福島競馬場 その32 ~福島競馬場 グルメ サザンクロス~ そこに競馬があるから 忍者ブログ
日本国内、海外の競馬場の訪問記です。こんなことしてていいのかなあ。でもやめられない。

そこに競馬があるから > 福島競馬場 > 福島競馬場 その32 ~福島競馬場 グルメ サザンクロス~

福島競馬場 サザンクロス
福島競馬場 サザンクロス



*福島競馬場レポートの続編です。
初めからお読みになる方は福島競馬場レポートその1からどうぞ。





 さて。なんやかや言いまして、福島競馬場レポートも32本目となってしまいました。とりあえず気力が続くうちにどんどんまいりたいと思います。



 今回も福島競馬場グルメの流れで、表題にあります、レストランサザンクロスをご紹介してまいりたいと思います。2018年現在、福島競馬場にあるレストランは4軒で、ここまでそのうち赤井万松精華苑の3軒は既にご紹介をしておりますので、今回のサザンクロスで最後ということになります。



 また、毎度繰り返しのお願いになってしまい大変申し訳ありませんが、福島競馬場レポートその25にて福島競馬場のグルメについての全体的な概要をざっくり説明しておりますので、そちらをお読みの上で今回のレポートもお読みいただけますと話が早くてありがたいです。差し支えない範囲で、ご一読の程、よろしくお願いいたします。



 さて、そんなわけでまいりましょう福島競馬場グルメ、サザンクロスの様子をじっくり見てまいりたいと思います...


福島競馬場のレストランサザンクロス



 っつーわけで、レストラン・サザンクロスにやってきた。



 サザンクロスは福島競馬場のスタンド5階、北側にあるレストランである。以前のレポートでも申し上げているとおり、福島競馬場は4階と5階の観覧席は指定席のみになっているのだが、指定席エリア以外であれば一般席のお客さんでもフロア自体には立ち入ることが可能だ。そのため5階のサザンクロスについても、指定席のお客さん以外の方もまったく問題なく利用することができるお店だ。



 そうは言いながらこのサザンクロス、立地的にはちょうど馬主席に近い席にあたるため、若干そのあたりを意識したお店になっている。そのあたりというのは、ぶっちゃけて言うと、ちょっとハイクラスのお客さんを意識したメニュー構成になっているということだ。詳しくはこれから見ていくが、これまで見てきた食堂・レストランに比べると若干毛色が異なるので、そのへんもふまえて見ていっていただければと思う。



 ちなみにサザンクロスの運営はかつて福島競馬場内で「玉萬茶寮」という食堂を運営していた玉萬食品という会社だ。福島市内の業者のようで同じサザンクロスという屋号で福島市内に一店お店を構えているほか、福島競馬場内で売店「アスコット」を二店運営している。




福島競馬場のサザンクロスのメニュー



 さて。入口前にメニューが掲出されているのでざっくり見ていこう。



 ざっと見た感じ、牛ヒレステーキ、ハンバーグなどをはじめ洋食系のメニューを充実させている模様だ。カツカレー、ハヤシオムライス、ミートソーススパゲッティなどがある模様。




福島競馬場のサザンクロスのカレーうどん



 ひとつだけメニュー名の表記がなく、パッと見た感じも何か分からないビミョーなメニューがある。給食のソフトめんにこんな感じのメニューがあったような気がしないでもないが、さすがにいくらJRAと言えども馬主にソフトめんは食わせないだろうから、きっと別なものなのだろう。しかしなぜコイツだけメニュー名が伏せられているのだろうか。謎だ。


 
 若干トラップめいたメニュー表記にモヤモヤしつつもとりあえず店内に入ることにしよう。




福島競馬場のサザンクロスのオープン席



 サザンクロスの席はざっくり分けて2種類。ひとつはこちらのオープン席っぽい座席。ほかのフロアではこの手のスペースは「ガーデンテラス」というオープンスペースになっているのだが、ここではサザンクロスがちゃっかりお店の席として使っている模様。開放的な雰囲気でよい感じだ。




福島競馬場のサザンクロスの店内内観


福島競馬場のサザンクロスの店内内観



 もうひとつは、サザンクロスの店内席。4人掛けテーブルが基本。テーブルクロスなどはないが、シックな色調でまとめられていて好感が持てる。雰囲気的には小倉競馬場のフィンズレストランに似ているかしら。




福島競馬場のサザンクロスからの景色



 窓からは信夫山なども見られていい感じ。まあ雰囲気は悪くない。空いている時間帯に入ったのもあるが、あまり混み合う感じでもないので、ゆったりと食事ができる雰囲気だ。



 ちなみに荷桁が入ったときには近くの席でグリーンチャンネルに出ているキャスターさんが関係者と思しき方と食事をしていた。混んでおらず落ち着いているとそういう使い方もできるわけですね。




福島競馬場のレストランサザンクロスのメニュー



 店内に入るとさっきよりももう少し詳細なメニューが置いてある。ほかの店のように入ってすぐ注文しなくてはならないお店ではないので、これを見ながらじっくり何を頼むか吟味すればOKである。




福島競馬場のレストランサザンクロスのメニュー



 入口になかったメニューとして、カットステーキ&ハンバーグセット、ソースカツライスなどがある。価格は鉄板ものは1200円オーバーとやや強気だが、ほかのメニューについてはそれと比べるとやや大人しめの価格設定と言えよう。




福島競馬場のサザンクロスのカレーうどんと洋風うどん



 どうやらさっき入口にあった謎メニューはカレーうどんだったようだ。しかしカレーうどんには見えない絵面だな。その横にある洋風うどんというのもなかなかパンチが効いている。どうやらこの洋風うどんにカレールーをボトンと落とした(他意はありません)ものがカレーうどんとして供されているようである。そうなってくると俄然気になってくるのはベースとなる洋風うどんの方であるが、果たしてどんな味なのか・・・。入口でソフトめんと評してしまったがあながち大外れではなかったようだな。




福島競馬場のサザンクロスのサイドメニュー



 さて、さらに脇を固めるサイドメニューたちはこんな感じ。チキンナゲット、チョリソー、ツナサラダについてはもう100円とは言わないが、もう50円くらい安くてもいいんじゃないの・・・?と思わないでもないが、まあ他の競馬場のレストランと比較しても大体こんなもんだろうという感じか。



 ただし、ヨーグルトとアイスはおもわずひるんでしまう510円という価格設定だ。これは流石にちと高いよな。うーむ、どちらかというと経費で食うことを想定している感じ。地元の有名店のを取り寄せているなど何か付加価値がありそうな感じでもないしなあ。




福島競馬場のサザンクロスのドリンクメニュー



 一方、ドリンク系は他店と足並みを揃えているのか、ほぼ横並びの価格だ。珍しいのはワインをボトルで置いていることか。なるほど、確かに、牛ヒレステーキを置いているのにワインがないとセレブな馬主の皆さまたちから何を言われるか分かったもんじゃないからな。まあ、自分たちの身を守るためにも置いておかねばならないのだろう。



 そう考えると、さっきのヨーグルトやアイスクリームも、若い愛人やお孫さんなんかを連れてきている馬主さんが「デザートはないのか?」などと言い出した時にうまいことボったくれる提供できるように置いているのかな。ケーキなど生菓子だとロスも出やすいしね。




福島競馬場のサザンクロスの生ビール



 さて。そんなサザンクロスのメニューだが、何を食べようかやや迷ったものの、結局、他店と同じ価格のビールと、とりあえず無難にハンバーグセットにしてみることにした。気になる洋風うどんでもよかったのだが、いきなり変化球メニューというのもどうなんだろうということで、日和ってしまったのである。



 生ビールはグラスだが、まあさすがに美味。




福島競馬場のサザンクロスのハンバーグセット



 さて。けっこう時間がかかってハンバーグセットがご到着だ。ハンバーグに付け合わせ、ライス、サラダ、スープがついてくるセットである。




福島競馬場のサザンクロスのハンバーグセット



 しかし、なんだろう。わざわざ鉄板で出てきているのだが、まったく鉄板がジュージュー言っている気配がなく、ハンバーグもアツアツという感じではない。うーむ、どうやらやらかしてしまったらしい。味はまあハンバーグだけあってそこそこ美味だが、まあハンバーグだし、まずくは作れないよなあ、という感想である。



 競馬場の指定席付近の食堂にはハイクラスのお客様のために、それなりの価格帯のメニューを取り揃えているお店がままあるが、悲しいかなクオリティーが価格に伴っているお店とそうでないお店の2種類がある。どうやらサザンクロスはハンバーグを食べた限り後者に分類されてしまう感じだ。まあ、お客さんの数とか、リアルな客単価などを加味するとこのあたりの価格とクオリティーにおさめておくのが全体最適なのかもしれないが、もう少しやってやれないことはないかなあとも思う。まあ次回に期待と言う感じ。あまり変化がないようであれば次回訪問時は気になる洋風うどんでも食べておこうかしら。でも、こういうこと言っているといきなり業者が変わったり閉店になったりしちゃうのよね・・・。




 さて。というわけで最後はややビミョーな空気が漂いましたが、今回のサザンクロスのレポートで2018年現在の福島競馬場の食堂・レストランにつきましてはすべてご紹介をいたしました。



 次回以降はまだご紹介しきれていない、売店などを中心にやっていきたいと思います。まだもう少しだけ福島競馬場レポートにお付き合いいただけますと幸いです。引き続き何卒よろしくお願いいたします。




 



>>福島競馬場レポートその33へ
 





*この競馬場が好きな方はこちらの競馬場もお好きだと思われます。

 中京競馬場 その1 ~やっとこさ中京競馬場~
 小倉競馬場 その1 ~どうにかこうにか小倉~
 中山競馬場 その1 ~アクセスに難あり~
 新潟競馬場 その1 ~夏の新潟は競馬と冷酒で~
 函館競馬場 その1 ~苫小牧をぶらつく~ 
 水沢競馬場 その1 ~水沢競馬場旅打ち~
 盛岡競馬場 その1 ~天国に一番近い競馬場~
 札幌競馬場 その1 ~北のシティ競馬~



*福島競馬場に関する記事は以下にもあります。

 福島競馬場 その1 ~福島上陸~
 福島競馬場 その2 ~福島競馬場 グルメ~
 福島競馬場 その3 ~指示出し人間たち~
 福島競馬場 その4 ~あらためまして福島競馬場~
 福島競馬場 その5 ~福島競馬場 アクセス 福島駅からバスで行く~
 福島競馬場 その6 ~福島競馬場 アクセス 福島駅から徒歩で行く~
 福島競馬場 その7 ~福島競馬場 駐車場~
 福島競馬場 その8 ~福島競馬場 駐車場 民間の有料駐車場~
 福島競馬場 その9 ~福島競馬場を一周してみる前編 厩舎エリアに挟まれながら~
 福島競馬場 その10 ~福島競馬場を一周してみる後編 中学校と謎の像~
 福島競馬場 その11 ~福島競馬場 中央口・南口・東口~
 福島競馬場 その12 ~福島競馬場 スタンド全般の話~
 福島競馬場 その13 ~福島競馬場 パドック~
 福島競馬場 その14 ~福島競馬場 スタンド1階 あっぷる広場、クロークほか~
 福島競馬場 その15 ~福島競馬場 スタンド2階 一般席と春と秋~
 福島競馬場 その16 ~福島競馬場 スタンド3階 シニアとUMAJOに捧ぐ~
 福島競馬場 その17 ~福島競馬場 指定席~
 福島競馬場 その18 ~福島競馬場 スタンド4階  A指定席・B指定席・ラウンジ席~
 福島競馬場 その19 ~福島競馬場 スタンド5階 C指定席~
 福島競馬場 その20 ~福島競馬場 屋外席とスタンド前と三春駒~
 福島競馬場 その21 ~福島競馬場 ウィナーズサークルと枠場~
 福島競馬場 その22 ~福島競馬場 コースの特徴と山々の眺め~
 福島競馬場 その23 ~福島競馬場 内馬場の公園と投票所~
 福島競馬場 その24 ~福島競馬場 障害コースと内馬場レース観戦~
 福島競馬場 その25 ~福島競馬場 グルメ をあらためて~
 福島競馬場 その26 ~福島競馬場 グルメ 花月寿のまんじゅう天そば・桔梗~
 福島競馬場 その27 ~福島競馬場 グルメ 肉の上杉・カレーハウスジョイフル・勝鶏どんどん~
 福島競馬場 その28 ~福島競馬場 グルメ 鳥ぎんのもつ煮・赤井のラーメン・吉野家~
 福島競馬場 その29 ~福島競馬場 グルメ 赤井~
 福島競馬場 その30 ~福島競馬場 グルメ 万松~
 福島競馬場 その31 ~福島競馬場 グルメ 精華苑~
 福島競馬場 その32 ~福島競馬場 グルメ サザンクロス~
 福島競馬場 その33 ~福島競馬場 グルメ 売店・UMAJO SPOT そのほか~
 福島競馬場 その34 ~福島競馬場 グルメ 内馬場の地ビール・売店・屋台ほか~
 福島競馬場 その35 ~福島競馬場2018・春~




PR
そうだ 競馬、行こう。
ブログ内検索




















プロフィール
HN:
荷桁勇矢   
性別:
男性
職業:
若隠居   
趣味:
逃げ   
このブログについて
 このブログは「そこに競馬があるから」といいます。
 競馬場巡りに魅せられてしまった筆者、荷桁勇矢(にげた ゆうや)が、日本の競馬場、海外の競馬場を訪れながらその様子をご紹介して行くブログです。
 紹介している競馬場の情報は訪問当時のものですので、競馬場に行かれる際は最新の情報をご確認のうえ、自己責任で行っていただきますようお願いいたします。
 またこのサイトの写真や文章は基本的に無断で使用されると困るのですが、もしどうしてもという方は荷桁までご連絡ください。そのほかご指摘やご質問がある方も荷桁まで直接ご連絡ください。コメント欄は管理が面倒そうなので当分オープンにはしないつもりです。悪しからず。

連絡先:
nigetayuyaあっとgmail.com
ツイッター:
https://twitter.com/YuyaNigeta
note:
https://note.mu/nigetayuya/
Flickr:
http://www.flickr.com/photos/nigeta/
競馬本紹介ブログ始めました。
荷桁勇矢の競馬本ガイド









忍者ブログ [PR]