函館競馬場 その6 ~はなみちで馬の流れを見逃すな~ そこに競馬があるから 忍者ブログ
日本国内、海外の競馬場の訪問記です。こんなことしてていいのかなあ。でもやめられない。

そこに競馬があるから > 函館競馬場 > 函館競馬場 その6 ~はなみちで馬の流れを見逃すな~

函館競馬場の誘導馬
函館競馬場誘導馬のディアビクサス(右)とバセロット。どちらも競走馬としての活躍はないが、函館の顔として活躍している。



*函館競馬場レポートの続編です。
初めからお読みになる方は函館競馬場レポートその1からどうぞ。





 さて、函館競馬場レポートのつづきです。
 前回のレポートでは函館競馬場のパドックをゆるゆるとご紹介してまいりました。



 実は函館競馬場は改修にともなって(リニューアル前には行ったことがないので何とも言いづらいのだが・・・)、非常に馬や騎手との距離が縮まった競馬場になったので、そのあたりを今回はご紹介していくことにいたしましょう...


函館競馬場のパドック


 さて、パドックでの周回がひと段落すると、ジョッキー整列だ。


 地方だとまずまず近い場もあるが、函館競馬場でもわりと近い距離でジョッキー整列を見ることができる。関係者も近くにいるので、会話なんかも漏れ聞こえてきてなかなか面白いぞ



函館競馬場のパドック



 角度によってはこのくらいの距離でもかぶりつき可能だ。


 荷桁は特にどの騎手の追っかけというわけでもないのだが(馬券的には勝浦騎手のおっかけだが)、特に熱烈な女性ファンなどにはたまらない距離感だろう。騎手を少しでも近くで観察したい方にはおススメのスポットだ。



函館競馬場の騎手たち


 ってな角度から見ているうちにジョッキーたちが騎乗開始。



函館競馬場での岩田騎手


函館競馬場での四位騎手



 当然のことながらそれなりの距離感でパドックを周回する騎手の写真も撮れる。まあ、このあたりはどこの競馬場でも同じようなことが言えるのだが、最前に近いところでもさほど騎手を見上げるような形にならないため写真自体は撮りやすいのかもしれない。



 荷桁はパワーショット片手に競馬場をうろついているだけの、写真はなんにも詳しくない男なので、あまりこういう話をするとボロが出そうだからこの辺でやめておこう。どうでもいいが、岩田騎手の向こうにいる方は藤沢和雄先生かしら。



函館競馬場



 函館競馬場が素晴らしいのはパドック周回後、本場馬入場までの間の通路(はなみち)が、かぶりつきで見られるところである。府中など、ガラス張りで見られるようなところもあるが、ここではガラス一枚も隔てずに見られちゃうのだ。



函館競馬場のはなみち


函館競馬場のはなみち


函館競馬場のはなみち



 ちょっと写真がぶれてしまって恐縮だが、このような感じで馬についていきながら本場馬入場までの様子を観察することも可能である。馬を見て楽しむことに主眼が置かれている作りで好感が持てる。



函館競馬場のはなみち


函館競馬場のはなみち



 なお、このはなみちはスタンド2階に居ながらにしてのぞき込むことも可能だ。ホースヴィスタと名付けられてるが、まあ、見ての通りガラス張りになっているというだけのことだ。



 返し馬や本場馬のときの馬の様子というのは、案外見ないものだが、言う人に言わせれば予想のファクターとしてはパドック以上に大事だという話もあるので、こうしてそれらを観察する機会を提供してくれる函館競馬場の利点を最大限に活用して馬券をゲットするのもまた一興であろう。



 またパドックやはなみちの周辺にいる馬主さんの顔なんかを見ておけば、おや今日は京都からわざわざこの馬主さんが函館まで見に来ているぞ・・・こりゃひょっとして愛馬はこのレース勝負かな・・・みたいな馬券もゲットできるやもしれない。



 意外と函館競馬場予想の要になりそうなパドックからはなみちまでの流れ。見ているだけでも楽しいのが競馬ですが、当たればなお楽しい競馬になりますので、うまくご活用くだされ。



 


>>函館競馬場レポートその7へ





*この競馬場が好きな方はこちらの競馬場もお好きだと思われます。

 門別競馬場 その1 ~競走馬のふるさとへ~
 札幌競馬場 その1 ~北のシティ競馬~
 福島競馬場 その1 ~福島上陸~
 旭川競馬場 その1 ~北に競馬があるから~
 帯広競馬場 その1 ~富良野をぬけて帯広へ~



*函館競馬場に関する記事は以下にもあります。

 函館競馬場 その1 ~苫小牧をぶらつく~ 
 函館競馬場 その2 ~函館のアホ~ 
 函館競馬場 その3 ~日本全国競馬場制覇~ 
 函館競馬場 その4 ~美しく小ぢんまりした競馬場~ 
 函館競馬場 その5 ~函館競馬場パドック~ 
 函館競馬場 その6 ~はなみちで馬の流れを見逃すな~ 
 函館競馬場 その7 ~函館競馬場 スタンド~ 
 函館競馬場 その8 ~函館競馬場 馬券道~ 
 函館競馬場 その9 ~函館競馬場 グルメ~ 
 函館競馬場 その10 ~函館競馬場 グルメ 後編~ 


PR
そうだ 競馬、行こう。
ブログ内検索
















プロフィール
HN:
荷桁勇矢   
性別:
男性
職業:
若隠居   
趣味:
逃げ   
このサイトについて
 このサイトは「そこに競馬があるから」といいます。
 競馬場巡りに魅せられてしまった筆者、荷桁勇矢が、日本の競馬場、海外の競馬場を訪れながらその様子をご紹介して行くサイトです。
 紹介している競馬場の情報は訪問当時のものですので、競馬場に行かれる際は最新の情報をご確認のうえ、自己責任で行っていただきますようお願いいたします。
 またこのサイトの写真や文章は基本的に無断で使用されると困るのですが、もしどうしてもという方は荷桁までご連絡ください。そのほかご指摘やご質問がある方も荷桁まで直接ご連絡ください。コメント欄は管理が面倒そうなので当分オープンにはしないつもりです。悪しからず。

連絡先:
nigetayuyaあっとgmail.com
ツイッター:
https://twitter.com/YuyaNigeta
Flickr:
http://www.flickr.com/photos/nigeta/
競馬本紹介ブログ始めました。
荷桁勇矢の競馬本ガイド


忍者AdMax







忍者ブログ [PR]