ムーニーバレー競馬場 その4 ~プライス~ そこに競馬があるから 忍者ブログ
日本国内、海外の競馬場の訪問記です。こんなことしてていいのかなあ。でもやめられない。

そこに競馬があるから > ムーニーバレー競馬場 > ムーニーバレー競馬場 その4 ~プライス~

ムーニーバレー競馬場
ムーニーバレー競馬場スタンド。若干古めかしい感じがする。


*ムーニーバレー競馬場レポートの続編です。
初めからお読みになる方はこちらからどうぞ。



 ムーニーバレー競馬場のレポートもはや4度目となりました。


 更新する前に、大井のメイン勝島王冠をネット投票して見ていたのだが、最後の最後で戸崎ジョッキーの馬が、大好きと宣言していた金子正彦ジョッキーの豪快な追い込みに差されて外れてしまった・・・。やれやれどこの世界でも浮気してはいけないものですな...


 さて、負けた南関東の話をしていても仕方が無い。ムーニーバレーだ。


 冒頭に掲げたのはムーニーバレー競馬場のスタンド。伝統のG1を行う競馬場にしては小さいような気がしないでもないが、それもまた味というものなのかもしれない。規模としては川崎競馬場のそれくらいの大きさくらいか。


 さあ、馬券も買ったことだし、レースを観戦しよう。


Melbourne


Melbourne


Melbourne



 ムーニーバレー競馬場は直線が173mと、非常に短いコースであることで知られている。その短さたるや日本一短い名古屋競馬場よりも短い。競馬場というと大体、綺麗な楕円形であることが想像されるが、オーストラリアは1つ1つの競馬場の歴史が古く、多くが自然の地形をある程度使ったものなので、綺麗な楕円形であることは、ほとんど無いと言ってもいい。



大きな地図で見る


 グーグルマップから航空写真を拝借したが、こんな感じでほとんど長方形に近いコースなのだ。


 馬券の予想は当たりそうで当たらない。先行できる人気馬がスンナリかと思いきや、案外残れないから不思議だ。


 展開的には直線の前の直線(?)の半ばくらいで残り3ハロンくらいをむかえるので、視覚的にはすごく早く叩き合いが始まっているように見えるというのがここならではの光景。最後の直線に入ると既に残り2ハロンを切っているため、勝負の大勢は決していることが多い。


ムーニーバレー競馬場
ムーニーバレー競馬場直線。ご覧のとおり結構差がつきます。単複が中心だと叫ぶまもなく終わることもしばしば。


 買っている馬が最後の直線まで先頭集団で残っていれば楽しいのだが、そこに関してはまだまだ研究が必要である。何せはじめてのオーストラリアの競馬場で競馬新聞の解読から始めてやっとこさ馬券を購入している状態だったので根拠に基づいて馬券を買えるような状態ではなかったのだ。


 この日は初ブックメーカーということだったので「豪」に従ってほとんど単複で勝負。5倍くらいの単勝が1つ入ったが、あとは押さえで買った2倍くらいの複勝が2つとあまり芳しくない結果に終わった。ただし、同じペースで賭けていればそんなに大負けもしない。こっちの馬券上手い人とか1日5・6レース単勝取ったりするんだろうか・・・。


 余談を少しすると、こっちに来てびっくりしたのが馬券の発音だ。


 単勝=WIN
 複勝=PLACE


 と英語ではなるのだが、PLACEのほうは「プレイス」ではなく「プライス」と発音するのである。確かに、オーストラリア英語では「DAY」を「ダイ」と発音したりするのだが、なるほど実際に聞くとびっくり。馬券購入の際にお役立てください。


 ちなみに荷桁は複勝をくれと言ったら単勝馬券が出てきて自分の英語力にすごくがっくり来てしまったぞ・・・。どうやったら間違えられるんだコンチクショウ・・。


ムーニーバレー競馬場 レストラン


 ちなみにこの日のディナーは安い席で一番おいしそうだったホットドッグに決めた。よく覚えていないが、これで5ドルくらいだったか。チーズ・マスタード・タマネギ・ピクルス全入れ。シンプルだがなかなか美味。


ムーニーバレー競馬場


 こちらは高い席の方々用の食事スペース。ガラス張りだったので、外側から盗撮してみる。ここでワインでも傾けながら競馬を見るのだろうか。そう考えると日本だと席は違えど、観戦スタイルは安い席もVIP席も変わらないから不思議だ。


 そんなこんなで全レースを終了し、競馬場を後にしようとすると、こんなものを発見。


ムーニーバレー競馬場


 かつてMANIKATOという名馬がいたらしく、ウィリアム・レイドステークスという当地で行われる1200mのG1を1979年から5連覇したというすさまじい馬だそうだ。エリモハリアーやメイショウカイドウも真っ青だ。


 さて、オーストラリアで最初に訪れたムーニーバレー競馬場。なかなか進まなかったものの、初日は以上のように終わることにあいなりました。しかし先述のように、実はこの2日後にも夕方からレースがあったため、再度この競馬場を訪れたのであります。


 そのときに見た競馬というのがまた、語るところが多いので、もう少しだけ次回以降にご紹介させてください。ということで、まだまだ続くムーニーバレーでございます・・・。






>>次の記事へ




*この競馬場が好きな方はこちらの競馬場もお好きだと思われます。

 セランゴール競馬場 その1~いざマレーシア競馬~
 ソウル競馬場 その1 〜韓国競馬に手を出すぞ〜
 ペナン競馬場 その1 ~再びマレーシア競馬へ~
 クランジ競馬場 その1 ~いきなりお詫び~
 マルサ競馬場 その1 〜いざ地中海競馬へ〜
 ガルフストリームパーク競馬場 その1 〜アメリカ競馬事始〜


*オーストラリアの競馬場に関する記事は以下にもあります。

 フレミントン競馬場 その1 ~メルボルンカップ事始~
 フレミントン競馬場 その2 ~メルボルンカップ・デー~
 フレミントン競馬場 その3 ~競馬はパーティ~
 フレミントン競馬場 その4 ~レーシング!~
 フレミントン競馬場 その5 ~ドレスコード~
 フレミントン競馬場 その6 ~いざメルボルンカップ~
 フレミントン競馬場 その7 ~宴のあと~

 ムーニーバレー競馬場 その1 ~オーストラリア競馬~
 ムーニーバレー競馬場 その2 ~市電に乗って~
 ムーニーバレー競馬場 その3 ~ブックメーカーとの出会い~
 ムーニーバレー競馬場 その4 ~プライス~
 ムーニーバレー競馬場 その5 ~ハーネス競馬~
 ムーニーバレー競馬場 その6 ~場所取りと駆け引き~

 カイントン競馬場 その1 ~もうひとつのカップ・デー~
 カイントン競馬場 その2 ~カイントンカップ2008~
 カイントン競馬場 その3 ~新緑のパドック~
 カイントン競馬場 その4 ~芝生があるから~
 カイントン競馬場 その5 ~クール・ジャパニーズ~
 カイントン競馬場 その6 ~旅の終わり~

 オーストラリア競馬 おまけ編 ~TABについて~


PR
そうだ 競馬、行こう。
ブログ内検索
















プロフィール
HN:
荷桁勇矢   
性別:
男性
職業:
若隠居   
趣味:
逃げ   
このサイトについて
 このサイトは「そこに競馬があるから」といいます。
 競馬場巡りに魅せられてしまった筆者、荷桁勇矢が、日本の競馬場、海外の競馬場を訪れながらその様子をご紹介して行くサイトです。
 紹介している競馬場の情報は訪問当時のものですので、競馬場に行かれる際は最新の情報をご確認のうえ、自己責任で行っていただきますようお願いいたします。
 またこのサイトの写真や文章は基本的に無断で使用されると困るのですが、もしどうしてもという方は荷桁までご連絡ください。そのほかご指摘やご質問がある方も荷桁まで直接ご連絡ください。コメント欄は管理が面倒そうなので当分オープンにはしないつもりです。悪しからず。

連絡先:
nigetayuyaあっとgmail.com
ツイッター:
https://twitter.com/YuyaNigeta
Flickr:
http://www.flickr.com/photos/nigeta/
競馬本紹介ブログ始めました。
荷桁勇矢の競馬本ガイド









忍者ブログ [PR]