福島競馬場 その17 ~福島競馬場 指定席~ そこに競馬があるから 忍者ブログ
日本国内、海外の競馬場の訪問記です。こんなことしてていいのかなあ。でもやめられない。

そこに競馬があるから > 福島競馬場 > 福島競馬場 その17 ~福島競馬場 指定席~

福島競馬場の指定席
福島競馬場の指定席



*福島競馬場レポートの続編です。
初めからお読みになる方は福島競馬場レポートその1からどうぞ。





 こんにちは。荷桁です。



 さてさて、引き続きまして福島競馬場のレポートでございます。ここまで福島競馬場のスタンドを1階から順に見てまいりまして、前回のレポートで3階までまいりました。このセオリーで行けば今回は4階の様子を見て行かねばならないのですが、タイトルにありますとおり、今回は福島競馬場の指定席の話をしていきたいと思います。



 と、申しますのも、福島競馬場の4階と5階フロアは基本的に指定席フロアということになってるため、まずは福島競馬場の指定席についてざっくり知っておいていただいたほうが、ここから先の話も分かりよいと思い、こうさせていただきました。当然、各指定席フロアの様子は先々のレポートでみっちりやっていきますのでご安心ください。



 っつーわけでまいりましょう。福島競馬場の指定席のざっくりとしたご紹介でございます...


福島競馬場の指定席種類



 さて。まず、福島競馬場にはどんな指定席があるかどうかということだが、代表的なのは、写真にあるとおり、A指定席、B指定席、C指定席の3種類だ。4階にA指定席とB指定席があり、5階がC指定席となっている。価格も1500円、1000円、500円と500円刻みになっていて分かりやすい料金体系と言えよう。



 ちなみに、そのほか福島競馬場には3階にUMACAシート(3000円)、4階にシニア指定席(65歳以上であれば入場料のみで利用可)とラウンジ席(1卓6名で3000円)という様々な指定席が存在している。ほか前回のレポートで少し触れたグループルーム(入場料のみで利用可)も指定席の一種であろう。UMACAシートについては荷桁が訪問したときにはまだ存在していなかったためレポートできないが、それ以外について順を追って見ていこう。




福島競馬場の4階指定席発売所



 さて、指定席券をどこで買えばいいのかということだが、その窓口は1階の中央口付近に集中している。写真は「4階にある指定席」、すなわちA指定席、B指定席を販売している窓口だ。A指定席とB指定席の当日発売のほかネット予約の引き換えもしているので、とりあえず4階のA・B指定席を購入したいという場合はまずはここに向かおう。



 尚、同じく4階にあるラウンジ席はネット予約のみ、シニア指定席は3階26番柱付近にある「シニア受付」での受付となるのでここでは購入などはできないのでご留意ください。




福島競馬場の5階指定席発売所



 さて、先ほどの指定席発売所から走路方面に少し進んだところにはC指定席を扱う発売所がある。C指定席の発売を「前3段」「後2段」で窓口を分けて販売するという独特のシステムを取っているのであらかじめ前目、後ろ目など決めた上で窓口に並ぶ必要があるのでご留意くだされ。



 先ほど同様、インターネットで予約したC指定席の引き換えはこちらの窓口でおこなっている。兎に角、5階、C指定席関係であればこの窓口に来ていればOKということである。まあ、先ほどのA・B指定席の購入窓口の近くなので間違えてしまってもさほど影響はないのだが。




福島競馬場の指定席整理券配布などが行われる中央口



 ここまでの話でピンと来ている方もいるかもしれないが、必然的に、開門前に指定席購入の列が作られるのはこれらの発売所に近い「中央口」ということになるのでお間違いのなきよう。特に夏の開催などは指定席が売り切れるのも早いので開門前に購入の整理券が配布されたりすることも多いのだがそれをもらいにいくのは中央口ということになる。とは言ったもののこうしたところは運用が変わる可能性もあるので最新情報をご確認の上、お出かけくだされ。




福島競馬場の指定席の様子



 さて、福島競馬場の指定席の種類と購入方法が分かったところで実際の指定席の様子を見ていくことにしよう。まずは4階からだ。




福島競馬場の4階指定席座席図



 まずは4階の指定席座席図を見ておこう。ご覧いただいてお分かりのように、ゴール板に近い左側からA指定席、真ん中あたりから右がB指定席、一番右の一画がシニア指定席という割り振りになっている。



 あとからやるが、A指定席とB指定席では座席の座り心地や設備はほとんど変わらないので、500円の価格差はゴール近くでレースを観戦できるかと言う眺望の差だと考えればよろしい。それを踏まえた上で1500円のA指定席を選ぶか、1000円のB指定席を選ぶかは、個人の価値観で決めていただければと思う。




福島競馬場のA指定席


福島競馬場のA指定席座席



 さて。そんなわけでまずはA指定席から。まあ、よくあるタイプの指定席といった感じだ。2席にひとつ画面があり、ドリンクホルダーがある。




福島競馬場の指定席にあるコンセント



 テーブルの下には1席にひとつずつ、コンセントも設置されている。携帯の充電やタブレットの持ち込みも問題なく可能である。




福島競馬場のB指定席



 さて。お次はB指定席だ。申し上げた通り、座席の色と素材が変わる以外は大きな変化はない。




福島競馬場のB指定席の座席



 画面もコンセントもA指定席と同様だ。繰り返しているとおり快適性・利便性はA指定席と変わりないので、コスパ重視ならこちらを選ぶのは全然アリである。




福島競馬場のシニア指定席


 さらに4コーナー方面に進むと、シニア指定席がある。繰り返しになるがシニア指定席は3階26番柱付近にある「シニア受付」での受付になるのでここに座ってみたいシニアの方はそこへ行ってみてくだされ。



福島競馬場のシニア指定席座席



 シニア指定席の座席はこんな感じ。さすがに無料とあって画面などはないが、コンセントはあるのでスマホやタブレットは使えそうだ。もっともシニア層の皆さんがスマホやタブレットを使いながら競馬を見るのかと言われるとビミョーなところではあるが・・・。



福島競馬場のラウンジ席


 さて、さらに4階を見ていこう。福島競馬場の4階には一風変わった指定席である「ラウンジ席」というのがある。




福島競馬場のラウンジ席


 見てのとおり一卓6人掛けのテーブルがあり、グループでワイワイ座ることができるタイプの指定席だ。6人掛けだが、一卓あたり3000円という価格で売られており、一卓を1人で使おうが3人で使おうが6人で使おうが特に問題はないというスタンスの座席である。中山競馬場のゴンドラ指定席のように知らない人同士が同じ卓に座るということは基本的にない。グループで競馬をやる人たちにとってはうれしい席だが、全部で16卓しかなく、ネット予約のみなので競争率はけっこう高いと言えよう。




福島競馬場のラウンジ席のバルコニー



 ラウンジ席はレース観戦の際は、このような感じの屋外立ち見席から眺めることとなる。京都競馬場のラウンジシートは座席(場所は自由)があったが福島では立ち見ということになる。




福島競馬場のラウンジ席のバルコニー


 ただ、この立見席、実は福島競馬場のスタンドにおいては非常に珍しい屋外席である。ほかの席がほぼガラス張りなのにもかかわらず、ここだけが吹きっさらしなのだ。雨の日や気候が悪い日はビミョーかもしれないが、快適な日であれば非常にいい席だと言えよう。



 こういうところも含めてレア度の高い席なので、もし興味がある方は仲間を募ってインターネット予約にチャレンジしてみよう。




福島競馬場の4階と5階をつなぐエスカレーター



 さて。4階にある指定席はあらかた見終わったので、次は5階の指定席を見ていくことにしよう。4階と5階は指定席エリア外でも指定席エリア内でも行き来ができるので安心してくれたまへ。逆に考えると、4階ないし5階の指定席券(ハンドスタンプ)があればお互いのフロアは行き来が可能と言うことだ。競馬場によっては安い指定席の人は高い指定席のスペースへ入れない、なんつーこともあるが、福島の場合はそうでもないのだ。




福島競馬場の5階指定席座席図



 福島競馬場の5階の指定席の座席図はこんな感じ。基本的に5階はほとんどがC指定席で、そのほか馬主席や来賓席などがC指定席の脇に設置されている。まあ普通に捉えるならC指定席のフロアと考えてしまってよいだろう。



福島競馬場のC指定席



 っつーわけでさっそくC指定席を見ていこう。椅子の素材や雰囲気はほとんど4階と相違はないと考えてよい。



福島競馬場のC指定席の座席



 ただ、残念なことに座席に画面はなくコンセントのみだ。その代り料金は500円とB指定席の半額となる。当然、4階より5階の方が走路も遠くなるため、これをどうとらえるかというところだが、500円で席が確保されるのであれば、多少遠かろうがモニターがなかろうが構わんという方にはC指定席はおススメである。




福島競馬場のC指定席券


 ちなみにC指定席券はこんな感じです。まあ参考までにね。




福島競馬場の馬主席入口



 先ほど申し上げた通り、5階にはC指定席以外にも馬主席がある。こんな感じでC指定席とはビミョーに隔てられているので迷い込むということはないだろう。




福島競馬場の馬主席入口



 当然、身分証がないと入ることはできない。まあ遠まきに眺めて馬主さんの様子を観察するというのが関の山だろうな。




福島競馬場の馬主席とC指定席の間の仕切り



 C指定席との間は植木で仕切られている。C指定席にはモニターがないが馬主席にはモニターがあるという違いが見て取れる。まあ、多少はよい席ということにしないと馬主さん的にも面白くないだろうし、仕方ない部分であろう。




福島競馬場の来賓席



 5階には馬主席以外にも来賓席というのもある。馬主席と同様、これももはや指定席ではないが参考までに。何に使ってるんだろうな。設備自体はC指定席と変わらないようである・・・。




 さて。ちと長くなってしまったが、福島競馬場の指定席、いかがでしたでしょうか。普通の人にとってはA指定席、B指定席、C指定席のどれにするか、はたまたグループでラウンジ席にチャレンジしてみるか?というのが一般的なパターンであろう。それぞれの観戦スタイルに合わせてうまく指定席を選んでくだされ。



 というわけで次回からは再び福島競馬場のスタンド徘徊に戻ります・・・。



 



>>福島競馬場レポートその18へ
 
 
 



*この競馬場が好きな方はこちらの競馬場もお好きだと思われます。

 札幌競馬場 その1 ~北のシティ競馬~
 新潟競馬場 その1 ~夏の新潟は競馬と冷酒で~
 中山競馬場 その1 ~アクセスに難あり~
 帯広競馬場 その1 ~富良野をぬけて帯広へ~
 盛岡競馬場 その1 ~天国に一番近い競馬場~
 金沢競馬場 その1 ~金沢けいば冬景色~
 浦和競馬場 その1 〜南浦和からバスでアクセス〜
 ムーニーバレー競馬場 その1 ~オーストラリア競馬~
 ガルフストリームパーク競馬場 その1 〜アメリカ競馬事始〜
 ニコシア競馬場 その1 〜空路キプロスへ〜


*福島競馬場に関する記事は以下にもあります。

 福島競馬場 その1 ~福島上陸~
 福島競馬場 その2 ~福島競馬場 グルメ~
 福島競馬場 その3 ~指示出し人間たち~



PR
そうだ 競馬、行こう。
ブログ内検索




















プロフィール
HN:
荷桁勇矢   
性別:
男性
職業:
若隠居   
趣味:
逃げ   
このブログについて
 このブログは「そこに競馬があるから」といいます。
 競馬場巡りに魅せられてしまった筆者、荷桁勇矢(にげた ゆうや)が、日本の競馬場、海外の競馬場を訪れながらその様子をご紹介して行くブログです。
 紹介している競馬場の情報は訪問当時のものですので、競馬場に行かれる際は最新の情報をご確認のうえ、自己責任で行っていただきますようお願いいたします。
 またこのサイトの写真や文章は基本的に無断で使用されると困るのですが、もしどうしてもという方は荷桁までご連絡ください。そのほかご指摘やご質問がある方も荷桁まで直接ご連絡ください。コメント欄は管理が面倒そうなので当分オープンにはしないつもりです。悪しからず。

連絡先:
nigetayuyaあっとgmail.com
ツイッター:
https://twitter.com/YuyaNigeta
note:
https://note.mu/nigetayuya/
Flickr:
http://www.flickr.com/photos/nigeta/
競馬本紹介ブログ始めました。
荷桁勇矢の競馬本ガイド









忍者ブログ [PR]