門別競馬場 その6 ~門別競馬場 スタンド徘徊~ そこに競馬があるから 忍者ブログ
日本国内、海外の競馬場の訪問記です。こんなことしてていいのかなあ。でもやめられない。

そこに競馬があるから > 門別競馬場 > 門別競馬場 その6 ~門別競馬場 スタンド徘徊~

門別競馬場
門別競馬場スタンド



*門別競馬場レポートの続編です。
初めからお読みになる方はこちらからどうぞ。




 さて、レースの合間にはやはり門別競馬場のスタンドも見て回らねばなるまい。

 とは言え、過去のレポートでも触れたように門別競馬場はコンパクトさが特徴でもある競馬場であるため、そのあたりも意識していただきながらレポートをご覧いただけると幸いである。


 冒頭の写真は門別競馬場のスタンドを見上げたものである。右手がその名もストレートに「スタンド」、左手奥が「ポラリス☆ドーム」である...




 まずはスタンドのほうから見て行こう。
 

 スタンドというのは公式サイトでも「スタンド」という名称で扱われており、本当にただ「スタンド」と呼ばれている建造物のようだ。府中のように「フジビュースタンド」と愛称がついていたり、浦和や大井のように「1号スタンド」のように識別されているようなこともない。あくまで「スタンド」である。


 ウィキペディアでは「在来スタンド」という表記になっている。ポラリス☆ドームのほうが後でできているためこうなっているのであろうが・・・まあ、ここはスタンドで通そう。



門別競馬場


 パドック側からスタンドへ入ることにしよう。


 ややスタンドが小さく見えるのは、門別競馬場の構造として、パドック側の土地高くコースのほうが低くなっているので、パドック側からスタンドに入ると、ちょうど上の階に入るようなイメージになるのである。

 

門別競馬場
 

 スタンドの中はこんな感じである。


 ともかく比較的新しいスタンドだし、あまり汚すような人も集まらないのか、それなりに清潔で快適度が高いスタンドであるというのが第一印象。ソファーが多く、腰かけながらオッズを見てマークシートが塗れるのもポイントが高い。


 浦和の3号スタンドがそのまま綺麗に使われていたらこんな感じだったかもしれないな、という印象だ。え?例えがマニアックすぎる?そういうブログなんで勘弁してくださいよ!



門別競馬場


 スタンドからの眺望は素晴らしい。ガラス張りで障害物もない。寒い時期でも多くの人に楽しんでいただけるような配慮だろうか。


 門別競馬場には珍しいことに特観席や有料席が存在していないが、それもそのはず観戦にはこれで十分だし、そんなのを作って快適性を確保せずとも、もともとそんなに混雑もしないので問題ないだろう。入場料も無料だし、とにかく現地に来てくれる人には良心的であるな。



門別競馬場



 さて、もう一つある建物が「ポラリス☆ドーム」。2009年3月に増設されたスタンドだ。ポラリスとは北極星という意味で、なかなかしゃれたネーミングである。若干、つのだ☆ひろを想起させなくもないが、スタンドが快適に観戦する正統派な観戦ゾーンだとすると、ポラリスドームはみんなでワイワイいいながらレジャーっぽく観戦できるゾーンとでも言おうか。



門別競馬場


 ドームと言う名前はついているが、中身はこんな感じ。まあ、ドームっちゃドームか。


 小ぢんまりとはしているが、なかなか大きな画面もありこちらも快適だ。地方競馬場は暗いところが多いが、ここでは自然光を取り入れているので明るくいい感じ。



門別競馬場



 券売機もちゃんとしていて、ストレスなく買える。家族連れやカップルはこちらに多いため、雰囲気も明るい。



門別競馬場


 ポラリスドーム側の観覧席は屋外となっている。今回のような夏場に行くと涼しくてちょうどいい環境だ。観光で行くのであれば、やはり生観戦といきたいところなので、荷桁は門別競馬場での時間のほとんどをこちらで過ごした。


 門別競馬場の施設はだいたいこんな感じである。もともとスタンドは2つしかないし、2つともほぼワンフロアな感じなので、これと言って何を紹介するというものもない。パドックも含めて5分もあればぐるりとまわれてしまうくらいのコンパクトさである。


門別競馬場


 敢えてほかの建物を挙げるなら、こちらの建物か。


 ポラリス☆ドームとスタンドの間にある北海道馬主会の建物だ。特に足を踏み入れることもない建物だが、一応ひっそりと競馬場内に存在している。


 北海道馬主会自体の活動内容はよく分からないが、たまにレースの協賛もしている。特にどうでもいい話なので忘れていただいて結構である。



 ・・・淡白なレポートが続いておりますが、仕方ないでしょう、こういう競馬場なんですから!


 次回も門別競馬場の話をば。



 


>>門別競馬場レポートその7へ





*この競馬場が好きな方はこちらの競馬場もお好きだと思われます。

 函館競馬場 その1 ~苫小牧をぶらつく~ 
 札幌競馬場 その1 ~北のシティ競馬~
 福島競馬場 その1 ~福島上陸~
 旭川競馬場 その1 ~北に競馬があるから~
 帯広競馬場 その1 ~富良野をぬけて帯広へ~



*門別競馬場に関する記事は以下にもあります。

 門別競馬場 その1 ~競走馬のふるさとへ~
 門別競馬場 その2 ~門別競馬場 アクセス~
 門別競馬場 その3 ~開催日にはジンギスカンを~
 門別競馬場 その4 ~門別競馬場 パドック~
 門別競馬場 その5 ~門別競馬場 パドック~
 門別競馬場 その6 ~門別競馬場 スタンド徘徊~
 門別競馬場 その7 ~門別競馬場 グルメ~
 門別競馬場 その8 ~勝手に門別騎手名鑑その1~
 門別競馬場 その9 ~勝手に門別騎手名鑑その2~
 門別競馬場 その10 ~勝手に門別騎手名鑑その3~
 門別競馬場 その11 ~グランシャリオナイター~







PR
そうだ 競馬、行こう。
ブログ内検索
















プロフィール
HN:
荷桁勇矢   
性別:
男性
職業:
若隠居   
趣味:
逃げ   
このサイトについて
 このサイトは「そこに競馬があるから」といいます。
 競馬場巡りに魅せられてしまった筆者、荷桁勇矢が、日本の競馬場、海外の競馬場を訪れながらその様子をご紹介して行くサイトです。
 紹介している競馬場の情報は訪問当時のものですので、競馬場に行かれる際は最新の情報をご確認のうえ、自己責任で行っていただきますようお願いいたします。
 またこのサイトの写真や文章は基本的に無断で使用されると困るのですが、もしどうしてもという方は荷桁までご連絡ください。そのほかご指摘やご質問がある方も荷桁まで直接ご連絡ください。コメント欄は管理が面倒そうなので当分オープンにはしないつもりです。悪しからず。

連絡先:
nigetayuyaあっとgmail.com
ツイッター:
https://twitter.com/YuyaNigeta
Flickr:
http://www.flickr.com/photos/nigeta/
競馬本紹介ブログ始めました。
荷桁勇矢の競馬本ガイド









忍者ブログ [PR]