フェアグラウンズ競馬場 その4 〜んでもってマルディグラ〜 そこに競馬があるから 忍者ブログ
日本国内、海外の競馬場の訪問記です。こんなことしてていいのかなあ。でもやめられない。

そこに競馬があるから > フェアグラウンズ競馬場 > フェアグラウンズ競馬場 その4 〜んでもってマルディグラ〜

フェアグランズ競馬場 パドック
フェアグラウンズ競馬場 パドック


*フェアグラウンズ競馬場レポートの続編です。
初めからお読みになる方はこちらからどうぞ。



 さて、ニューオーリンズはフェアグラウンズ競馬場のレポートも4回目を迎えました。

 冒頭の写真は、フェアグラウンズ競馬場のパドック。いつもであれば最初の方にパドックを紹介するのだが、今回はパドックで締めよう...

フェアグラウンズ競馬場


 フェアグラウンズ競馬場のパドックはスタンドのすぐ裏手にある。
 ガルフストリームパーク同様、スタンドからも、すぐ脇からも見やすいデザインで、すこぶる賑やかしい。




 馬房っぽいものがついている。ここで待機していて、レースが近づくと周回を始めるのである。



フェアグラウンズ競馬場


 写真のように、騎手や馬主が談笑しながら立っているのもアメリカンスタイルで、いい感じ。日本の騎手は多くが無表情だし、パドックに来るまでゆっくりしているし、出てきても気だるそうな感じなのだが、アメリカの騎手たちは実によくしゃべる。
 会話の内容が理解できたらひょっとかすると馬券の役にも立つのかも知れないが、全然聞き取れませんでした・・・。


 実は訪問した日はこれまた狙ったわけではないのに「フェアグラウンズ・ハンデキャップ」なるG3が行われる日だったのだが、さすがにここまで来ると知っているような騎手もいなかった。



フェアグランズ競馬場

 この競馬場でちょっとおもしろいのはパドックを周回した馬がコースに出る際に地下通路などに潜らず、そのままスタンド内をつっきっていくことだ。


 写真でいうと、誘導馬の向かうところに、スタンドからコースへつながる通路がある。そこを馬が通るときだけ、ロープが張られ、人が行き来できないようになるのだ。
 人が多いときはやや通行に難儀するが、それもまたよし。


フェアグラウンズ競馬場


 通路内はこんな感じ。きっと地下通路などがあったほうが、何かといいのだろうけど、伝統ある競馬場だけに、古くからのスタイルが生きているのはいいことだと思います。


 最後が少し駆け足になりましたが、いかがでしたでしょうかフェアグラウンズ競馬場。古い競馬場ではありますが、陽気で楽しい競馬場です。現地のみなさんに混じって、思いっきり騒げます。ニューオーリンズ観光の際に開催していたら是非足を伸ばしてみてください。



 さてここまでは競馬場レポートですが、この時期のニューオーリンズで「騒ぐ」と言えば、忘れてはならないイベントがあります。

 そう!「マルディグラ」です!
 
 マルディグラ、とはカトリックの年中行事に由来する祭りである。カトリックには四旬節という、イエス・キリストの受難に心をはせるために行う食事制限(具体的には食肉の禁止など)をしたり、快楽を自粛したりする禁欲期間がある。そんな四旬節に入る直前に「自粛の前だからぱーっと騒ごう!」というお祭りがマルディグラである。(厳密に言うと、マルディグラとは四旬節に入る直前の日のことをいうのだが、観光ガイドなどはお祭りしている期間自体をマルディグラとざっくり呼んでいることが多い。)

 マルディグラのお祭りはいろいろな街にあるのだが、ニューオーリンズで行われるそれは特に有名で、リオのカーニバルにも並び評される規模をもっているんだそうな。

 *ニューオーリンズ・マルディグラという項目がウィキにあるので、詳しくはそこを読んでください。


 んで、2009年のマルディグラは2月24日だったのだが、荷桁がフェアグラウンズ競馬場に訪問した2009年2月3日はちょうどマルディグラの3週間前のパレードの日に当たったのである。

 実は荷桁もSもマルディグラなんてお祭り、着いて観光案内所で聞くまでまったく知らなかったのだが(これマジで。知っていたら、24日前後に行ってます)、この偶然にのっからない手はない。

 というわけで、この日の夜は市内中心街でマルディグラのパレードを見物したのである。


マルディグラ

マルディグラ

マルディグラ


 これがほんとにバカで卑猥でおもしろい!

 このお祭りは基本的に「ヒョー声」を上げながら、仮装や張りぼてを引き連れたパレードの人たちと共にバカ騒ぎをするだけのお祭りである。
 写真のようにおかしな人々や、楽団、そして卑猥な張りぼてがどんどん通るので、音楽に合わせて踊ったり、一緒に奇声を発していればOKである。




 ときおりパレードの人たちからこんなビーズがばらまかれる。マルディグラに来たらこれをゲットするんだと現地人が言っていた。確かに、みんな先を争ってばらまかれたビーズを取りに行くのだが、これを身につけると何があるのかとかはよくわかりません・・・。

 
 いやしかし、こんなバカなお祭りがある土地だから、競馬場もあんな感じなのだな、とはっきり分かった気がする。

 やはり競馬場はその土地を写す鏡だ。めちゃくちゃバカな国だけどめちゃくちゃおもしろいなあアメリカ。






>>次の記事へ




*この競馬場が好きな方はこちらの競馬場もお好きだと思われます。

 セランゴール競馬場 その1~いざマレーシア競馬~
 ソウル競馬場 その1 〜韓国競馬に手を出すぞ〜
 ペナン競馬場 その1 ~再びマレーシア競馬へ~
 クランジ競馬場 その1 ~いきなりお詫び~
 マルサ競馬場 その1 〜いざ地中海競馬へ〜
 ムーニーバレー競馬場 その1 ~オーストラリア競馬~


*アメリカの競馬場に関する記事は以下にもあります。

 ガルフストリームパーク競馬場 その1 〜アメリカ競馬事始〜
 ガルフストリームパーク競馬場 その2 〜いざフロリダ競馬〜
 ガルフストリームパーク競馬場 その3 〜幸せなパドック〜
 ガルフストリームパーク競馬場 その4 〜ナチョスを食べながら〜
 ガルフストリームパーク競馬場 その5 〜傾向と馬券について〜
 ガルフストリームパーク競馬場 その6 〜アメリカ競馬事始〜

 ポンパノパーク競馬場 その1 ~アメリカのハーネスレース~
 ポンパノパーク競馬場 その2 〜真夜中の総合ギャンブル場〜
 ポンパノパーク競馬場 その3 〜ハーネスを攻略せよ〜

 フェアグラウンズ競馬場 その1 〜ニューオーリンズに競馬しにきた〜
 フェアグラウンズ競馬場 その2 〜ジャズの聖地で競馬三昧〜
 フェアグラウンズ競馬場 その3 〜叫び騒げ!競馬はショーだ!〜
 フェアグラウンズ競馬場 その4 〜んでもってマルディグラ〜

 ルイジアナダウンズ競馬場 その1 〜競馬旅行の運の尽き〜
 ルイジアナダウンズ競馬場 その2 〜雨のルイジアナダウンズ〜
 ルイジアナダウンズ競馬場 その3 〜クォーターレース〜




PR
そうだ 競馬、行こう。
ブログ内検索


















プロフィール
HN:
荷桁勇矢   
性別:
男性
職業:
若隠居   
趣味:
逃げ   
このブログについて
 このブログは「そこに競馬があるから」といいます。
 競馬場巡りに魅せられてしまった筆者、荷桁勇矢(にげた ゆうや)が、日本の競馬場、海外の競馬場を訪れながらその様子をご紹介して行くブログです。
 紹介している競馬場の情報は訪問当時のものですので、競馬場に行かれる際は最新の情報をご確認のうえ、自己責任で行っていただきますようお願いいたします。
 またこのサイトの写真や文章は基本的に無断で使用されると困るのですが、もしどうしてもという方は荷桁までご連絡ください。そのほかご指摘やご質問がある方も荷桁まで直接ご連絡ください。コメント欄は管理が面倒そうなので当分オープンにはしないつもりです。悪しからず。

連絡先:
nigetayuyaあっとgmail.com
ツイッター:
https://twitter.com/YuyaNigeta
Flickr:
http://www.flickr.com/photos/nigeta/
競馬本紹介ブログ始めました。
荷桁勇矢の競馬本ガイド









忍者ブログ [PR]