釜山慶南競馬場 その9 ~いざ勝負!釜山ギョンナム!~ そこに競馬があるから 忍者ブログ
日本国内、海外の競馬場の訪問記です。こんなことしてていいのかなあ。でもやめられない。

そこに競馬があるから > 釜山慶南競馬場 > 釜山慶南競馬場 その9 ~いざ勝負!釜山ギョンナム!~

釜山慶南競馬場の直線の攻防
釜山慶南競馬場の直線の攻防



*釜山慶南競馬場レポートの続編です。
初めからお読みになる方は釜山慶南競馬場レポートその1からどうぞ。








 さて、今回も釜山慶南競馬場の訪問記を続けてまいりたいと思います。



 何だかんだ9回目のレポートになってしまいましたが、ここでようやくレースの方を見て行きたいと思います。



 このあと詳しく説明してまいりますが、釜山慶南競馬場は比較的新しい競馬場なので、けっこう立派な走路をしていて、レースもなかなかエキサイティングだ。そのあたりを是非イメージしていただきながら読んでいただけますと幸いでございます...


釜山慶南競馬場の走路



 さて、っつーわけで、予想をして馬券を買ったらさっそく外に出てご観戦だコノヤロー。



 どうだいこの天気のよさ。こういうところに日頃の行いのよさが滲み出てしまうぜ。まあ、その分、無料送迎バスに乗れなかったりはしているけどな。



 釜山慶南競馬場は2002年に開催された馬術アジア大会の会場を改装し、2005年9月にオープンしたという経緯がある。荷桁が訪問したときでも、まだオープンから12年も経っていないという、かなり新しい競馬場である。



 アクセスの段でも少し触れたが、立地している江西区は釜山の中でもかなり郊外にあたり、こういう施設をいきなりどかんと建てるにはある意味持って来いだったのだろう。








 一応、航空写真も用意してみた。



 韓国の競馬というと「日本の地方競馬みたいなもんでしょ?」などと言う人もいるかもしれないが、驚くなかれ、釜山慶南競馬場の一周の長さは2000m。大井競馬場や盛岡競馬場なんかよりはるかに大きく、むしろあの府中より少し小さいくらいの大きさなのだ。ダートコースで釜山慶南競馬場より立派なコースは日本にはないということになる。こんなことを言っては失礼なのだが、意外とちゃんとしているのだ。左回りで直線は460メートルだ。



 ちなみに韓国内で言うと、ソウル競馬場が一周1800mなので韓国内においても釜山慶南競馬場はコースの大きさという意味では最大の競馬場なのだ。そんな巨大な競馬場の外周を送迎バスに乗れなかったがために延々と歩かされた荷桁に対して、みんなもっと同情してくれていいんだぜ。





釜山慶南競馬場のスタンド



 スタンドはこのとおり清潔感がある感じでなかなかよろしい。タバコは喫煙所以外では吸っていけないというのも非喫煙者にはポイントである。



 かつて訪れたソウル競馬場は人がムチャクチャ多く、かなりの鉄火場感があったが、釜山の場合はアクセスの問題もあってか、ムチャクチャ人が多いわけでもなく比較的穏やかにレース観戦ができたぞ。以前のレポートでも述べたが、この日のソウル競馬場のメインレースはコリアンダービーなので、場外とは言え釜山もそれなりの動員であったはずだ。それでもまあこの程度で済んでいるということであれば、普段はかなり快適な感じでレース観戦ができるのかもしれない。




釜山慶南競馬場の本馬場入場



 さて、そうこうしている間に本馬場入場である。何やら大仰なゲートをくぐって各馬が馬場へと入っていく。そういえば日本では本馬場入場の通路にはこういうゲートはあまり見かけませんなあ。




釜山慶南競馬場の返し馬


釜山慶南競馬場の返し馬



 そして返し馬。



 日本のように外ラチいっぱいを歩かせたりという例はあまりなかったが、無難に返し馬をこなしている感じであった。




釜山慶南競馬場のターフビジョン



 さて、発走時間が近づくと、ファンファーレ的な音楽が鳴り、ターフビジョンがスタート地点へと切り替わる。見てのとおりの巨大なマルチターフビジョンで素晴らしい。ん?芝コースがないからダートビジョンと言ったほうがよいのだろうか?とりあえず「マルチビジョン」としておこう。



 先ほども申し上げたとおり、釜山慶南競馬場は一周が2000mと巨大だ。この日のレースは短いレースが多かったので、スタート地点は遠いところがほとんどで、レースを見る際はこのマルチビジョンに基本的にはお世話になる。




釜山慶南競馬場の直線の攻防



 さて、スタートしてビジョンでレースを見ていると、そのうち左側から馬たちがやってくる。お客はまだほとんどがビジョンを見ているので何だか間抜けな感じがするが、まあ仕方ないだろう。




釜山慶南競馬場の直線の攻防


釜山慶南競馬場の直線の攻防



 直線の攻防はなかなかのものだ。先ほども言った通り、釜山慶南競馬場の直線は460メートル。日本で言うと阪神競馬場の芝外回りと同じくらいの長さがある。坂はなく平坦コースだが、意外と追込が効き、直線一気もまま起こるコースである。




釜山慶南競馬場の直線のラスト


釜山慶南競馬場のゴールシーン



 ラスト1ハロンのあたりでスタンドの前に到達して、そのままゴールとなる。




釜山慶南競馬場のレースを終えた馬



 レースが終わると、騎手だけが下馬して検量に向かい、馬は馬で走路脇の馬道を通って厩舎エリアに引き上げるというちょっと変わったスタイルが取られている。馬を見るのが好きな人にはいいかもしれませんな。




釜山慶南競馬場のレース結果



 そんなでもってレースが終わるとビジョンに着順が出て、払い戻しが出ると、こういう流れである。まあこのあたりは万国共通でございますな。



 まあこんな感じで白熱したレースが進んでいく訳でございます。



 数が少ないので何とも言えないが、見た感じの馬場の傾向としては逃げも残るし、追い込みも利くしという感じで、ある意味では偏りがなく、馬の力どおりになりそうな雰囲気はあった。



 馬券の傾向としては、まずシンガリ人気の馬は来ず、基本的には上位人気馬同士で決まることが多いが、佐賀や名古屋のように1番人気がすんなり頭でバンバンくるほどの単純さはない。ぐりぐりの馬でも普通にポーンと飛んだりはするので軸選びはけっこう難解だ。ただ相手も大穴が来ない以上、そんなに配当が跳ね上がる訳でもないので、プラスにしようと思うと、相手もある程度狙って絞っていく必要がある。そこもまたむつかしさであろうか。



 すごく単純に表現してしまうと、当てるのはさほど難しくないが、儲けようと思うと難しい競馬場という風情である。




釜山慶南競馬場での荷桁の馬券



 荷桁はこの日、ソウル場外も含めて計6レースに手を出して、小当たりが2回のマイナス▲75300ウォンで終了。当初は人気馬から流していたが、どうも配当が渋く、穴の複勝などを試行してみたもののあまりうまくいかず、結局パターンを作れずに自滅してしまったという感じである。。。今思い返しても下手を打ったのう・・・。




釜山慶南競馬場でのUさんの馬券



 一方同行者のUさんは「どうせ訳わからんから」と言いながら、新聞の推奨馬をひたすらボックスで買い続けていたところ、そこそこ当たって、結局トントンくらいでフィニッシュしている。そこからもう少し絞れればプラ転もしそうな風情であった。うーん無欲の勝利である。



 っつーわけで釜山慶南競馬場の馬券はやや渋い結果に終わったものの何となくコツ的なものもつかむことができたので、次回こそはリベンジをはかりたいところだ。




 さて、少し長くなってまいりましたが、次回以降も釜山慶南競馬場のレポートを続けてまいりますのでもうしばらくお付き合いいただけますと幸いでございます・・・。




 



>>釜山慶南競馬場レポートその10へ






*この競馬場が好きな方はこちらの競馬場もお好きだと思われます。

 ソウル競馬場 その1 〜韓国競馬に手を出すぞ〜
 ハッピーバレー競馬場 その1 ~香港マカオへ旅打ち行った~
 シャティン競馬場 その1 ~そして香港に戻る~
 タイパ競馬場 その1 ~ひとまずマカオ競馬へ~
 セランゴール競馬場 その1~いざマレーシア競馬~
 フートー競馬場 その1 〜さらにベトナム競馬へ〜



*釜山慶南競馬場に関する記事は以下にもあります。

 釜山慶南競馬場 その1 ~プサンに競馬しにいくぞ~
 釜山慶南競馬場 その2 ~釜山慶南競馬場 アクセス~
 釜山慶南競馬場 その3 ~レッツランパーク釜山慶南~
 釜山慶南競馬場 その4 ~競馬新聞と入場券~
 釜山慶南競馬場 その5 ~スタンド手前の憩い空間~
 釜山慶南競馬場 その6 ~釜山慶南競馬場 パドック~
 釜山慶南競馬場 その7 ~馬券の買い方~
 釜山慶南競馬場 その8 ~釜山競馬を予想してみるぞ~
 釜山慶南競馬場 その9 ~いざ勝負!釜山ギョンナム!~
 釜山慶南競馬場 その10 ~スタンド1階のジベタリアン~
 釜山慶南競馬場 その11 ~スタンド3階・2階~
 釜山慶南競馬場 その12 ~屋外席とスタンド周辺~
 釜山慶南競馬場 その13 ~釜山慶南競馬場 グルメ~
 釜山慶南競馬場 その14 ~何故か釜山でコリアンダービー~


PR
そうだ 競馬、行こう。
ブログ内検索


















プロフィール
HN:
荷桁勇矢   
性別:
男性
職業:
若隠居   
趣味:
逃げ   
このブログについて
 このブログは「そこに競馬があるから」といいます。
 競馬場巡りに魅せられてしまった筆者、荷桁勇矢(にげた ゆうや)が、日本の競馬場、海外の競馬場を訪れながらその様子をご紹介して行くブログです。
 紹介している競馬場の情報は訪問当時のものですので、競馬場に行かれる際は最新の情報をご確認のうえ、自己責任で行っていただきますようお願いいたします。
 またこのサイトの写真や文章は基本的に無断で使用されると困るのですが、もしどうしてもという方は荷桁までご連絡ください。そのほかご指摘やご質問がある方も荷桁まで直接ご連絡ください。コメント欄は管理が面倒そうなので当分オープンにはしないつもりです。悪しからず。

連絡先:
nigetayuyaあっとgmail.com
ツイッター:
https://twitter.com/YuyaNigeta
Flickr:
http://www.flickr.com/photos/nigeta/
競馬本紹介ブログ始めました。
荷桁勇矢の競馬本ガイド









忍者ブログ [PR]