福島競馬場 その30 ~福島競馬場 グルメ 万松~ そこに競馬があるから 忍者ブログ
日本国内、海外の競馬場の訪問記です。こんなことしてていいのかなあ。でもやめられない。

そこに競馬があるから > 福島競馬場 > 福島競馬場 その30 ~福島競馬場 グルメ 万松~

福島競馬場の万松
福島競馬場 万松



*福島競馬場レポートの続編です。
初めからお読みになる方は福島競馬場レポートその1からどうぞ。





 どうも。荷桁です。今回も福島競馬場のグルメの話をしてまいりたいと思います。



 前回のレポートでは福島競馬場のレストラン・食堂タイプのお店の紹介ということで、まずは3階にある「赤井」をご紹介いたしました。今回は2番バッターとして、3階のガーデンテラスの近くにある「万松」を紹介してまいりますので、よろしくお願いいたします。尚、毎度繰り返しのお願いになってしまい申し訳ありませんが、福島競馬場レポートその25にて福島競馬場のグルメについての全体的な概要をざっくり説明しておりますので、そちらをお読みの上で今回のレポートもお読みいただけますと話が早くてありがたいです。差し支えない範囲で、ご一読の程、よろしくお願いいたします。



 というわけでまいりましょう。福島競馬場グルメ、今回は「万松」でございます...


福島競馬場の万松



 というわけで「万松」にやってきた。来る前からここは「ばんしょう」と読むのか「まんまつ」と読むのかがよく分からなかったのだが、いざお店までやってくると「man-matsu マンマツ」と何故か小文字で統一されていてやや違和感があるローマ字と片仮名で店名が表記されていたため、疑問は一瞬で解決をした。一応福島競馬場の公式ウェブサイトでは「万松」という漢字表記で紹介をされているお店なので、このブログではそれに準じて、今後も万松で統一させていただく。



 まあ、見てのとおり、よくあるJRAのレストランという感じの店構えで、はっきり言って見た目だけなら、あまり旨そうにも安そうにも見えないという感じのお店である。




福島競馬場の万松のメニュー


福島競馬場の万松のメニュー



 店構えだけでとやかく言っていても仕方がないので、ひとまず万松のメニューのショーケースにざっくり目を通しておこう。



 メニューはざっくり、カレー系、ラーメン系、プレート系に分けられるようだ。



 カレー系はポークカレー620円をベースにカツカレー、コロッケカレーなどトッピングで値段が上がっていく感じで、一番高いのでエビフライカレー1050円だった。ハヤシライスもある。インドカレーなるインド人に食わせたらびっくりしそうなカレーもあり、どんな味かがやや気になる・・・。ラーメン系は和風ラーメン、チャーシューメンのほか冷やしラーメン、ジャージャー麺などがある。このへんも1000円以内におさまるメニュー。プレート系はびっくりドンキー!によくある、メインディッシュとサラダと御飯がワンプレートに入っている半分定食のようなメニューだ。一番安いのが唐揚げの1000円で、ハンバーグやらトンカツやら、エビフライになると1000円~1380円とそこそこのお値段になる。どこにも属さないのが牛丼(880円)と焼き鳥やウインナーなどのおつまみ類である。



 非常にどうでもいいが定食のから揚げは「唐」揚げと表記されているが、単品のから揚げは「空」揚げと表記されているという微妙な表記揺れがある。歯がゆい・・・。




福島競馬場のグルメ 万松のメニュー



 ショーケースにあるメニュー以外にも、いろいろあるようだ。季節ものや新メニューなんかはこうして別途ご紹介するような流れなんだろうか。




福島競馬場の万松のメニュー


 ちなみに、店内にもメニューがあるのだが、これも表では「唐揚げ定食」だったのが「鶏唐プレート」になっていたり「チャーシュー麺」が「ちゃーしゅー麺」になっていたり「インドカレー」が「インディアンカレー」になっていたりとこれまた何とも歯がゆい感じ。私こういうの気になっちゃうんですけど、皆さんはそうでもないんですかね・・・?



 とりあえず訪問時は、芋煮汁定食とインドカレーとジャージャー麺との3つで迷ったのだが、何となく麺類の気分だったのでジャージャー麺を注文することにした。




福島競馬場グルメの万松の店内内観



 店内はこんな感じ。基本的には4人掛けテーブルが主体でテレビ画面もある。まあ無難な感じの競馬場の食堂という風情だ。




福島競馬場の万松のカウンター席



 カウンター席もあるので一人でも問題なく来られる。テーブル席で知らん人と相席になったりするのは嫌だという人は覚えておくとよいだろう。




福島競馬場の万松のジャージャー麺



 ってなわけでジャージャー麺がご到着。



 おお。なんかそれっぽい皿に盛られているせいか豪華に見えなくもない。「万松」の刻印の入ったお盆も素敵。紅ショーガは別皿に盛るというさりげない気遣いもある。




福島競馬場の万松のジャージャー麺



 ジャージャー麺は特に盛岡のじゃじゃ麺のような特色があるわけでもなく、よくある感じのジャージャー麺であった。ただ、味は美味く辛いわけでもないため、スルスルと食べ進み、5分ほどであっという間に完食してしまった。ごちそうさまでした。




福島の割烹万松



 さて、そんな万松だが、ちょっと余談がある。実は福島競馬場から駅方面にブラブラ歩いていた際に「北裡商店街」というところを通りかかったところ、こんな看板を見つけたのである。




福島の割烹万松



 看板の先を見るとえらく古めの割烹料理屋さんがあった。もしかしてこの万松と福島競馬場の万松は関係があったりするのだろうか・・・。



 また競馬場訪問後に『福島競馬場80年史』という資料を福島市立図書館で読んでいたところ、その資料に掲載されていた『福島民友』の福島競馬場開業当初の場内の様子をレポートする記事に、一等食堂に松葉館、二等食堂に万よしと万松という食堂が入っていたとの記述があったのだ。



 そこで割烹万松のウェブサイトを見てみると、同店の歴史を紹介するページで、競馬場の店舗に関する記述がここにもあった。どうやら福島競馬場の万松はこちらの割烹万松の系列店ということで間違いなさそうだ。



 ご参考:http://www.neo-jnet.com/~hayashitani/history.html



 前回の赤井も地元の食堂が本店ということだったが、ここ万松もなかなかの背景を持ってこの福島競馬場で商いをしている気配だ。競馬場の食堂なんて、どうせしょうもないチェーン店や手抜き業者が入ってるんだろ?と決めつけてかかってはいけないということですね。



 というわけで福島競馬場に行かれました際は、是非万松にもお立ち寄りくだされ。



 次回も福島競馬場の食堂のお話を。




参考:『福島競馬場80年史 FUKUSHIMA RACE COURSE 80th ANNIVERSARY』,日本中央競馬会福島競馬場,1998.5,福島競馬場80年史編集委員会・編




 



>>福島競馬場レポートその31へ
 





*この競馬場が好きな方はこちらの競馬場もお好きだと思われます。

 中京競馬場 その1 ~やっとこさ中京競馬場~
 小倉競馬場 その1 ~どうにかこうにか小倉~
 中山競馬場 その1 ~アクセスに難あり~
 新潟競馬場 その1 ~夏の新潟は競馬と冷酒で~
 函館競馬場 その1 ~苫小牧をぶらつく~ 
 水沢競馬場 その1 ~水沢競馬場旅打ち~
 盛岡競馬場 その1 ~天国に一番近い競馬場~
 札幌競馬場 その1 ~北のシティ競馬~



*福島競馬場に関する記事は以下にもあります。

 福島競馬場 その1 ~福島上陸~
 福島競馬場 その2 ~福島競馬場 グルメ~
 福島競馬場 その3 ~指示出し人間たち~
 福島競馬場 その4 ~あらためまして福島競馬場~
 福島競馬場 その5 ~福島競馬場 アクセス 福島駅からバスで行く~
 福島競馬場 その6 ~福島競馬場 アクセス 福島駅から徒歩で行く~
 福島競馬場 その7 ~福島競馬場 駐車場~
 福島競馬場 その8 ~福島競馬場 駐車場 民間の有料駐車場~
 福島競馬場 その9 ~福島競馬場を一周してみる前編 厩舎エリアに挟まれながら~
 福島競馬場 その10 ~福島競馬場を一周してみる後編 中学校と謎の像~
 福島競馬場 その11 ~福島競馬場 中央口・南口・東口~
 福島競馬場 その12 ~福島競馬場 スタンド全般の話~
 福島競馬場 その13 ~福島競馬場 パドック~
 福島競馬場 その14 ~福島競馬場 スタンド1階 あっぷる広場、クロークほか~
 福島競馬場 その15 ~福島競馬場 スタンド2階 一般席と春と秋~
 福島競馬場 その16 ~福島競馬場 スタンド3階 シニアとUMAJOに捧ぐ~
 福島競馬場 その17 ~福島競馬場 指定席~
 福島競馬場 その18 ~福島競馬場 スタンド4階  A指定席・B指定席・ラウンジ席~
 福島競馬場 その19 ~福島競馬場 スタンド5階 C指定席~
 福島競馬場 その20 ~福島競馬場 屋外席とスタンド前と三春駒~
 福島競馬場 その21 ~福島競馬場 ウィナーズサークルと枠場~
 福島競馬場 その22 ~福島競馬場 コースの特徴と山々の眺め~
 福島競馬場 その23 ~福島競馬場 内馬場の公園と投票所~
 福島競馬場 その24 ~福島競馬場 障害コースと内馬場レース観戦~
 福島競馬場 その25 ~福島競馬場 グルメ をあらためて~
 福島競馬場 その26 ~福島競馬場 グルメ 花月寿のまんじゅう天そば・桔梗~
 福島競馬場 その27 ~福島競馬場 グルメ 肉の上杉・カレーハウスジョイフル・勝鶏どんどん~
 福島競馬場 その28 ~福島競馬場 グルメ 鳥ぎんのもつ煮・赤井のラーメン・吉野家~
 福島競馬場 その29 ~福島競馬場 グルメ 赤井~
 福島競馬場 その30 ~福島競馬場 グルメ 万松~
 福島競馬場 その31 ~福島競馬場 グルメ 精華苑~
 福島競馬場 その32 ~福島競馬場 グルメ サザンクロス~
 福島競馬場 その33 ~福島競馬場 グルメ 売店・UMAJO SPOT そのほか~
 福島競馬場 その34 ~福島競馬場 グルメ 内馬場の地ビール・売店・屋台ほか~
 福島競馬場 その35 ~福島競馬場2018・春~




PR
そうだ 競馬、行こう。
ブログ内検索




















プロフィール
HN:
荷桁勇矢   
性別:
男性
職業:
若隠居   
趣味:
逃げ   
このブログについて
 このブログは「そこに競馬があるから」といいます。
 競馬場巡りに魅せられてしまった筆者、荷桁勇矢(にげた ゆうや)が、日本の競馬場、海外の競馬場を訪れながらその様子をご紹介して行くブログです。
 紹介している競馬場の情報は訪問当時のものですので、競馬場に行かれる際は最新の情報をご確認のうえ、自己責任で行っていただきますようお願いいたします。
 またこのサイトの写真や文章は基本的に無断で使用されると困るのですが、もしどうしてもという方は荷桁までご連絡ください。そのほかご指摘やご質問がある方も荷桁まで直接ご連絡ください。コメント欄は管理が面倒そうなので当分オープンにはしないつもりです。悪しからず。

連絡先:
nigetayuyaあっとgmail.com
ツイッター:
https://twitter.com/YuyaNigeta
note:
https://note.mu/nigetayuya/
Flickr:
http://www.flickr.com/photos/nigeta/
競馬本紹介ブログ始めました。
荷桁勇矢の競馬本ガイド









忍者ブログ [PR]