浦和競馬場 その11 〜浦和競馬場の予想屋たち〜 そこに競馬があるから 忍者ブログ
日本国内、海外の競馬場の訪問記です。こんなことしてていいのかなあ。でもやめられない。

そこに競馬があるから > 浦和競馬場 > 浦和競馬場 その11 〜浦和競馬場の予想屋たち〜

浦和競馬場 Urawa Race Course
ずらり並んだ浦和競馬場の予想屋たち


*浦和競馬場レポートの続編です。
初めからお読みになる方はこちらからどうぞ。



 パドックと場内をある程度まわってきたので、お次は浦和競馬場の馬券にまつわる話をしていこう。
 浦和競馬場の馬券は一般に難解だとされている。他の南関東の場と比較しても小回りなコースに加え、コースが狭く、勝負所での場所取りがうまくいくかいかないかが、あとあと響いてくる傾向にあるのだ...

 基本的には直線が短いので先攻の馬が残ってしまうことが多い。追い込みも決まるが3角くらいから邪魔されずにまくれないときついので、内につつまれてしまったりすると人気馬でも力を発揮できずにとんでしまうことが多いのだ。


浦和競馬場 Urawa Race Course


 逆にある程度追い込み脚質の馬でも浦和では比較的前につけてレースをしていくことが多い。うしろにつくと馬群をさばく向こう正面が短すぎて、手遅れになるのである。

 前にいききってしまってそのまま行った行ったの象徴的なパターンは2006ー08年頃に名古屋競馬所属のキングスゾーンが浦和の交流重賞でたびたび上位に食い込んだことだろう。もちろん、キングスゾーン自体が脂が乗り切った時期で実力的にも上位に食い込める要素はあったわけだが、無理くり先攻してそのまま4角を迎えて押し切るだけのこの馬が中央の猛者たち相手に健闘を繰り返し続けたのは浦和コースの特徴が理由というのもあるだろう。

 1600のようにコーナーの真ん中がスタート地点で、露骨に内外枠の不利があるなど浦和ならではの予想ファクターも多い。

 とはいえ、浦和競馬場がそんなに高配当ばかりかと聞かれれば別にそういうわけでもない。上位はだいたい1−5番人気であっさり決まってしまうので、あとはその組み合わせである。3連複を多めに流したりするよりかは、馬連・馬単を絞って狙い撃ちするのがいいと荷桁は思っている。



浦和競馬場 Urawa Race Course


 そんな難解な浦和競馬において、頼りになるのが予想屋の存在だ。
 2号スタンド裏手、パドックと飲食店に囲まれた広場に転々と存在している。全て合わせても10軒もいないだろうか。ちょうどいい規模感である。


浦和競馬場 Urawa Race Course


 浦和競馬の予想屋にはわりとお客がついている。
 全国の地方競馬でも競輪場でも競艇場でも予想屋にはそこまで人だかりはできていないのだが、こと南関東においては、かなり予想屋が信頼されているのかこうした光景がわりと随所で見られる。まあ狭い世界ではあるが人気予想屋とそうじゃない人がおり、全てが全て人気というわけでもないが、それでも活気があると言えよう。


浦和競馬場 Urawa Race Course


 やはり、一番人を集めているのは船橋以外の南関東ではおなじみ「田倉の予想」である。語り口調もおもしろく、妙な説得力があるため、常に人で一杯である。あのお方の話を聞いていると、不思議と取れそうな気分になるのでいい。

 浦和がまったくはじめて、という方は一度近づいてみて話を聞いてみると、「はあ、そういう視点で見ているのか」という気づきを与えてくれるので、勉強させてもらいましょう。


浦和競馬場 Urawa Race Course


 ちなみに、冬のシーズンには目立つのと防寒をかねてかサンタさんの帽子を被ったりする予想屋さんも(写真は「牛若丸」さん)。季節感があっていいではないか。

 荷桁の印象だと、しっかりと張り紙を使って几帳面にプレゼンをしてくる予想屋は人気もあって評判もいいが、ルーズな感じを漂わせている予想屋は穴狙いという名の適当な予想を繰り広げていることもあり、見極めは重要である。

 せっかくの地方競馬、活気ある予想屋の助けを借りてみるというのもまた一興なのではないでしょうか・・・

 

>>浦和競馬場レポートその12へ




*この競馬場が好きな方はこちらの競馬場もお好きだと思われます。

 川崎競馬場 その1 ~鉄火場シティ川崎~
 大井競馬場 その1 ~大井町競馬場ではありません~
 盛岡競馬場 その1 ~天国に一番近い競馬場~
 名古屋競馬場 その1 ~あくまで土古~
 笠松競馬場 その1 ~名馬・名手の里~
 金沢競馬場 その1  ~金沢けいば冬景色~
 姫路競馬場 その1 ~初夏だけのパラダイス~
 福山競馬場 その1 ~私的福山競馬史~
 高知競馬場 その1 ~南国土佐の丘の辺に~
 佐賀競馬場 その1 ~鳥栖まで戻って佐賀へ~
 荒尾競馬場 その1 ~そしてとうとう九州競馬へ~
 クランジ競馬場 その1 ~いきなりお詫び~
 フートー競馬場 その1 〜さらにベトナム競馬へ〜
 マルサ競馬場 その1 〜いざ地中海競馬へ〜


*浦和競馬場に関する記事は以下にもあります。

 浦和競馬場 その1 〜南浦和からバスでアクセス〜
 浦和競馬場 その2 〜浦和駅から歩いて競馬場へ〜
 浦和競馬場 その3 〜浦和競馬場を1周してみる①〜
 浦和競馬場 その4 〜浦和競馬場を1周してみる②〜
 浦和競馬場 その5 〜浦和競馬場を1周してみる③〜
 浦和競馬場 その6 〜屋根をつたって〜
 浦和競馬場 その7 〜浦和競馬場 屋根つきパドック〜
 浦和競馬場 その8 〜思い出の1号スタンド〜
 浦和競馬場 その9 〜ひなびた2号スタンド〜
 浦和競馬場 その10 〜3号スタンドと第7投票所〜
 浦和競馬場 その11 〜浦和競馬場の予想屋たち〜
 浦和競馬場 その12 〜浦和競馬場 難解コース〜
 浦和競馬場 その13 〜浦和競馬場グルメ フライ天国〜
 浦和競馬場 その14 〜浦和競馬場グルメ 第2弾〜
 浦和競馬場 その15 〜浦和競馬場グルメ 第3弾〜
 浦和競馬場 その16 〜日程は少なくとも〜




  
PR
そうだ 競馬、行こう。
ブログ内検索


















プロフィール
HN:
荷桁勇矢   
性別:
男性
職業:
若隠居   
趣味:
逃げ   
このサイトについて
 このサイトは「そこに競馬があるから」といいます。
 競馬場巡りに魅せられてしまった筆者、荷桁勇矢が、日本の競馬場、海外の競馬場を訪れながらその様子をご紹介して行くサイトです。
 紹介している競馬場の情報は訪問当時のものですので、競馬場に行かれる際は最新の情報をご確認のうえ、自己責任で行っていただきますようお願いいたします。
 またこのサイトの写真や文章は基本的に無断で使用されると困るのですが、もしどうしてもという方は荷桁までご連絡ください。そのほかご指摘やご質問がある方も荷桁まで直接ご連絡ください。コメント欄は管理が面倒そうなので当分オープンにはしないつもりです。悪しからず。

連絡先:
nigetayuyaあっとgmail.com
ツイッター:
https://twitter.com/YuyaNigeta
Flickr:
http://www.flickr.com/photos/nigeta/
競馬本紹介ブログ始めました。
荷桁勇矢の競馬本ガイド









忍者ブログ [PR]