マルサ競馬場 その18 〜地中海ダービーとは〜 そこに競馬があるから 忍者ブログ
日本国内、海外の競馬場の訪問記です。こんなことしてていいのかなあ。でもやめられない。

そこに競馬があるから > マルサ競馬場 > マルサ競馬場 その18 〜地中海ダービーとは〜

Marsa Race Track
2日ぶりにマルサ競馬場にやってきた。


*マルサ競馬場レポートの続編です。
初めからお読みになる方はこちらからどうぞ。



 さて、前回の訪問から2日後の昼下がり。荷桁は再びマルサ競馬場にやってきたのであった。

 前回訪問時にたまたま、今日が Mediterranean derby (地中海ダービー)というマルサ競馬場きっての大レースが行われる日だということを知って、これは何としても見ないとということでやってきた次第である...

とはいえ、Mediterranean derby(以下地中海ダービーで統一する)と言われたところで、それがどんだけすごいのか、どんなレースなのかということは当地に行った荷桁もさっぱり分からなかったわけで、今回このレポートを書くにあたっていろいろと調べてみることにした。

 マルタレーシングクラブの公式サイトによると第一回目の地中海ダービーは1889年の4月9日に行われたとのことだ。日本のダービー、東京優駿が始まったのが1932年だからこれはけっこう歴史があるレースだと言って差し支えないだろう。

 ハーネスが中心のマルサ競馬場において、ギャロップで行われる重賞である。

 ダービーと言っているが、位置づけとしては日本のダービーのようなものではなく、年齢ごちゃまぜの最強馬決定戦という感じで、どちらかというと宝塚記念や有馬記念に近いものがある。

 このように歴史あるレースとはいえ、1着賞金はわずかに1000€。およそ10万円そこそこである。ハーネスのプレミアクラスの賞金だと2000€とかもざらなので、はっきり言って安いと言えよう。とはいえ、ハーネスに人気が出てくるのは1930年代。それを思えば歴史の古く、イギリスから取り寄せたカップが与えられるこのレースは「格」という観点では注目度は高く、マルタにおけるギャロップ最大のイベントということには間違いがないだろう。


 ただ、訪問した2011年において、このレースはマクドナルドにスポンサードされており、「マクドナルド 地中海ダービー」というレース名でプログラムには書いてあった。せっかくの伝統レースだが、マクドナルドが協賛とはえらく安っぽい感じだが、そのへんもマルタらしいっちゃらしいのかしら。


Marsa Race Track


 こちらが場内に無造作に飾られていた地中海ダービーの優勝カップである。
 後ろに書いてある英文をざっくり読むと、このカップはイギリスの1858年のアスコットカップ(いわゆるゴールドカップのことなのかなあ?)というレースの優勝者のために作られて、のちにマルタレーシングクラブが手に入れたという経緯でここにあるようだ。
 公式サイトによると金貨100枚で買ったとあるが、このあたりの詳細は調べたら長くなりそうなので手つかず・・・


Marsa Race Track


 描かれているのはツェーリング大公のベルトルト5世という人がでっかい熊と戦っているところだそうで、荷桁はそんな話きいたことはないがおそらくヨーロッパでは「ああ、あの熊と戦ってるところか」となるような、有名な話なのだろう。まさかりかついだ金太郎みたいなものかな。

 ちなみにベルトルト5世はスイスの首都であるベルンという街を開いた人でベルンという名前もこのとき倒した熊からとっているということだ。受け売りだが、とにかくそういうシーンらしい。


 こうした流れを見て行くと、イギリスの競馬場での経緯あるレースで使われていたカップを手に入れたり、地中海ダービーなるレースを創設するあたりなどやはりこの国は英国統治だったんだなあとしみじみ思う。統治される側だったとはいえ、言語をはじめ文化的なイギリスの影響はこの国には多く根付いている。何となくマルタの歴史的な背景に思いを寄せてみたりもする。そして競馬なんつー遊びを世界に広めてしまったイギリス人に何となく感謝してみたりw



Marsa Race Track


 さて、説明くさい話はそこそこにマルサ競馬場である。

 前回の開催日は日曜日だったが、今回の開催は火曜日。
 地中海ダービーの開催日とは言え、お客の入りとしてはあまり前回と大差はなかった。この日のほうが気持ち多いかなあ、くらいである。


Marsa Race Track


 伝統のレースだからといってお客もドレスアップして来るわけでもなく、普段着スタイルが貫かれている。場内にもあまり特別なレースだという雰囲気はあまりなく、日常的な競馬の風景のように感じられた。


 そんな非常にのんびりしたダービーである地中海ダービーをもう少しお伝えしてまいります・・・


 


>>マルサ競馬場レポートその19へ




*この競馬場が好きな方はこちらの競馬場もお好きだと思われます。

 セランゴール競馬場 その1~いざマレーシア競馬~
 ソウル競馬場 その1 〜韓国競馬に手を出すぞ〜
 ペナン競馬場 その1 ~再びマレーシア競馬へ~
 クランジ競馬場 その1 ~いきなりお詫び~
 ニコシア競馬場 その1 〜空路キプロスへ〜
 ムーニーバレー競馬場 その1 ~オーストラリア競馬~


*マルサ競馬場に関する記事は以下にもあります。

 マルサ競馬場 その1 〜いざ地中海競馬へ〜
 マルサ競馬場 その2 〜バレッタとマルサ〜
 マルサ競馬場 その3 〜バスに乗って競馬場へ〜
 マルサ競馬場 その4 〜マルサ競馬場界隈〜
 マルサ競馬場 その5 〜快晴のマルサ競馬場〜
 マルサ競馬場 その6 〜マルタ競馬史〜
 マルサ競馬場 その7 〜いざスタンドへ〜
 マルサ競馬場 その8 〜マルタ島競馬事情〜
 マルサ競馬場 その9 〜ブックメーカーがいるぞ〜
 マルサ競馬場 その10 〜ぼくは日本人です〜
 マルサ競馬場 その11 〜トートもあるでよ〜
 マルサ競馬場 その12 〜マルタ島のハーネス〜
 マルサ競馬場 その13 〜のどかにレースは進む〜
 マルサ競馬場 その14 〜マルサ競馬場徘徊〜
 マルサ競馬場 その15 〜マルサ競馬場グルメとビール〜
 マルサ競馬場 その16 〜マルサ競馬場のギャロップ〜
 マルサ競馬場 その17 〜ハーネスの優勝戦〜
 マルサ競馬場 その18 〜地中海ダービーとは〜
 マルサ競馬場 その19 〜 Marsa Scouts 登場〜
 マルサ競馬場 その20 〜本馬場入場〜
 マルサ競馬場 その21 〜地中海ダービー〜


PR
そうだ 競馬、行こう。
ブログ内検索


















プロフィール
HN:
荷桁勇矢   
性別:
男性
職業:
若隠居   
趣味:
逃げ   
このブログについて
 このブログは「そこに競馬があるから」といいます。
 競馬場巡りに魅せられてしまった筆者、荷桁勇矢(にげた ゆうや)が、日本の競馬場、海外の競馬場を訪れながらその様子をご紹介して行くブログです。
 紹介している競馬場の情報は訪問当時のものですので、競馬場に行かれる際は最新の情報をご確認のうえ、自己責任で行っていただきますようお願いいたします。
 またこのサイトの写真や文章は基本的に無断で使用されると困るのですが、もしどうしてもという方は荷桁までご連絡ください。そのほかご指摘やご質問がある方も荷桁まで直接ご連絡ください。コメント欄は管理が面倒そうなので当分オープンにはしないつもりです。悪しからず。

連絡先:
nigetayuyaあっとgmail.com
ツイッター:
https://twitter.com/YuyaNigeta
Flickr:
http://www.flickr.com/photos/nigeta/
競馬本紹介ブログ始めました。
荷桁勇矢の競馬本ガイド









忍者ブログ [PR]