福島競馬場 その31 ~福島競馬場 グルメ 精華苑~ そこに競馬があるから 忍者ブログ
日本国内、海外の競馬場の訪問記です。こんなことしてていいのかなあ。でもやめられない。

そこに競馬があるから > 福島競馬場 > 福島競馬場 その31 ~福島競馬場 グルメ 精華苑~

福島競馬場 精華苑
福島競馬場 精華苑



*福島競馬場レポートの続編です。
初めからお読みになる方は福島競馬場レポートその1からどうぞ。





 さて。今回も福島競馬場のグルメについてやっていくことにいたしましょう。



 今回はタイトルにありますとおり、福島競馬場の4階にあります、精華苑というレストランを紹介してまいります。福島競馬場の食堂・レストランはどちらかというと和洋中と無難なメニューをそろえがちな傾向にあるのですが、精華苑は「中華」を押し出しており、はっきりとしたカラーがあるお店でございますので、そのあたりもふまえて、本レポートをお楽しみいただければと思います。



 また、毎度繰り返しのお願いになってしまい申し訳ありませんが、福島競馬場レポートその25にて福島競馬場のグルメについての全体的な概要をざっくり説明しておりますので、そちらをお読みの上で今回のレポートもお読みいただけますと話が早くてありがたいです。差し支えない範囲で、ご一読の程、よろしくお願いいたします。



 さて、そんなわけで毎度ワンパターンな導入ではありますが、福島競馬場グルメ、精華苑の様子をじっくり見てまいりたいと思います...


福島競馬場の精華苑のメニュー



 さて。まずは精華苑のメニューから見ていくことにしよう。冒頭で申し上げたとおり、精華苑は平たく言うと中華料理店である。メニューもそんなにいろいろと取り揃えているわけではなくこれぞというメニューだけで勝負している武骨な感じだ。そういうところも好感が持てる。



 まずショーケースにあるのは店長おすすめ表示もある「広東風五目焼きそば」、さらにはその汁そばタイプであろう「五目そば」、さらには無難に「ラーメン」もある。ラーメン620円という価格を思えば、800円の五目焼きそばや、五目そばを頼んだ方がお得感があるか。




福島競馬場の精華苑のメニュー



 さらに「人気商品」との表示がある「タンタンメン」、サイドメニューとしての「シューマイ」、さらにご飯もので「五目がけ御飯」、「中華風カレー」というのがある。タンタンメンは750円と五目系よりはやや安価。一方で五目がけ御飯も何故か焼きそば、五目そばと比べても安価な630円で供されている。中華風カレーは550円と安い。ほか、写真にはないが、お店のガラス戸のところに「塩担々麺(750円)」なんつーのも貼ってあった。期間限定メニューだろうか。



 お酒も生ビール(550円)と日本酒(420円)のみと硬派な感じ。酒類の価格は他店と同水準だ。




福島競馬場の精華苑の食券販売機



 店内に入ると、食券売り場があるのでそこでお目当ての商品の食券を購入すればOK。赤井と同様に券売機で購入するシステムだ。さくら水産のランチの食券販売機を彷彿とさせるチープな券売機がステキ。




福島競馬場の精華苑のメニュー



 一応店内にもメニューがあった。多少の表記揺れはあるものの、オモテのメニューとほぼ同じである。改めて見ると飲み物を入れても全10種類。武骨なメニュー構成ですな。




福島競馬場の精華苑の店内内観



 さて、食券を買ったら席に着こう。精華苑の特徴はグループ席がなくひたすらカウンター席が連なっているところだ。メニュー構成から見ていただいても分かるように、一人客ないし二人客でそれぞれメシものを頼んで、カウンターに向かって黙々とかきこんで早々に立ち去るというラーメン屋タイプのお店だと言えよう。ビール飲みながら、途中売り場に馬券買いに出たりしてダラダラ観戦する系のお店ではないのでご留意をば。



 

福島競馬場の精華苑の店内内観


福島競馬場の精華苑のカウンター席



 席数も多く、回転も早い感じなので、昼時に多少並んでいたとしてもそんなに待たされることもないだろう。福島競馬場にあるほかのレストランでは似たようなお店もないので、重宝するケースも多そうである。




福島競馬場の精華苑にあるモニター



 一応店内にはモニターもあるので、パドック周回やレース観戦をしながらメシを食うことも一義的には可能だ。ただし、写真のように座る席によっては見づらかったりもするので、位置取りには注意してくれたまへ。




福島競馬場の精華苑の担々麺



 さて。メニューは少ないながらもどれにしようかは迷ってしまうのが精華苑の特徴だ。荷桁は悩んだ挙句、担々麺を注文した。一応人気商品という札もついていたし、なんとなく看板メニューなのだろうと察しての発注である。




福島競馬場の精華苑の担々麺のワカメ



 精華苑の担々麺はワカメが入っているという、ありそうであまりないタイプの担々麺だ。スープや肉そぼろなどは、いわゆる大衆中華食堂ではなく、そんなに高くはないけどちょっといい感じの街の中華屋さんあたりが出していそうな上品な仕上がりである。




福島競馬場の精華苑の担々麺の麺



 麺もしっかりした感じで好感が持てる。全体的な出来栄えを考えてもかなりいいお仕事という感じ。競馬場の食堂で提供される中華料理としてはほぼパーフェクトと言えよう。ごちそうさまでした。




福島競馬場の精華苑の箸袋



 と、思ってたら、このお店の箸袋に「チェンバおおまち地下」なる記述を発見。もしかしたら、赤井万松に続き、ここも元々福島市内に根を張っている系のお店なのかもしれないぞ。




チェンバおおまちにある精華苑



 っつーわけで、最終レース終了後に福島市中心部にある「チェンバおおまち」にやってきた。チェンバおおまちというのはオフィスビルや商業施設ではなく、会議室などを中心とした文化施設という位置づけの建物だ。もともとは福島県商工会館と呼ばれていたが商工会議所が移転したため現在はこうなっているとのことだ。



 行ってみると思いっきり精華苑の看板が出ている。独特の字体も同じなので、やはりここが本店なのだろう。




チェンバおおまちにある精華苑



 なんと創業55年らしい。福島競馬場のレストランの老舗率はハンパねえなあ。まあ万松や赤井に比べたらまだ若い方と言うのも恐ろしい話だが。




チェンバおおまちにある精華苑



 さっそく地下に降りてみたが、競馬場で営業する日はこちらは休みなのか、営業時間外だったのかは分からないが、お店自体は閉まっていた。




チェンバおおまちにある精華苑

チェンバおおまちにある精華苑



 競馬場でも推していた五目焼きそばや担々麺はここでもプッシュしていた。やはり本店でも評判のメニューなのだろう。当然のことながら競馬場よりもこちらの方がメニューも多そうな雰囲気。こっちも気になるお店である。



 さて。いかがでしたでしょうか。福島競馬場の精華苑。赤井、万松に続いて、またも地域に根差した老舗店が食堂に入居しているということで、福島らしさ全開ですのう。気になった方は是非訪問してくだされ。



 次回のレポートも福島競馬場グルメを続けてまいります・・・。




 



>>福島競馬場レポートその32へ
 





*この競馬場が好きな方はこちらの競馬場もお好きだと思われます。

 中京競馬場 その1 ~やっとこさ中京競馬場~
 小倉競馬場 その1 ~どうにかこうにか小倉~
 中山競馬場 その1 ~アクセスに難あり~
 新潟競馬場 その1 ~夏の新潟は競馬と冷酒で~
 函館競馬場 その1 ~苫小牧をぶらつく~ 
 水沢競馬場 その1 ~水沢競馬場旅打ち~
 盛岡競馬場 その1 ~天国に一番近い競馬場~
 札幌競馬場 その1 ~北のシティ競馬~



*福島競馬場に関する記事は以下にもあります。

 福島競馬場 その1 ~福島上陸~
 福島競馬場 その2 ~福島競馬場 グルメ~
 福島競馬場 その3 ~指示出し人間たち~
 福島競馬場 その4 ~あらためまして福島競馬場~
 福島競馬場 その5 ~福島競馬場 アクセス 福島駅からバスで行く~
 福島競馬場 その6 ~福島競馬場 アクセス 福島駅から徒歩で行く~
 福島競馬場 その7 ~福島競馬場 駐車場~
 福島競馬場 その8 ~福島競馬場 駐車場 民間の有料駐車場~
 福島競馬場 その9 ~福島競馬場を一周してみる前編 厩舎エリアに挟まれながら~
 福島競馬場 その10 ~福島競馬場を一周してみる後編 中学校と謎の像~
 福島競馬場 その11 ~福島競馬場 中央口・南口・東口~
 福島競馬場 その12 ~福島競馬場 スタンド全般の話~
 福島競馬場 その13 ~福島競馬場 パドック~
 福島競馬場 その14 ~福島競馬場 スタンド1階 あっぷる広場、クロークほか~
 福島競馬場 その15 ~福島競馬場 スタンド2階 一般席と春と秋~
 福島競馬場 その16 ~福島競馬場 スタンド3階 シニアとUMAJOに捧ぐ~
 福島競馬場 その17 ~福島競馬場 指定席~
 福島競馬場 その18 ~福島競馬場 スタンド4階  A指定席・B指定席・ラウンジ席~
 福島競馬場 その19 ~福島競馬場 スタンド5階 C指定席~
 福島競馬場 その20 ~福島競馬場 屋外席とスタンド前と三春駒~
 福島競馬場 その21 ~福島競馬場 ウィナーズサークルと枠場~
 福島競馬場 その22 ~福島競馬場 コースの特徴と山々の眺め~
 福島競馬場 その23 ~福島競馬場 内馬場の公園と投票所~
 福島競馬場 その24 ~福島競馬場 障害コースと内馬場レース観戦~
 福島競馬場 その25 ~福島競馬場 グルメ をあらためて~
 福島競馬場 その26 ~福島競馬場 グルメ 花月寿のまんじゅう天そば・桔梗~
 福島競馬場 その27 ~福島競馬場 グルメ 肉の上杉・カレーハウスジョイフル・勝鶏どんどん~
 福島競馬場 その28 ~福島競馬場 グルメ 鳥ぎんのもつ煮・赤井のラーメン・吉野家~
 福島競馬場 その29 ~福島競馬場 グルメ 赤井~
 福島競馬場 その30 ~福島競馬場 グルメ 万松~
 福島競馬場 その31 ~福島競馬場 グルメ 精華苑~
 福島競馬場 その32 ~福島競馬場 グルメ サザンクロス~
 福島競馬場 その33 ~福島競馬場 グルメ 売店・UMAJO SPOT そのほか~
 福島競馬場 その34 ~福島競馬場 グルメ 内馬場の地ビール・売店・屋台ほか~
 福島競馬場 その35 ~福島競馬場2018・春~




PR
そうだ 競馬、行こう。
ブログ内検索




















プロフィール
HN:
荷桁勇矢   
性別:
男性
職業:
若隠居   
趣味:
逃げ   
このブログについて
 このブログは「そこに競馬があるから」といいます。
 競馬場巡りに魅せられてしまった筆者、荷桁勇矢(にげた ゆうや)が、日本の競馬場、海外の競馬場を訪れながらその様子をご紹介して行くブログです。
 紹介している競馬場の情報は訪問当時のものですので、競馬場に行かれる際は最新の情報をご確認のうえ、自己責任で行っていただきますようお願いいたします。
 またこのサイトの写真や文章は基本的に無断で使用されると困るのですが、もしどうしてもという方は荷桁までご連絡ください。そのほかご指摘やご質問がある方も荷桁まで直接ご連絡ください。コメント欄は管理が面倒そうなので当分オープンにはしないつもりです。悪しからず。

連絡先:
nigetayuyaあっとgmail.com
ツイッター:
https://twitter.com/YuyaNigeta
note:
https://note.mu/nigetayuya/
Flickr:
http://www.flickr.com/photos/nigeta/
競馬本紹介ブログ始めました。
荷桁勇矢の競馬本ガイド









忍者ブログ [PR]