ニコシア競馬場 その13 〜スタンドを徘徊しよう〜 そこに競馬があるから 忍者ブログ
日本国内、海外の競馬場の訪問記です。こんなことしてていいのかなあ。でもやめられない。

そこに競馬があるから > ニコシア競馬場 > ニコシア競馬場 その13 〜スタンドを徘徊しよう〜

Nicosia Race Course
ニコシア競馬場スタンド


*ニコシア競馬場レポートの続編です。
初めからお読みになる方はこちらからどうぞ。



 さて、27分間隔を忠実に守りながらレースが進むニコシア競馬場だが、正直キプロスの馬なんて見ていてもよくわからないので、馬券の買い目はさっさと適当に決めてしまうことが多くなってきた。そうすると必然的に時間を持て余すことになる。今回はその持て余した時間を使ってニコシア競馬場のスタンドをいろいろと徘徊したのでそのときの様子をご紹介していこう...

Nicosia Race Course


 こちらがニコシア競馬場スタンド全景である。

 手前の大きな屋根がついているいかにも競馬場のスタンドという趣のあるほうが、すべて無料の一般席が占めるメインスタンドだ。そして奥のコンクリート作りの建物が2階部分から上が有料席になっているスタンドである。


Nicosia Race Course


 では無料のスタンドから見ていこう。

 こちらのスタンドはご覧のとおりフツーの競馬場のスタンドですといった趣が漂っている。席は上のほうにしかなく、下の方はコンクリートの打ちっぱなしという構造になっていてまあ珍しいっちゃめずらしい。


Nicosia Race Course


 よって打ちっぱなし部分では必然的に立ち見の人が多くなる。コースの手前にやたらと植物が植わっているので4角部分を中心に立たないと見づらいという事情はあるのだが。
 このあたりで叫びまくればあなたも立派なニコシア競馬オヤジである。



Nicosia Race Course


 スタンドには大きな屋根がせりだすような形でついているので、日光および雨を遮るという点ではかなり重宝する。キプロスも地中海の国。ちょっと行けばシリアやエジプトといった立地の国なのでこの時期の日中はかなり気温が上がる。日光の遮断は非常に重要なのである。


 ちょっと光が透ける素材ということで場内が不気味に暗くなる事もなく、なかなかセンスがいい。この素材日本でも使っているとこあるんだろうか。



Nicosia Race Course


 続いて内部に移ろう。

 このスタンドの1階部分は以前にご紹介したように、やや広いベットスペースになっている。ご覧の通りモニターがあって、穴場もあって、いわゆる競馬場らしい光景だと言えよう。このあたりはまさに万国共通の空間だ。

 事務室や警備本部などもありニコシア競馬場のコンコース的な役割を果たしていると言えよう(さすがに警備室の写真は撮れんかった)。


 やや薄暗く、いかにも鉄火場といった風情だが、ベンチも多く、一応ヨーロッパということもあってか、しっかりと建物内禁煙にもなっているので環境的には非常に快適である。


 書いているうちにボリュームが出てきてしまったので、さらなる徘徊の様子はまた次回にご紹介していこう・・・





>>ニコシア競馬場その14へ




*この競馬場が好きな方はこちらの競馬場もお好きだと思われます。

 セランゴール競馬場 その1~いざマレーシア競馬~
 ソウル競馬場 その1 〜韓国競馬に手を出すぞ〜
 ペナン競馬場 その1 ~再びマレーシア競馬へ~
 クランジ競馬場 その1 ~いきなりお詫び~
 マルサ競馬場 その1 〜いざ地中海競馬へ〜
 ムーニーバレー競馬場 その1 ~オーストラリア競馬~


*ニコシア競馬場に関する記事は以下にもあります。

 ニコシア競馬場 その1 〜空路キプロスへ〜
 ニコシア競馬場 その2 ~キプロス島~
 ニコシア競馬場 その3~ニコシア競馬場に到着~
 ニコシア競馬場 その4 ~いざ敷地内へ~
 ニコシア競馬場 その5 〜ニコシアの鉄火場~
 ニコシア競馬場 その6 〜まがりくねったパドック~
 ニコシア競馬場 その7 〜いろいろな人々~
 ニコシア競馬場 その8 〜双眼鏡を使うんだ〜
 ニコシア競馬場 その9 〜キプロス産馬〜
 ニコシア競馬場 その10 〜コースが狭い〜
 ニコシア競馬場 その11 〜ニコシアの馬券術〜
 ニコシア競馬場 その12 〜夕焼けのニコシア競馬場〜
 ニコシア競馬場 その13〜スタンドを徘徊しよう〜
 ニコシア競馬場 その14 〜さらにスタンド徘徊〜
 ニコシア競馬場 その15 〜ニコシア競馬場グルメ〜
 ニコシア競馬場 その16 〜日暮れの競馬場〜
 ニコシア競馬場 その17 〜ニコシア競馬場ナイター〜


PR
そうだ 競馬、行こう。
ブログ内検索
















プロフィール
HN:
荷桁勇矢   
性別:
男性
職業:
若隠居   
趣味:
逃げ   
このサイトについて
 このサイトは「そこに競馬があるから」といいます。
 競馬場巡りに魅せられてしまった筆者、荷桁勇矢が、日本の競馬場、海外の競馬場を訪れながらその様子をご紹介して行くサイトです。
 紹介している競馬場の情報は訪問当時のものですので、競馬場に行かれる際は最新の情報をご確認のうえ、自己責任で行っていただきますようお願いいたします。
 またこのサイトの写真や文章は基本的に無断で使用されると困るのですが、もしどうしてもという方は荷桁までご連絡ください。そのほかご指摘やご質問がある方も荷桁まで直接ご連絡ください。コメント欄は管理が面倒そうなので当分オープンにはしないつもりです。悪しからず。

連絡先:
nigetayuyaあっとgmail.com
ツイッター:
https://twitter.com/YuyaNigeta
Flickr:
http://www.flickr.com/photos/nigeta/
競馬本紹介ブログ始めました。
荷桁勇矢の競馬本ガイド









忍者ブログ [PR]