまったく別な料理なので、チャジャンミョンという名前で覚えてしまった方がよいだろう。



 ちなみに、荷桁はソウル競馬場に行ったときにこのチャジャンミョンを食している。ビジュアルが気になると言う方はソウル競馬場レポートその12をご参照くだされ。



 チャンポンはいわゆる長崎ちゃんぽん的なものではなく、海産物が入った辛いラーメンと思っていただきたい。スープは赤く、しっかりと辛いので、辛いのが苦手な方はご注意だ。炒飯はいわゆる炒飯である。




釜山慶南競馬場の中華料理店メニュー



 さてメニュー翻訳のつづきをしていこう。こちらは以下の通りだ。


 チャンポンとライス     6000ウォン
 チャジャン飯        5500ウォン
 中華ビビンパ        6000ウォン
 揚げ饅頭          4000ウォン
 季節メニュー(内容不明) 5000ウォン
 ライス             1000ウォン


 という感じである。


 チャジャン飯というのはチャジャンミョンのあんを炒飯にぶっかけたメニューで、チャジャンミョンを扱う店ではだいたい置いてある典型的なメニューである。



 気になるのは中華ビビンパなる逸品。荷桁は日本も含めて未食だが、「중화비빔밥」で画像検索してみると、肉やら野菜をいためてメシにぶっかけて目玉焼きをのせた非常に美味そうな料理画像が出てくる。辛いのが大丈夫な方は問題なく食べられるのではないだろうか。



 さて今回惜しくも訪問できなかったこのお店だが、次回釜山慶南競馬場を訪問する機会があれば是非とも行ってみたいところである。尚、あとから調べるとフライドチキンなどを扱うファーストフード店もあったようなのだが荷桁は何故かスルーしてしまったようだ。この辺もまた行ったらレポートしておきます。




釜山慶南競馬場のコンビニ



 さて、食事処を大方見たところで、場内のコンビニなんかも見ておこう。



 場内には「GS」という韓国地場のコンビニのお店がちょいちょいある。何か買おうと思ったときには便利な存在だ。




釜山慶南競馬場のコンビニ


釜山慶南競馬場のコンビニ


釜山慶南競馬場のコンビニ



 基本的には飲み物、軽食、スナック類などが売っている。レンジでチンして食べるパスタやサンドイッチなども売っているので味はどうだかわからないが、サクッと腹ごしらえがしたいという方はコンビニを使ってみるのも手か。



釜山慶南競馬場のコンビニ


釜山慶南競馬場のコンビニ



 レジや店外には電子レンジがあるので、買ったものの温めは可能だ。ポットはあったかどうか観察し忘れてしまった。カップ麺は食えるんだろうか・・・?




釜山慶南競馬場のコンビニの17茶



 ちなみにソウル競馬場でも見かけた17茶をここ釜山でも発見。うーむ。香ばしいぜ(お茶がと言う意味ではありませんのであしからず)。




釜山慶南競馬場のノンアルコールビール



 韓国の競馬場は基本的にアルコールNGでビールなんかもノンアルコールしか売っていないのだが、荷桁の訪問時には日本のサントリー製の「ほろよい」が売られていた。ほろよいはアルコール度数3%なので日本だと立派なお酒なのだが、韓国では3%なら法的にお酒に分類されないのだろうか?それともジュースと誤認して販売してしまっているのだろうか?うーむよく分からんのう。



 ひとまずアルコールが入っていても甘い酒、しかも日本製ではあまり韓国に来た感がないだろうということで荷桁はノンアルコールビールを飲みました・・・。




釜山慶南競馬場のカフェ



 あとはこんなカフェも発見。Cafe Granとある。ググると、韓国ではちょいちょいあるチェーン店のようだ。



 コーヒーを提供しているほか、書籍なんかも置いていてかなり落ち着けそうな雰囲気であった。馬券でやられまくって頭を冷やしたいなと思ったらこちらへGOである。




釜山慶南競馬場の屋台


釜山慶南競馬場の屋台



 さらには、スタンド外にもこのように屋台が出ているので、こういうところで食事を摂ってしまうのも手である。晴れていればスタンドに腰かけて食べるのもまた楽しいことだろう。




 さて、釜山慶南競馬場のグルメ、いかがでしたでしょうか?荷桁も何だかんだビビンパしか食べられていないものの、いろいろとメニューがあっていい感じなので、是非再訪していろんなものを食べてみたいところでございます。




 さて、グルメの話も終わって、だいたい釜山慶南競馬場の様子も分かってまいりました。ここらで終わってもいいのですが、もう1本だけお付き合いいただければと思います・・・。




 



>>釜山慶南競馬場レポートその14へ






*この競馬場が好きな方はこちらの競馬場もお好きだと思われます。

 ソウル競馬場 その1 〜韓国競馬に手を出すぞ〜
 ハッピーバレー競馬場 その1 ~香港マカオへ旅打ち行った~
 シャティン競馬場 その1 ~そして香港に戻る~
 タイパ競馬場 その1 ~ひとまずマカオ競馬へ~
 セランゴール競馬場 その1~いざマレーシア競馬~
 フートー競馬場 その1 〜さらにベトナム競馬へ〜



*釜山慶南競馬場に関する記事は以下にもあります。

 釜山慶南競馬場 その1 ~プサンに競馬しにいくぞ~
 釜山慶南競馬場 その2 ~釜山慶南競馬場 アクセス~
 釜山慶南競馬場 その3 ~レッツランパーク釜山慶南~
 釜山慶南競馬場 その4 ~競馬新聞と入場券~
 釜山慶南競馬場 その5 ~スタンド手前の憩い空間~
 釜山慶南競馬場 その6 ~釜山慶南競馬場 パドック~
 釜山慶南競馬場 その7 ~馬券の買い方~
 釜山慶南競馬場 その8 ~釜山競馬を予想してみるぞ~
 釜山慶南競馬場 その9 ~いざ勝負!釜山ギョンナム!~
 釜山慶南競馬場 その10 ~スタンド1階のジベタリアン~
 釜山慶南競馬場 その11 ~スタンド3階・2階~
 釜山慶南競馬場 その12 ~屋外席とスタンド周辺~
 釜山慶南競馬場 その13 ~釜山慶南競馬場 グルメ~
 釜山慶南競馬場 その14 ~何故か釜山でコリアンダービー~


PR
そうだ 競馬、行こう。
ブログ内検索


















プロフィール
HN:
荷桁勇矢   
性別:
男性
職業:
若隠居   
趣味:
逃げ   
このブログについて
 このブログは「そこに競馬があるから」といいます。
 競馬場巡りに魅せられてしまった筆者、荷桁勇矢(にげた ゆうや)が、日本の競馬場、海外の競馬場を訪れながらその様子をご紹介して行くブログです。
 紹介している競馬場の情報は訪問当時のものですので、競馬場に行かれる際は最新の情報をご確認のうえ、自己責任で行っていただきますようお願いいたします。
 またこのサイトの写真や文章は基本的に無断で使用されると困るのですが、もしどうしてもという方は荷桁までご連絡ください。そのほかご指摘やご質問がある方も荷桁まで直接ご連絡ください。コメント欄は管理が面倒そうなので当分オープンにはしないつもりです。悪しからず。

連絡先:
nigetayuyaあっとgmail.com
ツイッター:
https://twitter.com/YuyaNigeta
Flickr:
http://www.flickr.com/photos/nigeta/
競馬本紹介ブログ始めました。
荷桁勇矢の競馬本ガイド









忍者ブログ [PR]