多度草競馬 その5 ~レース体系~ そこに競馬があるから 忍者ブログ
日本国内、海外の競馬場の訪問記です。こんなことしてていいのかなあ。でもやめられない。

そこに競馬があるから > 多度草競馬 > 多度草競馬 その5 ~レース体系~

Tado Horse racing 多度草競馬



*多度草競馬レポートの続編です。
初めからお読みになる方は多度草競馬レポートその1からどうぞ。





 淡々とレースが進む多度草競馬。

 更新の方も淡々と進めていきましょう。


 冒頭の写真は向正面から走る馬たちを捉えた一枚。

 一応、大会本部があるあたりに走路に降りていく階段があって、そこが一番人気のある観戦スポットなのですが、コーナーや向正面にも観戦できるスペースはあるので、思い思いの場所で観戦していただければOKだ...



Tado Horse racing 多度草競馬


 この大会のレース体系について少し、述べておこう。

 はっきしいって東海愛馬会さんのローカルルールなので詳しいことは分からないが、とりあえず、サラブレッドなど、それなりに大きいちゃんとした馬のレースはクラス分けがなされているようだ。アラブの馬とかも探せばいるかもしれないな。


 具体的には高いクラスから「大飛切」「中飛切」「小飛切」という名前がついている。馬の大きさなのか過去の実績なのかクラス分けの基準はよく分からない。「好飛切」というクラスもあって、それは大中小三つの飛切に比べてどういう位置づけなのかはさっぱりわからない。ちなみに「平頭」というクラスもあり、これが一番レベルが低そうな感じがした。


 まあ、要するにさっぱりわからないということだ。(言い切った)


 午前中からクラスごとに予選があり、勝ち上がった馬たちが午後に決勝を戦うという流れだ。



Tado Horse racing 多度草競馬


 このクラス分けはけっこう昔からの伝統のようで、それぞれに歴史のありそうな優勝旗が用意されていた。

 どなたかこの辺のクラス分けに詳しい方がいたら教えていただきたいところだ。



Tado Horse racing 多度草競馬


Tado Horse racing 多度草競馬


 多度草競馬ではそれらの飛切に加えて、中間種、およびポニーのレースも組まれている。

 ポニーは言わずもがなのポニーで、小さい馬である。一応品種を問わず肩までの高さが147cm以下の馬という基準があるようだが、明らかに小さいのでわかりやすい。


 問題は中間種だ。一応ウィキペディアによると、馬の中では「軽種」と「重種」の中間的な性質を持ち、軽快さと比較的温厚な性質を持つ、となっている。

 軽種はサラブレッドやアラブなどいわゆる乗用に使われる品種で、我々がイメージする馬である。んでもって重種は農耕や重量物の運搬のために改良された品種で、イメージしやすいのはばんえい競馬のでっかいやつである。

 その間にあるのが中間種ということらしいのだが、見た感じどちらかというと、小さくてずんぐりした競走馬という感じがする。

 肩までの高さという点で機械的に考えればポニーに分類のだろうが、さっきの写真のようなちっこいポニーと同じにしてしまうと力の差が出てしまうので、多度草競馬ではあえて中間種というクラスを設けているのではなかろうか。



Tado Horse racing 多度草競馬


Tado Horse racing 多度草競馬


 大きさと雰囲気を見ていると、フートー競馬場の馬に酷似している気がする。


Trường đua Phú Thọ


 ちなみにフートーの馬はこちら。

 品種は分からないが、だいたいこういう系統の馬なのであろう。


Tado Horse racing 多度草競馬


 だがレースになると、中間種といえど、なかなか機敏な動きだ。


 ただ、力の差はあるようで、途中で走るのをやめてしまうような馬もいてなかなか波乱含みの展開であった。


Tado Horse racing 多度草競馬


 馬の体格差もけっこうあり、騎手も大人から子どもまで様々だ。


 中間種の話をしているうちにスペースを使ってしまったので、次回ポニーの話をしましょう。


 


>>多度草競馬レポートその6へ






*この競馬場が好きな方はこちらの競馬場もお好きだと思われます。

 いなべ草競馬 その1 ~三岐鉄道に乗って~
 さがら草競馬 その1 ~静岡の競馬~
 笠松競馬場 その1 ~名馬・名手の里~
 門別競馬場 その1 ~競走馬のふるさとへ~
 高知競馬場 その1 ~南国土佐の丘の辺に~
 佐賀競馬場 その1 ~鳥栖まで戻って佐賀へ~


*多度草競馬に関する記事は以下にもあります。

 多度草競馬 その1 ~草競馬を見に、歩く~
 多度草競馬 その2 ~のんびり草競馬~
 多度草競馬 その3 ~ゲートはありません~
 多度草競馬 その4 ~迫力のレース~
 多度草競馬 その5 ~レース体系~
 多度草競馬 その6 ~ポニー競走~
 多度草競馬 その7 ~たまには弁当持って草競馬へ~


PR
そうだ 競馬、行こう。
ブログ内検索


















プロフィール
HN:
荷桁勇矢   
性別:
男性
職業:
若隠居   
趣味:
逃げ   
このブログについて
 このブログは「そこに競馬があるから」といいます。
 競馬場巡りに魅せられてしまった筆者、荷桁勇矢(にげた ゆうや)が、日本の競馬場、海外の競馬場を訪れながらその様子をご紹介して行くブログです。
 紹介している競馬場の情報は訪問当時のものですので、競馬場に行かれる際は最新の情報をご確認のうえ、自己責任で行っていただきますようお願いいたします。
 またこのサイトの写真や文章は基本的に無断で使用されると困るのですが、もしどうしてもという方は荷桁までご連絡ください。そのほかご指摘やご質問がある方も荷桁まで直接ご連絡ください。コメント欄は管理が面倒そうなので当分オープンにはしないつもりです。悪しからず。

連絡先:
nigetayuyaあっとgmail.com
ツイッター:
https://twitter.com/YuyaNigeta
Flickr:
http://www.flickr.com/photos/nigeta/
競馬本紹介ブログ始めました。
荷桁勇矢の競馬本ガイド









忍者ブログ [PR]