船橋競馬場 その12 ~スタンド4階の悲哀~ そこに競馬があるから 忍者ブログ
日本国内、海外の競馬場の訪問記です。こんなことしてていいのかなあ。でもやめられない。

そこに競馬があるから > 船橋競馬場 > 船橋競馬場 その12 ~スタンド4階の悲哀~

船橋競馬場の4階
船橋競馬場のスタンド4階


*船橋競馬場レポートの続編です。
初めからお読みになる方は船橋競馬場レポートその1からどうぞ。





 どうも。荷桁です。本日も生真面目に船橋競馬場レポートを続けてまいります。



 前回のレポートでは船橋競馬場のスタンドにおける心臓部とも言える3階の様子をレポートいたしました。その前にレポートした1階や2階と比べましても、壁や床の色合いや清潔感、投票所の整備具合、快適さなどが段違いによく、正直、他のフロアが可哀想になるレベルだということを申し上げました。



 そんな流れで今回取り上げる4階ですが、これがまた1階、2階と比べてもかなり投資が後回しにされている(というかもはや見捨てられている)フロアでございまして正直、船橋競馬場フロアの中でも最も恵まれないフロアと言ってしまっていいかと思います。改修を控え、スタンドの半分を閉鎖し、なおかつ残ったフロアの中でも選択と集中を進める、ある意味合理的な船橋競馬場のスタンドのなかにおいて、置き去りにされてしまった4階の様子を見ながら、昨今の日本の格差社会に思いを馳せてみてもよいのではないでしょうか(大げさか)。



 ・・・と、くだらないことを言っていないでとりあえずはじめましょう。船橋競馬場4階のレポートでございます...


船橋競馬場



 さて。そんな訳で、船橋競馬場のスタンド4階である。



 と、その前に、船橋競馬場に訪れたことがある人の中でも「え~?船橋競馬場に4階なんてあったかいの?」と思われるかもしれない。確かに、こうしてスタンドを見上げてみても出っ張ったガラス張りのフロアが3階で、さらにその上のガラス張りのフロアが特観席エリアの5階だから、4階はその間にあるはずなのだが・・・正直どこにあるのかよく分からないという感じだ。




船橋競馬場の4階は何故かカットされている



 そして何故か正門近くのフロア案内においても4階はカットされるという憂き目に遭っている。もはやビジュアル的に視認しづらいだけではなく、主催者にその存在さえ消されそうになっている4階とはいったい何であろうか・・・?




船橋競馬場のスタンド4階は確かにある



 しかし裏から見ると確かにスタンド4階は存在していて、見てのとおり、観客の姿も見ることができる。とりあえず、ビビらずに行ってみることにしよう。




船橋競馬場の4階へ上がる



 と言う訳で、船橋競馬場の4階に行ってみることにしよう。



 船橋競馬場の4階へはエレベーターやエスカレーター的なものは基本的になく、3階から階段で上がるか、5階から階段で降りるしか行く方法がない。5階は基本的に特観席エリアになるため、基本的には3階から上がるというのがスタンダードな行き方になることだろう。




船橋競馬場の4階は場外発売時には閉鎖されている



 ちなみに4階フロアは場外発売時にはフロアごと閉鎖をされているとのこと。



 先だってご紹介した2階フロアは投票所が閉鎖されているという話はしたが、4階はフロアごとらしい。このあたりからも4階のわびしさ的なものが感じ取れますな。




船橋競馬場の4階にやってきた



 さて。そんな訳で階段をのぼって4階にやってきた。



 うーむ。のっけからかなりアングラな感じが漂っている。これはかなりやばいな。客はいるが、係員的な人は一人もおらんぞ。




船橋競馬場の4階


船橋競馬場の4階



 とりあえず、一回りしてみるが、投票所もすべて閉鎖、売店もなく、ベンチと灰皿は置いてあるものの、オッズ表示のモニターなどもなく、警備員や係員もいない。なんとなく「こんなフロアにわざわざ来るのはよほどの常連だろう」という感じで、最小限のエネルギーでとりあえずフロアを開けているというのが実態のようだ。



 ここまで来ると、なぜ開けていただいているのか、それさえもよく分からなくなってくる。使わないと逆に汚れるとかそういうのあるのかしら。




船橋競馬場の4階からの特観席入口



 さて、そんな訳でのっけからやばそうな4階フロアの様子をさらに見ていくことにしよう。


 コンコースを歩いていると唐突に5階の特観席へつながっている階段が現れる。警備員が立っている訳でもなく、尚且つプレハブで囲われているという外観もあいまって本当にここを上がると5階につながるのか不安になる感じだが、ちゃんとつながっているのでご安心をば。




船橋競馬場の窓口跡地



 投票所の跡地はいかにもという感じで閉鎖されている。中央競馬ばかり見ている人からすると信じられないかもしれませんが、地方競馬場、競輪場、競艇場、オートレース場でもちょっと古いスタンドに行くと必ずこういう空間がありますのでね。




船橋競馬場の4階のトイレは閉鎖されている



 さらにはトイレについても、4階にある分は完全に閉鎖されていて、ほかのフロアのものを使うように促される形になっている。まあ確かに、このトイレが開放されていたとしても誰も得をしないんだろうが、まあ、あまりない形よね。




船橋競馬場のスタンド4階のパイプとか


船橋競馬場のスタンド4階のパイプとか


船橋競馬場のスタンド4階のダクト



 パイプやダクト類については、このとおり昭和のママ残っている感じで非常にいい感じだ。このダクトの感じとかうっとりするわね。




船橋競馬場の4階のパトランプ



 パトランプも一応。2階にもあったからあるとは思っていたが。3階にももしかしたら残っているのかな?見逃していたか?




船橋競馬場の4階の売店跡地


船橋競馬場の4階の何かの跡地



 さらに、売店の跡地や湯茶接待所の跡地と思しき場所などもあり、かつての栄華が偲ばれる感じだ。もはや便所さえ閉鎖されているフロアにかつては売店があって、営業が成り立っていたんだからなあ・・・。




船橋競馬場の4階のバルコニー



 そして4階にも例によってバルコニーがあってパドックを見ることが可能だ。意外と利用者がいるのに驚きだ。




船橋競馬場の4階から見たパドック



 こちらが4階から見たパドック。ちょっと角度がつきすぎちゃっている感はあるが、まあいい感じやな。




船橋競馬場の屋外席へ



 お次は観覧席の方に出てみることにしよう。



 3階の観覧席と5階の観覧席はガラス張りの観覧席なのだが、4階はそこに挟まれた屋外席になっているぞ。勿論、一般席で料金などは不要だ。




船橋競馬場のハト糞注意の張り紙



 利用の際に一点注意点が。壁にも貼ってあるが4階の観覧席はハトの糞がままあるのでくれぐれもご注意くだされ。ハトの糞が多いものの、毎日しっかり掃除をするような利用者数でもないので、こういうアナウンスになっているのだろうね。




船橋競馬場のスタンド4階の屋外席




 さて。ハトの糞はともかく、4階の観覧席を見ていくことにしよう。



 見てのとおり4列ほどでそんなに広々した観覧席ではないが、それなりに高い位置にある屋外席なので、気持ちいいことはいいですね。

 


船橋競馬場のスタンド4階の屋外席




 4列のうち、一番上の席だけなぜか緑色の折り畳み椅子になっていて、ほかのところは固定タイプの椅子になっている。その昔、中途半端に改修したとかそんなところだろうか。




船橋競馬場のスタンド4階のすすけた椅子



 固定タイプの椅子は長年の風雪に耐えているだけあってかなり粉を吹いてすすけている状態だ。綺麗な服をお召しの場合はハトの糞と併せてくれぐれもご注意を。




船橋競馬場のスタンド4階のハトの糞



 ちなみに、ハトの糞は座席前の屋根にかなりの量が飛び散っていた。きたねえなあ。



 ハトの糞は病気を媒介したりもするらしいので、そういうのが気になるという方は4階の観覧席には来ない方がいいかもしれませんぜ。




船橋競馬場のスタンド4階の救助袋



 万が一船橋競馬場の4階で火災などに巻き込まれてしまったときは、最前列の一番右隅にこのような救助袋があるので、頭に入れておいてくれたまへ。




船橋競馬場のスタンド4階には椅子が転がっている



 とは言いながら救助袋の脇にはごろんと壊れた椅子が無造作に放置されていて、救助袋の方もきちんと定期点検などがされているのか、そもそもこの箱は開くのか、開けた中に入っている袋は大丈夫なのかなど諸々不安になってこないこともない・・・。まあ大丈夫なんでしょうが。もう少し大丈夫感出していただけるとありがたいですね。




船橋競馬場の4階からはバックヤードが見える



 ちなみに、以前のレポートでご紹介した枠場についてはこの救助袋の脇から覗いておりますので興味がある方は是非。




船橋競馬場の屋外席には意外と人がいる



 さて。そんなこんなでトイレも閉じられて、馬券売り場もないが、ハトの糞だけはあるという船橋競馬場の4階ではあるが、気候のよい日はオールドファンを中心に意外と利用者はいる。実は荷桁もけっこうこの4階スタンドは好きで、船橋競馬場を訪問した際は足を運ぶところだ。



 やはり競馬は屋外で見るのが気持ちいい。2階の観覧席でもいいっちゃいいのだが、少し高めの4階の観覧席もなかなかええもんですよ。




船橋競馬場のスタンド4階からのレース風景


船橋競馬場のスタンド4階からのレース風景



 レース風景はこんな感じだ。前のトタン屋根が少し気にならんこともないが、まあいい感じに見えるのでそこんところはご安心くだされ。




 さて。そんなわけで船橋競馬場の4階フロアの様子をご紹介いたしました。申し上げたとおり、本場開催時にしか開いていないフロアにつき、もし気になるという方はお早めに行ってみてくだされ。



 次回はもう一つフロアを上げまして、特観席フロアでもある5階の模様をお伝えしてまいります。引き続き船橋競馬場レポートをよろしくお願いいたします。




 



>>船橋競馬場レポートその13へ






*この競馬場が好きな方はこちらの競馬場もお好きだと思われます。

 大井競馬場 その1 ~大井町競馬場ではありません~
 川崎競馬場 その1 ~鉄火場シティ川崎~
 浦和競馬場 その1 〜南浦和からバスでアクセス〜
 中山競馬場 その1 ~アクセスに難あり~
 福島競馬場 その1 ~福島上陸~
PR
そうだ 競馬、行こう。
ブログ内検索




















プロフィール
HN:
荷桁勇矢   
性別:
男性
職業:
若隠居   
趣味:
逃げ   
このブログについて
 このブログは「そこに競馬があるから」といいます。
 競馬場巡りに魅せられてしまった筆者、荷桁勇矢(にげた ゆうや)が、日本の競馬場、海外の競馬場を訪れながらその様子をご紹介して行くブログです。
 紹介している競馬場の情報は訪問当時のものですので、競馬場に行かれる際は最新の情報をご確認のうえ、自己責任で行っていただきますようお願いいたします。
 またこのサイトの写真や文章は基本的に無断で使用されると困るのですが、もしどうしてもという方は荷桁までご連絡ください。そのほかご指摘やご質問がある方も荷桁まで直接ご連絡ください。コメント欄は管理が面倒そうなので当分オープンにはしないつもりです。悪しからず。

連絡先:
nigetayuyaあっとgmail.com
ツイッター:
https://twitter.com/YuyaNigeta
note:
https://note.mu/nigetayuya/
Flickr:
http://www.flickr.com/photos/nigeta/
競馬本紹介ブログ始めました。
荷桁勇矢の競馬本ガイド









忍者ブログ [PR]