ソウル競馬場 その3 〜どこか日本っぽい競馬場〜 そこに競馬があるから 忍者ブログ
日本国内、海外の競馬場の訪問記です。こんなことしてていいのかなあ。でもやめられない。

そこに競馬があるから > ソウル競馬場 > ソウル競馬場 その3 〜どこか日本っぽい競馬場〜

Seoul Race Park 서울경마공원 ソウル競馬場
ソウル競馬場入場門。さあゲームのはじまりだ。


*ソウル競馬場レポートの続編です。
初めからお読みになる方はソウル競馬場レポートその1からどうぞ。





 さて、さて気合いを入れてソウル競馬場の3回目のレポートといきましょう。


 地下鉄を乗り継いで競馬公園駅までたどり着き、屋根付きのコンコースを歩いていくといよいよ今回の目的地であるソウル競馬場のゲートに到着する。


 入場料は900ウォン。訪問時のレートが100ウォン=7円くらいのときだったので70円弱くらいか。為替レートがよかった時期というのもあったにしろ、安くて結構なことだ。韓国はこういうちょっとした物が安いんだよな...



Seoul Race Park 서울경마공원 ソウル競馬場


 ちなみに、入場門の脇にも新聞売り場がある。


 地下鉄駅構内の売り場や、立ち売りの人から買うのはどうも恐ろしいという方がいらっしゃれば(とはいっても別に怖い人はいない)、ここでゆっくり買うのも手だろう。


Seoul Race Park 서울경마공원 ソウル競馬場


 入場料を払って、中に入ると、そこは楽しいソウル競馬場である。



 中に入ってみてびっくり。これまで、海外で多くの競馬場に訪れてきたが、ご覧のとおり、この競馬場は非常に日本っぽい雰囲気につつまれている。



 「ここがリニューアルした中京競馬場です」とかいう嘘をついたら、だまされる人がいるのではないだろうかというレベルだ。外壁等の特徴やスタンドの構造のそれっぽさもかなり日本の競馬場に近いので(個人的にはリニューアル前の中京か、淀に近い気がする)、日本の競馬に慣れた我々からしても抵抗なく入る事ができるだろう。

 
 客層も、競馬オヤジを中心に、家族連れ、カップル、若者などかなり幅広く多岐に渡っている。



 これまで見てきたマレーシアのセランゴールやペナンがかなり競馬オヤジの巣窟だったことを思うと「違うなあ」と感じざるを得ない。



Seoul Race Park 서울경마공원 ソウル競馬場
こういうのって絶対地方競馬行くとあるんだよな、と思ってたら韓国にもあってびっくり。さすがに顔出すやつは見当たらなかった。


 写真の通り、子どももたくさん遊びにきている。



 韓国の競馬場ということは日本の地方競馬場のような客層かななどと予想していたが、土曜開催ということもあってか日本の地方競馬なんかよりよっぽど若い世代を取り込めているような印象。

 日本でいうと中央ローカルの夏開催のような客層というと分かる人には分かるかもしれない。



 もちろんメインコンテンツは競馬なのだが、それだけでなく奥さんや子どもを連れて行くちょっとしたレジャーとして捉えられている感じが充分にする。かといって遊具や屋台がふんだんにあって女子どもに媚びているとかいう雰囲気でもないので、しっかりとKRAがイメージ作りをしてきた結果なのだろう。



 少なくともオヤジたちの賭博場と一蹴されてしまうことはまずなさそうだ。まあオヤジたちの賭博場だったら賭博場だったでおもしろいからいいんだけどw



 Seoul Race Park 서울경마공원 ソウル競馬場


 ちなみに、こちらはスタンドの前でやたらと目をひいた銅像。


 往年の名騎手なのだろうか、畏怖堂々たるお姿だ。しかし、背後にある若干不気味な馬の頭とその下のりんごが何なのかは不明だ。



 もしかしたら名騎手をたたえているわけではなく、人馬ともに歩むぞ!的なKRAの理念的なものを表現しているのかもしれないな(もっともらしいこと言ってますが根拠のない非常に適当な発言であり、同時にまったくりんごがある説明にもなっておりません)。


 
 いろいろ脱線したものの、何はともあれ、入場すると共にいきなり日本人が慣れ親しんだ雰囲気に似た競馬場ということで、楽しい感じだ。



 まわりは韓国人ばかりだし、放送も何言ってるかさっぱり分からないし、字も読めないわけだがなんとなくアウェーな感じにはならないので不思議だ。

 
 次回以降、さらにソウル競馬場に分け入っていきたいと思います・・・。


 


>>ソウル競馬場レポートその4へ



*この競馬場が好きな方はこちらの競馬場もお好きだと思われます。

 セランゴール競馬場 その1 ~いざマレーシア競馬~
 フートー競馬場 その1 〜さらにベトナム競馬へ〜
 ムーニーバレー競馬場 その1 ~オーストラリア競馬~
 マルサ競馬場 その1 〜いざ地中海競馬へ〜
 ガルフストリームパーク競馬場 その1 〜アメリカ競馬事始〜
 クランジ競馬場 その1 ~いきなりお詫びのシンガポール競馬~



*ソウル競馬場に関する記事は以下にもあります。

 ソウル競馬場 その1 〜韓国競馬に手を出すぞ〜
 ソウル競馬場 その2 〜地下鉄に乗って競馬場へ〜
 ソウル競馬場 その3 〜どこか日本っぽい競馬場〜
 ソウル競馬場 その4 〜まずはパドックへ〜
 ソウル競馬場 その5 〜韓国女性騎手事情〜
 ソウル競馬場 その6 〜ソウル競馬 馬券購入方法〜
 ソウル競馬場 その7 〜ダート一本のでっかい競馬場〜
 ソウル競馬場 その8 〜ソウル競馬攻略〜
 ソウル競馬場 その9 〜とりあえず徘徊〜
 ソウル競馬場 その10 〜スタンドの裏手には〜
 ソウル競馬場 その11 〜突如の歌謡ショー〜
 ソウル競馬場 その12 〜ソウル競馬場グルメ〜
 ソウル競馬場 その13 〜ソウル競馬場ナイター〜


PR
そうだ 競馬、行こう。
ブログ内検索


















プロフィール
HN:
荷桁勇矢   
性別:
男性
職業:
若隠居   
趣味:
逃げ   
このブログについて
 このブログは「そこに競馬があるから」といいます。
 競馬場巡りに魅せられてしまった筆者、荷桁勇矢(にげた ゆうや)が、日本の競馬場、海外の競馬場を訪れながらその様子をご紹介して行くブログです。
 紹介している競馬場の情報は訪問当時のものですので、競馬場に行かれる際は最新の情報をご確認のうえ、自己責任で行っていただきますようお願いいたします。
 またこのサイトの写真や文章は基本的に無断で使用されると困るのですが、もしどうしてもという方は荷桁までご連絡ください。そのほかご指摘やご質問がある方も荷桁まで直接ご連絡ください。コメント欄は管理が面倒そうなので当分オープンにはしないつもりです。悪しからず。

連絡先:
nigetayuyaあっとgmail.com
ツイッター:
https://twitter.com/YuyaNigeta
Flickr:
http://www.flickr.com/photos/nigeta/
競馬本紹介ブログ始めました。
荷桁勇矢の競馬本ガイド









忍者ブログ [PR]